うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

広丞庵 かのか (千葉)

広丞庵 かのか 朝食・感想 ④

広丞庵 かのか 夕食③
広丞庵 かのか お部屋の露天風呂②
広丞庵 かのか お部屋①


朝食は7:30~8:30の間から選択

ワタシ達は8時

P1080566 (Custom) (Custom)
朝食全景    だいたい用意されてます

P1080568 (Custom) (Custom)
香ばしい干物の香り

身離れがよくて
皮パリパリ


P1080570 (Custom) (Custom)
自然薯   紫蘇昆布   梅干し  海苔

P1080576 (Custom) (Custom)
カンパチのなめろう

刻んだ紫蘇がたっぷり入ってて
美味しいわあ


P1080578 (Custom) (Custom)
P1080588 (Custom) (Custom)
ベーコンやチーズの入ったサラダ

赤ワインと玉ねぎのドレッシングが秀逸
深みがある甘さで複雑なお味


P1080581 (Custom) (Custom)
アサリの味噌汁

ごはんは近くの農家のコシヒカリ

P1080584 (Custom) (Custom)
中がとろっとした 出汁巻き玉子

なめらかな舌触り
出汁の味は濃いめ

P1080590 (Custom) (Custom)
湯葉巻き

P1080595 (Custom) (Custom)
柿  林檎  キウイ

朝から活気溢れるご主人と
寝起きぼんやりのワタシ

噛み合ってるような合ってないような会話をして
どんどん食べてたら
あっという間に満腹

P1080598 (Custom) (Custom)
食後は  
コーヒー
紅茶(ストレート・アールグレイ)
が出ます

連れはコーヒー
ワタシはアールグレイ

P1080599 (Custom) (Custom)
碁石にしか見えなかったけど
チョコレートだった


ビターで美味しかったですー

P1080552 (Custom) (Custom)
お部屋に戻って   
ふたたびお風呂三昧


.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

チェックイン 14時    アウト 11時

ひとり 27000円

現地でのクレジットカード決済は
不可なのでご注意を

千葉なんだけど
わりと東京から近い場所なので
箱根感覚で行けます

ワタシ達はそんなにこだわらないけど
温泉じゃないのが残念ポイント

でもナイスなロケーションに
ナイスな露天風呂は素晴らしかった

炭火焼はライブ感があって楽しいですね~
会席料理みたいに
見た目の華やかさはないけど
どれも安定した美味しさだった

P1080621 (Custom) (Custom)
そういえば  チェックアウトするときも
お茶とお菓子が出たんでした
白玉あずき

めずらしいパターン

スイーツ関係は奥様が作ってるのかも
抑えた甘さで好みでした

断然リピーターが多いみたいで
お部屋にあった自由に書き込める冊子に
常連さんからの熱いメッセージが
たくさん書き込まれてたんでした

ワタシも再訪したいです
夏は虫が出そうだから
今度は秋ぐらいが良いなあ

観光などしないので
宿を出たらまっすぐ帰宅

14時にはもう自宅に到着。
らくらく旅行でスバラシイ



いつもお付き合いありがとうございマス(●´ω`●)


【広丞庵 かのかの基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗





ステキ温泉ブログがたくさん♪

広丞庵 かのか 夕食 ③


夕食は18時~19時の間で選択

18時半にお願いして
例の黒電話の音にびびりつつ
母屋へ向かいました

P1080442 (Custom) (Custom)
囲炉裏テーブルの足元は
掘ってあってらくちん

P1080444 (Custom) (Custom)
天井たかい
食事処は個室っぽく仕切られてます

P1080447 (Custom) (Custom)
お品書き   ※クリックで拡大します

P1080445 (Custom) (Custom)
最初のセッティング      
むむ?  ナイフとフォーク

食前酒は 自家製ブルーベリー酒

P1080448 (Custom) (Custom)
炭火焼き中心のお料理

食材がドーンと運ばれてきます

いつもの会席料理と違う展開で
わくわく


P1080457 (Custom) (Custom)
炭火焼きは  
ご主人が焼き上がりまでお世話してくれます

じりじり焼けてくカマを見ながら・・・

P1080450 (Custom) (Custom)
前菜 をいただきます

P1080451 (Custom) (Custom)
サザエのハーブバター焼き

これがまた、、、、、
奥にいくほどバターが濃くなって
じゅわっと濃厚


P1080452 (Custom) (Custom)
むかご    
甘い味噌をちょびっとつけて

P1080453 (Custom) (Custom)
天然真鴨の燻製

桜のチップでスモークしたのだって
実は鴨ってそんなに得意じゃないんですが
これは美味しかった

P1080460 (Custom) (Custom)
出てくるのはお酒のアテばかり
いそいそとドリンクメニューを検分する連れ

P1080462 (Custom) (Custom)
ワインリスト

P1080468 (Custom) (Custom)
ボトルを投入    
麻の布にくるまれてた

軽めで飲みやすい赤

P1080458 (Custom) (Custom)
お酒と一緒に  
肝と白子を漬けたの を出してくれた

ほろにが(・´ω`・)
どっちかっていうと日本酒に合いそう

P1080469 (Custom) (Custom)
蓮根すり流し

とっても少量。
2口で飲みほしたから
味がよくわからず

お椀好きなので
もっとしっかり量があっても良かったなー

P1080473 (Custom) (Custom)
お造り    金目   スズキ  やがら

勝浦漁港でとれたて
溢れんばかりの盛り付け


P1080478 (Custom) (Custom)
岩塩と刺身醤油で。

身がしまってて
弾力ありました、美味しい


P1080486 (Custom) (Custom)
焼けてきたー

焼きすぎじゃないの?ってぐらい
でもこれぐらいで良いんだそう。

P1080490 (Custom) (Custom)
ネギの皮を ご主人が器用にむいてくれます

焦げた皮のすぐ内側が一番おいしいのだそう
いつもはもっと太いのがあるんだけどねえ、、
ってちょっと残念そうだった。

アツアツの海老と
しばし格闘


P1080485 (Custom) (Custom)
カンパチのカマ

これが程良い塩気で
うまし(*≧ω≦)


P1080487 (Custom) (Custom)
鮑も かなり肉厚

ここでナイフとフォーク使います

驚愕の柔らかさ

P1080492 (Custom) (Custom)
和牛  カイノミ

どんどん焼いてくれるご主人は
「塩でも醤油でも自分の好きな味で食べてね 」
「お腹いっぱいになりそうだったら
好きな物だけ食べればいいからね 」

って何度も言ってくれる

もっと頑固系の人かと思ったけど
押しつけがましさゼロで
おうちで出来る美味しい焼き方など教えてくれた

最長で何泊できるのか聞いたら

「2泊まで!」
「だって炭火焼き、飽きるでしょ!」


たしかに(・ω・ )

P1080498 (Custom) (Custom)
生もずく

お酢は使わず
上のガリの酸っぱさで味わう酢の物

さっぱりしてて良いですー

P1080503 (Custom) (Custom)
お肉は おすすめのレアで

お箸で切れます

ワサビとお塩でシンプルに

そりゃあ、、美味しいですょ(・´ω`・)

しっかり焼いても
硬くならないお肉なのだそう

P1080507 (Custom) (Custom)
〆は  お茶漬け

蟹がたっぷり入ったオニギリに
お出汁をたっぷり注いでいただきます


結構おなかいっぱいだけど
さらさら入ってしまうー

P1080512 (Custom) (Custom)
黒胡麻アイス   苺

このアイス、胡麻のしつこさがないのに
すごくコクがある

最後まで  満足

P1080518 (Custom) (Custom)
お部屋に戻ると  

P1080520 (Custom) (Custom)
夜食のおにぎり

゚+.(ノ*・ω・)ノ
満腹でもウレシイ


P1080538 (Custom) (Custom)
深夜に   
しっとりひとり風呂




次回の朝食・感想編でラストですー

【広丞庵 かのかの基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗





ステキ温泉ブログがたくさん♪

広丞庵 かのか お部屋の露天風呂 ②


お部屋編の続きです

P1080328 (Custom) (Custom)
作務衣と足袋

ザルに入ってます
なんとなく
ここの宿は絶対浴衣じゃないなー
と思ってたら案の定( ̄m ̄〃)
らくちんで良いですね、作務衣

バスタオルは1枚・・・
と思ったら脱衣所にもう1セットあった

P1080332 (Custom) (Custom)
羽織   ちょい薄目の生地

食事の時しか着ないけど
これだけでは心許ないです
寒がりさんは上着持ってくると良いかも

P1080430 (Custom) (Custom)
お手洗い   

お部屋広いのに
ここは幅が狭くて
鍵も閉まりにくかった

P1080380 (Custom) (Custom)
洗面所     
上に採光窓が広くとられてて 明るいです


P1080383 (Custom) (Custom)
ステンレスの洗面台がレトロで
ギリギリの所でオサレに転んだかんじ

タオルを置いたザルとか
ご主人のセンスなんでしょうねえ

P1080388 (Custom) (Custom)
歯磨きコップが 陶器のタンブラー

P1080385 (Custom) (Custom)
アメニティ    思ったより色々そろってる

P1080390 (Custom) (Custom)
この箱なんだろー と思ったら
使い切りタイプの基礎コスメがいろいろ

手ぶらでも無問題

P1080387 (Custom) (Custom)
洗顔フォーム・ハンドソープ・シェービングフォーム

これって配合が違うんだろうか(;^ω^)
間違えそう。。。
っていうか多分違うので手を洗ってた

P1080394 (Custom) (Custom)
新しめのドライヤー

P1080396 (Custom) (Custom)
タオルウォーマー もあり

スバラシイ

P1080398 (Custom) (Custom)
シャワールーム →  露天風呂

P1080402 (Custom) (Custom)
カランは1つ    椅子は2つ

ここも上部に採光窓があって
朝はめちゃくちゃ明るかった
床暖房も入ってて暖かい

P1080410 (Custom) (Custom)
バスアメ    
ピンクのボトルはヘアトリートメント

P1080414 (Custom) (Custom)
露天風呂    

残念ながら温泉じゃないんですが。。
家族で入れる大きさ
余裕で足が伸ばせる

ぬるめに調整してあります、
って言ってたとおり
程良い湯温

地下水を沸かしてるんだそう
時折かすかに塩素っぽいにおい?

P1080417 (Custom) (Custom)
でもこのロケーション
最高だわあ


お部屋によって
浴槽の形が少し違うみたいです

P1080425 (Custom) (Custom)
飲んじゃう人がいるのかな

P1080428 (Custom) (Custom)
テラスに デッキチェアがあるんだけど・・・

風雨にさらされて
塗装ハゲハゲの哀れな姿に


そろそろ塗り直したほうが良さそう
ここでビールタイムしたかったですー

P1080534 (Custom) (Custom)
夜の雰囲気も良かった

ライトアップされてたから
夜な夜なひとりで  まったり。。


夕食編につづきます

【広丞庵 かのかの基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ステキ温泉ブログがたくさん♪

広丞庵 かのか お部屋 ①


千葉方面へ行くのは
rokuzaさん 以来

当日の朝
お宿のご主人が電話をくださって
雪がひどいようならキャンセルしても良いですよ
とのこと

確かに朝から降ってて
一日雪予報だったのだけど
まあ大丈夫だろうと
出発したんでした

首都高はガラガラ

スイスイと走れて
予定より1時間も早く
海ほたるに着いてしまった

P1080295 (Custom) (Custom)
P1080296 (Custom) (Custom)
前回もコレ食べた気がする

あさり蕎麦   770円

わりと大粒なアサリが入ってて
結構好き(・´ω`・)

P1080299 (Custom) (Custom)
連れは 何やら決めきれず
フードコートをさまよってた模様

P1080300 (Custom) (Custom)
だいぶ経ってから戻ってきた

海鮮ちゃんぽん  1080円

P1080297 (Custom) (Custom)
雪まじりの雨が ビシビシとガラスに当たる

玄界灘のごとく荒れる海

でも アクアラインを降りたら
徐々に晴天に
晴れ女、復活か

P1080303 (Custom) (Custom)
明後日の方向を指す地図アプリに
ぶつぶつ文句を言いながら
しばし野畑の中をウロウロ

どうにか到着

(カーナビではちゃんと着かないらしく
事前に案内地図を送ってくれます。それでも迷ったけど
 

自宅から2時間ちょい
なんて早いこと


P1080607 (Custom) (Custom)
のどかな山里に ぽつんとあります

広丞庵かのかさん

全3室 離れの露天風呂付き

囲炉裏で焼く炭火料理が楽しみですー

P1080311 (Custom) (Custom)
フロントと食事処のある母屋

パブリックエリアはここだけです
なので基本はおこもり宿

P1080602 (Custom) (Custom)
玄関脇の
囲炉裏があるロビー的なところで記帳φ(・ω・ )。。

ご主人、電話の声も張りがあったけど
実物もエネルギッシュな感じで
キビキビした方

雪のせいで他のお客さんはキャンセルしたそう
今日は、ワタシ達だけなんでした

1組だけなのか・・・・・(;^ω^)

もしかして
ウチもキャンセルしたほうが
お宿的にはお休みできて
楽だったのかも。。。


旅行は平日ばかりなので
たまにこういう事が起きますが
家族的な宿だと
ちょっと申し訳ないような気持ちになります

P1080309 (Custom) (Custom)
ウェルカム茶  と  サツマイモの茶巾  

上に刺さってるのはサツマイモチップ
自然な甘さで
すごく美味しい

奥様が出してくれました
主な接客はご主人がしてて
奥様はチェックインと清算時だけ登場

P1080617 (Custom) (Custom)
敷地内の離れのお部屋へ

完全に独立した棟なので
プライベート感はバッチリ
音を気にしなくていいから
グループで貸し切るのにも良さそう

各お部屋のスペックは大体同じですー

P1080319 (Custom) (Custom)
母屋から一番近くの 「あけび」というお部屋

P1080334 (Custom) (Custom)
洋間   ひろーい

P1080345 (Custom) (Custom)
琉球畳の和室に続いてます

2万円台にしては
余裕のある空間


P1080340 (Custom) (Custom)
畳のステージベッドに
セミダブルサイズのマットレス

この下には床暖房が入ってます
夜は熱くなりすぎるから
くれぐれも切ってから就寝して、と
何度も念押しするご主人

仰る通りで、すごーく暖かくなります
夕食前に切っておいたけど
深夜までほんのり熱が残ってた

P1080344 (Custom) (Custom)
左右に読書灯

枕は硬めと柔らかめが用意してあった

P1080341 (Custom) (Custom)
池ビュー

ここが一番お気に入り
すっごく静かで
鳥の声がたまにするぐらい。
連れはビール飲んだり
ワタシは読書したり
しばし ぼへーーーっとしてたんでした( ・´ω`・ )


P1080356 (Custom) (Custom)
池の向こうはゴルフ場

向こうからこちらを見ても
地形的に景色と同化して
人間と識別できないそう
安心してお風呂入れますー

P1080360 (Custom) (Custom)
天井が凝ってた

漆喰や木をたくさんつかってて
ナチュラルな内装
すべて間接照明なので
夜の雰囲気も良かったですー

P1080362 (Custom) (Custom)
和室    
どっしりした一枚板のテーブルが立派

欅なんだそうですー
連れが少し仕事するために
パソコンやら書類やら広げてたけど
高さが低すぎて
使いにくかったみたい

P1080365 (Custom) (Custom)
P1080369 (Custom) (Custom)
黒電話   現役です

フロントへもこちらで連絡
食事の前も知らせてくれますー

ジリーーンって音が
懐かしいというか
心臓に悪いというか。。。
いちいちビクッとしてた

P1080370 (Custom) (Custom)
DVDプレーヤー

P1080373 (Custom) (Custom)
お茶セット   冷水ポット

コーヒーは無し

P1080374 (Custom) (Custom)
玉砂利・・・・・じゃないんだね

花豆のように大きな豆のお菓子
甘いと思ったら
ピリッとした醤油味

P1080372 (Custom) (Custom)
冷蔵庫の飲物は無料

連れ、ビールがあってにんまり


水回りと露天風呂編につづきますー

【広丞庵 かのかの基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗





ステキ温泉ブログがたくさん♪

記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド