うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

辰巳屋山荘 里の湯 (福島)

辰巳屋山荘 里の湯 朝食・感想 ④

辰巳屋山荘 里の湯 夕食③
辰巳屋山荘 里の湯 3つの貸切風呂②
辰巳屋山荘 里の湯 お部屋①


朝食は8時8時半から選択
10分程前にお部屋に準備しに来てくれます

P1090040 (Custom)
昨夜降り積もった雪で 窓の外は銀世界

P1090049 (Custom)
どんどん出される朝食の全景

朝も品数豊富

P1090051 (Custom)
備長炭であたためる 湯豆腐

タレも同時に温められます

P1090053 (Custom)
煮物

P1090059 (Custom)
鮭の西京漬け焼き

濃い目の味付けでご飯がすすみまくり

P1090068 (Custom)
茶碗蒸し   アツアツでした~

P1090055 (Custom)
海藻サラダ   
クルトンは、、、あまり合わなかったかも

胡麻ドレッシングか紫蘇ドレッシングで

P1090061 (Custom)
しらすおろし    
ほうれん草のお浸し


P1090062 (Custom)
湯豆腐とは別に   
餡のかかったお豆腐

P1090064 (Custom)
レモンを挟んだ 帆立のお刺身

P1090071 (Custom)
明太子

P1090070 (Custom)
お櫃にたっぷりのご飯

おかずも多いから
食べすぎ必至

P1090069 (Custom)
海藻のお味噌汁

P1090072 (Custom)
ヨーグルトとパイナップル

食後にコーヒーか紅茶が出ます

ワタシ達はそれを飲んだあと
さらにラウンジで飲物補給

P1080848 (Custom)
ラウンジ的な小部屋

お土産コーナーも兼ねてます

P1080850 (Custom)
ネスプレッソ    
カプセルは4~5種類


P1080861 (Custom)
ティーマシン  「ネスレ・スペシャルT」

これ、すっかり気に入ってしまって
購入検討中です

すでにネスプレッソとバリスタがあるので
置き場所を考え中。。。(≡人≡;)
そんなに飲物マシンばかりあって
どうするんだ、という話ですが

P1080863 (Custom)
カプセルは3種類だったんだけど

どれも うっとりする香りの良さ

特に レモンローズヒップソルベ 
絞ったばかりのレモン
みたいなフレッシュな香りだった( ・´ω`・ )

P1080862 (Custom)
スペシャルT専用カップ&ソーサー

P1080865 (Custom)
トレイがあったので 
お部屋に持ち帰っていただきました

P1090099 (Custom)
チェックアウトまでに  
「金剛の湯」にもう一度

露天風呂から上を見上げたら

氷の粒みたいな雪が
木立の間から 
キラキラ~ っと舞ってた

P1090109 (Custom)
至福の朝風呂なんでした(●´ω`●)

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

チェックイン 14時   アウト 10時半

和室二間の内風呂付き客室を利用で

1人 28000円   

野趣あふれる露天風呂で
雪国情緒を満喫


広々な家族風呂や大風呂を
貸切利用できるのは
すごく贅沢だった

今回は宿泊客が少なかったから
好きな時間に入り放題だったけど
満室の時は利用時間が限られてしまうかも

お部屋は古さが否めなかったけど
お料理が予想以上に美味しくて
ボリュームたっぷりで満足でした~

とにかく明るい仲居さんの印象も良かった

露天風呂の付いた離れのお部屋もあって
すごく良さそうなんですが
かなりお値段上がります

源泉の硫黄の香り、
以前はしなかったのに
震災以来強くなったのだそう

そういう事もあるのですねえ

「金剛の湯」の
圧倒的なロケーションは
忘れがたいです

寒くない季節にも
行ってみたいなあと思いますー


小ネタをはさみつつ
2泊目レポにつづきます。

【辰巳屋山荘 里の湯の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


スポンサーリンク


ステキ温泉ブログがたくさん♪


辰巳屋山荘 里の湯 夕食 ③


この日は宿泊客が少なかったせいか
夕食は18時の一択

お部屋でいただきます

P1080946 (Custom)
冷蔵庫に入ってた 
福島地ビールをさっそくあけた

みちのく福島路ビール・デュンケル


コクと苦味がほどよくて
見た目よりまろやか

P1080963 (Custom)
お品書き   ※クリックで拡大します

準備しに来てくれた仲居さんが

「美味しいもの、いっぱいでますよ

だって(*´艸`)   たのしみ

P1080958 (Custom)
最初のセッティング

P1080964 (Custom)
ソルダム酒

プラムみたいな果物ですよね?
酸味はあまりなくて
すもも?っぽかった

P1080960 (Custom)
蓬豆腐  辛子醤油ジュレ掛け

ヨモギ成分たっぷりの
もちもちしたお豆腐
上にはキャビア・白魚の昆布〆

P1080959 (Custom)
前菜   いろいろありますねえ

嬉しくなってしまう

P1080967 (Custom)
柚子釜   赤貝と芹の土佐酢あえ

P1080966 (Custom)
才巻海老の塩焼き   
金柑の蜜煮  
筍真丈の田楽


P1080970 (Custom)
合鴨ロース煮   
空豆ひしお味噌添え


P1080968 (Custom)
京人参すり流し   

P1080971 (Custom)
岩サギ南蛮漬け

どれも最強に酒のアテ
メリハリある味付けですー

P1080975 (Custom)
白ワインが飲みたくて頼んだけど
お料理の雰囲気は日本酒にあいそうだった

P1080949 (Custom)

P1080951 (Custom)
P1080954 (Custom)
P1080955 (Custom)
P1080956 (Custom)
豊富なドリンクメニュー

メニュー以外にも地酒そろえてるみたい

最近はワインばかりだけど
温泉旅館は日本酒が
おいしい場所にあるからなあ

せっかくだから飲んでみれば良かった

P1080979 (Custom)
綺麗なうつわ    

P1080980 (Custom)
中とろ   紋甲烏賊  鯛

イカがめちゃくちゃとろっとしてます
山のお宿だけど、さすがのおいしさ

P1080983 (Custom)
土瓶蒸し

P1080985 (Custom)
超立派なハマグリ

松茸入り
白濁したお出汁が
たまらない

飲み干しました

P1080987 (Custom)
寒鰆の雲丹焼き    
ひょうたん大根  
柚子蜜煮  石川芋


焼き立てのアツアツ
それほど雲丹感がなかったけど
鰆ってくせがないからパクパク食べてしまう

P1080990 (Custom)
福島産黒毛和牛の溶岩プレート焼き

ジュージューしながら出てきます
あっさりした自家製ステーキソースで

上のは人参の葉。
食べられます
飛騨牛みたいに柔らかジューシーじゃないけど
後から旨味がくるお肉

お魚と肉がきて
けっこうお腹いっぱいになってきた

P1080995 (Custom)
添えてあった温野菜もステーキソースで

P1080998 (Custom)
タラバ蟹真丈 海老芋包み  白子胡桃餡

あ、コレ絶対好きなやつだ

P1090002 (Custom)
タラバ蟹の身がぎっしり

ちょっと中華っぽくて
食べ応えありますー

白子と胡桃を合わせた餡が絶品

P1090003 (Custom)
レモン釜  
ここの料理長さんは「~釜」が好きみたい

変わった酢の物ですー

北寄貝  こごみ うるい 長芋 など

添えてあるのは甘海老

酢味噌でさっぱりと

P1090007 (Custom)
新米ごはん(会津産コシヒカリ)   
味噌汁袱紗仕立て

ちりめん山椒  
帆立と茸の田舎煮  
香の物(長芋の麹漬け)


おかずがなくても
ジャコと漬物でペロリといけます

お米、つやつやふっくら

P1090015 (Custom)
黒胡麻プリン   
メロン  苺  オレンジ


やさしい甘さの黒胡麻プリン
うれしいわあ

まだ30代の料理長さんなのだそう
飾り切りとか繊細なお仕事されてます

実はそれほどお料理に期待してなかったんだけど

かなり満足したんでした

部屋食は普通に座卓でいただくので
ワタシ達はちょっと足が疲れてしまった

でも仲居さんのおっしゃる通り
美味しいものがたくさん出ました

また食べたい、と思えるお料理だった


次回の朝食・感想編でラストですー

【辰巳屋山荘 里の湯の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗



ステキ温泉ブログがたくさん♪

辰巳屋山荘 里の湯 3つの貸切風呂 ②


里の湯さんの湯処は3つあって
すべて貸切で利用できます

長い階段を降りていく
森の中の露天風呂「金剛の湯」は 
チェックイン~21時まで
翌朝5時半~チェックアウトまで

他2つの館内にある家族風呂・古代檜風呂
チェックイン~23時まで
翌朝5時半~チェックアウトまで

先着順の予約制になります

いつでも入れる大浴場がないのは
どうなのかなあ

と思ってたけど

10室に対して3つの湯処なので
競争率はそれほど高くないかも

この日の宿泊客はワタシ達を含めて2組

1組40分の利用なんだけど
後が入ってないから
時間は気にせずごゆっくり
だって

わあい゚+.(ノ*・ω・)ノ

P1080770 (Custom)
さっそく 里の湯さんイチオシの 「金剛の湯」

外履きに履き替えていきます

P1080772 (Custom)
通路がせまいし
足元がつるつるしてる所もあったので
冬場は特にご注意を~

P1080778 (Custom)
ひいいぃ   (゚Д゚;)

これを降りるのか。。。。。。

そして帰りは上ってくるのか。。。。

ステキ露天風呂への道は険しいのです

P1080782 (Custom)
到着   
ささっと降りれば 5分もかからないんだけどね


貸切のお風呂なのに
脱衣所は男女に分かれてた

P1080783 (Custom)
あら広い    
鏡はあるけど洗面台はなし

タオルは大小とも置いてあります。
ただ、とても寒いのでタオルが冷たかった
翌朝入りに来た時はお部屋のを持参しました

P1080789 (Custom)
暖房器具が
ちっちゃい電気ストーブだけ

そら寒いよね

気合で脱いで露天風呂へ

P1080791 (Custom)
ささささむい

はやくお風呂に(;´Д`)

P1080802 (Custom)
「金剛の湯」の露天風呂①

大きいですー
深めの岩風呂


P1080800 (Custom)
手前に 木材でできたベンチがあります

座ると 半身浴より少し深いぐらい。
いいかんじなんですが
めちゃくちゃ滑るので
入る時はくれぐれもゆっくりと

透明なお湯だけど
うっすら硫黄臭がして
つるつるとしたお湯

P1080814 (Custom)
もうひとつの露天風呂は
更に下のほうにあった

よく温まってから
素早く移動します

P1080818 (Custom)
「金剛の湯」の露天風呂②

うわあ・・・   (*≧ω≦)

ステキすぎるわこのロケーション

八角形?になるのかな
サイトで見た写真は小さく見えたけど
4人ぐらいでも入れそう

P1080830 (Custom)
あーー   最&高(・´ω`・)

雪の下を水が流れる音がした。
渓流沿いなので
新緑の季節もステキでしょうね~

湯温は40~41℃ぐらいで
冷えた身体にはやや熱めに感じたけど
慣れてしまうと気持ち良かった

こんな贅沢な野天風呂を貸切なんて、、、
しあわせですー


P1080837 (Custom)
帰りにはコレが待ってますけどね

しっかりあたたまったので
上りは意外と楽だった

P1080762 (Custom)
温泉成分表    
4つの源泉をブレンドしてるのだそう

お風呂によって硫黄臭の強さが違うかんじ
かなり温まる泉質のようで
しばらく汗が止まらず

BlogPaint
貸切風呂との位置関係

赤の〇がワタシ達のお部屋
お風呂の近くがいい人は
「梅」おすすめです

P1080888 (Custom)
「家族風呂」    内湯+露天風呂

不定形な脱衣所
でもガラス張りのパウダースペースで
狭く感じなかった

P1080893 (Custom)
P1080895 (Custom)
アメニティもそろってます

P1080911 (Custom)
洗い場は2つ

お部屋と同じバスアメだったので
おうちから持参したのを使いました

お風呂は申し分ないから
もうちょいアメニティのグレード上げて欲しいかも

P1080923 (Custom)
「家族風呂」の内風呂

洗面同様にこちらもガラス張り

開放感ありますー

これは到着した日

あとで仲居のおばちゃまが
「朝が気持ちいいからぜひ入っていって 」
って予約しておいてくれた

P1090046 (Custom)
こちらが翌朝

夜に降り積もった雪で
銀世界


入った瞬間におもわずため息(・´ω`・)

綺麗だったなあ。。。
仲居さんに感謝です

P1080927 (Custom)
家族風呂にはもうひとつドアがあって

P1080931 (Custom)
露天風呂 があるんでした

P1080942 (Custom)
P1080936 (Custom)
ここも  すっごく気持ちよかった

屋根があるので
雨や雪でも無問題

ここは加水できないので
湯もみしまくって入りました

2人サイズだったので
しばらくザブザブしてたら
程良い温度に

P1090020 (Custom)
古代檜風呂「大風呂」

「家族風呂」と「大風呂」は館内にあるので
気軽に行けます

P1090022 (Custom)
脱衣所   一番広かった

元々は 大浴場だったのかも

P1090026 (Custom)
「大風呂」  

7~8人いけそうな大きさ

どの貸切風呂も
2人で使うには贅沢すぎます


P1090027 (Custom)
古い造りなんだけど
それがまたイイかんじ

檜はところどころ交換してるみたいで
浴室中に広がるヒノキの香り

のんびりしました~

P1080944 (Custom)
夕食前に  
もうお布団が敷かれててびっくり

てっきり夕食後だと思ってたから
お部屋散らかってて恥ずかしかった。。。


次回は夕食編ですー

【辰巳屋山荘 里の湯の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


スポンサーリンク


ステキ温泉ブログがたくさん♪

2016.2 辰巳屋山荘 里の湯 お部屋 ①


福島旅行の一泊目は
土湯温泉にある

「辰巳屋山荘 里の湯」さん

全10室

木立の中の野趣あふれる露天風呂
古代檜の内湯など
3つのお風呂を貸切で利用できます

P1080880 (Custom)
これは除雪後の玄関

到着時は
除雪する前で
雪に埋もれてたんでした

里の湯さんは
細い私道の急坂を下ったところにあるので
冬タイヤの四駆でも結構怖かったです

自分で下るのが不安な人は
坂の上にある駐車場から送迎してくれます

P1080875 (Custom)
P1080868 (Custom)
フロント

P1080872 (Custom)
下駄に雨よけ?雪よけ?カバーがしてあった

P1080867 (Custom)
室数少ないお宿なので
ロビーはこぢんまり

もうお部屋の準備が出来てたので
そのまま案内してもらいます

BlogPaint
ピンクの丸がワタシ達のお部屋「梅」

貸切風呂に一番近いと思いますー
便利だった

館内は段差や階段多し(特にお風呂への通路)
足腰の弱い方はちょっと大変かも

P1080645 (Custom)
P1080644 (Custom)
お部屋で  
ウェルカム抹茶 と  栗蒸し羊羹

あまーい
けど
おいしい


お部屋を担当してくれる仲居さんは
ニコニコ明るいおばちゃまで
すごく親切
貸切風呂にたくさん入れるように
時間を組んでくれたんでした

P1080712 (Custom)
「梅」は  
和室6畳+6畳の二間のお部屋


手前の部屋にお布団を敷いてもらいます

P1080723 (Custom)
P1080725 (Custom)
2方向に窓があるので
明るいかんじ

ワタシ達はそんなに和室が得意じゃないので、、、
椅子が恋しかったけど
スペース的には二人で問題なしです

P1080700 (Custom)
バスルーム    
仕切りがガラスでスッキリしてます

内風呂は 源泉を引いた古代檜風呂

P1080704 (Custom)
かなりちいさめ

完全に一人サイズですね~
湯処が充実してたので
入る暇がなかったけど
お部屋でも温泉に入れるのは良いですー

P1080707 (Custom)
バスアメニティ   

貸切風呂には市販メーカーのが置いてあったけど
この辺はあまり重視してないみたいで ややチープ

P1080681 (Custom)
タオルは1人2枚ずつ   
貸切風呂にはタオル置いてるので持参しなくても大丈夫

P1080688 (Custom)
基礎コスメは  エリクシールのトラベルサイズ

P1080690 (Custom)
マウスウォッシュならぬ
うがい薬

なんだか懐かしい
粉のうがい薬

P1080680 (Custom)
お手洗    ちょっと狭かったな~

壁が近すぎて
落ち着かなかった
ウォシュレットの
リモコンの電池が切れてたんでした

P1080665 (Custom)
加湿器  と   読書灯

夜は暖房ガンガンだったので
乾燥しましたー
加湿器フル稼働

P1080658 (Custom)
浴衣は 1人4枚

お風呂で汗かいたので
これは助かりました

P1080661 (Custom)
パッと見ブランケットなんですが
広げるとマントのように羽織れます

羽織が薄手だったので
お出かけの時はコレにくるまって行きました

露天風呂まで
屋外通路をかなり歩くので
冬は防寒対策すると良いかもです

ワタシは浴衣の下に
長袖Tシャツ着て過ごしました

お部屋食だし、人目が気にならないので
暖かいルームウエアを持参しても良いかも

P1080653 (Custom)
P1080652 (Custom)
冷蔵庫の飲物は有料   
そしてバッチリと旅館価格

何故かモエ・シャンが入ってました(・∀・;)

P1080656 (Custom)
福島の地ビール  

この工場がけっこう近くにあったので
翌日チェックアウトしてから寄ってみました

P1080657 (Custom)
連れが 夕食の時に1本飲んでた

なかなかオサレなデザイン
1200円は地ビールでもお高めだけど
美味しかったみたい

P1080648 (Custom)
冷水ポット   夕食後に交換してくれます

お茶セットあり
コーヒーはないけど
ラウンジに
ネスプレッソとティーマシンあり

P1080666 (Custom)
「梅」のお部屋だけに
掛け軸の絵も梅だった


灰皿があったので喫煙可能なようです。
でもタバコのにおいは感じなかった

全然そうは見えなかったけど
部屋のドアがオートロックでした

鍵が1本しかなかったので
2人で出かけて
うっかり先に戻ったりすると入れず。。
ちょっと不便だった

貸切風呂がめちゃくちゃ良くて
何度も出かけたから
鍵は2本欲しかったです


貸切風呂編に続きますー

【辰巳屋山荘 里の湯の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ステキ温泉ブログがたくさん♪

記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド