うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

桝一客殿 (長野)

桝一客殿 朝食・感想 ④

桝一客殿 夕食③
桝一客殿 お部屋②
桝一客殿 モンブラン朱雀①


朝食は7時半~11時の間で
好きなときに行けます

なので、ゆっくり起きてから
昨日いただかなかった
ウェルカムスイーツをお願いしたんでした

collage_photocat
すぐお部屋に運んでくれた

もちろん、栗スイーツです
竹に入ったく和栗の水羊羹

思えばこのときに
飲み物も頼めばよかったなあ・・
すっかり失念してました

お部屋のコーヒーとお茶を淹れて
おめざスイーツ堪能

P1150192 (Custom) (Custom)
9時ごろに
レストラン「傘風楼(さんぷうろう)」へ

ちなみに朝は洋食です
すごく楽しみー


collage_photocat
昨日のデジャヴのように
またもや貸切状態。。。。

単に我々が遅いだけ?

メニューを見ると

「お飲み物はお好きなものをお好きなだけ

えーーーー(・´ω`・)
ほんとにー?

P1150200 (Custom) (Custom)
連れは 小布施牛乳  
ワタシは 小布施りんごジュース


小布施はりんごの産地でもあるので
ストレートジュースがめちゃくちゃ美味しい

ほかには コーヒー 紅茶 エスプレッソ
カプチーノ シチリア産オレンジジュース
 など

P1150204 (Custom) (Custom)
グリーンピースのポタージュ

とってもクリーミー

P1150207 (Custom) (Custom)
うひゃーーー 

パン、超おいしそうなんだけど(*≧ω≦)

クロワッサンやベーコン入り、
スコーンまである

P1150206 (Custom) (Custom)
バター  キウイとフジ林檎のジャム

つぶつぶ感がのあるキウイジャム
スコーンと相性良かったですー

玉子料理は

・フリッタータ
・スクランブルエッグ
・エッグベネディクト
・プレーンオムレツ
・目玉焼き


の中から選択。

P1150208 (Custom) (Custom)
ワタシは  エッグベネディクト の一択

大好きなんですー

とろとろ玉子と
オランデーソース

最高なんでした

添えてある生ハムも
なにげにおいしい

P1150210 (Custom) (Custom)
連れの  フリッタータ

真ん中に玉子がはいってます
玉子料理の中では
これが一番ボリュームあるかも。

P1150205 (Custom) (Custom)
かための濃厚なヨーグルト

上にのってたのはメロン。

牛乳産地のヨーグルトは
だいたいおいしいですね~

collage_photocat
連れは カプチーノ
ワタシは ホットミルク


どちらも
しっかり泡立ててあります

大満足の朝食
もう少し生野菜がプラスされれば完璧かな。

P1150203 (Custom) (Custom)
朱雀パルフェ・・・・・だと?(・ω・ )

どんだけスイーツ天国なんだ。。

「傘風楼」のスイーツも見逃せません
是が非でもまた来なくては。。

collage_photocat
ロビーにある椅子に
葵の紋みたいなマークが

良く見たら 3つの栗マークでした。
かわいい( ・´ω`・ )

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

チェックイン 15時  アウト 12時

リラックス型ダブルのお部屋利用で
1人 27000円

ずっと憧れてたお宿なので
期待が膨らみ過ぎて
ガッカリすることもあるかな

と思ったけど

何もかも
予想を上回る上質さがありました

唯一の難点は
温泉と大浴場がないこと

周辺にも温泉施設や外湯的なのは
なさそうだった。

でもでも

ステキな空間に身をおいて
非日常感を存分にあじわえました

そしてなにより

お料理が尋常でなくおいしい( ・´ω`・ )

この立地で
この料金を維持できるだけの
クオリティの高さだとおもいます。

また行きたい

温泉掘ってくれないかな(*´∀`)アハ

さて、
2泊目も同じ長野の宿ですが
少し移動しますー

【桝一客殿の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



桝一客殿 夕食 ③


夕食は敷地内の
「小布施堂本店」でいただきます

18時~20時と幅広い開始時間が選択可能
ワタシ達は19時に、と伝えましたが
お腹具合によっていつでも変更できますよ だって。

やさしいなあ。。。(・´ω`・)

桝一さんのスタッフさんは
男性のみのようですが
みなさん、親切

P1150132 (Custom) (Custom)
暗くなると
池がライトアップ


色とりどりの錦鯉も
デザインの一部のよう。。。。


collage_photocat
ひっそりと隠されたような扉の向こうに
ライブラリー


P1150115 (Custom) (Custom)
うっとり。。。。。(・´ω`・)

四方を本棚に囲まれた
ウツクシイ空間

なんと、24時間開放されてます

蔵書は多様で
歴史本から小説までいろいろ
もちろん、カッコいい洋書も

蔵×ライブラリーって
しっくりきますね
読みふけってしまいそう

P1150138 (Custom) (Custom)
「小布施堂本店」

collage_photocat
ちょうど先客が1組出ていくところで
19時からは
ワタシ達のみの貸切状態

黒のハイバックチェアが
中国料理屋さん?を連想するような。。

P1150142 (Custom) (Custom)
お品書き

デザートを入れて10品ほど。
楽しみですー

collage_photocat
とりあえずのハートランドビール

そしてワイン、、、、
小布施だもの(*´∀`)
当然、小布施ワイナリーさん一色です

数年前、赤倉観光ホテルの
バーテンさんに教えてもらって →そのときのレポ
大ファンになったワイナリー
年に3度届くワインリストを心待ちにしてます

こちらでは
なんとボトルで2000円台から用意
なんと良心的
倍ぐらい乗せる所もあるのに、、、
ウレシイわあ

悩んで、3500円ぐらいの白を
お願いしたんでした
キリッと爽やかで美味しかったー

collage_photocat
アスパラと素麺

不思議な形にまとまった素麺

まあるい卵黄は
ボイルなのか、火が通ってて
面白い食感

出汁がめちゃくちゃおいしいです
つるつるっと入ってしまうー


P1150153 (Custom) (Custom)
お品書きにはないですが

ひたし豆  松前漬け

松前漬けは「手盃」でもいただいたもの。
ひたし豆は初めてです

長野の方ではポピュラーみたい。

これがまた、一度食べると
箸が止まらず。。


お代わりもらいたくなるぐらいでした

帰りに、道の駅で
この豆を見かけて
たっぷり購入
しばらく我が家に
「ひたし豆ブーム」が到来したんでした
硬いのだけど、出汁に一晩つけるだけで
やめられない美味しさに

collage_photocat
笹巻きおこわ

包まれた笹をほどくと
ふわっと良い香り

おこわの中には
鰻と牛肉のしぐれ煮

そりゃあ、、、、
美味しくないわけないでしょう


P1150160 (Custom) (Custom)
蛤の潮仕立て椀

蛤真丈が凝ってて
筍と蛤の刻んだのを
白玉粉でつつんで揚げたもの

とらたけ という茸。
豆苗もたっぷり。

1品目の素麺の出汁とはまた違って
少し甘めのお出汁。

しみじみ、おいしい。。。。(*´艸`*)

collage_photocat
造り アイナメ かわはぎ 石鯛 若布ゼリー

夕食をサーブしてくれたのは
ちょっと強面のスタッフさん。
最初はとっつきにくかったけど
お料理の事を聞くと
懇切丁寧におしえてくれる

自分のメモ書きに
「かるいざわの氷」とあるけど・・・
お造りの下の氷の事かな?
盛り付けにもこだわりがあるみたいで
すっごく細かく説明してくれたのに、、、
残念なワタシの鳥頭。。。

お刺身、どれも美味でした

P1150165 (Custom) (Custom)
変わり揚げ

桜海老の大葉巻き アスパラベーコン巻き
サーモン 帆立


揚げたてのアツアツ
藻塩でいただきます。

どれも悶絶のうまさ

特に帆立が肉厚でたまらん(*´艸`*)
ワインにも合うーー


P1150168 (Custom) (Custom)
焼き胡麻豆腐

軽く炙ってあるので
外側がパリッとした胡麻豆腐

姫竹 そらまめ 甘味噌

collage_photocat
太刀魚の酢和え

酸味がきつ過ぎず
ちょっと炙った太刀魚がふんわり。。


夏らしいわあ
酢の物が苦手な連れも、ペロリと

P1150173 (Custom) (Custom)
牛肉と千切り野菜の炊合せ

アップじゃなくてもわかる
ボリューム感

信州牛と菜の花、筍などお野菜たっぷり

ほんのり花山椒が香る
上品な味つけ
薄めなので、食べ飽きない
お肉、柔らかかったな。。(・´ω`・)

P1150175 (Custom) (Custom)
山うどご飯  赤出汁 香の物

けっこう、満腹

山独活の刻みが
たくさん入った炊き込みご飯
蕗みたいな食感でした

連れはお代わりもらってたけど
ワタシはもう入らず。。
ごちそうさまでした~

桝一さん、お部屋もスゴイけど
お料理のセンスも抜群です
ふつうの懐石料理と一味ちがって
わくわくしたわあ(・´ω`・)

collage_photocat
宮崎マンゴー  メロンシャーベット


完熟のマンゴーはクリームがかかって
なめらかなムースみたいだった

シャーベットも自家製なのだって

至福のお夕食でした

P1150185 (Custom) (Custom)
夢見心地で 宿泊棟に戻ります

夜も雰囲気あるなあ。。

朝食編につづきますー

【桝一客殿の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



桝一客殿 お部屋 ②


客室は全12室。

お部屋選びは迷いました~

「書斎型ツイン」
「リラックス型ダブル」
同料金で最もリーズナブル。

室内の一面が窓になってる事と
お風呂の形が気にいって
「リラックス型ダブル」に決定

全室禁煙です。

collage_photocat
陰影を感じる館内
ひっそりしてます。。

お部屋は1階で
部屋番号や、お部屋の名称はなし。

これはびっくり∑(*゚ェ゚*)

かわりに、「絵」で識別します。
ワタシ達のお部屋は
赤富士のような絵だった

P1150043 (Custom) (Custom)
リラックス型ダブル

なんてスタイリッシュ空間

collage_photocat
テレビは
50インチのプラズマでした

DVDプレーヤーもあるので
おこもりして映画鑑賞も良いかも

しかし、テレビの前の丸テーブルは
必要があるのだろうか。。。。
ほとんどソファーにいたので使用せず。
ちょっと邪魔だったかも。

collage_photocat
ベッドは
180×205センチのキングサイズ
硬からず柔らか過ぎず
ぐっすり眠れました

間接照明のみなので
昼間でもこんな感じで
無駄にムーディー

ベッドサイドに読書灯あり
ナイス 

でもこれ、
刑事の取り調べのやつに似てません?(・ω・ )


P1150062 (Custom) (Custom)
坪庭が見えるところに
1人がけソファー


collage_photocat
もうひとつ、足がのばせるカウチソファー

いい感じそうなんだけど
背もたれが直角で
意外にくつろげず。。。。。。

枕を背中に置いてみたら
超・快適(*≧ω≦)


本読んだりするのにぴったりでした
ちなみに枕は
ダウンとフェザーの2種類。
貸出でテンピュールなどもあるそう。

collage_photocat
ウォークインクローゼット

長期滞在も可能ですね~

バスローブのほか
ナイトウエアもあり。
旅館だけど浴衣はなし。
中身は完全にホテルだなあ

タオルは1人2枚ずつ
厚手でふかふか
しかも
いつでも交換してくれるそう


P1140997 (Custom) (Custom)
洗面スペース

窓の近くで明るい

collage_photocat
シンプルで機能的


ステンレスシンクは
好みがわかれるところだけど
ワタシは好きです

collage_photocat
シャンプーやボディーローションは
ロクシタン

裏が鏡だから
いっぱいあるように見えますが
ミニサイズが2セットです。

意外に基礎コスメがないので
持参されると良いですー

collage_photocat
お手洗い

同じテイストのミニシンクあり。
なんでか、鏡もあり
自分と対峙しながら用を足すことに。。。

collage_photocat
洗面スペースからバスルームへ

P1150034 (Custom) (Custom)
楽しみにしてた 
ガラスの浴槽


実際見ると、大きいーー

連れと しばし眺める・・(・ω・ )
モザイクタイルとステンレスで
何ともメタリックで無機質なかんじ
おもしろい

collage_photocat
ハンドシャワーのほかに
レインシャワーもあり。

椅子はないので
基本、立ったままシャワーですが
貸し出しチェアーもあるそう

浴槽内はちょうど腰掛けられる段差があって
2名で入ってもゆとりの広さ

どっちがお湯かわからない
オサレ蛇口

collage_photocat
大容量の浴槽なので
お湯をためるのに時間かかるだろう
と思ってたら

すんごい勢いで給湯
あっという間にたまりますー


桝一さんは温泉ではないので
入浴剤を持参

泡風呂にして遊ぼう~((・´∀`・))

お気に入りの入浴剤入れたら

もこもこのあわあわに

あの勢いでお湯が出たら
そりりゃあそうなるよね

横からみると
ほんとに 「水槽」 って感じ


お湯をいれかえつつ
何回も入りました

朝風呂派の連れは
早朝、お湯をためる音で
ワタシを起こさないか心配だったらしい。
(結構派手な音がします)


まったく気づかず爆睡でしたけど。。

collage_photocat
紅茶 と オリジナルの丸山珈琲

ちなみに夜間(19時~翌朝7時)以外は
無料でコーヒー・カフェインレスコーヒー
小布施りんごジュースを
ルームサービスしてもらえます


バタバタしてて
頼む機会をのがしてしまって残念

collage_photocat
水屋に置かれた観音開きの箱
・・・・・仏壇??


なわけなくて

電気ポットでした(≡人≡;)
隠したかったんでしょうね~

冷蔵庫の中は
ミネラルウォーターとコーラ、ウーロン茶

collage_photocat
一休のダイヤモンド特典で
栗菓子の詰め合わせをいただきました
゚+.(ノ*・ω・)ノ
わーーい、栗ざんまい


ウェルカムスイーツもあったんですが
モンブラン朱雀を食べてきたワタシ達を気遣って
滞在中いつでも好きなときにお持ちします、とのこと

行き届いてるなあ。。

鍵には
赤富士の絵が(・ω・ )

敷地内のお買い物は
この鍵で部屋付け可能。

P1150038 (Custom) (Custom)
このお部屋で
一番印象的だったのが
浴室から洗面にかけてのアプローチ

窓から光が差して
すごくキレイ


ただ、バスルームの入口が
フラット過ぎて
気をつけないと
シャワーの水が外へ流れることも

オサレと使い勝手の両立は
なかなか難しいのかしらね

「小布施堂本店」での夕食編につづきますー

【桝一客殿の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



2016.6 桝一客殿 モンブラン朱雀 ①


今回の旅行はワケあって
長野で2泊→箱根で1泊という
移動の多い旅程

そしてこの旅、最終的には
4泊になるんですが・・・
それはまたのちほど。

1泊目のお宿は

長野は小布施にある栗の町
その中心部に位置する

「桝一客殿」さん

「桝一市村酒造場」が経営する
スタイリッシュ旅館ですー

砂糖問屋だった建物を
パークハイアットを手掛けたので有名な
ジョン・モーフォード氏の設計によって改築

その外観からは
想像できないモダンな誂えの館内を
楽しみにしてました

P1140888 (Custom) (Custom)
桝一客殿さんには
専用の駐車場がないのです
(後で離れた駐車場に案内してくれる)

しかも私道っぽい道に正面玄関があるので
迷いまくって、しばし車でうろうろ
(玄関前が大型バスの駐車場だった。。)

わかりにくい場合は
電話しちゃった方が早いと思いますー

collage_photocat
エントランスとロビー

和風な外観からは想像つかない館内
どちらを向いてもシックな佇まい

黒・白・ブラウンのみで構成されてて
旅館なんだけど、ホテルみたいな雰囲気

P1140894 (Custom) (Custom)
カッコいいデザインの日本酒

造り酒屋さんだものね
桝一さんのお酒は
敷地内のバーで安価に試飲できます

P1140895 (Custom) (Custom)
到着早々ですが
敷地内にあるカフェ「ENTOTSU(えんとつ)」
行きたいんですー
と伝えたら

「かいわいず」を用意して
場所を教えてくれつつ
席を予約してくれたんでした

collage_photocat
広い敷地内には 共有施設が点在

夕食をいただく「小布施堂本店」
バー「手盃(てっぱ)」
朝食場所のレストラン「傘風楼(さんぷうろう)」などあって
ひとつの町のようです

もちろんカフェやレストランは
宿泊者以外も利用できます

P1140902 (Custom) (Custom)
カフェ「ENTOTSU」
12時~16時  


秋であれば、
本来の栗菓子「朱雀」をいただけますが・・
訪問したのは6月

洋菓子にアレンジバージョンの
「モンブラン朱雀」をいただくことに
和栗も洋栗も好きなので
どちらでもウレシイのだけど(*´艸`*)

collage_photocat
平日でも 3~4組並んでました
店内はテーブルが5~6席。
こちらも土蔵を改装した建物のようで
天井の照明が凝ってる

予約してもらったおかげで
待たずに座れました

collage_photocat
メニューは モンブラン朱雀のセット一択

ドリンクを 
コーヒー・紅茶・りんごジュースから選択

お水の氷がまるい
細部までセンスを感じるわあ

1464785613626 (Custom)
モンブラン朱雀

きれいー
そして、迫力のおおきさ
男の人の握りこぶしぐらいある


collage_photocat
栗の層が厚い。。。。

中には甘さを控えた生クリームと
栗がごろごろ入ってます
かなり食べごたえあるとおもう。
濃厚な栗感なのに
するするはいりますー(*≧ω≦)

連れはコーヒー
ワタシはミルクティー

大満足

モンブラン好きにはたまらないですね((・´∀`・))
秋の「朱雀」も食べてみたくなるわあ

collage_photocat
腹ごなしに敷地内を散策

桝一酒造のショップへ

collage_photocat
酒粕ケーキ  
栗かのこと日本酒セット

お酒好きお父さんのいる家族に喜ばれそう

フロントにディスプレイされてた日本酒
「白金」 

P1140933 (Custom) (Custom)
ショップの奥に バー「手盃(てっぱ)」

collage_photocat
160円から試飲できます
さっきの「白金」は510円

collage_photocat
連れは  期間限定の「スクウェア・ワン」生酒

ワタシは 冷やし甘酒

ちょびっと日本酒ももらいつつ
松前漬けも頼んで
「白金」「ろく(にごり酒)」も試飲
普通のおちょこ2杯ぶんぐらいあるので
1合以上飲んだかも

香りが良くてキリッとしてて
おいしかった

夕食前だけど
いいかんじになってしまったわー

collage_photocat
ふたたび散策

大きなメタセコイアの木が目印の
レストラン「傘風楼(さんぷうろう)」
明日の朝食はこちらでいただきます

栗菓子ショップも併設してて、、、

collage_photocat
栗かのこ、栗パウンドケーキ、栗アイス

栗好きには天国

桝一酒造以外のお店も
たくさんあるので
お散歩すると楽しいです

お菓子屋さんや
ランチのお店はたくさんあるけど
夕食をとれそうなお店が見当たらず。
夕食なしプランで宿泊する方は
お店の目星をつけておくと良いかもです

お部屋編につづきますー

【桝一客殿の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド