うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

ゆと森倶楽部 (宮城)

ゆと森倶楽部 朝食・感想 ⑤

ゆと森倶楽部 夕食④
ゆと森倶楽部 渓流露天風呂・大浴場③
ゆと森倶楽部 お部屋②
ゆと森倶楽部 ラウンジ①


朦朧としながら
参加してきました・・・


P1170005 (Custom) (Custom)
夏だったので
窓をオープンにした状態の朝ヨガ

森のざわめきと川音の中で
涼しい風が吹き抜けていく・・・

厚めのマットを貸してくれます
館内着の人もいれば
らくちんそうな私服の人もいた

眠くてへろへろでしたが
だんだん身体があたたまってきて
気持ち良かったですー( ・´ω`・ )

(連れは一度で充分とのことでした・・)

朝食は8:00スタート→9:30クローズ

ふたたび「けやき食堂」へ
さあ、食べるぞー(*´∀`)


collage_photocat
・ミニ玄米パン、石窯酵母パンなど
・焼き立てクロワッサン
・いちご・りんご・ブルーベリーのコンフィチュール


クロワッサンの良いにおい・・・

コンフィチュールは
果実がゴロっと入って甘さひかえめ


P1170038 (Custom) (Custom)
・蔵王クリームチーズ

これ、大好きで
必ずお土産に買ってます

こんなにたっぷり・・・
ぜーたくだ。。。(*´∀`)

collage_photocat
・トマト、小松菜のスムージー
・カモミールのハーブティー
・コーヒー、紅茶


スムージーは
作り立てをどんどん補充
どちらも飲みやすくておいしかった

P1170030 (Custom) (Custom)
・おからのサラダ

collage_photocat
・ソーセージとハム
・白身魚のエスカベッシュ
・カニと夏野菜のオムレツ


collage_photocat
・本日の野菜スープ
・ご飯は蔵王のひとめぼれ
・近隣農家の新鮮玉子


collage_photocat
・茄子と蕪の漬物
・根菜の煮物
・クルミ入りしそ巻き


しそ巻きって
たまに食べたくなるわあ
紫蘇+胡桃味噌がたまらない。。(´ω`★)

collage_photocat
・サラダ
・贅沢胡麻ドレッシング
・はちみつマスタードドレッシング


ドレッシングはほかにも数種類あり

collage_photocat
・フルーツ
・蔵王山麓ヨーグルト


めちゃくちゃ濃厚なヨーグルト
少しかためで
食べ応えあり

collage_photocat
スムージーがやたら美味しくて
おかわりしまくり

コーヒーと牛乳でカフェオレつくって
クロワッサンに蔵王クリームチーズをたっぷり

至福の朝食。。。。。。。(´ω`★)

P1170056 (Custom) (Custom)
朝は木のトレーに盛り付け

蟹オムレツには
大根おろし&なめこのソース

さっぱりして和風なかんじ

collage_photocat
当然、TKGも( ̄ー ̄)

これまたぜいたくに
ダブル玉子で(*≧ω≦)

黄身がオレンジ色だ。。。
美味しくないわけないよね~

朝も充実の内容です

さて、お風呂入ってのんびりしよう~

そういえば
次のお宿も遠刈田で
とても近いのでした。

チェックアウトしてから
だいぶ時間が余るかも?

ってことで

ゆと森さんの
*レイトチェックアウト(1人1時間/1080円)
を利用して
通常11時なのを
12時まで延長することに
(清算は11時まで)

P1170017 (Custom) (Custom)
大浴場は10:00クローズなのだけど
渓流露天風呂は12:30まで入れます

人も少なくて
ほぼ貸切状態でのんびり。。。。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

チェックイン 15時  アウト 11時

さくら館スタンダードツイン利用で
1人 15500円

ドリンク代が含まれてるので
いつも酒代が嵩む我々は
とてもお得に泊まれたきがします

キレイにリノベーションされてますが
所により、チープに感じる箇所もあり

薪ストーブのラウンジは
高級感あって居心地良いです

サービスは簡略化されてるので
そこを納得できれば
楽しく過ごせると思いますー

ワタシ達はどっぷりハマってしまった

小学生以下のお子様の利用が不可なせいか
どちらかというとシニア層が多かった印象。

みなさん、のんびりまったり
思い思いに過ごしてて
ひたすらリラックスしてるようでした

ここに3日もいたら
ゆるみ過ぎて現実に戻れなくなるな。。(≡人≡;)

でもでも

連泊してみたいーー(*≧ω≦)

さっそく「一の坊メンバーズカード」作ってしまった
(108円で作れるポイントカード)

季節のお便りがとどくたびに
心がうずうずするんですが

未だ再訪ならず(ノД`。)

オールインクルーシブ
と言えば
アアルトさん
そりゃあもう天国なんですが、、

あちら1泊分で
ゆと森さんに2泊できるね・・・
なんて話したりしてました( ̄m ̄〃)

適宜、使い分けていきたいわあ


さて、おやつタイムのカフェをはさんで
2泊目レポに続きますー

【蔵王の森がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



ゆと森倶楽部 夕食 ④


夕食は17:30スタート→20:00クローズ

18:30までに
「けやき食堂」へ行きます

混雑してる時期は
並ぶ事もあるみたいだけど
この日は比較的すいてて
18時ごろにスッと入れました

collage_photocat
「けやき食堂」

"食事中"のカードを
テーブルに置いておくシステム。

窓際のお庭が見える席へ

P1160824 (Custom) (Custom)
ビュッフェの内容は
季節ごとに変わるみたいで

この時は「スペインフェア」だった

なのでBGMもフラメンコギター

P1160834 (Custom) (Custom)
・野菜スティック  

野菜ソムリエのシェフが
フロアにいらして
リピーターさんらしきゲストと談笑してた

チェックインの時も
ヘビーリピートしてる方や
長期滞在の方を見かけたなあ。。
ウラヤマシイ。。

collage_photocat
「けやき食堂」は広くて
すごい料理の品数
とにかくウロウロしてみることに

・ハスカップ入りのお寿司

へーー(*´∀`)
かわいいラッピング
これ後で食べようー

collage_photocat
・テリーヌ3種類
・カリフラワーのパンナコッタ
・砂肝コンフィと蔵王ゴーダチーズのピンチョス


イクラが乗った豆腐かと思った(;^ω^)

カリフラワーのパンナコッタ(・∀・)おもしろい

オサレ料理おおし

スペイン料理→ワインに合う

もしかして
ちょうどいい時に来たかも?( ̄m ̄〃)


collage_photocat
赤・白・ロゼワインは
スペイン産のボトルが中心に4~5種類ずつ


樽入りもあり

スパークリングワインもあり

喜びを隠しきれない連れ→(*゚∀゚)

collage_photocat
日本酒・焼酎などもいろいろ

エビスとアサヒの生ビールサーバー

なんか、すごいなー(*゚Д゚*)

collage_photocat
蔵王産のリンゴジュースやブルーベリージュース

ノンアルコールワインや辛口ジンジャーエール

「赤しそ」と「梅しずく」は
炭酸やお水で割っていただきます

赤しその炭酸割りがおいしかった

お酒飲まない人も楽しめると思いますー

collage_photocat
・生ハム「ハーモンセラーノ」のサラダ
・牛ステーキ
・海老ポテトや魚のムニエル


牛ステーキは
シェフが一枚ずつ焼いてくれます

collage_photocat
・紫キャベツの煮込み サン・イシドロ風
・人参のマリネ マラガ風
・豆腐とアボカドとモッツァレラチーズのサラダ
~小松菜と梅肉2種のソース~
・シーフードマリネ 地中海風


お料理ひとつひとつ
手が込んでる

そして、半分減る前に
即補充

お皿のまわりも常にキレイで
ビュッフェにありがちな
ガチャガチャした感じがなくて良いですー

collage_photocat
・しめじとポテトのサラダ
・蕪としらすの柚子風味
・蒸し野菜いろいろ


蒸し野菜には
いろんなソースが用意されてます

さすが野菜ソムリエシェフ
どれも素材をいかしたやさいいお味

collage_photocat
・パンとご飯
・コーンスープ
・バレンシア風パエリヤ


もちろんお味噌汁などもあり。

しっかりお焦げのできたパエリヤ
具材がゴロゴロ入ってて
魚介の旨味たっぷり

おいしかったーー

collage_photocat
・シーザーサラダ
・旬の彩ピクルス
・宮城産大豆の木綿豆腐と薬味いろいろ


大豆の味が濃いお豆腐。

とにかくお料理の種類が多くて
半分ぐらいしか紹介できません。。。

食べてみたいものばかりなのに・・・( ;∀;)

だからみんな連泊するのか。。。

collage_photocat
たーのしいー(*≧ω≦)

ワタシが思ってた
ビュッフェのイメージとちがう


キレイで凝ってて
「美味しいものを少しずつ
が叶うビュッフェもあるんですねー


collage_photocat
おかわりしたもの

・コーンスープ
・砂肝コンフィと蔵王ゴーダチーズのピンチョス
・ハスカップ入りお寿司


トウモロコシの甘さに驚くコーンスープ(*_*)

ハスカップのお寿司は
ホタテや海老・蓮根入りで
絶妙なハーモニー

ピンチョスはワインのアテになり過ぎて
何本もおかわりした(;^ω^)
collage_photocat
・カボチャのプディング
・ブルーベリーパンナコッタなど
・フルーツヨーグルト
・ジェラート


大・満・足(* ´ ▽ ` *)

ワタシ「こんなパラダイスがあったんだねー。。

連れ、スマホで仕事の予定表を見つめる(・ω・ )

ワタシ「どーしたの?」

連れ「この旅行、3泊にできないかなと思って・・・」

ワタシ「 Σ(゚д゚ )!!」

連れ「明日は他の宿に泊まるでしょ?その次の日またここに予約取れたら・・」

・・・・・・・・・そんなに気にいったのか(*゚Д゚*)

ワタシもすごく気にいったけど
連れはど真ん中にツボだったらしい。

結局仕事の都合がつかず
泣く泣くあきらめてましたが、、

薪ストーブラウンジ、川の露天風呂
そしてオールインクルーシブと
連れ好みの要素がありすぎて

「もう旅行は、ゆと森さんだけでいい(キッパリ)」

とまで言い出す始末(;^ω^)

P1160922 (Custom) (Custom)
まったり食べてたら
お庭がライトアップされてた

「けやき食堂」は19:30にお料理提供が終わり
20:00ジャストに完全クローズします。

ゆっくり食べたい人は
早めに来ると良いですよー

collage_photocat
ナイトタイムには
ブランデーやウイスキー
ミントのチョコレート


ほとんどお部屋におらず
滞在中はほぼラウンジで過ごしたんでした

圧倒的な物量感のビュッフェに
食後もしばし呆然。。。。。

すごかった・・・(●´ω`●)


次回の朝食・感想編でラストですー

【蔵王の森がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



ゆと森倶楽部 渓流露天風呂・大浴場 ③


ゆと森さんには2ヵ所の浴場があります

*本館の大浴場(内湯・露天)
13:00~25:00 朝5:00~10:00


*別棟の渓流露天風呂(露天のみ)
15:00~21:00 朝6:00~12:30


collage_photocat
明るいうちに 渓流露天風呂へ

本館の玄関を出て
7~8分てくてくと歩きます

森の小道に入るゲートが
ステキな雰囲気(・´ω`・)

P1160734 (Custom) (Custom)
川の音が聞こえてきた

collage_photocat
川にせりだしたデッキテラス

ハシゴが下にのびてて
「めいそう」って書いてある(・ω・ )

これは降りずにいられない。。

下には小さなベンチがあって
目の前に川がゴーゴー流れてます

たしかに、瞑想できそう。

collage_photocat
ヨガハウス

朝7時からのヨガは
無料で自由参加できます

朝が弱いワタシ
そして身体の固い連れには
ハードル高かった。。

けど、気合で早起きして
ヨガってみました
爽やかで、たまには良いかも

ここは開放されてるので
お風呂の待ち合わせにも

collage_photocat
渓流露天風呂は
「まる」と「しかく」があって
翌日に男女が入れ替わります

環境保護のため
石鹸類の使用は不可。

collage_photocat
「まる」の脱衣所

コンパクトで
アメニティなどはなく
飲料用の紙コップのみ。

雨天用に三度笠。

collage_photocat
「まる」にはサウナあり

檜チップが置いてありますー

そんなに高温じゃなかったから
ワタシでも入れそう

P1160748 (Custom) (Custom)
渓流露天風呂「まる」

うわーー(*´∀`)
ロケーション最高ですー


P1160755 (Custom) (Custom)
円のふちまでいくと
すぐそこに急流が


P1160757 (Custom) (Custom)
5~6人サイズといったところ

小糠雨の降る中
ぬるめのお湯が気持ち良かった~
(*≧ω≦)

浸かるだけのお風呂なので
みんなそんなに長居せず
意外と混雑してなかった

自然の真っただ中という感じで
リラックスできました~

collage_photocat
入替後の「しかく」の脱衣所

サウナがないかわりに
リクライニングチェアーあり。

P1170008 (Custom) (Custom)
渓流露天風呂「しかく」

P1170010 (Custom) (Custom)
こちらも川の間近

本館から歩いてくるのが
ちょっと面倒だけど

すっかり気にいってしまって
時間があると通ってました

滞在中はまあまあ歩いたと思う

健康になってしまうわあ( ̄m ̄〃)

P1160957 (Custom) (Custom)
本館の
大浴場いりぐち


collage_photocat
大浴場の脱衣所

ここはそれほど改装してない様子

22時前のいい時間なのに
誰もいない。。。。

さすが「美と健康の宿
皆さん早寝なのねーー

P1160981 (Custom) (Custom)
P1160983 (Custom) (Custom)
大浴場 「内湯」

広大

51室あるから
不思議はないんだけど

無人のひろびろ大浴場は
ちょっと怖かった(;^ω^)

collage_photocat
岩の露天風呂は
そんなに大きくなくて
何故か、まっくら

昼間の方が雰囲気良いかも。

サウナあり
寝湯とジャグジーあり。

collage_photocat
バスアメは プロヴァンシア

ラベンダーやカレンデュラの良い香り

ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
の温泉はサラッとしてるけど
すごーくあたたまります

内湯は結構熱くて
5分ぐらいで茹でダコ

広い大浴場もいいけど
ワタシは断然
渓流露天風呂がお気に入り


圧巻の夕食ビュッフェ編につづきますー

【蔵王の森がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



ゆと森倶楽部 お部屋 ②


お部屋のご紹介ですー

collage_photocat
エレベーターは1基のみ。
夕食時はちょっと混み合いました。

廊下に貸出枕のコーナー

「羽毛を超えたつぶ綿枕」というのを
選んでみた
ふわふわ感触

collage_photocat
お部屋は本館3階の「さくらツイン」
定員2名 36㎡
ゆと森さんのスタンダードなお部屋です

どんぐりのついた鍵が2つ。

スリッパクリップもお部屋にあって
持ち歩くようです
合理的(・ω・ )

P1160671 (Custom) (Custom)
P1160675 (Custom) (Custom)
まだ新しくてキレイ~

ベッドスペースは琉球畳。
広縁部分はフローリング。


P1160720 (Custom) (Custom)
シンプルで万人に好まれそうな内装

ソファーもかわいい( ・´ω`・ )

硬過ぎず、座り心地良いですー

P1160710 (Custom) (Custom)
ほんのり良い香りがするなあ。。

と思ったら
テーブルの上にポプリの箱が

P1160700 (Custom) (Custom)
ベッドはシモンズのセミダブル

さくら館はシモンズで
木もれび館はシーリーなのだそう

1万円台と思えない寝具へのこだわり。。

ぐっすり眠れました~

おまけに
左右の読書灯は調光可

スバラシイ(´ω`★)

collage_photocat
ワタシ達はほとんど見ませんが
テレビはベッドからの見える角度。

窓際に鏡台デスク。

collage_photocat
冷蔵庫の中は空で

スティックタイプのお茶とコーヒーがあるのみ

フリードリンクが充実してるし
お部屋に持ち帰れるから
まったく無問題

collage_photocat
タオルは大小1人1枚ずつ
大浴場へ持参します

足袋とミネラルウォーター

湯カゴはとっても重宝しました  

P1160663 (Custom) (Custom)
館内どこでも作務衣で過ごせます

らくちんだ(・´ω`・)

P1160648 (Custom) (Custom)
洗面スペース

collage_photocat
ドライヤーは壁掛けだけど
普通に1200Wでパワフル

アメニティも思ったよりそろってて
一般的な旅館と遜色なし

P1160722 (Custom) (Custom)
基礎コスメは 
使いきりタイプのものが2セット

手ぶらでも平気ですね~

P1160656 (Custom) (Custom)
タオル掛け

しっかりした素材で
簡単に広げられて安定自立

たためば省スペースだし
よくある小さいタイプより全然いい

他のお宿も採用したら良いのに(・ω・ )

P1160704 (Custom) (Custom)
大開口の窓があって

眺めが良かったですー

この窓、下からガバッと開くので
ちょっとコワイのだけど(;^ω^)。。

P1160709 (Custom) (Custom)
正面玄関側の景色

ガーデンサイドのお部屋や
テラスの付いたスイートなどもあるようなので
お部屋選びは色々吟味されると良いですよー


川の露天風呂&大浴場編につづきます

【蔵王の森がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



2016.7 ゆと森倶楽部 ラウンジ ①


いろんな意味で衝撃的なお宿でした。。(・◇・)

宮城旅の1泊目は

「蔵王の森がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部」さん

「松島一の坊」さんや「温泉山荘だいこんの花」さんも
加盟してる一の坊グループのお宿です。

野菜ソムリエシェフによる
お野菜を中心にした
おいしいビュッフェ料理と
オールインクルーシブ
を目当てにやってきたのでした


もともとリーズナブルなのだけど

60日前の早割りプランが
さらにお得

P1160593 (Custom) (Custom)
全51室

蔵王国定公園の中の約4万坪の敷地の中
以前はホテルだった建物を
一の坊グループが買い取ってリノベした施設です

外観はそのままのようで
パッと見古さを感じるけど
中はキレイに改装してあります

collage_photocat
チェックイン少し前に着いたのだけど

もう続々とゲストが来てて

フロントで少し待って手続きφ(・ω・ )。。

collage_photocat
客室までの案内はなく
自分達で向かいます

館内図の紙に大浴場の時間や
各サービスやアクティビティの詳細、
貸出品リストなど細かく書かれてるので
特に困ることもなく。。

P1160610 (Custom) (Custom)
ラウンジ


collage_photocat
薪ストーブを囲むチェアー

お庭の見えるチェアー

ゆったりくつろげそうー(*´∀`)

P1160620 (Custom) (Custom)
ラウンジでは

時間ごとに飲物やジェラードなど

自由にいただけます

もちろん夕食時の
レストランでの飲物もフリー

すべて、宿泊費に含まれています。

collage_photocat
連れは さっそく生ビール

collage_photocat
10種類ぐらいあるジェラード

スタッフさんが好きなのをカップに入れてくれます。

「ローストピスタチオ」と「苺のマスカルポーネ」
をいただいてみた


あっさりしてるけど、牛乳のコクがある
高原で食べるようなジェラードですー
すごくおいしい(*≧ω≦)


ああ、全種類食べたくなるわあ・・(・´ω`・)

生ビールとジェラードの提供は
15:00~18:00の間です。
他の飲物は常時あり

collage_photocat
リンゴのフレーバーウォーター

ピーチとブルーベリーの
リキュールかシロップ

コーヒーや紅茶の風味づけかな?

collage_photocat
ビールのおつまみにぴったりだった
ドライトマト

玉子のお菓子と
薄焼きクッキー


collage_photocat
コーヒーマシン

カフェラテはもちろん
ホットチョコやココアもありますー


collage_photocat
蓋付きの紙コップが用意されてて
レストランやお部屋に持ち帰りも可能

至れり尽くせり。。。。。(´ω`★)

館内に市価の自販機もあり。
でもこれだけ飲物があると
必要ないかも。

ナイトタイムは
ウイスキーやブランデーなども

ラウンジでまったりするのが好きな我々には
嬉しすぎる環境


collage_photocat
雑誌や新聞各紙。

館内どこでもWi-Fiがつながります

ネットがないと落ち着かない連れも満足( ̄ー ̄)

P1160815 (Custom) (Custom)
ラウンジ前のテラス

お天気良かったので
ここでビール飲んだりしました

ゆと森さんは
本館「さくら館」と離れの「木もれび館」
に分かれてて
テラスの先にあるのが「木もれび館」だと思われる

P1160817 (Custom) (Custom)
テラスの中央に
薪スペースがあって
夏だけど、火を入れてくれるみたい

スタッフさんが着々と準備してました。

このスタッフさんは
先程ジェラードコーナーにいらした方だ

翌朝のヨガ講師としても登場されてて
1人何役もこなしてすごいわあ

広大な施設の管理や
充実したサービスを
少人数のスタッフさんでまわすのは
簡単ではなさそう。

でもみなさん
ニッコリ自然な対応で
感じが良いですー(・´ω`・)

客室までの案内がなかったり
和室のお布団がセルフ敷きだったり
コストを抑えてるみたいだけど
ワタシ達は無問題


次回はお部屋のご紹介ですー

【蔵王の森がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド