うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

蒼海の宿 ならいの風 (伊豆)

蒼海の宿 ならいの風 朝食・感想 ④

蒼海の宿 ならいの風 夕食③
蒼海の宿 ならいの風 大浴場②
蒼海の宿 ならいの風 お部屋①


朝食は8時から
昨夜と同じ席でいただきます

P1210629 (Custom)
今日は少し晴れて
海がキレイに見えますー
大島もくっきり

P1210631 (Custom)
collage_photocat
奥様が磯でとってきたヒジキ
普通の倍ぐらい太さがあります

4時間かけて煮込んだのだって

噛むと旨味が染み出て
今までにないおいしさ(・´ω`・)


自家製の柚子塩辛 青梗菜炒め

左下はアワビの肝

ほろにが。だけどうまし

P1210640 (Custom)
出汁巻き玉子  大根おろし

P1210642 (Custom)
金目の干物

collage_photocat
お漬物も奥様の手作り

梅干し、、目が覚めそうなしょっぱさ
1粒でご飯一杯いける

昨日も今朝も
お味噌汁がまろやかでおいしい

もりもりとご飯がすすみますー

P1210648 (Custom)
フルーツとヨーグルト

食後にコーヒーをすすめてくださったけど
苦手なので辞退

代わりにお茶などが出るでもなく・・・(・ω・ )

お風呂のクローズが迫ってたので
そのまま大浴場へ

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

チェックイン 14時  アウト 11時

「早めのイン・遅めのアウト
ひとり旅応援プラン」を利用して

20520円

2名以上で利用すれば
1人1万円台で泊まれます。

素朴で温かい人柄のご夫婦の
フレンドリーなおもてなしで
リラックスできたわあ

あまりにたくさん会話したので
ちょっと気疲れした場面もあったけど
接客慣れしてなくて
素直なお二人が微笑ましかった

お料理が
決して華やかではないのだけど

地に足のついた感じで
「本物」感がありました

お魚も野菜も自分達で調達、
調味料も自家製と
すごい手間暇かけてたわあ

滋味深いお食事を
また食べに行きたいです

連れと行くなら
お風呂の付いたお部屋が良いな

海水浴シーズンは混雑しそうなので
またオフシーズンを狙って

collage_photocat
清算後に敷地内にある
原木しいたけを何個かいただいたんでした

自分でブチッと取るんですが
肉厚なしいたけにビックリ∑(*゚ェ゚*)

帰宅して
オーブンで焼いたら
ものすごくおいしくて
連れが大喜び(*´∀`)

嬉しいサービスなんでした

伊豆2泊ひとり旅は以上ですー

ワタシの中では
チャレンジ企画だったけど
どちらも記憶に残る宿だったわあ

いつもお付き合い、ありがとうございます(●´ω`●)


次回は帰りに立ち寄ったお店や
スイーツネタなど少し書いておきますー


【蒼海の宿 ならいの風の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram




ステキ温泉ブログがたくさん♪



蒼海の宿 ならいの風 夕食 ③


夕食は18時から
食事処でいただきます

collage_photocat
食事処「筆島」

何故かど真ん中のテーブル席に案内された

調理場を背にして座ったんですが
常にご夫婦の視線を感じて
ちょっと落ち着かなかった

ひとりの時は
窓側の端っことかが良かったかもです

でも優しいお二人が
色々話しかけてくださるので
退屈する事はまったくなし

BGMはピアノジャズ

collage_photocat
ドリンクメニュー

そんなに種類はないけど
静岡の地酒がいくつか。

連れもいないし
お酒はやめといて
リンゴジュースを注文。
すごく喉が乾いてたからゴクゴク

P1210602 (Custom)
最初のセッティング

collage_photocat
食前酒は杏子酒

アワビに添えてあるのは
「秘伝のタレ」キモを熟成させたような濃厚ダレ美味

真ん中のお皿は甘酸っぱいカブ

黄色いお皿は椎茸のバターソテー

野菜は自家農園、海産物は
自前の船で獲れたもの

食材にはこだわりがあるみたい。

P1210607 (Custom)
伊勢海老のサラダ

さっぱりしたレモンとビネガーのドレッシング

海老はもちろんだけど
添えてある海藻もすごくおいしい


P1210612 (Custom)
サザエのバジルソース

アツアツです

バジルと胡桃のソースが絶品(*≧ω≦)

奥に野菜が入ってて
ソースがしみて、うまうま


P1210616 (Custom)
オキメヒメジ サザエ イシガキダイ のお造り

どれもしっかり歯ごたえがあって
新鮮さが伝わります


ご主人が今朝揚げたそうで
お魚の種類を熱弁してくれた
(残念ながらワタシの魚介知識は乏しいので
言ってること半分もわからなかったけど

P1210618 (Custom)
カワハギの煮付け

へーー(・∀・)
煮付けで食べるの初めてですー


小皿にあるのは
新鮮じゃないと食べられない
カワハギの「肝」

煮汁が濃すぎないので
素材の味がよくわかるかんじ

おいしい。。。( ̄m ̄〃)

いつになく、お顔のまわりまでつついてしまう

P1210621 (Custom)
クロダイのハーブ焼き

甘辛でスパイシー

洋皿っぽい一品、好みです

P1210622 (Custom)
カマス 椎茸 春菊 の天ぷら

衣に味がついてるので
そのまま食べられます

柚子胡椒をちょい足しで
いいおつまみになりそう

このあとに
とこぶしご飯が出るんですが

うっかり、写真を消してしまいました

なので・・・・

DSC_0305
ワタシの拙すぎる絵で。。。。(=ω= ;)
ごめんなさい、絵心ゼロなので( ;∀;)
各自、心の目で補正お願いします

こんな感じで
わっぱご飯に
薄く切ったとこぶしが乗ってました

お味噌汁はカサゴと海苔。

とこぶしのコリコリ食感と
手作り麦味噌の味噌汁
美味しくいただきました

P1210624 (Custom)
デザートは 

P1210627 (Custom)
外浦で獲れた
最大クラスのアワビの貝殻を
見せてくれました

漁協で話題になったらしい
おおきいー

お料理はどれもシンプルだけど
それぞれの食材に合った味付けで
文句なくおいしいと思います

伊勢海老漁が解禁のシーズンは
早朝に自船で漁体験ができたりするそう
(時期など詳細は要問合せ)

お肉が全く出ない
お魚尽くし

その辺は物足りないと思う人もいるかも?(・ω・ )

ワタシは満足な内容でした


次回の朝食・感想編でラストですー

【蒼海の宿 ならいの風の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram




ステキ温泉ブログがたくさん♪



蒼海の宿 ならいの風 大浴場 ②


館内と大浴場のご紹介です

P1210571 (Custom)
半地下に卓球台あり

collage_photocat
海岸側の裏口から近い場所に
シャワー室
海に近いお宿には必須ですね~

自販機は市価プラス数十円の良心価格

collage_photocat
浴場前に冷水を入れたポット

大浴場「つわぶき」「はまゆう」
どちらも内湯のみ

16:00~22:30
翌朝6:00~9:30の間に入れます。

せっかくロングステイできるから
もうちょい時間の幅があると良かったな
特に夜と朝食後のクローズが早い。。


通常は夜に男女入替ですが
今日はワタシだけなので

広い「つわぶき」の方を
貸切で利用させていただきました

P1210579 (Custom)
「つわぶき」脱衣所

清潔感あふれてます
前泊のやまだ屋さんが古めだったから
余計キレイに感じる・・・(;^ω^


collage_photocat
基礎コスメはお部屋と同じ。

コットン・綿棒あり。

P1210649 (Custom)
大浴場「つわぶき」

P1210653 (Custom)
内湯だけど
ガラス張りでオーシャンビュー

正直、お風呂にそんなに期待してなかったけど
思ったよりずっといい(*´∀`)

もう一方の「はまゆう」
似た造りだけど
広さは半分ぐらいです。

P1210655 (Custom)
洗い場は4つ。

満室で重なると混み合うかも

P1210594 (Custom)
バスアメニティ 洗顔ソープ

P1210654 (Custom)
伊豆石の浴槽は
中に1段ステップあり

5~6人サイズかな
ここを独泉はしあわせ(・´ω`・)

40~41℃ぐらいでした

P1210588 (Custom)
温泉分析表を見ると
16の混合泉

外浦全体のを一ヶ所に集めて
みんなで使ってる温泉なのかも

かすかに塩辛くて
指先まであたたまるポカポカ湯

P1210555 (Custom)
他のお部屋を見せてもらった

「海側3階の和室」

P1210556 (Custom)
P1210561 (Custom)
ナイスビュー

collage_photocat
1室だけある「半露天付き和洋室」

P1210562 (Custom)
P1210564 (Custom)
かわいい陶器の浴槽

1人用だけど
窓を開けて入れば
露天っぽくて気持ちよさそう

14931
他に「二間続きの和室」にも
温泉の内風呂がありました
(※画像は公式サイトより)

洋室ツインと料金差は5~7千円ぐらい。
部屋風呂希望なら
おすすめ


夕食編につづきますー

【蒼海の宿 ならいの風の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


Instagram




ステキ温泉ブログがたくさん♪



2016.12 蒼海の宿 ならいの風 お部屋 ①


伊東から下田へ移動して
ひとり旅2泊目のお宿へ

外浦海岸という
小さくて穏やかな入り江の近くにあります

P1210530 (Custom)
「蒼海の宿 ならいの風」さん

保養施設をリノベした
全7室のお宿です。

「ひとり旅プラン」は
通常よりも2時間ほど滞在時間が長い
ロングステイができるのです

さあ、まったりするぞ~(・´ω`・)

collage_photocat
外観も入口も
保養所風味が残ってますねえ

P1210534 (Custom)
奥のほうに広い公園みたいな場所があって、、、

collage_photocat
ブランコやシーソーがあった

そして、海岸へ出れる入口も。

お子様連れも楽しめそうですね

P1210516 (Custom)
エントランスとフロント

ならいの風さんは家族経営で
若いご夫婦が切り盛りされてます

ご主人は地元出身なのだそう。

外浦は後継者不足などで
だんだん旅館が減ってきていたので
思いきってここを購入して
少し前にオープンしたのだって

おっとり優しいご夫婦から
癒しオーラが漂ってました

P1210514 (Custom)
ロビー

なんと今日のゲストは
ワタシひとりだけ

大画面テレビも
ずっと独占していいですよ~
だって

嬉しいような、
申し訳ないような。。(;^ω^


ワタシが来なければ
お休みできただろうに、とか
考えてしまう

P1210543 (Custom)
ロビーからテラスへ出られます。
海岸が目の前だ(* ´ ▽ ` *)

雨女ぶりを発揮して
ばっちり曇天でしたが
夏は気持ち良さそう~
ナイスなロケーションですー

collage_photocat
館内は禁煙なので
公園側のテラスに喫煙コーナーあり。

collage_photocat
客室は1階~3階にあって
エレベーターはなし。

お部屋は「海側和室」
「半露天付き和洋室」
「山側の洋室ツイン」
があります。

ひとり旅プランだと
「山側洋室ツイン」しか選択できず
1階の「神津島」というお部屋へ

P1210438 (Custom)
P1210439 (Custom)
P1210441 (Custom)
P1210444 (Custom)
ツインベッドは隙間がなくて
ほぼくっついてる状態。

片側も壁にくっついてるので
2名だとちょっと使いにくいかも?

広くはないけど
さすがに新しくて
とってもキレイなお部屋

1人なら無問題ですー

P1210494 (Custom)
お手洗いもピカピカで
新しい機種のウォシュレット

P1210457 (Custom)
テレビまわりに色々集約。

椅子がないので
デスク作業はできないけど
Wi-Fiが
館内どこでもバッチリ繋がります

collage_photocat
クリスタルガイザーが1本サービス
ほうじ茶・緑茶・コーヒー


冷蔵庫は空で
館内に自販機あり。

collage_photocat
大小タオルは1枚ずつ

タオル掛けをエアコンの下に移動したけど
なかなか乾かず
途中からは小タオルを駆使。

でも、真新しいタオルで
肌触りが良かったです

collage_photocat
化粧水と乳液あり

クレンジングはないから
持参すると良いですよー。

作務衣・羽織があって
足袋はなし。

collage_photocat
近くの海で獲れる海藻を使った
手作り寒天は奥様の手作り。

照明は鍵を差すと点くタイプ。

テーブルと椅子があったけど
あんまり使わず
ほとんどベッドでゴロゴロしてたんでした

荷解きが終わったころに
奥様が気をつかってくれて
海側のお部屋に移るか聞いてくれたけど
すっかりリラックスモードだったので
このまま洋室を使わせてもらいました


でも後で
いろんなお部屋を見せてもらっちゃった

次回に写真載せますね。


大浴場編につづきますー

【蒼海の宿 ならいの風の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram




ステキ温泉ブログがたくさん♪



記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド