うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

櫻湯 山茱萸 (山形)

櫻湯 山茱萸 朝食・感想 ⑥

櫻湯 山茱萸 夕食⑤
櫻湯 山茱萸 大浴場④
櫻湯 山茱萸 露天風呂付客室(風呂編)③
櫻湯 山茱萸 露天風呂付客室②
櫻湯 山茱萸 館内①


朝食は7:30~9:00の間で選択

ワタシ達は8:30にお願いしました

前日に和食・洋食を選んでおきます

いつも通り、
ワタシは洋食。連れは和食。

P1220633 (Custom)
連れの和食

品数多いですー

collage_photocat
冬瓜と豆の煮物  すじこ 
切り干し大根 蕪の餡かけ


P1220640 (Custom)
鯵の干物

collage_photocat
伊達巻き 鰹の昆布巻き ハムサラダ

collage_photocat
ご飯は1人ぶんでも土鍋で炊いてくれます

浅利の味噌汁 漬物いろいろ

P1220626 (Custom)
洋食は 小松菜と林檎のスムージー から始まります

和洋共通の飲物は
リンゴ・オレンジ・トマト・牛乳から選択。

ワタシはリンゴジュースをもらいました

P1220631 (Custom)
たっぷりのコーンスープ

P1220632 (Custom)
ソーセージ入りポトフ


身体があたたまって良いわあ
朝は二人とも汁物を欲してます

P1220622 (Custom)
胡麻ドレッシングとサラダ

空いたスペースには、、、、

P1220650 (Custom)
スクランブルエッグが

卵料理はスクランブルエッグか目玉焼きの選択。

オムレツがあっても良かったんだけど。。
和洋が選べるだけでもうれしいです

P1220628 (Custom)
3種類のパン

しっかり温められてます

P1220624 (Custom)
バターとジャム

オリジナルのコンフィチュール
とかではなく、
普通の苺ジャムとマーマレードだった

今朝も期待しすぎ?(;^ω^)

でも夕食より朝食のほうが
印象良かった気がします(о´∀`о)

P1220648 (Custom)
大きなクロワッサン、サクサクでおいしい(・´ω`・)

圧倒的に和食の方がボリューミーだけど
クロワッサン食べたら満腹に

再訪しても
ワタシはまた洋食にするとおもう

P1220627 (Custom)
ブルーベリーヨーグルト

P1220652 (Custom)
みかんと柿

P1220644 (Custom)
牛乳8:紅茶2ぐらいのミルクティー

をお願いしたら
快く聞いてくれた
ありがたし

まだ旅館飯が続くし
胃腸を大切に。。。。(;^ω^)

P1220661 (Custom)
チェックアウトまで
たっぷり時間があります

ひたすら、湯浴み三昧

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

チェックイン 14時  アウト 12時

スタンダードプランの
お部屋お任せで

1人 29000円ぐらい。

1/5はギリギリ正月料金期間に入ってて
通常より2000円アップでした。

高級旅館・しかも有名宿に
期待しすぎたのか
食事面では思ったほど感動がなかったような

どれも普通に美味しかったし
一定の満足感はあったのだけどねえ。。
何か一品、「これは!(・ω・ ) 」
というものが欲しかったんでした。

お部屋と露天風呂は文句なし
(*≧ω≦)


すっごくのんびりできたし
贅沢な時間を過ごせました~

この充実した設備で
2万円台はコスパ良いとおもう

そして22時間のロングステイも素晴らしい

ナイスな部屋風呂がある時こそ
長く滞在したいですもんね(´ω`★)

特に、朝がのんびりできるとうれしいわあ。

BlogPaint
清算した時に 塩むすび をいただいたんでした

次のお宿へ移動する車中で
もりもりと

もちもち・つやつやで美味しかった

P1220670 (Custom)
プラン特典の 「山茱萸のおこめ」 1kg

わあい(*´∀`)
前泊の松島館さんでもお米もらったから
当分おいしいご飯が食べられる

連れは自宅では
ほとんど米粒を食べないので
ワタシがひとり占めなんでした

甘味と水分が多くて
白ご飯だけで充分おいしいお米

売店で販売してたので
再訪したらたくさん買ってこよう~


3泊目のお宿へ向かいます
次の宿も14時インなので、間は2時間。
のんびり移動して
途中で軽くお茶してぴったり、という感じ

ワタシ達はほとんど観光しないので
滞在時間が長めのお宿、助かるわあ(・´ω`・)


3泊目レポにつづきますー

【櫻湯 山茱萸の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram




ステキ温泉ブログがたくさん♪




櫻湯 山茱萸 夕食 ⑤


夕食は18時からお部屋でいただきます

P1220570 (Custom)
プランに付いてたオリジナルカクテル

グラスの縁に塩がついてて
マティーニみたいな見た目だけど
洋梨を使った、甘ーいカクテル

collage_photocat
※クリックで拡大します

右下がおしながき

印字してある定番のドリンクメニューのほか
手書きのワインリストもあり

読んでるだけで楽しくなる
地元ワインがたくさん

collage_photocat
セリの白和え 松の実

子持ち昆布  

山茱萸の形の箸置きがかわいい

器にも描かれてますー

大好物の子持ち昆布
プチプチ感がたまらない

collage_photocat
羽子板の器は 
唐墨大根 くわい煎餅 金柑なます
のし梅 鯛野菜巻き


四角い器が お多福豆

ちょっとお正月っぽい雰囲気

唐墨はミニ大根に挟まれてますー

おたふく豆はふっくらして大粒

P1220582 (Custom)
マグロ  カンパチ  あぶらぼう 

鮪は赤身だけど脂がのってます

あぶらぼう、というのは
「あぶらぼうず」の事だと思うんですが
初めて食しました(・∀・)

意外と、さっぱりしてる

P1220587 (Custom)
高畠ワイナリーの白を投入

辛口で軽くてどんどん飲めるワイン

P1220585 (Custom)
蛤清まし仕立て  

お出汁は薄めです

ここまで、わりと淡々とすすんでます。
渋い有田焼きの器はステキだけど
華やかな演出はなく・・・

山茱萸さんは「和のオーベルジュ」として
雑誌に紹介されたりしてたから
どんなお料理が出るかワクワクしてたんですが
意外と無難な印象

もちろん、どれもお味は良いですよ

P1220590 (Custom)
P1220591 (Custom)
サワラの朴葉焼き  長芋  茸

香ばしいわあ(・´ω`・)

酢橘をたっぷりしぼって
甘辛なお味噌と一緒にいただきます

ごはんが欲しくなる

P1220594 (Custom)
P1220596 (Custom)
ふかひれパイ包み

わあ~ ゚+.(・∀・)゚+.゚ こういうの好き

サクサクのパイをくずして
アツアツのふかひれスープと一緒に


おいしい~(*´∀`)

寒い季節のポットパイは良いですねえ

P1220600 (Custom)
collage_photocat
米沢牛の炭火焼き

いい感じの霜降り(*≧ω≦)

2種類の岩塩・タレ・にんにく・胡椒で

P1220603 (Custom)
ジンギスカン鍋はあっという間に焼けてしまう

連れは さっと炙ったぐらいで食べてたけど
ワタシはうっかり焼き過ぎてしまって・・・(;^ω^

それでも、信じられないぐらいジューシー

じっくり味わったんでした

P1220606 (Custom)
P1220608 (Custom)
なめた鰈の煮付け  針葱  青水菜

子持ちの鰈です
卵もおいしいのよね~(・´ω`・)

煮汁が濃すぎず上品

collage_photocat
蟹の炊き込みごはん 赤出汁 赤カブ漬け

おお、、蟹の炊き込み∑(*゚ェ゚*)
昨日の松島館とまるかぶりです


「蟹密度」は松島館さんのがすごかったけど
固めでもっちりした炊き上がりは好み


collage_photocat
栗きんとん 抹茶のわらび餅 杏仁豆腐

どれもしっかり甘い

杏仁豆腐もねっとりして食べ応えある感じ。

淹れてくれたほうじ茶がすすんだんでした


「和のオーベルジュ」に期待が大き過ぎたのか
食べ終わってみて、なんとなく拍子抜けしたような

どれも美味しかったし
米沢牛は最高だったんですが
なんだろう?インパクトに欠けたのかなあ

昨日の松島館さんで
ハードル上がっちゃったかな・・・・・?(;^ω^)

仲居さんがクールなタイプで
説明もあっさりだったから
気持ちがいまいち盛り上がらなかった所も

人間ってどんどんワガママになりますね。。

食事が終わると
冷水ポットを置いて
仲居さんは風のように去っていきました

お布団は入室時から敷いてあるし
すぐにゴロゴロできますー


次回の朝食編でラストです

【櫻湯 山茱萸の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram




ステキ温泉ブログがたくさん♪




櫻湯 山茱萸 大浴場  ④


大浴場は内湯と露天風呂があって
14:30~チェックアウトまで
ずーっと入れます

男女の入替はないけど
ほぼ左右対称の造りのようでした。

JTB(だったと思う)のプランで
大浴場を1時間ほど貸切できるんだそう

この日も1組利用されてて
夕方の1時間は男湯が貸切になってました。

今度はそのプランで来ようかなあ

collage_photocat
大浴場の前に
レモン水とオレンジジュース

お風呂あがりにごくごく飲めますー

タオルも用意してあるので持参不要

collage_photocat
お部屋ごとに名札が貼られた靴箱。

スリッパを間違える心配なしですね~

P1220497 (Custom)
脱衣所

ここも床暖房であたたかい

collage_photocat
仕切りのあるパウダースペースが2つ。

基礎コスメはお部屋と同じもの。

P1220507 (Custom)
お部屋は掛け流しだけど
大浴場のお湯は冬季は加温されてます

湯口の近くは激熱(・∀・;)

ご注意くださいませ~

P1220508 (Custom)
大浴場 内湯

P1220509 (Custom)
P1220516 (Custom)
P1220524 (Custom)
何度か来たけど
入れ違いになったゲストが1人だけ。

全室にお風呂があるせいか
ほぼ独泉状態でした

でも内湯は熱くて・・・・

長くは入れず

P1220511 (Custom)
上部で男女が繋がってます。

天井高いなー

P1220517 (Custom)
P1220523 (Custom)
P1220518 (Custom)
露天風呂

何故か、ジャグジー

温泉には珍しいですよね

中庭にうっすらと雪が積もって
念願の雪見露天が叶いました(・´ω`・)

P1220521 (Custom)
盛大にボコボコ泡だってますー

露天風呂はわりと浅くて
座ると胸下あたりまでの深さ

なので、自動的に半身浴っぽくなります。

こちらはぬるめでいいあんばい

最初は「え」と思ったけど
慣れてくると、気泡の感触が心地良かった

けっこう気に入って
何度か入りにきたんでした


夕食編につづきますー

【櫻湯 山茱萸の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram




ステキ温泉ブログがたくさん♪




櫻湯 山茱萸 お部屋の露天風呂 ③


「白山吹」のお部屋の露天風呂のご紹介です

collage_photocat
専用露天風呂へは
リビングから渡り廊下でつながってます

中庭の雪景色が見えて素敵

なんですが、廊下すごく寒い

お部屋側・露天側にドアがあるので
通らない時はぴっちり閉めておきます。

P1220382 (Custom)
洗面所→シャワールーム→露天風呂 という造り

ダブルボウルに椅子2つ
スバラシイ


洗面所もシャワールームも
床暖房が入っててあたたか(・´ω`・)


collage_photocat
タオルウォーマーあり

ドライヤーも2つある

女子グループ旅などで活躍しそう
(こちらのお部屋は5名定員のようでした)

P1220391 (Custom)
雪白のタオルはふかふか

バスタオルは3枚ずつ
バスローブもタオルウォーマーもあるから
超・快適(*≧ω≦)

collage_photocat
基礎コスメはボトルタイプと
使い切りのパウチタイプ。

酒蔵生まれのこだわり石鹸
と泡ネット

ちっちゃいお試し用だけど
泡立ちも香りも好み

巾着に入った
ボディーソープとボディーローション

P1220410 (Custom)
シャワールーム

collage_photocat
バスアメはアロマエッセ

洗面所に温泉分析書がありました

源泉温度60.4℃

うっすら硫黄が香る、良いお湯なんです

P1220415 (Custom)
お部屋の露天風呂

石造りの正方形

2人で足を伸ばして入れます

掛け流しで、静かにオーバーフローしてた

P1220418 (Custom)
欲を言えば、、

浴槽内に一段ステップが欲しいけど

そのぶん広々入れます

P1220422 (Custom)
隣にデッキチェア

たっぷり温まった後に
連れはここでビールタイム

collage_photocat
屋根がかかってるから
雨でも無問題

簾は何のためにあるのだろう(・ω・ ) ?
塀に囲われてるから
どこからも見えないと思うけど。。

加水・加温の蛇口あり。
でも湯もみすれば入れる温度

中庭を挟んで
居室や渡り廊下が見えますー

明るい時間も良いけど、、、

P1220565 (Custom)
夜のうすぼんやりした中で入るのも
いいかんじ(・´ω`・)


しんしんと小雪が降る中
聞こえてくるのはお湯の流れる音だけ。。。


夕食編につづきますー

【櫻湯 山茱萸の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram




ステキ温泉ブログがたくさん♪




櫻湯 山茱萸 お部屋 ②


山茱萸さんのお部屋は7室。

どれも主室・寝室・リビングの3間あって
それぞれに専用の露天風呂付き

今回のプランは
お部屋おまかせだったので
どこになるかワクワク

BlogPaint
案内されたのは 「白山吹」 

ピンクのところです。

平屋建てで移動距離も少ないから
足腰の弱い方でも大丈夫そう。

お部屋によって
和ベッドだったりお布団だったり
露天風呂の浴槽の形など
趣が異なるようでした

collage_photocat
踏込に水屋

コーヒーメーカーあり

冷蔵庫の飲物は有料です。

P1220438 (Custom)
お手洗い   洗面台付でひろびろ

P1220441 (Custom)
P1220442 (Custom)
主室  

食事はこちらに用意されます

掘り炬燵になってるから足もらくちん

ダイニングテーブルで
食事できるお部屋もあるし
5名以上なら個室での用意も可能だそう。

P1220449 (Custom)
リビング   

collage_photocat
山形の家具作家による
オリジナルのテーブルと椅子。

見た目はいいかんじなんですが、、、

背もたれが直角過ぎて
長く座ってると疲れる

座面のクッションも薄めだしね。

P1220483 (Custom)
イ〇ア商品とおぼしき
リクライニングチェアーの方が
はるかにくつろげた


1脚しかなかったので
ほぼワタシが独占

中庭にはらはら舞う
雪を眺めつつ
ぼんやりしたり読書したり。。(・´ω`・)

これが2脚あったほうが
良かったんじゃないかなー。

collage_photocat
テレビが大きくて
DVDプレーヤーもあったから
お部屋にこもって映画鑑賞も良さそう

貸出ソフトは少ないので持参が良いですー。

引き出しに、コーヒーカップやシュガー。
水屋と離れた場所に収納されてるから
しばし、探してしまった

P1220465 (Custom)
寝室

入室時からお布団が敷かれてて
滞在中はずっとそのままにしてくれます

collage_photocat
シングルサイズのお布団

薄く見えたけど
マットレスが良い物みたいで
朝までぐっすり

寝室の小さなテレビは
ゴロ寝してる連れに重宝したみたい

collage_photocat
わかりにくいけど・・・
中庭越しに露天風呂が見えますー

お部屋には充分暖房がきいてるけど
窓際に近づくと足元がひんやり。

リビングと寝室に加湿器あり。
なんだけど、広い部屋には焼け石に水(=ω= ;)
すごく乾燥しました~

collage_photocat
浴衣・パジャマは大中小の3サイズ

羽織のかわりに、、

P1220541 (Custom)
マントというかローブというか外套というか

羽織れるブランケットがあった。

かっこいい(・ω・ )

P1220538 (Custom)
バスローブはフード付き

やわらかくて
吸水性もよくて、お気に入り

売店で販売してました。

collage_photocat
お部屋のお菓子は
干支焼き と 金平糖

金平糖は徳利にたくさん入ってた

お部屋の鍵は2本。

基本、おこもり宿なので
大浴場へ行く時ぐらいしか使わないけど
2本あるのは便利

Wi-Fiは一応繋がるけど
微弱な感じで快適とは言えず
自前のポケットWi-Fiを使用。

大通りに面してるはずなんだけど
お部屋の中はとっても静か

プライベート感があって
コンセプト通り「私邸」のようなんでした(・´ω`・)


お部屋の専用露天風呂編につづきますー

【櫻湯 山茱萸の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram




ステキ温泉ブログがたくさん♪




記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド