うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

山樹庵 Sanju-an (栃木)

山樹庵 Sanju-an 朝食・感想 ④

山樹庵 Sanju-an 夕食③
山樹庵 Sanju-an 貸切の大浴場②
山樹庵 Sanju-an お部屋①


朝食は8:008:30から
ワタシ達は遅いほうでお願いしました

P1250282 (Custom)

P1250283 (Custom)
良い天気

ねぼすけのワタシですが
頑張って早起きして
朝食前にお風呂に入ってきました
8:30にクローズしちゃうからね


鳥の声が聞こえて
サワヤカだったわ~

collage_photocat
テーブルにあった紙は
朝食メニューかと思いきや、、、

地元のおすすめショップ案内と
周辺の草花の見頃スケジュールだった


夕食や朝食に使ってる
お米やヨーグルトの販売店も載ってます

P1250291 (Custom)
林檎ジュース

那須では三樹庵さんと二期倶楽部さんでしか
出してないブランドのジュースだって

甘さと酸味が絶妙なんでした(・´ω`・)

P1250295 (Custom)
みずみずしい高原サラダ

塩気の少ないフレンチドレッシング

P1250297 (Custom)

P1250298 (Custom)
ワイルドベリーと杏子のジャム

近隣にあるジャム工房さんのもの

砂糖と果実だけの無添加ジャムです

しっかりした生地のパンは
温められてます

P1250293 (Custom)
ベーコンとスクランブルエッグ

卵3個分ぐらいだろうか

アツアツ、とろとろ(・´ω`・)

P1250290 (Custom)
ご主人イチオシのヨーグルト

ジョセフィンファームさん 
の低温発酵・無添加ヨーグルト

生乳の味そのままというか・・・
今まで食べた事ないかんじ

ボウルにたっぷりあるけど
ペロリと食べてしまう

P1250300 (Custom)
食後のフルーツ

金柑は皮ごと食べられます

collage_photocat
昨日大丈夫そうだったので
今朝はワタシもコーヒーにトライ

半分ぐらい牛乳入れてもらいました

ずっと前は普通に飲めたし
香りが大好きだったので
久しぶりに堪能できてうれしい~( ;∀;)

有機の豆を使ってる宿が
どれくらいあるかわかりませんが
今後また出会えたら飲めるのね(・´ω`・)

ご主人、ありがとう~

朝食を終えて
ごちそうさま~とレストランを出る時に
ご主人と挨拶したんですが
またぜひ来てねと言ったと思ったら

「では私は風呂掃除があるので(ニッコリ)

と、風のように去っていったのでした

年配と言っていいお歳だとおもうけど
アラフォーの我々より
断然元気そう。。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

チェックイン 16時  アウト 10時

・「平日限定2組のおもてなし」プラン

1人 17000円

土日は大浴場の貸切ができないけど
「牛ほほワインソース煮」
も食べてみたいのよね( ̄m ̄〃)

土日の方が
1人あたり2000円ぐらいお安くなってます

ワタシ達が泊まった和洋室以外は
すべて和室で
お布団はセルフ敷きのようでした。

お部屋に冷蔵庫がなかったり
施設や備品はかなり簡素です

でも、白濁の温泉がすごく良くて

お料理がすばらしかった

一点豪華主義的なかんじで
ワタシは好きだわー

平日は4名から貸切できるので
友人達と来るのも良いかも。

再訪したいです

今度は秋ぐらいがいいなあ


ご主人に教えてもらった
お蕎麦屋さんがまた良かった!(*´∀`)
ランチネタを挟みつつ
2泊目レポにつづきますー



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


山樹庵 Sanju-an 夕食 ③


夕食は18:30から
レストランでいただきます

もちろん、浴衣でOK

P1250213 (Custom)

P1250228 (Custom)

P1250208 (Custom)
2組のみなので
落ち着いた雰囲気

collage_photocat
テーブルには
ドリンクメニューと夕食メニューが記された紙

限定ワインが1万円超えでいいお値段∑(*゚ェ゚*)
と思ったら
もっとリーズナブルなのも揃えてて、ホッ(;^ω^)

夕食メニューは
*月・水・金
*火・木
*土・日

の3種類

平日は連泊対応できます。
週末は同じメニューになっちゃうので
連泊は受け付けてないそう。

通年、それほど変化はないみたいだけど
ご主人がこだわり抜いたメニューだけあって
一品一品が完成されてました

P1250235 (Custom)
食前酒 キール

白ワインにクレームドカシスを入れたカクテル
好きです

P1250243 (Custom)
オードブル

パレットみたいなお皿がかわいい

collage_photocat
殻付きエスカルゴ
スズキのカルパッチョ
ムジネ


ムジネというのはイタリア産のボラの卵だそうで
洋風のカラスミみたいだった

ワインが4~5杯いけそう。。( ̄m ̄〃)

エスカルゴのバジルソースがうまい~

P1250247 (Custom)
早々にワイン投入

ドメーヌ・ポールマスの白。
3400円とリーズナブルだけどとってもおいしい
バリューなシャルドネ

質のいいグラスが出てくるのはさすが。。
(●´ω`●)

ビールやウイスキー、日本酒も数種類あり。

P1250251 (Custom)
カサゴの香草焼き

少し酸味のあるソースがうまーい

つけあわせの野菜も
歯ごたえが良くてシャキッとしてます

結構たべごたえある

P1250254 (Custom)
地元農家産のフレッシュサラダ

バーニャカウダっぽい濃厚ソースは温かくて
みずみずしい野菜に合います

グリーンマスタード
というのは初めて食べた

葉っぱがピリッとします(・ω・ )

調理場とホールを忙しそうに行き来するご主人が
通りかかる度に野菜の説明をしてくれる

物腰がソフトで話題豊富なご主人。
とっても愉快な人で
お話するのが楽しかったですー(*´ω`*)

P1250256 (Custom)
焼く前に  奥様がお肉を見せてくれた

立派な黒毛和牛サーロインA4
ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ


2人分です

おいしそう~

程なくして、、、、、、、

P1250257 (Custom)
登場   ゚+.(・∀・)゚+.゚

盛付もステキ
シンプルで器のセンスも良いわあ


P1250260 (Custom)
ブラウンソースにフォアグラ

お肉はミディアムレアに

もーー  感涙のおいしさ(ノω`*)

ご主人の魂のカケラが入ったような
ソースが絶品


フォアグラとお肉を一緒に食べると
まさに口福。。。。。。(*≧ω≦)


連れを見ると、
目をつぶって味わってた(*´ -`)。。

P1250264 (Custom)
ソースは最後の1滴まで
パンでぬぐいました

本来ならご飯が出るのだけど
あまりにソースが絶品なので

「パンがあったら・・・・」

と呟いたら
フランスパンを出してくれた

このパンも内側がしっとりで
美味しかったわあ

P1250266 (Custom)
ニュージーランド産アイスクリーム(キャラメル)

ご主人お気に入りのブランドみたい

あっさり過ぎず濃厚すぎず、、、、

なるほど(・∀・)
と納得しちゃうアイス

collage_photocat
京都の玉屋有機コーヒー

ワタシはコーヒーがダメなので
紅茶にしたんですが
ご主人が「このコーヒーなら大丈夫かも」と
少しだけカップに入れてくれた

確かに、普通の物よりは飲めるかも(・ω・ )

ご主人いわく
コーヒーがダメな人は
農薬に反応してるそうで
有機の豆なら大丈夫という人も多いとか

P1250269 (Custom)
もう1組のゲストは
食事を終えると早々に席を立ったので
レストランにはワタシ達だけ。

連れはご主人とウマが合ったようで
ギネスを頼んで話こみ始めてた

50歳でここを購入して
経験もないなか
手探りで始めたお宿なのだそう。

大変なことは色々あるのだろうけど
そんな人生も素敵だわあ・・(・´ω`・)

一球入魂、といったかんじのお料理
感激レベルなんでした


P1250270 (Custom)
ご飯を食べなかったので
おにぎりにしてくれた

地元産のコシヒカリ。

うっすら塩が振ってあって
おいしかったー

P1250274 (Custom)
夕食後と就寝前に
ふたたびお風呂へ

会議室テイストなお部屋に
引き気味だった連れも
夕食で完全に挽回したみたい

朝が楽しみですー


朝食・感想編につづきます


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


山樹庵 Sanju-an 貸切の大浴場 ②


館内には小さく
ピアノソロのBGMが流れてます

P1250227 (Custom)
3月後半だけど
まだ雪が積もってる

P1250229 (Custom)
寒がりなワタシ達は外に出なかったけど
散策できそうなお庭があった

P1250183 (Custom)
ロビーからの階段の他に
レストランや大浴場に近い階段もあり。

collage_photocat
「207」のワタシ達は
男湯を貸切で利用できます

チェックインの16:00~22:00 
朝は7:00~8:30

朝がかなり短い(;^ω^)
1時間半しかなくて
朝食後に入れないなあ。。

これには理由があって
浴槽を洗って
元通りお湯を満たすまでに
6時間もかかるのだって… Σ(゚ω゚)


なので、8:30に栓を抜かないと
チェックインに間に合わないのだそう。


温泉の供給割り当てを増やせば
もっと早くためられるみたいだけど
その分コストも上がり
料金にも上乗せされてしまうわけで・・・


それはしたくないのだそうです。

温泉旅館って色々大変なのねえ。。(ノω`*)

でも夜はもうちょい長風呂したいな~
って言ってたら
22:00を多少過ぎても
消灯して出てくれればかまわないよ、とのこと

お言葉に甘えて
のんびりさせてもらいました

男女の広さはほとんど同じのようです。

P1250187 (Custom)
脱衣所

徹底したシンプルさ

さっぱりしてる~
ハンドソープすらないわ。。

P1250190 (Custom)

collage_photocat
何故か体重計はあるっていう。。。(;^ω^)

基礎コスメはもちろん、
綿棒やコットンなんかも持参しとくと良いです

P1250193 (Custom)
大浴場

P1250197 (Custom)
これまたシンプルな内湯

この白濁の温泉が
すばらしいのです(*´∀`)


見た目よりは大きくて
4~5人サイズといったところ

全く底が見えないけど
浴槽内の左端にステップあり。

深さがあって
座ると顎の下まで浸かります

collage_photocat
源泉温度は40.4℃

パイプを通すと温度が下がるので
多少加温してますが

オーナー推奨温度は40℃とぬるめの設定

これがワタシ達にはありがたかった゚+.(ノ*・ω・)ノ

泉質の良い源泉風呂って
高確率で激熱
加水しないと入れない事が多くて。。。(;´Д`)

1滴も加水せずに入れるのがうれしかった

P1250273 (Custom)
夜も1時間ぐらい入り、、、、

P1250277 (Custom)
明るい時間は窓を開けて
ひんやりした空気を感じながら。。。

お風呂自体は特徴ないけど
硫黄の香り漂うお湯が肌にあったみたいで
いつになく通いました

独泉、、しあわせ
((・´∀`・))


P1250194 (Custom)
P1250202 (Custom)
P1250195 (Custom)
バスアメは「泡の」シリーズ

連れの髪がパサパサになってるのを見て
ワタシは持参のを使うことに

せっかく貸切なのだから
お風呂でお顔パックすれば良かったわあ


夕食編につづきますー


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


2017.3 山樹庵 Sanju-an お部屋 ① (閉館)


栃木旅行1泊目のお宿は

那須高原にある
創作フレンチと濁り湯の宿

「山樹庵 Sanju-an」さん

こちらを選んだ決め手は

・平日の宿泊は2組限定

・源泉掛け流しの温泉を貸切利用

・那須の高原キュイジーヌ

平日は2組のみ受け入れて
浴場を貸切で利用できるため
土日よりも平日の方が
1人あたり2000円ほど宿泊料金が高い設定です。

お料理も平日は
黒毛和牛のステーキがメインですが
土日は煮込み料理中心のメニューになるそう。

ワタシ達は
週の半ばの平日に利用しました

collage_photocat
全6室にしては大きな建物

以前はテレ東の保養所だったのを
オーナーご夫妻が買い取って
旅館としてオープンしたのだそう。

お二人で切り盛りされてるので
接客やサービスはあっさりですが
独特のムードを持ったご夫婦の
ポリシーが伝わるお宿です。

館内はざっくりとしか改装されてません。
施設はかなり簡素ですが
きちんとお掃除されてました

P1250212 (Custom)
P1250220 (Custom)
エントランスロビー

チェックインの15分ほど前に到着。
奥様が快く迎えてくれました

collage_photocat
靴は自分でシューズロッカーへ

ロビーにソファーがあって
喫煙可。
客室は禁煙です。

ソフトドリンクの自販機あり。

collage_photocat
客室はすべて2階にあります。

エレベーターはなくて、階段を使用。

BlogPaint
当初は和室を予約してたのだけど
和洋室があるのに気がついて
電話で変更してもらった(1人1000円アップ)

赤で囲ったところです。

1つだけ妙に広いのは
恐らく、会議室的な部屋だったのだと思う

他のお部屋と離れてるので
音が気になる方はおすすめ

P1250140 (Custom)
P1250142 (Custom)
P1250147 (Custom)
35畳の和洋室

仕切りがないので余計広くかんじます

天井やドアなどは昔のままで
もろに「会議室」な雰囲気

宿情報を全くいれてなかった連れは
結構ひいてました(((( ;゚д゚)))

collage_photocat
ガランとした空間が
最初は落ち着かなかったけど
すぐ慣れてしまった

走り回れるぐらい広さがあるから
グループ利用に良さそう。
こちらのお部屋は6名定員です。
(小学生以下のお子様利用は不可
但し、全館貸切(4名~)の場合は可)

お部屋に対して
テレビは小さめ。

collage_photocat
以前のままの姿のお手洗い(・ω・ )

そんなに劣化はみられないけど
ウォシュレットじゃないトイレって久しぶりだ。。

館内にある共用のお手洗いは
ウォシュレットついてました。

collage_photocat
クローゼットに浴衣と羽織  足袋はなし

大小タオルが1人1枚ずつ
アメニティは歯ブラシのみ

シンプルです~( ̄m ̄〃)

collage_photocat
お茶セット 

ポットにお湯が入ってるけど、、
お茶を淹れるには沸騰したお湯が欲しいかも

冷蔵庫もないので
冷蔵品のお土産などは
フロントで預かってくれるそう。

読書灯とドライヤーがあってホッとした

備品が充実してるとは言えないので
必要なものは持参が良いです

P1250167 (Custom)
鍵は1本

お風呂もずっと貸切だし
出かけるところもないので無問題。


白濁湯の貸切風呂編につづきますー


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド