うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

萌木の村 ホテル ハット・ウォールデン (山梨)

萌木の村 ホテル・ハットウォールデン 朝食・感想 ④

ホテル・ハットウォールデン 夕食③
ホテル・ハットウォールデン お部屋②
ホテル・ハットウォールデン ①


朝食は8:00から

昨夜とは違う席に用意されてました

P1280378 (Custom)

P1280379 (Custom)
朝は完全に 和食。

昨日のフレンチとは
全く印象が違う


P1280382 (Custom)














サラダ

P1280381 (Custom)

焼魚 蕗の天ぷら きんぴら 蒲鉾 ひじき 漬物

P1280389 (Custom)
飲み物は 
牛乳・オレンジ・リンゴ・トマトジュースから選べます

コクのある高原牛乳

P1280385 (Custom)
里芋とソラマメの煮物

P1280384 (Custom)
温泉玉子

collage_photocat
当然 TKGで

ご飯とお味噌汁は
おかわりを聞いてくれます

このお味噌汁、ピリッと辛味がある

ワタシもたまに買うんですが
唐辛子入りのお味噌があるのよね。
よーく見ると
赤いつぶつぶが浮かんでる

ご飯がすすみますー

同じシェフが作ってるようだけど
和食もしっかりおいしい


ランチはイタリアンだし
多才な方なのねえ

collage_photocat
西瓜とメロン

酸味の少ないヨーグルトには
良い香りの蜂蜜がかかってます

夜に和食で
朝だけ洋食というパターンは
よくあるけど

逆は初めてかも

ワタシは数日フレンチが続いても
まったく無問題ですが

朝は和食がいい人もいるもんね

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

チェックイン 15時  アウト 11時

スタンダードツイン
夕食は清里コースを利用で

ひとり 16400円

温泉ないけど

お部屋も広くはないけど

評判通りの
おいしいフレンチでした
(・´ω`・)


あれからスタッフさんの
入れ替わりがあったみたいで
今はイケメンスタッフさんが
いらっしゃるか定かでないです。
いなくても
ガッカリしないで。。

素敵なバーで
しっとり大人時間を過ごせました

また行きたいです。

オフシーズンに(・ω・ )

清里ってむちゃくちゃ混んでるイメージ
夏だけなのだろうけど
できれば静かな季節に再訪したい

P1280410 (Custom)
萌木の村に点在する
ショップを散策

P1280404 (Custom)
こちらはジャムとスコーンのお店

清里ジャムさん

奥にカフェスペースもあり

collage_photocat
人気№1は 白桃  

試食がすごくいい香りで
これも惹かれたんですが・・・

購入したのは人気№2の
北杜ブルーベリー

スマホ生活で目がかすんじゃって。。
( -д-)ノ
目に良さげなのを

P1280405 (Custom)
スコーンも購入

1分ぐらいトースターに入れると
焼き立てみたいに

P1280402 (Custom)
ジャム用の すぐり

レッドカラント  ってなんだろう?

すっぱそう。

すっぱいほうが
おいしいジャムができそうだけど。

P1280411 (Custom)
清里ジャムさんのすぐ近くにある

清里ミルクプラントさん

collage_photocat
牛乳とミルクジャム購入

P1280417 (Custom)
食べずにいられない
ソフトクリーム


絶対おいしいやつね

生乳100%で高脂肪なはずなのに
しつこさがない


清里はウチから
高速で2時間かからないので
昼過ぎには帰宅
やっぱり近いと楽です。

山梨旅は以上ですー


いつもお付き合いありがとうございます。
(●´ω`●)

【萌木の村 ホテル ハット・ウォールデンの基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






ステキ温泉ブログがたくさん♪


萌木の村 ホテル・ハットウォールデン 夕食 ③


待ちにまった夕食ですー
時間は18時から

P1280303 (Custom)

P1280304 (Custom)
ブルーのテーブルクロスが
ステキなレストラン「ネスト」

テラスに近い
コーナー席に案内してくれました

この日は
ワタシ達1組だけのようだったけど
他のテーブルも
1席おきにテーブルセッティングされてた

オフシーズンを狙ってくる我々なので
しばしば貸切っぽくなります。

うれしいような
申し訳ないような。。


collage_photocat
レストランの一角に
大きなワインセラー

中を見せてもらったけど
山梨産を中心に
すごい品揃え

collage_photocat
ワインリストは膨大です。

カクテルやソフトドリンクも豊富

P1280317 (Custom)
ルミエール甲州 スパークリングワイン

4000円ぐらい?だったと思う。

スッキリ辛口

collage_photocat
パンは2種類あって
フランスパンとオリーブ入りフォカッチャ


バルサミコ酢とオリーブオイル

こまめにお代わりを聞いてくれて
アツアツを運んでくれます

最初に
オードブルがあったんですが

写真が見当たらず。。

真っ赤なトマトゼリー
イトヨリのエスカベッシュ
自家製生ハムとメロン


などが出て
どれもワインに合う感じでした

P1280322 (Custom)
紋甲イカの燻製ムース
フキノトウのソース


ズッキーニで巻いてある
ムースの上にはキャビア

イカのムースって

初めてのテイストでしたが

これがもう、なめらかで濃厚
(・´ω`・)


ムースにする前に燻製してあるそうで
口の中にスモーキーな香りが広がります

フキノトウのアンチョビの苦味が
絶妙なアクセントになってる

連れもワタシも
うっとり。。。。。(*´艸`*)


P1280327 (Custom)
根菜と自家製ベーコンのスープ

中には大根や人参のほかに
花豆?レンズ豆?のような豆が入ってた

トマトベースで
やさしいお味

P1280330 (Custom)
甲斐サーモンの香草オイル焼き
2種のアスパラグラタン


サーモンはスパイスが効いて
もちろん美味しいんですが

アスパラの
とろけるような食感にびっくり


特にホワイトアスパラのほうが
太さがあって
チーズのソースが絡まる。。

ワインがすすみますー

P1280333 (Custom)
富士桜ポークの低温ロースト
ゴルゴンゾーラソース


上に乗ってるのは
赤ピーマンのリゾット詰め

リゾットが
ゴルゴンゾーラ風味になってます

お肉はやわやわ(・´ω`・)
まわりのソースも
複雑なあじわいです

おいしい。。。。。

パンをお代わりして
最後までソースをぬぐい去ったんでした

P1280338 (Custom)
デザートは
フルーチェみたいに見えるけど

マデラ酒と卵黄を合わせたソースと
白ワインに漬けたフルーツ


お酒たっぷりで
見た目に反して大人味


弱い人は酔っぱらいそう

焼き菓子とかあると
良かったかなーとおもうけど
これはこれで美味しかったです

料理のコースは2つあって
清里コース(5000円)
八ヶ岳コース(8000円)

今回は
清里コースの宿泊プランを選びました。

次回はかならず
八ヶ岳コースに( ̄ー ̄)


collage_photocat
アンティークのティーカップが
ショーケースに飾ってあります

ウェッジウッドやミントン

すごく綺麗で
じっくり眺めてたら

スタッフさん(ハーフっぽいイケメン)が

「お気に入りがございましたら
食後のお茶はそちらで・・・」 と


わあ~(・´ω`・)
良いのかしら?


連れと一緒に
選ばせてもらいました

P1280340 (Custom)
なんてゴージャス
(二人ともキンキラを選ぶあたりが庶民。。


紅茶がさらに美味しく感じるような

優雅な時間でした~

ちなみに
食事をサーブしてくれた
そのイケメンスタッフさんは、、、

P1280354 (Custom)
レストランの上にあるバー「パーチ」
バーテンさんでもあるのでした

もちろん、食後に直行

P1280366 (Custom)
















P1280359 (Custom)
重厚感があってステキなバーなんですが
かなり暗め

カウンター席に座って
バーテンさんといろいろおしゃべりしながら
おすすめウイスキーなど教えてもらった

collage_photocat
マッカランやヘネシー
高級ウイスキーやブランデーが並ぶメニューは
お値段も高級(・ω・ )

はちまんえん。。。

もちろん、手軽なのもたくさんあるし
カクテルメニューもあります
予算など相談すると
程良き物を見繕ってくれます

P1280376 (Custom)
連れ、さっそくレミーマルタンを

年代は忘れましたが
シングルで2~3000円ぐらい。

ワタシも舐めてみたけど
香りが良いですー

年代別にいくつか紹介してくれて
少しずつ試飲させてくれたけど

まさに
「時間を飲むお酒」というかんじ


5年で味も香りもガラリと変わる

collage_photocat
ワタシは酔っ払いそうだったので
おとなしく
グラスホッパーを

そのうちに
常連さんらしきグループが
何組かいらして
バーは深夜まで賑わったのでした

素敵な夜だったわあ
(・´ω`・)


いろいろ飲んだはずなのに
お会計が安くて、、、

だいぶサービスしてくれたみたいです


次回の朝食・感想編でラストですー

【萌木の村 ホテル ハット・ウォールデンの基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






ステキ温泉ブログがたくさん♪


萌木の村 ホテル・ハットウォールデン お部屋 ②


お部屋は

・ デラックスルーム
・ ファミリールーム
・ スタンダードルーム


とあって

ワタシ達は
最もリーズナブルな
スタンダードルームへ

collage_photocat
各部屋には鳥の名前がついてて
ワタシ達のお部屋は
「ホオジロ」

P1280228 (Custom)
玄関部分。  
右のドアがユニットバス。

collage_photocat
クローゼットの取っ手にも
(・´ω`・)

collage_photocat
ユニットバスのお部屋に
バスローブがあるのは初めてかも

館内スリッパとルームスリッパ。

浴衣があるわけじゃなく
ずっと洋服着てたから
館内スリッパは使わず。

アメニティは一通り揃ってます
基礎コスメはないので持参しました。

P1280225 (Custom)

P1280227 (Custom)
スタンダードルームは
17㎡とこぢんまり


collage_photocat
山のロッジ風で
落ち着く雰囲気


P1280250 (Custom)
テレビは極小ですが
ワタシ達は見ないので困らず。

それよりも
お部屋にあったWi-Fiのパスワードの
記載が間違ってて
何度やっても繋がらず
結局フロントに電話して
正しいのを聞きました。

バッチリ繋がります

デスクの上にあるのは
デジタルフォトフレーム。

連れがノートパソコンを広げて
仕事してたけど
「狭い。。。。」
と呟いてた。
ラウンジとかもないからねえ・・

ワタシはベッドで読書

collage_photocat
伊右衛門のお茶と紅茶のティーバック
ドリップコーヒー

冷水ポットと電気ポット

ちなみに
冷蔵庫はないです。
館内に自販機もないので
暑い季節はちょっと不便かも?

collage_photocat
ユニットバス 

鏡が木枠になってて
無機質感が軽減

多少の経年劣化はあるけど
きちんとお掃除されてて
清潔感ありました

collage_photocat
バスタオルは1人2枚。
まあ、そんなに使わないけど

インフォメーションに
「パジャマの貸出」とあったので
お願いしてみました。

届いたのは
限りなく家庭的で
少々くたびれたパジャマだった

なにか楽なルームウエアを
持参されると良いかもですー。

P1280257 (Custom)
バルコニーへ出られます

P1280259 (Custom)

P1280262 (Custom)
遊歩道が見えたから
後でお散歩に行ってみた

そのまま萌木の村を
散策できます

とにかく静かで
鳥の声しか聞こえない

雨上がりで
涼しい風が吹いてて
気持ち良かったわあ

ワタシ達は
食事目当てなので
スタンダードルームで十分ですが・・

collage_photocat
(※公式サイトよりお借りしました)

デラックスルームにすると
開放感あって
かわいいバスタブなんかもあるみたい

ゆったり過ごせそうです


夕食編につづきますー

【萌木の村 ホテル ハット・ウォールデンの基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






ステキ温泉ブログがたくさん♪


2017.6 萌木の村 ホテル ハット・ウォールデン ①


山梨は清里高原に行ってきました

今回は高原のホテルの
フレンチが目当てです

「ホテル ハット・ウォールデン」さん

全12室
の小さなホテル。

野菜ソムリエの資格を持つシェフの
絶品創作フレンチ

そして
ナイスなバーがあるみたいなので

しっとりバータイムも楽しみたい

夏休み前のオフシーズン
清里はとても静かなんでした

P1280292 (Custom)
ホテルは「萌木の村」の中にあります。

萌木の村は
地ビールレストランやカフェ
色んなショップなどの他に
セグウェイやカヌーなど
アクティビティの受付もあり


夏のハイシーズンは
すごく混雑してそうだけど
夏休み前のこの時期は
人をほとんど見かけず、静か

collage_photocat
広い駐車場があるんですが
あちこちに
レトロなトラクター

オブジェとして置いてあるみたい。

P1280202 (Custom)
ハットウォールデンさんは
駐車場から近い場所にあります

collage_photocat
アプローチには
薪で作ったトナカイが
(・´ω`・)

P1280397 (Custom)
ピザ釜には火が入ってました。

ランチのピザを焼いてたのだって

(現在ランチは完全予約制になってます)

collage_photocat
1階にレストラン「ネスト」

もちろん宿泊者以外も利用できます

テラス席が気持ち良さそう

P1280206 (Custom)
右の階段を上がると
ホテルのフロントへ

わあ~(・´ω`・)
かわいい外観


薄目で見ると
ヨーロッパの片田舎へ来たような。。

P1280207 (Custom)

P1280282 (Custom)
2階へ上がって横をみると
客室のバルコニーが見えます

P1280278 (Custom)
エントランス

P1280268 (Custom)
フロント

サインするだけの簡単な記帳をして
スタッフさんに説明を受けます。

接客は淡々として
あっさりな感じ。

ホテルなので特に違和感もなく
お部屋へ案内してもらいます

P1280270 (Custom)
吹抜けが壮観

ふたたび階段を降りて
1階が客室フロア

赤絨毯の両サイドに
客室が配されてます。

P1280218 (Custom)
漆喰の壁は
ウロコ状に塗られてます

クラシカルでとてもステキ

P1280223 (Custom)
廊下の途中に
ビンテージウイスキーのディスプレイ

山梨といえば
サントリー白州蒸留所があるもんね。
一度見学に行ってみたいです

ハットウォールデンさんには
国内外、数百種類のウィスキーを
所蔵してるそう


ウチはいつもワインばかりで
ウイスキーに馴染みがないのだけど
「ボウモア」などレア物もあるのだって

のちほど、バーで。。


こちらのホテルは
大浴場やパブリックバスがないんですが

車で10分ほどの場所にある
「天女の湯」 の無料チケットをいただけます

collage_photocat
夕食前に行ってみた

温水プールなんかもあって
地元密着の日帰り温泉施設でした。

森の中にあって
ロケーションが良かったわあ

内湯と露天風呂あり

今回は完全に「食事目当て」の旅だったので
温泉に入れるだけでうれしい

ただ、ホテルから「天女の湯」まで
送迎はないので
車で来てないと厳しいかもです


お部屋編につづきますー

【萌木の村 ホテル ハット・ウォールデンの基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






ステキ温泉ブログがたくさん♪


記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド