うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

今井浜温泉 桐のかほり 咲楽 (伊豆)

今井浜温泉 桐のかほり 咲楽 朝食・感想 ④

桐のかほり 咲楽 夕食③
桐のかほり 咲楽 お部屋の露天風呂・貸切風呂②
桐のかほり 咲楽 露天風呂付客室①


朝食は8:30から

今回はチェックアウトが10:00の
ショートステイプランだったので
ちょっと慌ただしくなってしまった

ゆっくりしたいなら通常の
11:00チェックアウトプランが良いかも

P1320112 (Custom)
今朝は窓のない内側の個室。

CDプレーヤーとスピーカーは
どの個室にも設置されてるんですねえ

P1320114 (Custom)
朝もお品書きあり

P1320113 (Custom)
ワタシのお箸は左きき用に

しかも昨夜、「猫舌で・・・」と言ったのを
覚えていてくれたみたいで
味噌汁や食後の紅茶などを
冷まして持ってくれくれました

助かる~

P1320116 (Custom)
乳酸菌入り夏みかんサワー

特に酸味もなく
微炭酸のみかんジュースでした

P1320118 (Custom)
生ハムと自家農園野菜のサラダ

P1320120 (Custom)
籠に盛られたおかずたち

collage_photocat
お品書きに書かれてた玉子焼きは
見当たらなかったのだけど

右下の「伊豆牛のしぐれ煮」が絶品
(*≧ω≦)

ご飯がすすみまくるわ~

里芋の田楽や極太ひじきなども
おいしかったです

P1320129 (Custom)
しっかりめの茶碗蒸し

これが玉子料理のかわりかも?

プリンっぽい硬さで
中に鶏肉や銀杏など

P1320134 (Custom)
鯵の干物と青梅煮

ふっくら肉厚な鯵でした

collage_photocat
湯豆腐

おかかと葱をたっぷりかけてポン酢で

P1320131 (Custom)
伊勢海老の味噌汁

おそらく、昨夜の刺身盛りのやつね

いい出汁出てますー
胃袋にしみわたるわ

P1320127 (Custom)
粒の立ったご飯

硬すぎず柔らかすぎず・・
もりもり食べて2杯飯

あ、連れは温泉と爆睡効果で
完全に回復( ̄‥ ̄)=3

お腹減ってたみたいで
大盛りの3杯飯

P1320142 (Custom)
巨峰 レインボーキウイ 柿 のヨーグルト

びっくりするほど甘い柿

蜂蜜が少しかかってるけど
フルーツの甘さで加糖はいらないかんじ

collage_photocat
食後にコーヒーか紅茶をいただけます

ミルクティーを希望したら
ポーションを持ってこられたのだけど
恐る恐る、「牛乳ないですか~?」
と聞いたら快く出してくれました

言ってみるもんだわ(。-∀-)

連れも胃粘膜保護のために
カフェオレにしてました

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

・チェックイン15:00/チェックアウト10:00
(通常は14:30/11:00)
・101「波の詩」/ショートステイプラン/夕食時ワンドリンク付
・金曜2名利用で1人あたり26800円

4室のみの小さなお宿で
思う存分おこもり滞在できます

周囲も住宅街なので
とっても静か

今回は1階だったけど
2階のほうが更に眺めが良いのかしら

営業日の少なさゆえ
なかなかチャンスがなさそうだけど
(なぜ少ないのか聞いてみたけど
はっきりした理由はないみたいだった
また空室を見つけられたら
再訪したいですー。

あのお造りはすごかった。。。( ・´ω`・ )

海の幸を求めてて
たくさん召し上がる方に
超おすすめ

プライベート感もあるので
ちょっとした記念日利用にも良さそう



いつもお付き合いありがとうございます
(●´ω`●)

みなさま、お正月の予定など
もうお決まりのころでしょうか~?(早い?)

なんだかんだで
今年もあと2ヶ月ちょっと。

冬の旅の予定はだいたい決まりましたが
年明けはまだ真っ白です

東北行きたいなあ
とか思いつつ。。
あちこちのお宿を吟味してます


皆様、お風邪などに気をつけて
くれぐれもご自愛くださいませ

【今井浜温泉 桐のかほり 咲楽の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






ステキ温泉ブログがたくさん♪


今井浜温泉 桐のかほり 咲楽 夕食 ③


夕食は18:30からの一択

個室食事処でいただきます。

P1320008 (Custom)
掘り炬燵っぽくみえるけど
ベンチとテーブルの席です

夜と朝と違う個室だったのだけど
夕食をいただいた個室のほうが
外が眺められて明るい感じだった

P1320052 (Custom)
お品書き

「磯にどっぷり」とか
「スタミナもりもり」とか
想像力を駆使しても内容がよくわからない。。

でも字面的に喜びに溢れてて
美味しい物をたくさんいただけそう( ・´ω`・ )


ボリュームたっぷり、との口コミも見たしね

楽しみではあるんですが・・・・・

実はこの日
連日の懇親会続きだった連れは
めったにない二日酔い状態でグロッキー気味


連れはお酒に強いほうだと思いますが
年に1~2回こういう時があるのよね


なので、早々に戦力外宣言(≡ω≡.)

1人で戦うことになりそうです・・

collage_photocat
食前酒は梅酒

前菜「秋の恵み」

collage_photocat
桜海老と野菜のかき揚げ
海老の手毬寿司
栗渋皮煮
「しったか」という貝(サザエっぽい味)
牛肉ゴボウ巻き


かき揚げは塩がかかってます。
ちょっとしょっぱめ

牛肉のゴボウ巻きがおいしい

甘いもの、しょっぱいもの
味のメリハリがはっきりついてる前菜

collage_photocat
連れがとても飲める状態じゃなさそうなので
今回はボトルワイン頼みません(;^ω^)

一応ドリンクメニューのせておきますー

焼酎・日本酒・ワインと
まんべんなく揃えてました

P1320066 (Custom)
プラン特典でワンドリンクサービスがあったので
ワタシは白ワイン
連れはブドウジュースを。

P1320067 (Custom)
個室にCDプレーヤーがあって
わりと大きめの音楽が流れてた

隣の個室のご夫婦は
常連さんみたいで
女将と話し込んでる様子でした

営業日が少ないからか
みなさん次の予約を入れていくみたい

そんな感じだから
ますます新規予約が厳しくなるという。。(;^ω^)
人気宿あるあるだよね

P1320069 (Custom)
金目鯛真丈

良いかおり。。

おいしいお出汁ですー

P1320072 (Custom)
Σ(=゚ω゚=;)

お造り、大迫力

ふたりぶんですが
すっごいボリューム

仲居さんも運んでくるのが
大変そうでした

collage_photocat
大皿にぎっしりと盛られてます

迫力に圧倒されてしまうと同時に

これを・・・1人で?(・∀・;)

と思ってしまうよね。

タイ アジ メバチマグロ カンパチ
アワビ マイカ 伊勢海老 サザエ などなど

伊勢海老とかまだ動いてて
びっくりするほど甘いです(*≧ω≦)

うまーー

P1320079 (Custom)
連れ、泣きながらワサビをすってくれる

「食べたかったよう。。。 」
「くやしいよう。。。


そうでしょうとも( ̄ー ̄)

頑張って1切れずつ食べてましたが
それが限界だったみたい

しかし、、
ワタシがいくら箸を動かしても
全く減る気配がない(;^ω^)

完食はあきらめて
伊勢海老やカンパチなど
好きなものを重点的にいただきました

もったいないなー

5~6人分の刺身定食が作れそう

刺身もおいしいけど
大根などのツマも自家農園の物だったりして
こだわりを感じます

P1320080 (Custom)
南瓜まんじゅう

中に鶏の挽き肉が入ってます

これまたおいしい出汁餡

P1320083 (Custom)
海老や山芋、菊花の酢の物

そんなに酸味がキツくなくて
食べやすい

山芋の歯ごたえが良いですー

P1320085 (Custom)
これが例の「スタミナもりもり」

P1320086 (Custom)
伊豆牛のサーロイン

陶板で焼いて
後でバターをのせます

伊豆牛というのは希少で
ほぼ地元で消費されるそう。

ワサビ醤油とポン酢で

霜降りなんだけど
ジューシー過ぎず脂が軽い

ちょっとだけ復活してきた連れ、
これは完食してました
(肉好きの執念?

collage_photocat
ご飯と一緒に
金目鯛の照り焼きが出ます

〆におかずがあるのはうれしい

栗がどっさり入った栗ご飯

大あさりの味噌汁

自家製の漬物

かなりお腹いっぱいなんだけど
栗ご飯はスルーできない(>ω<。)


金目の照り焼きがまた上品で

くるしいけど・・・
食べちゃうわあ

P1320097 (Custom)
牛乳・抹茶の2色ジェラート

わーい゚+.(ノ*・ω・)ノ

アイスがいいなあと思ってたんです

コクのある牛乳ジェラート
抹茶と混じるとまたおいしい

お魚もお肉もたっぷり出て
大満足な内容ですー

新鮮な海の幸を求める方は
飛び上がって喜ぶのではないかしら(* ´ ▽ ` *)ノ 

再訪するなら、、、
2人とも絶好調な時にかぎるなあ(・∀・;)

P1320099 (Custom)
お部屋へ戻るときに

女将特製の「ごまプリン」
をもたせてくれた

おにぎりならぬ
プリンの夜食というのは初めて

うれしいわあ.+:。(´ω`*)゚.+:。

P1320107 (Custom)
胡麻たっぷりで
甘さ控えめのプリンでした


次回の朝食・感想編でラストですー

【今井浜温泉 桐のかほり 咲楽の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






ステキ温泉ブログがたくさん♪


今井浜温泉 桐のかほり 咲楽 お部屋の露天風呂・貸切風呂 ②


「波の詩」の露天風呂と
貸切風呂のご紹介です

P1310900 (Custom)
「波の詩」の洗面スペース。

椅子あり。広くて鏡も大きい

collage_photocat
ちょっと暗めなんですが
手元を照らせるスタンド照明があるので
メイクも問題なくできました

collage_photocat
ドライヤーはパワフル

アメニティも一通り揃ってます。

基礎コスメは
資生堂のトラベルセット。

特にこだわりがなければ
手ぶらで来られそう

P1310913 (Custom)
バスローブがある(*´ω`)

雪白の物と薄いラベンダー色の2着。

どちらもやわらかいタオル地で
ナイスな着心地

collage_photocat
タオル掛けがちっちゃくてねえ・・( -д-)ノ

でもバスタオルが1人3枚ずつあるので
それほど困らなかった(・∀・)

ベッドルーム→シャワールーム→露天風呂
という造り

collage_photocat
シャワールームは横に長くて
両サイドに洗い場あり。

背中合わせに座るかんじです

P1310970 (Custom)
バスアメニティ

たまに旅館で見かけるやつね

P1310974 (Custom)
「波の詩」露天風呂

背中が少しカーブしてて
4/3ほどが浅くなってます。

これが寝湯にぴったりで
おもいのほかくつろげたわあ


特に長椅子のように
寝そべれる方が最高


他の客室は陶器など
露天風呂の形状が違うようです。
寝湯好きの人は「波の詩」、おすすめ

P1310977 (Custom)
引き戸を開けると
外気が流れこんできます

入浴目線で海は見えないけど
寄せてはかえす波の音が
ザバーン・・と聞こえてくる

collage_photocat
テラス側から見たところ。

浴室内に坪庭的なのがあって
和むわあ

温度調節はフロントにお願いしますが
この日はワタシ好みのぬるめで
そのままずっと入れたんでした

collage_photocat
お風呂上りはテラスに出て
潮風を感じながらビールなど

ここからはバッチリ海が見えますよー

collage_photocat
貸切風呂は階段を上がった2階にあります

「波の詩」のドアを開けて
上をチラ見すると
空きがわかるランプがあるので
いちいち目の前まで行かなくてOK

貸切風呂は空いていれば
夜通し自由に利用できます

collage_photocat
貸切風呂の前室に
マッサージチェアが2台。

ここは貸切風呂の空きにかかわらず
いつでも来られるので
夕食後にブルブルされに行きました

collage_photocat
貸切風呂の脱衣所。

タオルは部屋から持参します。

collage_photocat
バスアメと同じメーカーの基礎コスメ

シャワーキャップ・綿棒などあり。

源泉温度は94.6℃

河津のあたりは高温ですねえ

でもお部屋も貸切風呂も
どちらかというとぬるめで長湯できました

P1320038 (Custom)
貸切風呂

大胆に浅くなってますー(*´∀`)

というか・・ほぼ寝湯?(;^ω^)

座って半身浴するには
実にちょうど良いかんじ

P1320039 (Custom)
洗い場は3つ

貸切風呂はどのゲストも
1度は使用したっぽいけど
ずーっとランプが付きっぱなし
なんてことはなかったです

椅子の上に
スノコのようなのが敷いてあった。

P1320110 (Custom)
内湯なので眺望はないけど

ひたひたと腰まで浸かってられるので
わりとのんびりできました

連れは興味なかったみたいで
結局入らず
ワタシだけ2度利用


夕食編につづきますー

【今井浜温泉 桐のかほり 咲楽の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






ステキ温泉ブログがたくさん♪


2017.10 今井浜温泉 桐のかほり 咲楽 露天風呂付き客室 ①


伊豆は河津の今井浜温泉へ
連れと1泊してきました

全4室
すべて露天風呂付きのお宿

ずっと行ってみたかったんですが
なにしろこちらのお宿・・

営業日が 金・土・日 のみ
(゚ω゚;)

室数少ない上に
週3日の営業だと。。。?
(年末年始など特定日は平日も営業してるっぽい。
通常は週末が中心のようです)

連れもワタシも
基本的には平日休みなので
事実上チャンスは金曜のみ

こりゃあマボロシの宿だなあ~( -д-)ノ

と思って半ばあきらめてたんですが

ふとお気に入り宿の予約状況を
巡回してたら(←日課)

翌月の金曜に1室だけ空きを発見
(*゚∀゚)


すかさずポチりました

・チェックイン15:00/チェックアウト10:00
(通常は14:30/11:00)
・101「波の詩」/ショートステイプラン/夕食時ワンドリンク付
・金曜2名利用で1人あたり26800円

collage_photocat
「今井浜温泉 桐のかほり 咲楽」さん

海の近くの高台にあって
とても見晴らし良いです

駐車場にはEV充電器が2基あり
こぢんまりした宿には珍しいかも

駐車場の入口はかなり狭い急坂で
何度も切り返してやっと入庫
3ナンバーはちょっと大変かも。

今井浜海岸駅から激近です🚊

collage_photocat
玄関をくぐると
盛り花が飾られてます

民芸調のインテリアで
落ち着く雰囲気

そして、、
チリひとつ落ちてません

P1320014 (Custom)

P1310887 (Custom)
囲炉裏の前に座って
ウェルカム抹茶とお菓子を

栗きんとんのような
美味しい和菓子だった

女将と思われる女性が
館内の案内をしてくれて
チェックイン手続きをします。

collage_photocat
お部屋へ案内される途中
桐箪笥に入った色浴衣を選べます

色柄豊富で迷うわあ
でもお部屋に作務衣もあったので
結局着る機会がなかったんでした

年々、作務衣がらくちんになってきたなあ。

お部屋は

1階に1室
2階に3室あって


すべてに和室+ベッドルーム+露天風呂
を備えてます。

ワタシ達は1階の「波の詩」へ

P1310893 (Custom)
踏込

P1310917 (Custom)

P1310926 (Custom)
手前に10帖のベッドルーム
奥に4.5帖の和室


ベッドルームの横の引き戸から
露天風呂へ出られます。

P1310919 (Custom)
ベッドはドーンとキングサイズ

部屋のほとんどを占めてます。

ツインが希望なら
「海の庭」か「空の花」を選ぶと良いと思う

今回は選ぶ余地なかったけど

collage_photocat
弾力の違う枕が2つ。

すごく寝心地良いベッドでした
マットレスの質が良いのかな?

ベッドサイドに読書灯あり。

P1310925 (Custom)
テレビはベッドルームにも和室にもあり。

ライティングデスクは
テレビが乗っちゃってるので
パソコン作業はできず

collage_photocat
ドリップコーヒーや紅茶、梅昆布茶など
いただけます

冷蔵庫の飲物は
ミネラルウォーター以外は有料。

そんなに高くないです

collage_photocat
クローゼットの下に金庫あり。

作務衣と足袋靴下
綿の入ったあったか羽織。

湯カゴは貸切風呂や
食事処に行くときに重宝しました

P1310943 (Custom)

P1310944 (Custom)
和室は掘りごたつになってて
足が楽ですー


座椅子もクッション付きで
長く座ってても疲れない

collage_photocat
お部屋にも生花が飾られてます

極楽鳥花だ(・ω・ )
 なかなか大胆に活けてありますね。

ステレオ・DVDプレーヤーあり。

P1310947 (Custom)

和室と露天風呂からテラスへ出られます

P1310955 (Custom)
テレビの横のガラス窓から
露天風呂が

早く入りたいわあ

P1310935 (Custom)
お部屋のお菓子は
あられとかかわはぎ小判とか
しょっぱい系です。
ちょっと湿気ってたけど…😅

お茶飲みながら
バリボリと


次回はお部屋の露天風呂と
貸切風呂編につづきますー

【今井浜温泉 桐のかほり 咲楽の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






ステキ温泉ブログがたくさん♪


記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド