うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

箱根吟遊 (箱根)

2018 箱根吟遊 朝食・感想 ⑥

箱根吟遊 夕食⑤
箱根吟遊 大浴場④
箱根吟遊 露天風呂付客室(2)③
箱根吟遊 露天風呂付客室(1)②
箱根吟遊 ①
──────────────────────

朝食は和洋から1人ずつ選べます

連れは和食
ワタシは洋食をお願いしました

collage_photocat
今朝の気温などが書かれた紙と一緒に
新聞がとどいて
お茶など淹れてくれます

右下のは種を抜いた梅干し
しびれる酸っぱさ

P1350939 (Custom)
洋食にはオレンジジュース

P1350943 (Custom)
フレンチドレッシングがかかったサラダ

P1350944 (Custom)
スクランブルエッグとベーコン
長いソーセージ


ベーコンが厚切りで
ボリュームあります

P1350948 (Custom)
オニオンスープ

ちょっと冷めてたけどおいしい

P1350950 (Custom)
クリームシチュー的なもの

仲居さんに「これは?」と聞いてみたけど
「それはクリーム・・・ほにゃららです」
と言って風のように去っていった

後でもう一度聞いてみたけど
どうしても「ほにゃらら」の部分が聞きとれず

なんだったんだろう。。

シチューというには
サラサラした感じでスープっぽかったです。

P1350946 (Custom)
パンは3種類
アルミホイルにくるまれてますが
そんなに温かくなかった。

でもパンが食べられるのはうれしい

P1350940 (Custom)
マーガリン バター 
ジャム3種にメイプルシロップ


つける物には困りません

P1350951 (Custom)
連れの和食

collage_photocat
明太子やしらすおろし
マグロの漬け ひじきのひろうす


P1350955 (Custom)
サラダは共通

P1350956 (Custom)
出汁巻き玉子

P1350957 (Custom)
鯵の干物とほうれん草の胡麻和え

P1350961 (Custom)
湯豆腐

P1350962 (Custom)
ごはんと白味噌仕立ての味噌汁

和洋どちらもボリューミーで
朝から満腹


パンとごはんのお代わりを聞かれたけど
とても入らない(;^ω^)

collage_photocat
洋食にはフルーツ入りヨーグルト
和食はブルーベリージャムが乗ってました。

P1350965 (Custom)
そして洋食のほうに出たコーヒーを
連れに譲渡

ワタシはお部屋のジャスミンティーを淹れた

P1350937 (Custom)
で、このメロンも洋食についてきたんですが

連れがすごーく欲しそうだったので
これもあげた

絶妙に熟れてて
おいしかったそうです。

こうやって見ると
洋食のほうがちょっと豪華?かな


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

・チェックイン14:00/チェックアウト11:00
・空タイプ『夕霧』(2F洋室)
・3ヶ月前に予約・2名利用で1名あたり29000円
・Wi-Fiは客室・館内どこでも利用できます
・1人泊可

久しぶりに再訪してみて
改めてロケーションの良さを実感

やっぱり一番の魅力は
圧巻の渓谷ビュー
だとおもいます


そして一瞬で非日常に浸れる
「吟遊ワールド」を持ってること


安くはない料金だけど
箱根で露天風呂付きで部屋食で・・
と考えると
意外とコスパ良いのよね(・ω・ ) 

そして予約の取りにくさから
一度泊まった人が
チェックアウト時に次の予約を
入れてしまい
ますます予約困難の人気宿に。。

外国人ゲストも増えてたし
当分人気は衰えないでしょう

強い総合力は
我々のお気に入り宿「東府や」さんに
通ずるものがあるかも

また数年経った頃に
再訪してみようとおもいますー

吟遊さんレポに
たくさんのアクセスありがとうございます


次回は地味めながら
お料理の美味しかったお宿の事をかきますー


【箱根吟遊の基本情報・予約】


──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

2018 箱根吟遊 夕食 ⑤


吟遊さんは朝も夜も
全室お部屋食になります

会席料理を
20室に1品ずつ配膳するのは
結構大変なことなのかもしれません。

なので・・
担当の仲居さんによって
食事の印象を左右されてるような(・ω・ ) 

そして訪問するたびに
お品書きの料理長のお名前が
変わってるんでした
(歴代で最も美味しく感じた方は
「きたの風茶寮」さんに移られてました)

今回は果たして・・??

collage_photocat
品数豊富なかんじ

そしてやはり
前回と違う料理長さんのお名前が
・・まあ数年ぶりの訪問だものね。

食前酒はブラッドオレンジ

先付は焼河豚・焼白子の玉地蒸し

もったり濃厚な白子に
紅葉おろしを少し加えると
なかなか美味しい

collage_photocat
旬彩は左上から時計回りに
ホタルイカと筍の蕗味噌和え
春小鯛すぐき和え
白魚若布煮びたし
鮟肝煮こごり


酒のアテ、とくれば・・

collage_photocat
いつものようにワインを投入
シャルドネで5~6000円だったとおもう。

カクテルから焼酎、日本酒まで
とても充実してます。
値段はやっぱりお高め

この頃は日本酒ブームで
獺祭が流行ってたのよね(・ω・ ) 
「獺祭の発泡にごり酒」なんてのもあった。

P1350845 (Custom)
白菜すり流し
まとう鯛酒塩焼き

下のほうに丸大根
上にたらの芽 道明寺麩

白菜は強く感じられないけど
良いお出汁


collage_photocat
ボタン海老 鰆の炙り
マグロ中トロ 平目


4種盛りです
どれも鮮度が良くて
おいしかったけど特に・・

collage_photocat
ボタン海老ちゃんが立派

岩塩を少しのせていただくと
甘味が際立つ(・∀・)


P1350856 (Custom)
凌ぎ 本鮪大トロ握り

すっごい霜降り

贅沢なのを一貫だけ、というのが
良いですねえ(*´艸`)

これは文句なしにうまうま

collage_photocat
金目鯛みぞれ鍋

別添えになった
大根おろしとなめこを投入。

ごくごく飲めるかんじの
薄めのお出汁

でも強肴としては
味がぼやけてる?という印象

P1350870 (Custom)
箸休め 日向夏のシャーベット

酸味がほどよくて
うまーー(*´∀`)


P1350875 (Custom)
P1350879 (Custom)
和牛温石焼き
ホワイトアスパラ


特製のワサビソースでいただきます

肉肉しい。。

どちらかというと赤身寄りで
欧米の方に好まれそうなお肉。
ワタシは嫌いじゃないけど
ジューシーな感じではないです。

食べ応えは十分あり。

collage_photocat
アサリご飯 赤出汁 香の物

お米は山形産のひとめぼれ。
いい具合に炊けてます

濃いめの赤出汁と一緒に
ペロリと完食

P1350891 (Custom)
デザートとお茶

collage_photocat
ほうじ茶プリン ひと口汁粉
静岡産ビッグイチゴ


イチゴは比較として
キャップを置いてみた。

大きさがわかりますでしょうか?

びっくりするぐらい甘いですー
(*≧ω≦)


そしてデザート3種類はうれしい

P1350902 (Custom)
2時間ほどで食べ終えると
冷水を置いてくれます

今回の仲居さんは・・
まだ日が浅いようで
気配り以前に、料理の説明がカミカミ状態
料理について尋ねると、しばしフリーズ

残念パターンでした

仲居さん運に関しては
2勝2敗というかんじだ・・(;^ω^)

お料理の感想を連れに聞くと

「うーん、普通に満足したけど
これまた食べたい!みたいなのは無かったね

との事。

上手く言えないけど
吟遊さんのお料理って
常に80点ぐらいを狙ってる印象なのよね。

スマッシュヒットより
万人受けというか。。

無難にまとまってたと思います。


次回の朝食・感想編でラストですー


【箱根吟遊の基本情報・予約】


──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

2018 箱根吟遊 大浴場 ④


大浴場「月音」「月代」は
翌朝10:30まで夜通しはいれます

P1350741 (Custom)
夜の22:00に男女が入れ替わるので
ぜひ両方ご利用ください~(・´ω`・)

P1350742 (Custom)
「月音」の脱衣所

吟遊さんは全室露天風呂付きですが
大浴場利用率がわりと高め

チェックイン直後や
深夜1:00過ぎ、
朝食後ぐらいの
すいてる時を狙って行きました

collage_photocat
お部屋と同じく
吟遊スパの基礎コスメがそろってます。

保湿化粧水はローズの香り
好みがわかれるかもだけど
ワタシは好きですー

売店で購入してる人もいらした

脱衣所にはタオルも完備なので
手ぶらで来られます

P1350745 (Custom)
P1350756 (Custom)
「月音」の内湯

6~7人は入れそう

ちょっと熱めだったので
ワタシはほとんど入らず。

P1350747 (Custom)
ドライサウナもあり

collage_photocat
洗い場はちゃんと仕切りがついてます。

バスアメ、ボディスクラブ
洗顔フォームなどあり。

P1350752 (Custom)
P1350754 (Custom)
「月音」の露天風呂

温泉ですが、なぜかジャグジー

盛大にボコボコしてます

ここはぬるめで
ゆっくり入れた


気持ち良いお風呂ですが
足元が見えにくいので
入る時は気をつけて~

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

collage_photocat
もう1つの大浴場「月代」

脱衣所は若干狭いかな

置いてあるものは全く一緒です。

P1350972 (Custom)
「月代」は内湯がなくて
露天風呂が2つあります。

入ると左右に6つの洗い場。

1518334787527
「月代」の露天風呂

吟遊さんご自慢の
素敵すぎるインフィニティ風呂


P1350979 (Custom)
1518334815390
渓谷の絶景ととけあうような・・

超開放的な露天風呂
(*≧ω≦)


何度来ても感動。。

朝は誰もいなくて
この景色を独り占め

日常の雑事やストレスが
山の向こうに飛んでゆくわ~
(・´ω`・)

20949 (Custom)
奥に2~3人サイズの露天風呂

どちらも屋根がかかってるので
雨でも大丈夫だとおもう

大浴場はあまり行かない
という方も「月代」だけはぜひ・・

P1350796 (Custom)
風呂上りはバーラウンジ「明星」へ

湯上がりの
ワンドリンクサービスがあるのです
(16:00~18:00)

collage_photocat
寒かったので店内でいただきましたが
暖かい季節ならテラスのソファーも
まったりできて良いです

有料のドリンクもあり
カクテルメニューが豊富。

P1350802 (Custom)
ワンドリンクサービスは
ビールといくつかのソフトドリンクから選択。

連れはビール
ワタシはクランベリージュースを

吟遊さんは
パブリックエリアが充実してるので
好きなだけふらふら歩きまわれるのが
我々好みです


さて、出来にバラつきが激しい
ドキドキの夕食編につづきますー
(;^ω^)


【箱根吟遊の基本情報・予約】


──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

2018 箱根吟遊 露天風呂付き客室・続き ③


お部屋の水回りと露天風呂のご紹介です

その前に
過去に宿泊したお部屋の
露天風呂の写真も載せておきます↓

c5f80438-s
collage_photocat
f22ce522-s
2~3階和室「星夜」「瑞雲」「彩雲」などの
露天風呂

広めのテラスに防水ソファーがあって
湯上がりに涼めたりします

浴槽はお部屋によって
檜だったり石風呂だったり
四角だったり円形だったり

湯口の陶器が
どれもゆるキャラ的でおもしろい

c060d886-s
眺望を重視されるなら
やっぱり紅葉の時期がすばらしいですょ
(*´∀`)


我々は一度見たら満足しちゃって
季節問わず行きたい時に行ってます

collage_photocat
さて、今回のお部屋「夕霧」の洗面スペース

大体どのお部屋もダブルボウルで
同じ雰囲気でした。

椅子も2つあるし
使い勝手良いです

洗面→シャワールーム→露天風呂
というつくり。

collage_photocat
基礎コスメ系はすべて吟遊スパのもの

そういえば一度ぐらいスパを利用しようと
おもいつつも結局行ってないなあ
評判良さげなので・・次回はいくぞー

一般的なアメニティのほかに
歯ブラシ立てやボディタオルなどもあり。

collage_photocat
バスローブ、タオルウォーマーあり

必要なものはすべてある
というかんじ


P1350665 (Custom)
P1350664 (Custom)
シャワールーム

P1350668 (Custom)
バスアメも吟遊スパのもの

ボディスクラブまであるのがうれしい
(・∀・)


これ、適度なつぶつぶ感が良くて
来るたびにたっぷり使っちゃいます

大浴場だけでなく
お部屋にも用意されてるのがナイス

P1350673 (Custom)
露天風呂

和室タイプよりテラスは狭めだけど
ベンチもあって
湯上がりに休んだりできます

ワタシはさっさとデイベッドに行って
ごろごろしちゃうけど~

P1350675 (Custom)
中にステップあり。

2人でゆったり入れるサイズです

吟遊さんの温泉は
本当にあたたまりが良くて
10分ぐらい浸かると
汗が止まらなくなるのよね

collage_photocat
湯温はやや熱めに設定されてるので
下げたい時は湯口の下の
白いボタンを押すと
一定量加水されます。

ぬるめが好きなワタシは
何度も押すのでちょっと面倒だった

この湯口の陶器も
ゆる~い感じでいい味だしてます
(´ω`★) 

入浴目線は左上のようなかんじで
広がる山並みを眺められます

ただこちらのお部屋、
ちょっと注意点?がありまして・・

現在工事中の「対星館」さんという
お宿のケーブルカーが
テラスの下あたりを通るのです

e6132209-s
※こちらは過去の写真

渓谷の下にあるお宿なので
ゲストもケーブルカー移動。

数年前にクローズしてから
長きにわたって工事をしてるようですが
その工事用ケーブルカーが
たまに通るわけです

ケーブルカー内に目隠しの板を取り付けてるし
こちらが見える事はありませんが・・

気になる方は他のお部屋にしたほうが
良いと思いますー。

しかし、対星館さん
いつリニューアルが終わるんだろう
楽しそうだからオープンしたら
一度行ってみよう

P1350681 (Custom)
P1350729 (Custom)
お部屋から見たところ

こちらからも出入りできます。

P1350822 (Custom)
部屋風呂や大浴場で
湯浴み三昧したら
ちょっと湯あたり気味になったので

ベンチを近づけて
2人で足湯してみた

桶の縁が少し低くなってる所があって
高さばっちり(=゚ω゚)人(゚ω゚=)


夜風をかんじつつ
足はポカポカで最高なんでした


大浴場編につづきますー


【箱根吟遊の基本情報・予約】


──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

2018 箱根吟遊 露天風呂付き客室 ②


久しぶりの再訪でも
お部屋選びに迷う事は一切なし

なぜなら
過去の宿泊で
すでに運命のお部屋に出会ってるから

参考までに
今まで宿泊したお部屋の写真を
あげておこうかなーと思いますが
そのために過去レポを見直したら・・
(過去レポは公開終了してます)

あまりの写真のヒドさに卒倒しそうだった

今も決して上手ではありませんが
昔のワタシ、センスのかけらもないー(ノД`。)

ちらっとだけ載せときます↓

collage_photocat
collage_photocat
吟遊さんの客室は1~4階にあって
上に行くほど眺めもよくなります

和室・洋室・メゾネット
などのタイプにわかれていて
2階の空タイプがもっともリーズナブル。

初回1泊が3階星タイプの和室
2回目の連泊が2階空タイプと3階星タイプの和室
3回目の連泊が2階空タイプの和室と洋室


とお安めなあたりをうろうろした末に
最後に泊まった2階空タイプ洋室「夕霧」
我々のハートをわしづかんだんでした

今回もその「夕霧」のお部屋で
まったり過ごすことにします

和室はリビングが掘り炬燵だし
「星夜」や「瑞雲」など
中央よりで景色も良かったんですが

「夕霧」にはお気に入りのスペースが
ありまして・・(*≧ω≦)
今回も迷わず予約

collage_photocat
玄関ドアは引き戸です
鍵穴が結構下のほうにあるので
かがまないと開けられない

踏込に水屋スペース。

日本茶・紅茶・チャイ
のティーバッグ。

collage_photocat
冷蔵庫の飲物や
ドライフルーツは有料。

他にドリンクメニューがあって
アルコールやソフトドリンクを
深夜0時までルームサービスで注文できます。

P1350653 (Custom)
お部屋のお菓子は3種類

「梅の宿」
「烏骨鶏カステラ」
「チーズクッキー」


このカステラが
玉子が濃くておいしいのです

P1350700 (Custom)
P1350706 (Custom)
和室タイプは
しっかり二間に区切られてますが
洋室はワンルームっぽいので
我々には使い勝手が良いんですー

P1350703 (Custom)
ベッドはクイーンかキングサイズ
のびのび寝れますが
フットベンチみたいなのが
両脇にあるのよね
これは足元に1つだけでも良いのでは。。
(後で移動した)

左右に読書灯あり

P1350712 (Custom)
窓のほうにチェアーとテーブル。

そしてそのうしろに
ワタシのお気に入りスペース

collage_photocat
三角クッションを置いた
デイベッド(*≧ω≦)

「夕霧」は角部屋でテラスが小さいぶん
窓際にこのスペースを作ったのだとおもう

ここに寝転んで
読書したり景色を眺めたりするのが至福

中央よりのお部屋は
広いテラスにソファーセットがあって
それはそれで良いんですが、、
寒い時期は室内からでも眺望を楽しめる
このスペースがワタシにはベストなのです

窓際は少しひんやりしたので
ブランケットを頼んだら
5分もしないうちに届けてくれた

P1350811 (Custom)
ぬくぬくしながら
カステラ食べたり
うたた寝したり。。

しあわせ(*´∀`)

P1350718 (Custom)
ダイニングは玄関脇にあって
扉をしめれば寝室が見えなくなる仕様

こちらで食事をいただきます。

お布団敷きもないので
プライベート感を求めるかたは
洋室おすすめかと

P1350691 (Custom)
仲居さんはこちらのドアから入ってきて
配膳してくれます。

我々は見ないけど
ダイニングにも小さいテレビあり。

P1350715 (Custom)
ライティングデスク兼ドレッサー

アジアンテイストな間接照明がステキ

でも主照明がないので
夜はちょっと暗めに感じるかもです。

collage_photocat
DVDプレーヤー
ヒーリングっぽいCDあり。

一歩外にでるとバリ音楽で溢れてるので
部屋の中ではこちらを聴いてました。

P1350723 (Custom)
クローゼットの中に金庫あり。

ロングコートもかけられて良いんですが
ちょっと建て付けが悪くなったのか
片方の扉が思いきり床にこすれて
ギギギッとなってた

吟遊さんも年数が経ってきたし
そろそろメンテナンス時期かもしれませんね~。

collage_photocat
作務衣・浴衣・足袋あり。
我々は作務衣で過ごしました

羽織ベストの柄がちょっと・・微妙?
と思ったけど
大きめのカゴバッグは便利だった


水回りや露天風呂は
次回に過去の部屋のも合わせて書きますー


【箱根吟遊の基本情報・予約】


──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド