うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

たんげ温泉美郷館 (群馬)

たんげ温泉美郷館 朝食・感想 ⑤

たんげ温泉美郷館 夕食④
たんげ温泉美郷館 大浴場(後編)③
たんげ温泉美郷館 大浴場(前編)②
たんげ温泉美郷館 お部屋①
──────────────────────

朝食は7:30か8:00の選択

ワタシ達は8:00からいただきました。

P1400576 (Custom)
冷たい物はだいたい用意されてます。

P1400578 (Custom)
トマトジュース

甘くもなく、塩気もなく
トマトそのまま飲んでるかんじ。
苦手な人もいるかも

P1400583 (Custom)
サラダ 
マヨネーズが添えてある上に
ドレッシングもかかってます。

collage_photocat
しらすおろし ひじき煮
とろろ


P1400594 (Custom)
山菜のお浸し

P1400584 (Custom)
温泉玉子

P1400595 (Custom)
鮎の一夜干し
後から運ばれてきました。

皮がパリパリ~

P1400592 (Custom)
味噌汁は着席と同時に着火。

アツアツをいただけます

collage_photocat
お櫃のごはんは
母がほとんど平らげてました

ワタシは寝不足なせいか
頭に霞がかかったように
ぼんやりしてましたが
母、絶好調で3杯飯( ̄‥ ̄)=3 

P1400596 (Custom)
とろたまご飯(´ω`★) 

おいしかった

P1400587 (Custom)
デザートのオレンジを食べる頃には
母はすでに湯処へ

本当に早食いだなー(;^ω^)
そして年々せっかちになってる

P1400620 (Custom)
ワタシは一旦お部屋に戻ってから
チェックアウト前に「瀬音の湯」へ

あごまで浸かる深い浴槽

朝は39~40℃ぐらいで
ぬる湯好きにはたまらない( ・´ω`・ )

名残おしいわあ・・

===============

・チェックイン15:00/アウト10:00
・電話で直接予約/スタンダードな「萩」のお部屋
・2名利用で1名あたり16350円
・現地でのクレジットカード決済は不可
・ひとり泊OK(平日のみ)

とにかく湯処が素敵で
2~3日ゆっくり逗留したくなるお宿

絵画のような景色の
「滝見の湯」


ステンドグラスから光が差し込む
「瀬音の湯」


どちらも美しかったわあ

貸切の露天風呂も
川のせせらぎがすぐそこに聞こえて
最高のロケーションなんでした

お風呂好きの方はぜひ一度
( ・´ω`・ )



残念ながら、うひひ母にはあまり響かず
チェックイン時に
荷物を持ってもらえなかった事を
最後までぐちぐち言ってました

最初の印象って肝心。。(;^ω^)

スタッフさんはみんなニコニコしてて
とっても親切だったので
ワタシ的には
良い印象しかなかったのだけどねえ


連れに大浴場の写真を見せたら
「ホントに秘湯を守る会の宿なの
「キレイすぎる
「入ってみたーい(*≧ω≦)」

と言ってたので
今度は一緒に来よう~

館内と湯処を結ぶ廊下が寒そうなので
真冬は避けて春~秋ぐらいに
計画しようとおもいますー



いつもお付き合いありがとうございます
(●´ω`●)

【たんげ温泉美郷館の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

たんげ温泉 美郷館 夕食 ④


夕食の料理プランは
控えめ(10品)肉+魚
控えめ(10品)ベジタブルプラン
控えめ(10品)上州牛ステーキ付き

などいろいろあるんですが

悩んだすえに
通常料理(12品)にしました

まあまあボリュームがあったので
普通に召し上がる方なら
控えめプランで十分かも

P1400442 (Custom)
個室でいただきます。

テーブル席なので
連れと来ても大丈夫そう

collage_photocat
ドリンクメニューと別注料理。
興味ある方はクリック&拡大で。

P1400443 (Custom)
お品書きはなくて
だいたい3品ぐらいずつ
同時に運ばれてきます。

ワタシはペース早めに感じたけど
早食いの母にはちょうど良かったみたい

P1400445 (Custom)
自家製梅酒

スッキリした甘さ

P1400446 (Custom)
こごみの胡麻和え
蒟蒻と味噌
何かのお浸し


料理は一通り説明してくれるんだけど
仲居さんが早口で聞き取れないことも

1つ1つが素朴なのだけど
滋味深くておいしい(´ω`★) 


P1400451 (Custom)
お造りは平目、帆立、マグロ

マグロはごく普通の赤身だけど
平目と帆立がうまい

collage_photocat
これ、おいしかった(・∀・)

白菜と水菜の豚巻き

ポン酢ともみじおろしであっさりと

P1400460 (Custom)
茶碗蒸し

P1400466 (Custom)
中に海老や椎茸、銀杏

お出汁の風味も良くて、なめらか

P1400461 (Custom)
ニシンと小松菜

身欠きニシンは
噛めば噛むほど旨味が

これは日本酒のアテだわね( ̄m ̄〃)

P1400457 (Custom)
一番楽しみだったパイ包み

P1400470 (Custom)
中には・・
たあっぷりのビーフシチュー(*≧ω≦)

これは控えめプランにもある
美郷館さん名物料理のようです

ごろごろ牛肉が入ってて
うまうま~


パイ皮を中に入れながら
キレイに完食

P1400472 (Custom)
岩魚の塩焼き 蕗味噌

母は出てくるお皿を
高速でクリアしていきますが
(丸飲みしてるんだろうか?)
ワタシは全然ついていけず・・
皿がたまっていく

なのでちょっと冷めちゃいましたが
しょっぱすぎない塩加減で
蕗の苦味との相性も良かったです

P1400474 (Custom)
天ぷらは
タラの芽 椎茸 干し芋


干し芋⁉ Σ(゚д゚ )!!

薩摩芋ならよくあるけど
干し芋天は初めて

甘さ倍増でねっとり
ワタシは結構好きです

P1400476 (Custom)
ごはん 赤出汁 香の物

ビーフシチューがずっしりだったので
ご飯は1杯を平らげるのが精一杯

うーん(;^ω^)
ワタシ、ご飯いらないから
ビーフシチューの時に
もっとパイが欲しいかも。


母のハイスピードについていくために
急ぎ気味で食べたせいか
食後はしばらく動けず。。

P1400477 (Custom)
デザートは柚子のシャーベット

柚子の粒感があって
とてもおいしい( ・´ω`・ )

P1400484 (Custom)
食後、すこし動けるようになったら
「瀬音の湯」へ

22:00クローズなので
ちょっと慌ただしいけど
夜のほのかな灯りもステキ

collage_photocat
お部屋に布団が敷いてあって
冷水ポットが用意されてます。

読書灯を準備して
本を読みながら
寝落ちしようと思ったんですが・・

夜行性の母、いつにも増して元気になって
人生について語り出してしまった


こういう時はこうすべし!
アンタの生き方は間違ってる!
といういつものお説教なので
適当に頷きながら聞き流してたら
更にヒートアップして、一向に寝る気配がない

時計は午前2時をまわり・・・

いい加減ねかせてくれー
( ;∀;) 


。。。。

結局ちゃんと就寝できたのは
午前3時過ぎなんでした



次回の朝食・感想編でラストですー

【たんげ温泉美郷館の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

たんげ温泉 美郷館 大浴場(後編) ③


引き続き湯処のご紹介です

P1400357 (Custom)
貸切露天風呂「宝泉の湯」2つと
「月見の湯」「瀬音の湯」は
1階の廊下の先にあります。

P1400362 (Custom)
貸切露天風呂「宝泉の湯」は
岩風呂と石風呂があって
22:00~翌朝6:00を除いて利用可。

空いていれば
札をひっくり返して入ります

P1400363 (Custom)
こちらが岩風呂

2~3人サイズです。

P1400365 (Custom)
丹下川がすぐ下に流れてて
ザーザーと川音が

ここは夜に来て
少しだけ入りました

P1400544 (Custom)
もう1つの石風呂

P1400550 (Custom)
こちらは3~4人サイズかな

P1400549 (Custom)
岩風呂とおなじく
ナイスロケーション

ワタシはこっちが好きで
明るい時間に何度か通いました

利用時間がやや短めだけど
大抵どちらかは空いてます

P1400374 (Custom)
「月見の湯」と「瀬音の湯」は
19:00に男女が入れ替わります。

こちらも22:00~翌朝6:00はクローズ。
一晩中入れるのは前編で書いた
「滝見の湯」だけです

P1400376 (Custom)
「月見の湯」

6~7人サイズの露天風呂

collage_photocat
蛇口はあるけどシャワーはないので
浸かるだけのお風呂です。

広々してて良さげだったんですが
今回はタイミングがなくて入れず

collage_photocat
「瀬音の湯」の脱衣所。

脱衣棚にカゴはなし。
清々しいほどシンプルで
新しい木の匂いがします

基礎コスメやドライヤーは
他の湯処と同じ物。

P1400553 (Custom)
「瀬音の湯」

✨ ゚+.(・∀・)゚+.゚✨

なんて綺麗なんだろう~( ・´ω`・ )

P1400637 (Custom)
浴槽の底には
ごろごろと岩が敷き詰められてます。

足の裏にあたる感触がおもしろい

美郷館さん自慢のお風呂、
こんなに大きいと思わなかったわあ(*゚ェ゚*)

collage_photocat
吹抜けの天井は太い梁が渡してあって
窓にはレトロなステンドグラス

静謐で、厳かな雰囲気

P1400566 (Custom)
ゆらゆらと湯面に映る
ステンドグラスの光

他の湯処もステキなんですが
「瀬音の湯」は空気が違うかんじ

浴槽内の四方に
ステップになる岩があるので
静かに足を入れて
ゆっくり身を沈めていきます

ああ・・・至福(´ω`★) 

collage_photocat
浴槽の縁に木枕があって
頭を預けられます

木彫りのカニさん、亀さんもいた

P1400617 (Custom)
ごくらく、という表情のお猿さん

P1400610 (Custom)
「瀬音の湯」の隣にあるテラス。

P1400611 (Custom)
ブランコに揺られながら
涼めたりして
最高なんでした( ・´ω`・ )

母とはほとんど別行動だったけど
一番気にいったのは
やっぱり「瀬音の湯」だったようです。

どの湯処も風情があって
40~41℃ぐらいの適温

1泊では楽しみきれない

連泊したくなるわあ(*´∀`)


夕食編につづきます。


【たんげ温泉美郷館の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

たんげ温泉 美郷館 大浴場(前編) ②


湯処は全部で6つあります

どこも素敵で・・・
1泊の滞在では入りきれなかった

・「滝見の湯」(大)(小)
・「月見の湯」「瀬音の湯」
・貸切風呂「宝泉の湯」(岩)(檜)


とあるんですが

大浴場(前編)では
「滝見の湯」をご紹介


チェックインから夜通し入れて
夜の19時に男女が入れ替わります。

collage_photocat
1階の「萩」からは
階段をおりて行きます

地下1階ですが
傾斜地に建ってるので
地下っぽい感じはしません。

「滝見の湯」が好きなリピーターさんは
通いやすい「花水木」「皐月」「山吹」の
お部屋を指定するみたい。

collage_photocat
湯処まえの休み処に
氷が浮かんだレモン水と小梅

竹筒で汲むという
涼し気な演出

こういうところに
美郷館さんのナイスなセンスが

P1400334 (Custom)
チェックイン~19:00までは
「大」が女湯

すっきりした脱衣所。

懐かしの体重計です

collage_photocat
綿棒・ヘアゴム。
お部屋のよりハイパワーなドライヤー
炭の洗顔フォームと檜の化粧水。

P1400328 (Custom)
脱衣所から浴室が見えるので
はやる気持ちが抑えられない
(*≧ω≦)


P1400322 (Custom)
「滝見の湯」(大)

うひょー(=゚ω゚)

内湯なんですが、この開放感

P1400326 (Custom)
まさに、滝見だわー

絵画のようにウツクシイです

P1400347 (Custom)
滝の方向だけでなく
山側もガラス張りなのがスバラシイ

人里離れた立地だからこそ
できるんでしょうねえ。

上部の窓が開閉するので
森の空気も感じられます

collage_photocat
洗い場は4つ。

湯処がたくさんあるので
重なっても1人か2人ぐらいで
ゆったり使えました

バスアメは馬油シリーズ。

浴槽の縁に
木彫りのカニさんが

P1400348 (Custom)
窓に近づくと
下を流れる川が間近に見えて迫力

P1400352 (Custom)
浅瀬に石が積んである

お宿の人が積んだのかしら?

P1400351 (Custom)
この素敵なお風呂が
激熱だったらどうしよう・・
と心配したけど
40℃前後のいいあんばいでした

檜の枠に伊豆石という浴槽も
ばっちり好みで最高だわー

「こんな贅沢な景色、なかなかないよねー(*´∀`)」

母「う~ん、よく見えない(近視)」

「メガネ取ってくれば? 」

母「めんどくさいからいい」

見ないんかーい( ;∀;) 

collage_photocat
源泉は建物の近くから湧出してて
34.5℃と低めですが
熱交換による加温を行っているそう。

こちらが男女入替後の
「滝見の湯」(小)の脱衣所。

置いてる物は一緒です。

P1400601 (Custom)
(小)は一面採光なので
(大)に比べると暗めで
ななめに滝ビューなかんじ。

P1400598 (Custom)
浴槽も若干ちいさめ?かな

P1400604 (Custom)
洗い場は4つ。

これはこれで全然悪くないんだけど
やっぱり(大)が素晴らしいので
あちらがおすすめ(´ω`★) 

明るい時間にぜひどーぞ


大浴場(後編)につづきます。


【たんげ温泉美郷館の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

2018.4 たんげ温泉美郷館 お部屋 ①


群馬に1泊してきました

このレポ、
書くの楽しみにしてたんですー

「たんげ温泉美郷館」さん

"日本秘湯を守る会"の会員宿なので
スタンプ張を持参。

野山に囲まれた清流沿いの一軒宿ですが
秘湯らしからぬといいますか・・

すっごくキレイなお宿なんです

湯処もたくさんあって
湯巡り三昧できるんですが
中でも、カラフルなステンドグラスから
光が差し込む総檜風呂「瀬音の湯」が
美しすぎてうっとりなんでした


なので今回はお風呂編にご注目

同行者は3度目のご登場。
うひひ母なんでした →前回の母娘旅

先に言うと、人選ミスでしたが
お宿自体は素晴らしかったです

・チェックイン15:00/アウト10:00
・電話で直接予約/スタンダードな「萩」のお部屋
・2名利用で1名あたり16350円
・現地でのクレジットカード決済は不可
・ひとり泊OK(平日のみ)

同じ料金の中で
広縁&椅子のあるお部屋と
無しのお部屋とあったので
広縁ありを希望したんですが
残念ながら全て埋まってるそうで
広縁無しのシンプルな和室を予約。

広縁付は人気のようで
リピーターさんだけで満室になる事も

早めの予約推奨です

P1400416 (Custom)
とうちゃく

堂々たる佇まいで
風格を感じさせる建物

スタッフさんがすたたたーっと出てきて
ワタシのキャリーケースを運んでくれます。

でも、、後ろを歩く母を振り返ると

ものすごい仏頂面(゚ε゚)ブゥー

母も旅行鞄を持ってたんですが
ややコンパクトだったせいか
「持ちましょうか?」がなかったらしい

ファーストコンタクトの印象が悪かったせいか
この件で後々までずっと愚痴るんでした。

やれやれ。。。

P1400398 (Custom)
全18室のお宿です。

間口の広い玄関

スリッパがピシッと並んでます

P1400395 (Custom)
ピッカピカに磨きこまれた床

それなりの築年数のようですが
勤勉な坊さんが住まう寺のように清潔で
何もかもが整然としてます。

collage_photocat
天井高いなー

フロントの横には
秘湯を守る会関東支部31件の宿パンフ。

関東だけでこんなにあるんですねえ

P1400423 (Custom)
ワタシが記帳してるあいだ
母はフロント横で売ってた
干し芋に釘づけ

そういえば
干し芋が大好物だったな。。(・ω・ ) 

期間限定「シルクスイート」の干し芋を
素早く購入して母に渡しておきました。

・・これで機嫌が直るといいけど(;^ω^)

ちなみに左端に見える蜂蜜は
日本蜜蜂の蜜を使った希少品で
少々お高いのだけどとても美味しいです
帰りに母がお土産にしてました。

collage_photocat
館内の調度は
木の温かみを感じるものが多くて
見事な木彫りや
ぺっかぺかの布袋様(・∀・)

ロビーを1階とすると
客室は地下1階~2階に配されてます。

エレベーターはないので階段移動

予約のときに
母が膝を痛めた話をしておいたので
移動の少ない1階のお部屋を
用意してくれました。
(訪問時はすっかり治ってて
階段を1段抜かしで上がれるほど元気だった

collage_photocat
スタンダード/広縁無し「萩」の踏込。

P1400261 (Custom)
主室に入る前に
洗面台があります。

しっかりした椅子があって
鏡も大きく、使いやすかった

P1400266 (Custom)
洗面台の横にトイレ。

P1400268 (Custom)
キレイですー。

collage_photocat
炭の洗顔フォーム
ローズの香りの化粧水と
ピーリングジェル。

いい香りでワタシは好きだけど
ちょっとピリピリするかも
デリケートな方はご注意を。

ドライヤーは壁掛けで非力。
湯処にパワフルなのがあります。

collage_photocat
冷蔵庫の飲物は有料ですが
他の宿にくらべると良心的な料金

館内に自販機はなし。
近くにコンビニもないので・・
インターあたりで寄っておくと良いです。

P1400287 (Custom)
主室は8畳ぐらい。

母のために高座椅子を
用意してくれてたけど
ピンピンしてるので
ワタシが使いました(;^ω^)

collage_photocat
決して広くはないですが
こざっぱりとして気持ち良いお部屋

角部屋なので
窓からの採光が多くて明るい

P1400305 (Custom)
窓を開けてのぞくと
真下に丹下川がさわさわと流れてます。

空気も涼しくて実にさわやか

「川のせせらぎが聞こえると落ち着くね~(*´∀`)」

母「そう?あたしお腹すいた」

・・干し芋食っとけ

collage_photocat
床の間にさりげなく生花が

お茶は普通の煎茶でした。

collage_photocat
テレビは小さめ。
母もワタシもほとんど見ないので無問題。

うちわと裁縫セットあり。

collage_photocat
浴衣と羽織、足袋靴下。

大小タオルは1枚ずつ。
アメニティは
シャワーキャップと歯ブラシ。

collage_photocat
お部屋に案内された時
お茶を淹れてくれたので
「黒豆かさね」と一緒にいただきました

鍵は1つだけ・・?
と思ったら2つあって良かったー

ナイスな湯処ばかりで
お出かけしまくりなんでした



震えるほど美しい大浴場編につづきますー

【たんげ温泉美郷館の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド