うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵 (箱根)

四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵 朝食・感想 ⑤

四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵 夕食④
四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵 大浴場・貸切風呂③
四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵 お部屋②
四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵 館内①
──────────────────────

朝食は8:00から
昨夜と同じ食事処でいただきます

collage_photocat
お品書き・・ではなく?

食材についての説明とご挨拶。

壺にはいった味噌に関して
特にくわしく書いてあります

P1420729 (Custom)
左が白味噌【伊豆味噌】
右が田舎味噌【いいちみそ】

P1420730 (Custom)
小鍋で味噌汁をつくるんですが
出来上がる直前に
好みのお味噌を投入

ワタシは白味噌ベースにしてみた。

まろやかな風味でおいしい

P1420722 (Custom)
ご飯かお粥を選べたので

ワタシは普通の白ご飯。

お米は昨夜とおなじく"ななつぼし"

P1420725 (Custom)
連れはお粥を

べっこう餡がついてきます。

なんか、おいしそう
ワタシもお粥にすれば良かったかも

P1420727 (Custom)
鶏と水菜のサラダ

P1420715 (Custom)
小さいおかずたち

collage_photocat
湯葉 とろろ 蒲鉾
ひじき煮 茄子煮浸し しらす


P1420724 (Custom)
焼鮭 厚焼き玉子

厚焼き玉子は説明に
"一番出汁と良質な玉子のすばらしいハーモニー"
とあったから期待したけど

味がしない(;^ω^)

一番出汁、薄すぎない?
もっと塩味があってもいいんだけど

P1420721 (Custom)
アサイージュースとヨーグルト

シンプルな朝ごはん

焼魚も玉子焼きも小さくて
ほぼ味噌汁でご飯食べたかんじ。

健啖な人は物足りないかも

お粥とご飯を選べるのはナイス

=============

・チェックイン14:00/アウト11:00
・じゃらん限定プラン
貸切露天風呂1回無料
人気№1会席「旬粋」
和室6畳+広縁
2名利用で1名あたり14580円
・客室でWi-Fi使えます
・ひとり泊OK

パブリックエリアは
そこそこ充実してますが
高級感を求めてしまうと
ガッカリするかもです。

接客も人によって
かなり個人差あり。

対応の良かった女性スタッフさんは
ピカイチの気配りで文句なしだけど
それ以外の人は
反応鈍くて微妙でした


夕食が予想より美味しくて
なかなか楽しめたから
今回の料金なら満足


お高い部屋に泊まっても
全体のクオリティが上がるわけではないので
スタンダード部屋のセールなどを狙うと
良いんじゃないかな~
と、個人的にはおもいます(・ω・ ) 
1人2万以上は出せないかな。。


お風呂が熱いからねえ
ぬる湯好きの我々の
再訪意欲は低いですが
貸切風呂の雰囲気は良かったです


いつもオツキアイありがとうございます
(●´ω`●)


【四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵 夕食 ④


夕食は18:00もしくは20:00と
予約時に書いてありましたが
この日は19:00も選べました

P1420629 (Custom)
食事処のテーブル席で

BGMはなぜか
スローテンポなシャンソン

眠くなる。。

P1420632 (Custom)
お品書き

お料理プランは松竹梅あって
今回は竹にあたる
"旬粋"コースにしました

ボリュームは十分で
普通に召し上がる方なら
満腹になるとおもう。

collage_photocat
前菜5種盛り
・白魚桜葉和え ・蛍烏賊沖漬け
・サーモンパイ包み
・酒盗チーズ寄せ 百合根
・牛ももロースト ピンクペッパー


ほんのり桜の香りがする白魚

酒盗チーズ寄せはムースのようで
いい酒のアテに

牛ローストは胡椒と
ガーリックがきいてます

collage_photocat
ドリンクメニューは冷酒からワインまで
一通り揃ってます。

白ワインのボトルを頼んで
飲み始めたんですが
やたら美味しい

それもそのはず
スタッフさんが間違えて
ラトゥールのシャブリを
持ってきちゃってたみたい

本来頼んだのは
もっとお安いボトルでした

清算時まで気がつかなくて
差額を払おうとしたんですが
例の女性スタッフさんが
「大丈夫大丈夫、何も問題ないですよ
って、安いままの料金にしてくれたんでした

P1420642 (Custom)
P1420640 (Custom)
ゆとりろ庵特製バーニャカウダ

しゃきしゃきの
箱根の山麓野菜&小田原野菜を
アツアツのアンチョビソースで

P1420659 (Custom)
下のほうに焦がしパン粉があって
ソースにつける→パン粉まぶす、
でいただくといっそう美味しい

こちらはお宿定番らしく
どのコースにも付いてます。

P1420658 (Custom)
湯葉真丈澄まし仕立て

蕪や菜の花も入ってます。

良いお出汁

P1420661 (Custom)
お造り ふたりぶん

本マグロ ボタン海老 カンパチ

連れ、好物ばかりで歓喜(*≧ω≦)

ボタン海老が特に美味しかったみたいで
頭までずびずびしてた

P1420638 (Custom)
桜姫鶏の大文字鍋

これ、序盤に火をつけられちゃって
あっというまにぐつぐつしだしたから
慌てて食べた

あっさりした醤油味で
桜姫鶏がやわらかかった~

P1420666 (Custom)
浅利と筍と鳴門若布の茶碗蒸し
銀餡かけ


これが2人ともお気に入り(*´∀`)

磯の香り漂うお出汁や
鳴門若布が美味しい
一風変わったアレンジ茶碗蒸し

P1420663 (Custom)
じゃらんの予約特典
鯵としし唐の天ぷら

うっすら塩がふってあるので
そのままいただきます

サクサク

P1420668 (Custom)
根菜と練り物の炊合せ

揚物がきいたのか
おなかいっぱいになってきました

蕗だけ食べて
あとは連れに譲渡。

P1420669 (Custom)
ご飯は北海道の"ななつぼし"

赤出汁と香の物

そして、山椒ちりめん~(*≧ω≦)

P1420673 (Custom)


すこし甘めだけど
山椒の香りがしっかりして
おいしい~(´ω`★) 

満腹だったはずなのに
全部食べてしまった。

P1420675 (Custom)
苺のミルクレープ
苺のジェラート


ほんのひとくちずつだけど
つぶつぶ感の残るアイスが
美味しかったです


配膳ペースが早めで
お酒を飲む我々は
ちょっと慌ただしく感じたけど
どれも美味しかったし
ボリュームある内容

小食な方は
品数の少ないコースでも良いかもね。

P1420677 (Custom)
雑な敷き方でごめんなさい

お布団はチェックイン時に敷いてもらうか
自分達で敷くか、だったので
夕食のあとにふざけながら敷いたら
こんな仕上がりに(;^ω^)

マットレスはなくて
敷き布団一枚だったので
寝心地はいまひとつ

途中から2枚重ねにしました。

P1420707 (Custom)
そのあとワタシは大浴場に行って

夜な夜なマッサージチェアへ


次回の朝食・感想編でラストですー


【四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵 大浴場・貸切風呂 ③


貸切風呂は17:30~18:15に予約

今回のプランは
1回45分無料で利用できます。

通常だと3240円なので
利用されたい場合は
貸切風呂付きプランを選んだほうが
お得だとおもう

時間になったら
フロントに鍵を借りにいきます

collage_photocat
大浴場と貸切風呂へは
この長い階段を下りていきます

帰りがしんどそう

でも昇降機があるので
足腰が弱い方も大丈夫ですね

貸切風呂は屋外なので
サンダルに履き替えます。

P1420601 (Custom)
4つの貸切風呂が並んでます

なかなか風情あるわ

貸切風呂は
『ぶらり』『ゆらり』
『きらり』『ふわり』
とあるけど
広さや雰囲気は大差ないようでした。

P1420602 (Custom)
我々は『きらり』へ

collage_photocat
脱衣所はやや暗め&狭め。

ドライヤーとアメニティあり。

P1420610 (Custom)
貸切露天風呂『きらり』

P1420615 (Custom)
中にステップあり。

2人で腰かけて入ると
ちょうどいいサイズ

ナイスな雰囲気だけど

お湯が熱い(;´Д`)

自分では調整不可なので
連れがザバザバかきまぜて
何とか入りました

隣の貸切風呂からも
「あちーーー」
って声が聞こえたから
他も熱いみたい

collage_photocat
雨天用に三度笠があります。

奥にシャワーブースもあり。

とにかく熱くて
ワタシは足湯状態(;^ω^)

お風呂自体はいい感じなので
ちょっとざんねん

collage_photocat
大浴場は
深夜1:00~翌朝6:00以外に入れます

あんまり人がいなくて
重なったのは1度だけ。

collage_photocat
洗面ボウルが小さな陶器なので
水跳ねしそうだったけど
いつ来てもキレイで
髪の毛1本落ちてません

ウォーターサーバーあり

P1420590 (Custom)
大浴場は内湯のみ

collage_photocat
2つの浴槽には
それぞれ違う温泉が引かれてるそう

大きいほうが早雲山から湧出
小さいほうが上強羅から湧出

へー(*´∀`)
違いを感じられるかしら


そっと足をつけてみたら・・

P1420700 (Custom)
あつ~い( ;∀;) 

ここも熱いよ

足をいれてると
じんじんしてくるので
あまり長く入れず。。

小さいほうは??

と思ったけど

さらに激熱

うわーーん

collage_photocat
バスアメは馬油シリーズ。

源泉温度64.4℃。
使用位置が42~3℃。

そりゃあ熱いわ(;^ω^)

夏はもうちょい
ぬるめでも良いのでわ?( -д-)ノ

温泉は循環ろ過・消毒ありです。

P1420596 (Custom)
風呂上りに
足湯でまったり(・´ω`・)


「熱かったね~(;´Д`)全然入れなかったよ」

「うん、熱かった
「気合で5分浸かって・・」
「10分冷水シャワー浴びた



∑(*゚ェ゚*)


温泉に入る意味。。。



夕食編につづきますー

【四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵 お部屋 ②


お部屋への案内はないので
渡された館内図を見て向かいますが
特に複雑ではありません

collage_photocat
目の前にベンチと自販機あり。

お部屋は216「柑子(こうじ)」

P1420501 (Custom)
踏込

P1420507 (Custom)
和室6畳+広縁

狭さを心配してましたが
広縁があるので2人なら十分快適

P1420527 (Custom)
ただ、6畳部分に布団を敷くので
定員の3名だとぎちぎちかも。

P1420508 (Custom)

collage_photocat
掛け軸の文字・・

「恥(はじ)」に空目した(・ω・ ) 

聡い(さとい)」のほうよね(;^ω^)

加湿空気清浄機あり。

照明のスイッチパネルが
寄木細工でした。

collage_photocat
冷蔵庫は空ですが
館内のあちこちに自販機があるし
飲物の持参も可。

P1420510 (Custom)
P1420515 (Custom)
広縁のソファー

ふかっとしたクッションで
座り心地良かったです

P1420540 (Custom)
窓からはうっそうとした森

静かで良いんですが

窓に障子しかないので
光に弱い連れは
早朝に目が覚めちゃったみたい

遮光カーテンとかあると良いかも

collage_photocat
広縁のサイドに洗面スペース

collage_photocat
基礎コスメやアメニティは
しっかり揃ってるので手ぶらで来れそう

P1420530 (Custom)
逆サイドにクローゼット

collage_photocat
浴衣はロビーで選んだもの。

湯カゴあり

バスタオルは1人1枚ずつで
湯処に持参します。

P1420493 (Custom)
お手洗い

collage_photocat
お茶菓子は3種類。
塩ようかんというのが渋いわー(・ω・ ) 

鍵は2つあってばっちり

P1420542 (Custom)
館内利用券500円分と
記念写真のサービスあり。

貸切風呂が1回無料なので
チェックイン時に予約しておきました



貸切風呂&大浴場編につづきますー


【四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵の基本情報・予約】



──────────────────────







ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

2018.5 四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵 館内 ①


またまた箱根へやってきました

この月は1人旅も含めると
3回箱根に来てる

予定がたてにくい時は
どうしても近場になります。


さて今回のお宿は・・

「四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵」さん

メディア露出が多く
あらゆる予約サイトで見かけるので
ご存知の方も多いとおもう

全34室。
大浴場のほかに
4つの貸切風呂があります。

"ゆとりろ"は
西伊豆や熱海、軽井沢にも系列宿あり。

そして、以前宿泊した
天翠茶寮さんも同グループです。
価格帯は違うけど。




宿泊プランが豊富で迷ったんですが
コスパ重視で選びました

・チェックイン14:00/アウト11:00
・じゃらん限定プラン
貸切露天風呂1回無料
人気№1会席「旬粋」
和室6畳+広縁
2名利用で1名あたり14580円
・客室でWi-Fi使えます
・ひとり泊OK

露天風呂付きのお部屋もあるのだけど・・
温泉ではないらしいので
一番リーズナブルなお部屋で


果たして・・・

P1420735 (Custom)
とうちゃく

駐車場は
建物から少し離れた場所にあります。

強羅駅からは徒歩3分ぐらいで
送迎も行ってるみたい。

collage_photocat
建物2階分の石段を上がるので
荷物が多いと大変かも

駐車場側から
ゆるやかなスロープがあったので
足腰が不安な方はそちらを推奨。

P1420740 (Custom)

P1420741 (Custom)

P1420544 (Custom)
館内は靴のままでOK。

お部屋まで
キャリーケースを引いていけるので
らくちんでした

collage_photocat
ウェルカムスイーツがわりの
チョコレートファウンテン

滞在中は自由にいただけます。

我々もさっそくマシュマロを(´ω`★) 

焼き団子はいまいち合わなかったけど
マシュマロとチョコは鉄板ですー

ゲストに好評らしく
みんな通りすがりに食べてたけど
こぼしやすいので・・
テーブルが汚れない工夫があると良いかも

P1420688 (Custom)
フロントでチェックイン手続きφ(・ω・ )

スタッフさんもゲストも
半分ぐらいが外国人の方でした。

上の役職らしい金髪碧眼の女性が
流暢な日本語で、とても感じが良かった

客室は1~3階にあって
フロント脇のエレベーターで移動します。

P1420558 (Custom)
P1420545 (Custom)
ロビー

collage_photocat
コーヒーとカフェラテマシン

ロビーやお部屋で
自由にいただけます

collage_photocat
ロビーの一角に
ケーキのショーケース

P1420562 (Custom)
天翠茶寮さんに新設された
「カフェ・ド・天翠」のケーキを販売してます。

そう。。。
天翠茶寮さんには
オープンしたての時に泊まったんですが
このカフェ、当時はダイニングでした。


席の間隔が近いし
音が反響しまくるので
懐石料理をいただく場所としてはどうなの?
と思ってたら、カフェになってた(・ω・ ) 


現在食事は隣接した本館の天翠さんで
いただくようです。


一度寄ってみたかったので
こちらでいただけるのはうれしい

ショーケースに張りついてたら
さっきのフロントの女性スタッフさんが来て

「こちらにない物でも
希望があれば運んでこれますよ

と仰ってました

(結局、あとでロールケーキを購入)

collage_photocat
各フロアに自販機(市価)あり。
ハーゲンダッツのアイスの自販機も。

エントランス脇に喫煙場所があって
ここ以外は全館禁煙です。

P1420564 (Custom)
浴衣は男女ともロビーで選びます。

見本もあるのでわかりやすい

collage_photocat
ロビーから1階の廊下を少しいくと
足湯のテラスがあります。

P1420573 (Custom)
小雨が降ってたけど
足湯の席は屋根があるので無問題

P1420574 (Custom)
テラスの椅子は濡れちゃってたけど
お天気のいい日に
風に吹かれながらビール飲みたいわ

夜はライトアップされてました


お部屋編につづきますー


【四季を愉しむ貸切温泉 ゆとりろ庵の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド