うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

ONSEN RYOKAN YUEN SHINJYUKU (温泉旅館 由縁 新宿)

ONSEN RYOKAN YUEN SHINJYUKU (温泉旅館 由縁 新宿) 大浴場と外ごはんのこと ②


由縁さんの大浴場は
最上階の18階にあります

P1650106 (Custom)

P1650112 (Custom)
湯上がりスペース。

ウォーターサーバーあり

P1650111 (Custom)
26:00まで
アイスのサービスも

大人気で
ここに来るとみんな
1本取っていきます。

collage_photocat
牛乳各種買えます。

ひさしぶりに
いちご牛乳飲んだわ(・´ω`・)

P1650155 (Custom)
湯上がりスペースは
夜になると照明が落とされて、、

P1650152 (Custom)
夜景がキレイに見えます

昼間~23:00ぐらいまでは
常に人がいる感じだったけど
深夜になると誰もいなくなり・・

ぼさーーーーっとできました
(´ω`★) 


P1650156 (Custom)
大浴場の利用時間は
15:00~午前2:00/6:00~10:00

男女の入替はなく
女湯は専用カードキーがないと
入れません。


大浴場は撮影禁止なので、、

11263834
画像お借りしました。

Y315830047
7~8人サイズの内湯と
3~4人サイズの露天風呂

193室に対しては
キャパが足りず
ピークに混んでた時は
洗い場がふさがってて
空くのを待つこともありました

でも都会の真ん中での湯浴みは
おもいのほか爽快(=゚ω゚)ノ


露天風呂は柵がありますが
座った目線からは
高層ビル群が見えます。

温泉地とは違う景色が新鮮

ちょっとしたエスケープ感があって
良いですね

夕方と深夜、翌朝に入りましたが
一番混んでたのは朝だった

体感ですが
ゲストの7割は外国の方のようでした。

風呂自体は芋洗いになるようなことは
なかったんですが
脱衣所の洗面は混雑したわ

IMG_20190915_013304_337
箱根の温泉は
山のホテルさんから運ばれてるのね
(温泉なのは露天風呂のみ)

小田急リゾーツは
「箱根ゆとわ」さん 
がオープンしたばかりだし
冬には御殿場のアウトレットにも
ホテルを開業予定と
勢いあります。

由縁さんも小田急系の運営で
「MUJI HOTEL GINZA」
なども手掛けてて
ますます注目なんでした

collage_photocat
館内にはコインランドリーや
電子レンジ、アイロンなど
ビジホに不可欠なアイテムももちろん備えてます。

collage_photocat
1階のレストラン「夏下冬上(カカトウジョウ)」は
今回はパスして外に食べに行きました。

天ぷらと鉄板焼きが主体で
夜のコースは5000円~。

collage_photocat
メニューの雰囲気から
外国人受けしそうな和食という感じ

チェックインの時に
朝食御膳の予約をすすめられたけど
1800円ってビジホにしては
ちょっと高めに感じて
やめときました

P1650128 (Custom)
夕食に出かけてきます

歩いて行けるところで
イタリアンかフレンチを探したんですが
直前だったせいか予約に苦戦。

DSC_1915

「ビストロ コウジヤ」さん
にどうにか予約がとれました

DSC_1917

こんなコース

DSC_1918

3時間の飲み放題付

これが決め手

collage_photocat
連れは
泡とワイン×たくさん


量を飲めないワタシは
途中からゴディバミルクなど。。

エアコンでちょっと冷えたので
食後の紅茶を早めにもらった。


お料理、ざっくりと、、

collage_photocat

collage_photocat
品数多いけど
1つのポーションは小さいので
苦しくならず完食

生姜とかカンパリとか
強い風味の物を使ってて
どちらかというと女性ウケしそう。
(店内満席で9割女性)

フルコース+飲み放題で
1人5700円だから
酒飲みだったら
かなり高コスパだと思う

==============

・チェックイン15:00/アウト11:00
・シンプルステイ(食事なし)
禁煙セミダブルルーム(12平米)
2名利用で1室13700円
・Wi-Fiは館内どこでもOK

ミニマリズムを追及された
「和」なデザインがナイス
(*´∀`)

普通のビジホに泊まるなら
断然こっちが楽しいとおもう

時間がないけど
ちょっとだけ旅館気分を味わいたい・・


そんな時に
ひょいっと行けるお宿

ワタシがもし都内に通勤してたら
残業するたびに来てしまいそうだわ

場所柄インバウンド需要が多いようですが
秩序と清潔感をずっとキープしてほしい

今回のお部屋は
2名だと手狭だとおもうので、、

main_spn_0891_2
ゆったり過ごしたいなら
コンフォートツインや
プレミアムダブルが良いとおもう

───────────────

朝はのんびり温泉に入って
遅めにチェックアウト

タクシーでJRの南口まで移動して

collage_photocat
高島屋のつばめグリルで昼ビール

collage_photocat
うふふー(*´艸`)

昨日から食べたかったのよねー

つばめグリルのハンバーグは
安定のおいしさ

collage_photocat
その後
ドナテロウズのアイスで〆て・・

(以前は井の頭公園近くに店舗があったのに
閉店してしまって悲しい)

collage_photocat
ジョエルロブションでパンを入手して・・

14:00過ぎには帰宅


気楽なショートトリップなんでした
(´ω`★)


いつもお付き合い、ありがとうございます


【ONSEN RYOKAN YUEN SHINJYUKUの基本情報・予約】


──────────────────────







ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

2019.8 ONSEN RYOKAN YUEN SHINJYUKU (温泉旅館 由縁 新宿)お部屋 ①


時差ありブログにしては
最近の宿レポです

場所は・・・

新宿(=゚ω゚)ノ

2019年の5月にオープンした

「ONSEN RYOKAN YUEN SHINJYUKU
(温泉旅館 由縁 新宿)」さん


全193室あるビジネスホテルですが
「旅館」の風情を感じさせる内装で
最上階の露天風呂では
高層ビル群の夜景をながめながら
温泉を楽しめるのだって

以前コメントで教えていただいてから
ずっと気になってました(・´ω`・)

・チェックイン15:00/アウト11:00
・シンプルステイ(食事なし)
禁煙セミダブルルーム(12平米)
2名利用で1室13700円
・Wi-Fiは館内どこでもOK

お盆の真っただ中に予約したけど
それほど割増はなかったです。


最初は1人で行くつもりだったけど
後から連れも行けることになり・・
変更をお願いしました。

広い部屋に変更はムリでしたが
お部屋そのままなら
差額2000円で1名追加してもらえました

P1640987 (Custom)
連れは仕事で後から来るので
ワタシだけ先に電車で

新宿は日常的に来る街ですが
繁華街から離れた場所なので新鮮

新宿御苑前駅3番出口がもっとも近く
徒歩7~8分です。

BlogPaint
思った以上に「和」な造り

どこに193室も??

と思ったら
後方のひょろ長いタワーが
客室棟だった

18階建てです。

P1640990 (Custom)
ビジホのエントランスには見えないわあ

1階にはレストラン「夏下冬上」があって
15:00の今は休憩中。

建物の目の前がセブンイレブンなので
買い物には困らない立地

P1640993 (Custom)

P1640994 (Custom)
長いアプローチもいいですね(*´∀`)

気分が盛り上がります

P1640995 (Custom)
入口につくばいがあって
涼し気な演出

割烹とかお寿司屋さんみたいだ

P1650002 (Custom)

P1650003 (Custom)

P1650138 (Custom)
ロビー

スタイリッシュ(・∀・)

35℃の炎天下を歩いてきたので
天国のように涼しい

ちょうどチェックイン時間だったので
フロントには列が出来てました。

室数に対して
ロビーは狭め。

P1650139 (Custom)
フロント

チェックインは
ささっと名前書くだけかと思いきや
住所や連絡先などもその場で記入φ(・ω・ )

汗だくだったので
ちょっと煩わしかったです

でも
冷たいおしぼりのサービスはナイス

collage_photocat
エレベーターで9階へ

白木と黒のコントラストで
シックな内装

ちなみにエレベーターは
セキュリティがかかってて
カードキーがないと動きません。

そして大浴場の女湯も
女性だけに渡される
専用カードキーがないと入れない安心仕様

P1650014 (Custom)
オサレ宿にありがちな
見にくい部屋番号。

宿泊したのは最もコンパクトな
セミダブルルーム(禁煙・12平米)

P1650073 (Custom)
狭い玄関を想像してましたが
案外ゆとりがあります

カウンターに
洗面、ライティングデスクが集約。

真新しい畳と
スッキリシンプルな内装。

P1650041 (Custom)
奥にセミダブルベッド。

引き戸の中は
トイレとシャワーブス。

12平米って
むちゃくちゃコンパクトで
狭さは否めませんが
白ベースの内装のせいか
それほど圧迫感はなかったです

P1650035 (Custom)
玄関に全身ミラー。

クローゼットがないので
コートなどはこちらにかけるようです。

collage_photocat
雪駄あり。

カードキー2枚と
女湯専用キー。

お部屋のキーは
竹の皮でできてるのだって
カッコイイですね

ICチップ的な物が埋め込まれてるのよね
どうやって張り合わせたのか・・

カードキーは2枚とも渡されてしまったので
連れが着いた時は
ロビーに迎えに行きました。

P1650101 (Custom)
低めのイス。

問題なく作業できますが
すぐ隣に洗面ボウルがあるので
PCなどに水跳ねしないか心配かも

大事な書類は
遠ざけておいたほうが良いです。

collage_photocat
コンパクトなお部屋に
工夫して置かれた手洗いボウル。

シンプルでデザインは良いんですが
本気の洗顔やメイクには向かないと思う

P1650030 (Custom)
トイレ

P1650022 (Custom)
トイレの対面に
シャワーブース。

なるほど(・ω・ ) 

こんな配置なのね~。

扉がガラスなので
閉塞感が軽減されてます

collage_photocat
大浴場があるので
ワタシは使わなかったけど
ビジネス利用なら十分かも。

collage_photocat
まだ新しい宿なので当然ですが
タオル、ふかふかだった(´ω`★) 

湯カゴもあり。

collage_photocat
ミネラルウォーターが2本サービス

デロンギの電気ケトル。

お部屋のドライヤーはコイズミですが
大浴場にダイソンのハイパワーなのがありました

collage_photocat
謎の木箱は
1段目にインフォメーション
2段目にアメニティ
3段目にお茶セットとお菓子

小道具もツボをおさえてます
ステキ(´ω`★) 

collage_photocat
お茶請け、旅館のようでうれしいわ

きなこ餅もあられも
小さいのがたくさん入ってて
楽しめました

ほうじ茶と緑茶のティーバック

P1650102 (Custom)
浴衣と足袋靴下。

グレーのほぼ無地。

浴衣と雪駄で外出もOK

浴衣で館内を歩けると
一気に"旅館"っぽくなりますね


外国人も日本人も
着てる人多かった。

やっぱり楽ちんだもの(・´ω`・)

P1650069 (Custom)
ロールカーテンを開けると
こんな感じ

P1650072 (Custom)
採光の足りなさを
心配してましたが
暗い感じはしません。

9階でギリギリ
周囲の建物に遮られない景色なので
眺望重視なら
高層階のお部屋をえらぶと良いとおもう

P1650144 (Custom)
寝そべった状態で見る
夜の景色

すぐ隣に夜景がある、というかんじで
わるくないわ(・´ω`・)

P1650075 (Custom)
ベッドの片側サイドに
USBポートやコンセントが3口。

読書灯があるので
ワタシが寝るのは室内側。

collage_photocat
テレビは32インチ。

完全にゴロ寝視聴用

一輪挿しがなごむわあ(・´ω`・)


写真を撮り終えて
一息ついたところで連れが到着したんですが

意外にも、すぐにくつろいでた

「窮屈じゃない?

「全然へいき
「すっごくキレイだしビジホとは思えない

よ、よかった~(・∀・;)

狭さを心配しましたが
連れは 広さ<新しさ
なようなので問題なかったみたい


次回は大浴場のことと
外で食べたごはんのことを書きますー


【ONSEN RYOKAN YUEN SHINJYUKUの基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド