うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

オーベルジュ ビストロ・フィガロ (長野)

オーベルジュ ビストロ・フィガロ 朝食・感想 ④

オーベルジュ ビストロ・フィガロ 夕食③
オーベルジュ ビストロ・フィガロ 貸切風呂②
オーベルジュ ビストロ・フィガロ お部屋①
──────────────────────

朝食は8:00から
昨夜と同じ席でいただきます

P1470215 (Custom)
寝苦しい夜だったので・・
ふたりともやや寝不足気味

レストランもお部屋と同様に
冷房無しで扇風機のみ。

P1470216 (Custom)

P1470224 (Custom)
牛乳

P1470217 (Custom)
サラダ

P1470223 (Custom)
パンとバター

ふわふわのロールパン

P1470220 (Custom)
ホームメイドのリンゴジャム

フィガロさんの名物のようで
持ち帰りもできます

なので、1瓶だけ開ける事に。

P1470231 (Custom)
甘すぎず、果実味のある
おいしいリンゴジャム(・´ω`・)

けっこう大きい瓶なので
2人でたっぷり使っても
半分ぐらい残ってた。

リンゴの季節に
大量に作成するそうですが
これを楽しみにしてるリピーターさんも
いらっしゃるのだとか

P1470228 (Custom)
オムレツとベーコン
ハムとソーセージ


P1470230 (Custom)
ナイフを入れると
とろとろと崩れていきます

ベーコンがかなり塩味強いけど
プレーンな玉子と合わせると
ほどよいかんじ

P1470221 (Custom)
フルーツヨーグルト

collage_photocat
食後は
コーヒーか紅茶をいただけます

今朝は2人共紅茶に

ワタシは少なめにしてもらって
牛乳を投入してミルクティーに


いつもなら
ゆっくりするところですが・・


すでに身支度を済ませてた連れの
早く出発したいオーラを
ビリビリ感じて
朝食後、すぐにチェックアウトしたんでした


──────────────────────

・チェックイン15:00/アウト10:00
・ツインルーム
(ファミリールームにアップグレード?されました)
お盆に2名利用で1名あたり14900円
・クレジットカード決済不可
・Wi-Fi敷設なし

家庭的なフレンチは
美味しいもの
そうでもないもの
ありましたが
料金には見合ってたと思います

貸切風呂で温泉に入れるのも
良かったんですが・・

とにかくお部屋の快適性が
低かった気がします(;´Д`)


猛暑&多湿という
季節的な事もありますが
全体的に古さが目立ち
どんよりしてるのよね。。

この宿をきっかけに
連れのペンション苦手意識に
拍車がかかってしまった


(古さや設備面、アメニティの弱さなどを
承知して行かれるなら
コスパはそんなに悪くないとおもう)



お盆の3泊とも
ほとんど割増料金なしで泊まれましたが
また来てもいいかなと思えたのは
2泊目のハイジホフさんぐらい。

やはりハイシーズン旅行は
かなり前から計画して
多少の割増も覚悟しないと
楽しめないのかもしれないなあ

いろいろと勉強になりました


長野3泊旅のレポに
おつきあいいただきありがとうございます
(●´ω`●)

次回は帰りに立ち寄った
山梨の美味しいお蕎麦屋さんのことを書きますー


【オーベルジュ ビストロ・フィガロの基本情報・予約】



──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

オーベルジュ ビストロ・フィガロ 夕食 ③


夕食は18:00頃から
レストランでいただきます

P1470154 (Custom)
P1470157 (Custom)
P1470159 (Custom)
レストランの一角に
ライブキッチンあり。

後でご主人が
ステーキを焼きます

レストランのBGMはクラシック

他の席の会話が
耳に入りますが
我々を入れて3組なので
それほど気にならず。

P1470161 (Custom)
中央壁側の席へ

collage_photocat
ドリンクメニューはワイン中心で
フルボトルで2000円台~と
リーズナブル

リストのほか
希望すれば年代物の高級ワインも
提供できるようです。

ワタシ達は
4000円ぐらいのスパークリングを

collage_photocat
パンは温かい状態のうちに
バターを塗っておきました。

いたって普通のバケットですが
どのお料理にも合うわ

P1470176 (Custom)
自家製スモークサーモンと田舎風パテ

玉ねぎはしっかり水にさらしてあるのか
一切辛味なし。

スモークサーモンとケッパーも
おいしいです

田舎風パテのほうが
コンビーフのような感じで
サイコロに切ったコンソメゼリーと共に

P1470181 (Custom)
天使の海老のアメリケーヌソース
バターライス添え

P1470182 (Custom)
おいしそう(=゚ω゚)

これが我々の中で一番ヒット

立派な海老ちゃんも美味しいですが
ソースが絶品

バケットをおかわりして
最後の1滴まで
あまさずいただきました

P1470183 (Custom)
お茶碗半分ぐらいの
バターライスもあるので
なかなかボリューミー

メインの前に
満腹になりそうです(;^ω^)

P1470184 (Custom)
ドレッシングがかかったサラダ

チェックイン時は
暗い表情だった奥様も
夕食の間は笑顔や気配りがあって
ホッとしました

(翌朝はまた翳りのあるかんじに
戻ってたけど

P1470186 (Custom)
ライブキッチンでは
ご主人がステーキに着手してました。

「これから焼きますよ~」
とかのお知らせはなく
淡々と焼き始めてたので
あわてて見に行った

せっかくライブキッチンがあるので
もうちょっとパフォーマンス的なことを
すればいいのに。。

P1470188 (Custom)
先に温野菜と
ベイクドポテトが
運ばれてきます。
(ふたりぶん)

P1470189 (Custom)
そして焼き上がった
ヒレステーキ

P1470193 (Custom)
盛りつけて、出来上がり

おいしそうに見えますでしょ?


でもね、、

予想よりウェルダンというか
しっかり焼かれちゃってて
硬いかんじ(;^ω^)

連れ「うーん、、顎が疲れる
「ステーキは昨日のハイジさんに軍配かな」



・・・そうね


P1470194 (Custom)
連れもワタシも
バケットをお代わりしてたので
ベイクドポテトがずっしりくるわ

フィガロさん、
皿数はすくないですが
一皿のボリュームが多め。

健啖な方でも満腹になると思います。

P1470195 (Custom)
ご主人がデザートワゴンで
各席をまわってくれます

何も言わなければ
すべて盛り合わせてくれるみたい

ケーキはアップルパイのみですが
自慢の一品のよう

こうして目の前で盛りつけてくれると
特別感があって良いですね(´ω`★) 

P1470198 (Custom)
アップルパイ
マンゴーシャーベット
パンナコッタ 葡萄

サクサクのアップルパイ
美味しかった


ご主人に
海老のアメリケーヌソースが
絶品だったと伝えたら
穏やかに微笑まれてました

ご夫婦ともに
控えめなタイプなようです。

P1470201 (Custom)
食後のコーヒー・紅茶


『オーベルジュ』と思ってくると
ちょっと印象が違うとおもいます。

でもペンションのお料理としては
良い方なのだと思う

ボリュームたっぷりの
家庭的なフレンチがいただけました


お部屋は夜になっても
多湿でじっとり。。

快適とは言い難い夜でしたが
2人とも何とか眠りにつきました



次回の朝食・感想編でラストですー


【オーベルジュ ビストロ・フィガロの基本情報・予約】



──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

オーベルジュ ビストロ・フィガロ 貸切風呂 ②


温泉の貸切風呂が2つあります

・露天風呂
(チェックイン~23:00)

・内湯の家族風呂
(夜通しOK)

1組30分で
チェックイン時に予約します。

P1470235 (Custom)
露天風呂は
お庭と駐車場に面した場所にあって
塀で囲われてます。

P1470141 (Custom)
我々は夕方に予約。

玄関を出て
ウッドデッキを歩いていきます

ほんの数メートルですが
冬はさむそう

P1470143 (Custom)

P1470144 (Custom)
小屋の中は
スキーロッカーも兼ねてるようです。

P1470146 (Custom)
奥に脱衣所あり。

バスマットは交換できます。

P1470147 (Custom)
露天風呂

というか半露天風呂。

窓は一部開けられます

P1470149 (Custom)
2方向にガラス窓

ここは
明るい時間の利用がおすすめ

P1470151 (Custom)
浴槽にたいして
お湯の量が少ない気もします
満杯まで入れないのね。

循環してて
特徴的ではないお湯だけど
温泉に入れるのはうれしい

ちょっと熱めだったので
加水して入りました。

collage_photocat
バスアメは
リンスインシャンプーしかないので
持参された方が良いかも。


部屋の湿度で弱ってた連れも
お風呂に入ったら
少しさっぱりしたようでした(;^ω^)

──────────────────────

P1470203 (Custom)
家族風呂は
館内の地下にあります。

P1470204 (Custom)
空いていれば
自由に利用できるみたいですが
23:00~の深夜は
声をかけた方が良いみたいです。

P1470206 (Custom)
脱衣所。

2畳ぐらいの狭いスペース。

P1470207 (Custom)
でも洗面台があるのは助かった

お部屋のユニットバスで
ハミガキするのは
あまり気がすすまなかったので
こちらで済ませました。

P1470208 (Custom)
家族風呂

お子様を入れた4人家族ぐらいに
ちょうどいいサイズ。

P1470209 (Custom)
洗髪などはこちらでしました。

露天風呂もそうだったけど
鏡がないのが不便

P1470211 (Custom)
窓もないので
やや閉塞感ありますが

就寝前に1人で来て
手足を伸ばしてのんびりできました

ちょっと怖かったけどね。。



夕食編につづきますー


【オーベルジュ ビストロ・フィガロの基本情報・予約】



──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

2018.8 オーベルジュ ビストロ・フィガロ お部屋 ①


3泊目のお宿は
白樺湖の近くの別荘地にある

「オーベルジュ ビストロフィガロ」さん

全8室。

貸切の露天風呂と内風呂あり

お料理の評判が良くて
フルコースディナーには
デザートワゴンのサービスあり


とっても楽しみにしてましたが

いろいろとね・・・

微妙な面もありまして

おすすめというわけではないので
ご興味ある方だけご覧ください

・チェックイン15:00/アウト10:00
・ツインルーム
(ファミリールームにアップグレード?されました)
お盆に2名利用で1名あたり14900円
・クレジットカード決済不可
・Wi-Fi敷設なし

P1470234 (Custom)
とうちゃく

外観はメルヘンなペンション
といったかんじ。

オープンして30年以上のようですが
外壁は適宜塗装し直してるようで
わりとキレイ

P1470090 (Custom)
玄関前に薪が山積み。

薪ストーブがあるのかな

P1470212 (Custom)
1階はロビー兼レストラン。

やっぱり薪ストーブありますね
冬場だったら
燃えてるところが見れたのにな~

P1470213 (Custom)
レストランの一角に
ちいさなフロント。

こちらで貸切風呂や
食事の時間を決めます。

対応してくれた奥様は
なんだか疲れた感じで
表情に明るさがないのが気になります

シェフのご主人と
お二人で切り盛りされてるようで
繁忙期でも人手を増やしてないみたい。
(この日は我々を入れて3組だったので
必要なかったのかもですが)

P1470096 (Custom)
お部屋は1階とのことですが
数段の階段を使います。

collage_photocat
階段の踊り場に
ビデオテープと将棋、オセロ。

DVDでなくビデオテープなところに
時代を感じます。

そしてビデオのラインナップは
ほぼドラえもんとやすきよ(・ω・ ) 

P1470094 (Custom)
1階のお部屋は2室あって
ワタシ達は右の「101」
に案内されました

このドア構造は・・・
同時に開けるとデンジャラス

P1470093 (Custom)
「101」の玄関部分。

左手にバスルーム。

P1470107 (Custom)
あれ??

ツインルームを予約したはずですが、、、

P1470119 (Custom)
(゚ω゚;)えっっ

ベッドが4つある

P1470129 (Custom)
P1470122 (Custom)
どうやらご厚意で
ファミリールームにしてくれたようです。
(特に何も仰らなかった)

一応、アップグレードに
なると思いますが
4つあってもなあ。。(;^ω^)

P1470127 (Custom)
窓からは庭の緑が見えますが
方角的にあまり日が入らず
昼間でも暗め。

P1470130 (Custom)
蓼科とはいえ
真夏は余裕で30℃超えてますし・・

すっごい多湿で
じめじめしてたんです

冷房らしきものを発見した連れは
すぐにスイッチを入れたんですが、、

故障?してるようで
ウンともスンとも言わず(;´Д`)
(扇風機は使えます)

P1470131 (Custom)
ワタシ「窓、開けようか

バタンバタン。

一瞬風が入ってくるも
近くにボイラーがあるのか
石油臭が流れこんでくる

ワタシ「やっぱり閉めようね

連れ「・・・・」
「暑いのは耐えられるけど」
「この湿度はムリかもしれない 」
「悪いけど車で寝てもいい・・?


(゚ω゚;)


普段から
文句を言うのはワタシばかりで
比較的おうようなはずの連れが
そこまで言うとは。。

P1470135 (Custom)
まあたしかにね、、

用意されてた浴衣とかも
しっとり湿った感じだし
建物全体が超多湿でした

結局寝る時は
扇風機を最強にして
何とかしのいでもらいましたが
寝苦しそうだったな。。


以前は涼しかったのかもしれませんが
最近は日本全体が温暖化してるので
避暑地と呼ばれる場所でも
冷房完備にした方が良いとおもう

P1470105 (Custom)
リビング

P1470106 (Custom)
P1470110 (Custom)
お茶セットとポット。

冷蔵庫はナシ。

collage_photocat
テレビは小さめ。
そして懐かしのビデオデッキ。

ドライヤーも古そうですが
普通に作動します。

P1470099 (Custom)
ユニットバス。

予想してましたが、狭いです

そしてやっぱり湿気がすごい

collage_photocat
タオル掛けがあったけど
永遠に乾かないと思うので
室内に干しましたが、、
それでも濡れたままでした

交換してほしい。。


広いお部屋にしてもらって
なんなんですが・・

落ち着かなかったなあ~( ;∀;) 

ワタシはひとり旅
箱根エレガンスさん
のおかげで多少耐性がありましたが
連れはかなりどんよりだったとおもう

広さとか清潔感とか
客室に求める物は色々あるけど
快適な温度と湿度
というのは基本なんだなーと
改めておもいました。

collage_photocat
館内に自販機はありませんが

フロント付近の冷蔵庫から
自己申告制で
ビールやジュースを購入できます。


貸切風呂編につづきますー


【オーベルジュ ビストロ・フィガロの基本情報・予約】



──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド