うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

箱根リトリート fore (箱根)

箱根リトリート fore(フォーレ) 朝食・感想 ⑤

箱根リトリート fore カフェラウンジ①
箱根リトリート fore お部屋②
箱根リトリート fore 大浴場③
箱根リトリート fore 夕食④
──────────────────────

朝食ビュッフェは
7:30か8:30から選択

ワタシ達は遅い方にしました

P1490201 (Custom)
お日様いっぱいの「ウッドサイド」

さわやかですー

P1490182 (Custom)
朝食付きプランのゲストが多いようで
夕食よりもやや混雑。

コーナーの2人席があいてました

P1490198 (Custom)
カウンターに
飲物やお料理が並んでます。

フルーツウォーター
キウイのスムージー
オレンジジュースなど


P1490170 (Custom)
サラダ

P1490171 (Custom)
ドレッシング各種

P1490169 (Custom)
さんまのオイルサーディン


おいしかった

P1490173 (Custom)
P1490172 (Custom)
シリアルとフルーツ

P1490175 (Custom)
天然酵母パンいろいろ

わーいヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

焼き上がり次第
カットして並べてくれるので
あれこれ味わえます

P1490174 (Custom)
自家製ヨーグルト 蜂蜜
ジャム各種



手作り感があって
どれもおいしかった

P1490177 (Custom)
クラムチャウダー


絶品(*≧ω≦)
サイコロ大の具がごろごろ入ってる


すぐなくなっちゃうから
何度か注ぎ足されてました。

P1490178 (Custom)
スクランブルエッグ
海老のマリネ


P1490179 (Custom)
P1490180 (Custom)
自家製ベーコンとソーセージ


皮パリパリのソーセージや
ワイルドなベーコンは連れお気に入り

P1490181 (Custom)
グラタン

P1490199 (Custom)
スチーム野菜

P1490200 (Custom)
和風ドレッシングとハーブバター

P1490183 (Custom)
食べたいものばかりで
テンションあがる朝食(*´∀`)


collage_photocat
スープが大好きな連れ、
なみなみのクラムチャウダーを
3杯おかわり

左がワタシので
右が連れのボウル

「おいしいねー(・´ω`・)
クラムチャウダーとパンだけで十分かも


「そうだね、スープだけでもいいかも
もっと大きいボウルがあるといいのに


どんだけ飲むんだ・・( ゚Д゚)

P1490185 (Custom)
パン、いろいろ

バナナ入りのフォカッチャや
あんパンもあり

どれももっちりしてて
小麦の風味がゆたか(・´ω`・)

後で登場したブリオッシュは
なんてことない見た目なのだけど
複雑なスパイスが香って絶妙な美味しさ

しあわせすぎるー( ;∀;) 

P1490187 (Custom)
連れがとってきたおかずたち。

写真撮り忘れたけど
キッシュもありました

collage_photocat
ワタシはパンに集中したくて
おかずはちょこちょこ。

でもねー
どれもきちんと美味しいから
おかわりしたくて困る~


すごく種類が多いわけじゃないけど
食べたいものばかりで
我々には理想的なビュッフェでした



居心地も良いし
のんびり、まったりしてたら
すでに1時間以上経ってて・・

P1490143 (Custom)
P1490144 (Custom)
大浴場がしまるー
(朝は10:00まで)

って焦りながら
ダッシュでお風呂へε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

朝食後も入りたい人は
7:30から食べ始めた方が良いです

P1480975 (Custom)
訪問時は
レストランにベーカリーが併設されてましたが
現在はカフェのあるC棟に移転。

P1480978 (Custom)
P1480979 (Custom)
夕食に出た竹炭パン

P1480980 (Custom)
カンパーニュ

P1480981 (Custom)
バナナの入ったフォカッチャ

P1490204 (Custom)
あんパンやシナモンロール

P1490205 (Custom)
アマニパン

亜麻仁油を使ってるのかな?

P1490210 (Custom)
パン欲が爆発して
大量購入


P1490214 (Custom)
チェックアウトの時に
またカフェラテをいただいて・・

名残惜しく、お宿を後にしました

──────────────────────

・チェックイン15:00/アウト11:00
・『スーペリアツイン』
30日前の早割プラン
21000円×2名=42000円
・Wi-Fi使えます
・高速バスの停留所より送迎あり

スーペリアツインは
高級感を期待し過ぎると
アレ?(;^ω^)ってなるかも。

パブリックエリアが充実してるので
寝る時以外はほとんど室外で過ごしました

移動距離があるので
歩くのを厭わない人向き

大浴場はシンプルだけど
泉質や湯加減が最高だった

そして夕食も良かったけど・・
ワタシは朝食の印象が強く残りました
((・´∀`・))

おいしいものばかりなんだもん
毎朝でも食べたいわあ~

箱根にいくたびにパンを買ってるので
もう再訪したような気分ですが
まだあれから泊まれてないのよね

さくっと朝食付プランで
再訪するのも良いかも


離れのヴィラ1/f(ワンバイエフ)↓

11290436
11290478
11290091
(出典:一休.com)

温泉付のスイートで
とってもステキ(´ω`★) 

こちらは和食をいただくようです。

箱根リトリート villa 1/f

お高いけど・・
セールの時などに
試してみたいわあ


箱根旅は以上です

いつもお付き合い、ありがとうございます
(●´ω`●)


【箱根リトリート foreの基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

箱根リトリート fore(フォーレ) 夕食 ④


夕食の時間は2部制でした

17:30か19:30で
いつもだったら遅い方を選ぶんですが
今回は連れの希望で17:30に

P1490043 (Custom)
レストラン「ウッドサイド」に向かいます

P1490046 (Custom)
オープンになった
キッチンカウンター。

翌朝は朝食ビュッフェが並びます

P1490045 (Custom)
天井が高くて
開放感あるわー

P1490044 (Custom)
4人掛けのテーブル席へ。

対面ではなく
ソファーに隣合って座ります。

会話がしやすくて良かった

照明は控えめで
テーブルの上にはキャンドル

暮れてくるにつれて
どんどんムーディーな雰囲気に

口コミで
「子供連れは居づらい」とあったけど
たしかに。。

collage_photocat
ドリンクメニューはワイン中心

ビールは900円~
ワインはグラス1000円~
フルボトルで6000円~

これにサービス料10%+消費税が乗るので
飲物はややお高め

最初に開いたページに
赤ワインのボトルが10万円とあって
のけぞったけど
豊富な銘柄を揃えてるので
ワイン好きの方は嬉しいのでは

「時の雫さんのワインリストよりは怖くないね

「そ、そうね。。
あちらはウン十万がごろごろあったし・・」


P1490056 (Custom)
赤のボトルを

グラスの質も良いし
サーブのタイミングもばっちり

サービス料の価値はあったと思います。

P1490054 (Custom)
コースメニュー

P1490060 (Custom)
小さい前菜は
豚のリエット


ひとくちサイズだけど
おいしい

P1490066 (Custom)
大きい前菜は
山形県産最上鴨のテリーヌ


P1490067 (Custom)
中央に
フォアグラが埋め込まれてます

粒マスタードを添えて・・

濃厚な鴨がうまうま(´ω`★) 

P1490062 (Custom)
この宿に来る大きな目的の1つだった
天然酵母パン

各テーブルに違うパンが運ばれますが
我々の所に来てくれたのは
竹炭パン(*≧ω≦)

丸ごと1つ、というのが良いわあ

焼き立てのようにホカホカです

P1490071 (Custom)
どっしりと、程良く目が詰まってて
食べ応えのあるパン


発酵バター?のような
白いバターと合うわ~(*´艸`*)

鎌倉の伝説的ベーカーリー
「パラダイス・アレイ」さんとのコラボで
毎朝こちらの工房で焼いているそう。

施設内で販売もしているので
仙石原に来た時は度々立ち寄ってます

まるまる1つは食べきれないかな?
と思ったけど
コースが終わる頃にはペロリと

隣席のカップルは早々にたいらげて
もう1つ召しあがってました

P1490075 (Custom)
パルマンティエ

じゃがいもを使ったスープ

上にパリパリのパルメザン。

こちらも、パンと合います

P1490077 (Custom)
スズキの雲丹焼き
海藻バターソース


料理名からして
絶対おいしいやつ

口にいれると
予想以上の雲丹感


ソースもうまーーい(*≧ω≦)

P1490080 (Custom)
P1490084 (Custom)
国産牛の薪焼き
グレービーソース


肉肉しい・・
柔らかすぎず
しっかり噛みごたえのあるお肉

かすかに薪の香りがして
スモーキー(*´ェ`*)

添えてあるのは
焼き野菜と栗のペースト

P1490086 (Custom)
ピーチメルバ

バニラシロップ漬けの
半玉の桃がぜいたく

ラズベリーソースとバニラアイスと共に・・

しあわせ~(*´艸`*)

collage_photocat
食後にミルクティーとコーヒー

スプーンはカップに入れた状態で
運ばれてきます。


お料理の印象は
繊細というよりはラフでカジュアル

フレンチ寄りを期待すると
ちょっと違うかもですが
ワタシ達は美味しく感じて満足です

なにより、パンがおいしかった(´ω`★) 

パン好きさんはぜひ~

P1490093 (Custom)
P1490096 (Custom)
ウッディーであたたかみのある
内装デザインがステキ

連れの好みにも合ったみたいで
褒めまくってました


次回の朝食・感想編でラストです。
ワタシにとって
理想に近い朝食ビュッフェだったので
ぜひご覧くださいー(´ω`★) 


【箱根リトリート foreの基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

箱根リトリート fore(フォーレ) 大浴場 ③


大浴場の利用時間は

14:00~25:00/翌朝6:00~10:00

男女の入替は無し。

日帰り利用は不可で
宿泊者のみ利用できます。

P1480970 (Custom)
長く続くウッドデッキの通路を
てくてく歩いていくと・・

P1490012 (Custom)

P1490013 (Custom)
入口が見えてきます。

200mぐらいあるかな

極寒の季節はしんどそうだけど
夏なので気持ち良かった

P1490040 (Custom)
左が女湯 右が男湯

P1490120 (Custom)
脱衣所

P1490016 (Custom)

P1490138 (Custom)
基礎コスメあり。

クレンジングもあるので
こだわりがなければ手ぶらで来られます

P1490139 (Custom)
バスタオル完備

P1490142 (Custom)
ウォーターサーバーあり

collage_photocat
小タオルはないですが
ボディータオルはあり。

コットンや綿棒など
アメニティも一通りそろってます。

P1490128 (Custom)
大浴場の内湯

大きな浴槽が1つでシンプルですが

温泉の香りが漂ってて
良いかんじ(・´ω`・)

P1490155 (Custom)
窓は一部開閉できます。

P1490152 (Custom)

P1490150 (Custom)
P1490146 (Custom)
は~~(´ω`★) 

きもちいい~

大涌谷から直接引かれた
青灰色のお湯

首までどっぷり浸かっても
苦しくならない温度でした

P1490119 (Custom)
酸性ーカルシウムー硫酸塩・塩化物泉
源泉温度64.1℃ ph2.0

強酸性だけど
そんなにピリピリ感もなく・・

何度も入りたくなるナイスな泉質

P1490034 (Custom)
洗い場は8つ。

大浴場の利用率は
それほど高くなくて
満席になることはなかったです。

P1490036 (Custom)
バスアメはたぶんお部屋と同じ。

香りも使用感も好みだった

P1490132 (Custom)
大浴場の露天風呂

こちらは4~5人サイズかな

P1490134 (Custom)
開放的な景色

でもしっかり屋根もあるので
雨天でも無問題

ひたひたにお湯が入ってますが
こちらは温泉ではなく
地下水を沸かしてるそう。

内湯の泉質が苦手な人は
良いかもですね


男女ともに内湯と露天風呂がありますが
女湯のほうがやや景観が良い?かもです

大浴場まで少し距離があるけど
つるすべの温泉が気に入ってしまい
何度も通ったわあ(´ω`★) 

P1490011 (Custom)
お風呂あがりはカフェへ

ワタシはフリーのオレンジジュースを

連れは部屋付けでビールを


まったりしてると
あっという間に時間が過ぎていきます


夕食編につづきますー


【箱根リトリート foreの基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

箱根リトリート fore(フォーレ) お部屋 ②


お部屋に向かいます

P1480940 (Custom)
階段でF棟の2階へ

P1480874 (Custom)
客室フロア。

良く言えばスタイリッシュ
悪く言えば精神病棟っぽいかんじ?

P1480875 (Custom)
ドアも真っ白で超シンプル。

お部屋タイプは

・フォーレスイート(109㎡)
・デラックスダブル(54㎡)
・スーペリアツイン(27㎡)


とあって

今回は最もコンパクトな
スーペリアツインを予約

P1480876 (Custom)
お部屋に入ったところ。

左側にシャワールームとトイレ。

P1480879 (Custom)
そして、洗面台。

すっきりしたデザイン

collage_photocat
バスタオルは
大浴場にも完備されてます。

パナソニックのドライヤーと
手作りっぽい石鹸。

基礎コスメはないけど
大浴場に用意がありました。

P1480890 (Custom)
トイレとシャワールーム。

コンクリート打ちっぱなしなんですが
オサレというよりは・・・牢獄風(;^ω^)

しかも仕切りがカーテンのみで
段差もないし
水跳ねしまくりそう

ワタシ達は大浴場に行ったので
シャワーは使用せず。

collage_photocat
ミニボトルのバスアメは
持ち帰り可能。

「マウントサポラ」という
タイのブランドで良い香りでした

トイレは泡がもこもこ出る
アラウーノ。

P1480904 (Custom)

P1480906 (Custom)

P1480911 (Custom)
ライティングデスクと
ハリウッドツインのベッド。

広くはありませんが
ワタシ達には十分な空間

出かけてばかりで
あまりお部屋にいなかったしね。

P1480915 (Custom)
フットベンチあり。

ちょっと座るのに便利だったけど
雑誌を読んだりしてると
なし崩し的にベッドに寝転んでしまう

結局、いつもごろ寝状態でした

P1480937 (Custom)
テーブルの上には
紙と羽根ペンというオサレ小道具

P1480933 (Custom)
木立の隙間から
レストラン「ウッドサイド」が見えます。

緑が近くて・・
小鳥の声が聞こえたりしちゃって・・
朝などは気持ち良かったわあ(´ω`★) 

P1480924 (Custom)
デスクが広くて
作業しやすい

ただ、照明が弱いので
夜は室内全体が暗めです。

P1480927 (Custom)
foreさんにテレビはありません。

インターネットラジオが聞けたので
適当に音楽を流しておいた

テレビ鑑賞しながら
日常的に過ごしたい人は
無聊を慰める術がなくてツライかも?

collage_photocat
お部屋の雰囲気は気に入ったんですが
壁のクロスがなんというか・・

ダメージ加工?なのかと思ったら
めくれてる箇所もあって

単に傷んでる?
のかな?(;^ω^)


ちょっと気になりました

collage_photocat
ルームウエアはユニクロ。

レストラン以外で着用できます。

らくちんだけど
長Tシャツは毛玉が目立って
結構クタッとしてたから・・

マイ部屋着を持参しても良いかも

P1480901 (Custom)
男女アメニティ。

collage_photocat
冷蔵庫に無料のお水

コーヒーはカフェに行けば
挽きたての豆を用意してくれます

飲物はカフェやフリーバードで
いただけるので
滞在中に困る事はなかったです

P1480873 (Custom)
鍵は2つ。

別行動も多かったので
助かりました


おおむね快適に過ごせたのだけど
深夜に隣室から
大音量の音楽が聞こえてきて困惑

しばらくしたら静かになったけど
びっくりしたなあ。。

お部屋や備品に統一感があって
全体的にはかっこよくまとまってます
ワタシは悪くない印象でしたが
好みはわかれるかも?ですね 


大浴場編につづきますー


【箱根リトリート foreの基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

2018.9 箱根リトリート fore(フォーレ) カフェラウンジ ①


箱根に1泊してきました

仙石原の森に囲まれた
全37室のネイチャーリゾート

「箱根リトリート fore(フォーレ)」さん

ネストイン箱根さんから
名称が変わりましたが
スタッフさんによると
経営母体が変わっただけで
内容にそれほど変化はないそうです。
(隣接した高価格帯の俵石閣さんは
ヴィラ1/f(ワンバイエフ)に変更)


美味しい天然酵母パンやワイン
白濁の温泉
すぐ近くに鳥の声が聞こえる
自然たっぷりな環境が
素晴らしかった(´ω`★) 

・チェックイン15:00/アウト11:00
・『スーペリアツイン』
30日前の早割プランを2名利用で
1名あたり21000円
・Wi-Fi使えます
・高速バスの停留所より送迎あり

P1480991 (Custom)
とうちゃく

我々は近くの駐車場に停めたので
歩いてきましたが
バス停までカートの送迎もあるみたい。

BlogPaint
広大な敷地の中に
宿泊棟(B・C・F)や大浴場、
レストラン「ウッドサイド」
レクリエーション棟「フリーバード」が
点在してます。

ワタシ達はF棟2階のお部屋

どこに泊まっても
まあまあ歩きますが
B棟からだと大変そう

でも、施設内は自然が溢れて
とっても気持ちの良いロケーション

お散歩好きの人は
遠くても問題ないかもね

P1480990 (Custom)
B棟の外観。

P1480972 (Custom)
レストラン棟。

P1480989 (Custom)
ビオトープの向こうに
レセプション兼カフェがあるC棟。

P1490209 (Custom)
カフェ

ガラス張りで明るいですー

P1490208 (Custom)
カフェメニュー
※クリックして拡大できます

collage_photocat
ビールやワイン、おつまみは有料ですが・・

コーヒーやカフェラテ、ジュースなどは
宿泊者無料
滞在中はいつでも利用できます


P1480870 (Custom)
チェックイン時に
カフェラテとコーヒーを

お部屋へ持ち帰れるように
蓋付きカップにいれてくれます

P1480869 (Custom)
このカフェが居心地良くて
何度か来ては
まったり読書などしてました

P1490002 (Custom)
カフェに併設されたショップ。

香りの良いコスメなど。

P1480999 (Custom)
ドバイ7つ星の心地良さ(・ω・ ) 

ふっかふかなのかな?

P1490005 (Custom)
レンタサイクルあり。

欧米からいらしたゲストさん、
半日レンタルして
箱根の美術館巡りをされたそう

元気だなー

P1480942 (Custom)
レクリエーション棟「フリーバード」

我々が泊まったF棟の向かいにあるので
こちらもよく遊びにいきました

P1480946 (Custom)

P1480947 (Custom)

P1480956 (Custom)
天体望遠鏡、借りられます。

夜に星空を眺めたり・・
しようかなと思いつつ寝ちゃってた

P1480955 (Custom)

P1480959 (Custom)

P1480963 (Custom)
冷蔵庫かとおもいきや
スピーカー?

雑多な物がたくさん置いてあって
たのしい空間

P1480950 (Custom)
アイスティーや冷たい緑茶。

P1480948 (Custom)
スティックコーヒーや紅茶。

P1480953 (Custom)
ロータスビスケット。

シナモンの香りが後ひくのよね

P1480952 (Custom)
飴とキャラメル。

P1480961 (Custom)
ミニカップ麺。

これが人気で・・
朝には1つ残らず無くなってました

我々は早々にどん兵衛を確保

小腹が減った夜とかに
ちょどいいのよね~

P1490162 (Custom)
夜道用のカンテラ。

お部屋に
LED懐中電灯も用意されてます。

P1480958 (Custom)
敷地が広くて屋外移動が多いから
歩くのが苦にならない人向き。
(高低差があり階段も多数)

リラックスして過ごせる場所が
あちこちあるのが良いわあ

スタッフさんもゲストも
半数ぐらいは海外の方だったので
日本っぽくない非日常感があったのも
よかったです


お部屋編につづきますー


【箱根リトリート foreの基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド