うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

小田急 山のホテル (箱根)

小田急 山のホテル 朝食・感想④


朝食は7:30~9:30の間に
「ヴェル・ボワ」もしくは
「つつじの茶屋」の好きな方でいただけます


もちろんワタシは
洋食の「ヴェル・ボワ」を選択

P1530166 (Custom)
お部屋に朝刊が届いてました。

ドアノブに提げてあるから
出かける時に気がつくのよね

レストランに持ちこんでる方も
見かけましたが
ワタシは後でゆっくり読むことに。

P1530143 (Custom)

P1530142 (Custom)
レストラン「ヴェル・ボワ」。

昨夜と同じ席に案内されます

P1530140 (Custom)
朝食は追加料金で
『プレミアム』に変更できます。

フレンチトーストや
スープが付くみたいですが
ワタシは追加せず。
(後で後悔)

P1530146 (Custom)
小田原みかんジュース

フレッシュでおいしい
(けど、3くちぐらい)

P1530152 (Custom)
クロワッサンとミルクパン

夕食のパンよりは温かい。

さっくりしたクロワッサンが
おいしいです

P1530154 (Custom)
苺・ブルーベリー・マンゴーのジャム

マンゴーがトロピカルで
意外な美味しさ


玉子料理は

・スクランブル
・フライドエッグ
・プレーンオムレツ


から選べます。

P1530150 (Custom)
迷うことなく
プレーンオムレツに

付け合わせは
ソーセージか味噌ベーコン
だったので、ベーコンを。

かなりしょっぱくて
ご飯が欲しくなりそうなベーコンでした

P1530157 (Custom)
オムレツは
完璧な仕上がりでさすがだわ~

中がとろとろ
(・´ω`・)

P1530148 (Custom)
ぶどうのコンポート

薄いシロップに浸かってます。

なんて上品・・・

上品すぎて

ワタシには物足りない(;^ω^)

ヨーグルトとか
あると良かったなあ。。

P1530145 (Custom)
ミルクティー

昨夜の事を
スタッフさんが覚えててくれて
ミルクたっぷりで運んでくれました


朝はパンをおかわりしなかったせいか
腹6分目というかんじ

数百円の差額を払って
プレミアム朝食にすれば良かったわ・・

collage_photocat
アラカルトも豊富にあるから
ホットケーキとか
頼んでも良かったかも


次回の教訓にしよう( ̄‥ ̄)=3 


いつも
「足りなかったらどうしよう」
と心配する連れだったら
迷わずプレミアムにしただろうな~

どうもワタシは
「多すぎたらどうしよう」
の方ばかり気になるタイプのようです


P1530161 (Custom)
朝食後にテラスに出てみました

P1530181 (Custom)
良いお天気で
富士山もくっきり

すこしお庭を散歩して・・

P1530176 (Custom)
朝風呂をまんきつ


──────────────────────

・チェックイン15:00/アウト10:00(通常12:00)
・スタンダードツイン・ショートステイプラン
1名利用で26000円(夕・朝食付)
・客室毎に専用Wi-Fiが敷設されてます
・新宿駅から直通バスあり

歴史と風格を感じる
大人のためのリゾートホテル
という印象でした

どこも清掃が行き届き
接客レベルも高いので
安心して泊まれるとおもいますー

もちろん、
ひとり旅にもおすすめ


お部屋の位置によっては
移動距離が長そうなので
また次回もお風呂の近くが良いなあ

そして次は
12時アウト&フルコースプランで来たいわ



本当はチェックアウト後に
テ・ロザージュさんで
お茶して帰りたかったのだけど
急な仕事が入ってしまい
泣く泣く帰路に( ;∀;) 


また絶対来よう


箱根ひとり2泊旅は以上ですー

いつもお付き合いいただき
ありがとうございます(●´ω`●)


【小田急 山のホテルの基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗






──────────────────────

小田急 山のホテル 夕食③


夕食は

・「ヴェル・ボワ」のフレンチ
・「つつじの茶屋」の懐石料理


どちらかを予約時に選択。


ワタシはフレンチにしました
(夕食は17:30~20:30の予約制)

IMG_20200521_132913_413

メインを1つ選ぶ
プリフィクスコース。


IMG_20200521_133355_762

プリフィクスは
ボリュームは控えめだったので
次回は品数多いコースが良いかも、と思いました

P1530031 (Custom)

和食「つつじの茶屋」の夕食メニュー。

ご参考までに

P1530053 (Custom)

P1530050 (Custom)
端のほうの2人掛けの席に
案内されます


大きなホテルでの
ひとりフレンチって
緊張しそうですが
他にもおひとり様がちらほら

目で合図すれば
スタッフさんがすぐ気がついてくれるし
ストレスなく夕食を楽しめました

P1530052 (Custom)
ディナーメニュー

collage_photocat
ドリンクメニュー
※クリック後に拡大できます

グラスビールが850円~
ワインのペアリング3種で2900円~
ワインリストは別にあるようです。

ノンアルコールワインや
ジュースの種類も豊富。

P1530055 (Custom)
山のホテル 
オリジナルジンジャーエール


底のほうに
生姜の砂糖漬けが
たっぷり入ってます

市販のものより
生姜成分が強めで
さわやか~

P1530057 (Custom)
わかさぎのフリット

揚げたて、
アツアツです


芦ノ湖の周辺では
ワカサギ釣りができるそうですが
ほとんど観光しないものだから・・・
最近まで名物だとは
全然知らなかったのよね

やわらかく苦味もなく
まるごと食べられます(´ω`★) 

P1530063 (Custom)
スズキのマリネ
旬の野菜添え


トマト×ビネガーで
酸味が強めのマリネ

クリームチーズを塗った
バゲットを箸休めに。


お料理のサーブは
2人1組で行われます


1人がお盆を持って蓋を取り
もう1人がうやうやしくお皿を置いてくれます


いささか大仰な感じですが・・
優雅な気持ちになれますね~


P1530064 (Custom)
無花果と胡桃のパン

P1530065 (Custom)
バターが溶けるほど熱くはなく
ホイップバターでもないのが
ちとざんねん

でもパン自体がおいしいので
隙あらばおかわりしてしまう

P1530067 (Custom)
南瓜のポタージュ

わーい
(ノ*・ω・)ノ


秋だったので
栗か南瓜を期待してました

まったり濃厚

しかもお皿にたっぷり

P1530068 (Custom)
カリカリに焼いた小さなトースト

クルトン代わりかな

少し崩して
スープに投入。

P1530070 (Custom)
スープだけで
パン3つおかわり

これは全粒粉パン

P1530071 (Custom)
選べるメインは

・スズキのソテー
又は
・鴨のロースト


ワタシは魚料理を選択。

P1530073 (Custom)
スズキのソテー

しましまに残した皮が
パリッと焼けてて香ばしい

身はふんわりで
おいしいですー

黄色のはカレー風味のペースト。

ソースがもう少し多くても
よかったかな。

P1530075 (Custom)
全粒粉パンがおいしくて
もりもり食べてしまう

P1530077 (Custom)
お楽しみのデザートは
クレームダンジュと木苺のソルベ

最高の組み合わせだわあ

至福。。

P1530080 (Custom)
食後はミルクティーを。

ミルクを多めに、と希望したら
たっぷり用意してくれた


パンが好きなので
5~6個おかわりしたせいか
満腹なんですが
今回のコースは軽めの内容。

連れには絶対足りないなあ

でもオーソドックスなフレンチを
ゆっくり味わえて幸せでした


P1530112 (Custom)

P1530114 (Custom)
あとは深夜まで
おふろざんまい


次回の朝食・感想編でラストですー


【小田急 山のホテルの基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗






──────────────────────

小田急 山のホテル 大浴場 ②


大浴場の利用時間は
15:00~24:00/6:00~12:00

男女ともに
内湯と露天風呂があります。
(女湯はミストサウナ・男湯はドライサウナあり)

男女の入替はありませんが
利用時間の幅が広めで良いわあ

P1530038 (Custom)
「305」のお部屋から
数歩で大浴場入口

P1530102 (Custom)
履物ロッカー。

ここで大体の
混雑状況がわかるので
すいてそうな時に来ました。

P1530103 (Custom)
脱衣所。

鍵付きロッカーあり。

タオルも完備されてるので
手ぶらでOK

P1530129 (Custom)
冷たいお水をいただけます

P1530125 (Custom)
パウダースペース。

仕切りがあって
ゆったりお手入れできます

collage_photocat
DHCの基礎コスメ。

コットンや綿棒など
アメニティも一通り揃ってます。

P1530104 (Custom)
マッサージチェアもあり

P1530170 (Custom)
内湯

P1530173 (Custom)
山側なせいか
昼間でも照明が点いてますが
天井が高くて開放的

ガラス窓が大きいのも良いですね

数年前にリニューアルされたようで
とってもキレイ

P1530174 (Custom)
10人ぐらいは入れそう

当日の夕方までは
熱めでしたが
夕食後は41℃前後の適温に

P1530110 (Custom)
ミストサウナ

P1530111 (Custom)
もわもわ

熱すぎないので
ワタシはけっこう好き

気持ち良くて
長居してしまうわあ

霧状のミストが
身体にかかるだけなので
まったく温まらないけどね

P1530106 (Custom)
P1530108 (Custom)
洗い場は仕切りありで
使いやすい

P1530087 (Custom)
バスアメもDHC。

クレンジングや洗顔料も
置いてくれてるのが親切。

P1530115 (Custom)
露天風呂

こちらは4~5人サイズかな

P1530175 (Custom)
42~3℃ぐらいで熱め

P1530118 (Custom)
奥のほうに
座れる場所があったので
半身浴してました

すぐ近くに自然が感じられて
良いのだけど・・

やっぱりワタシには熱くて
内湯とミストサウナの往復でした


大浴場の利用率は高く
混んでるときは出直す事もありましたが
深夜や朝は人が少なくて
独泉できることも

今回はお部屋から激近だった事もあり
何度も通ってしまいました~

collage_photocat
芦ノ湖温泉 つつじの湯
アルカリ性単純泉
源泉温度27.4℃ ph8.9


加温・循環・消毒してますが
気になるような消毒臭はナシ。

──────────────────────

P1520993 (Custom)

P1520994 (Custom)
スタッフさんに
すすめられるままに
お庭を散策してみました

ひろいなー

P1520995 (Custom)
前庭には
3000株のツツジが植えられてます

開花したらさぞかし
見ごたえがあるでしょうねえ
(´ω`★) 


今年はコロナウイルスの影響で
一番良い時期に休館

公式サイトのブログで
ツツジ満開の映像を公開されてますので
ぜひご覧ください
公式サイトのブログ

P1530015 (Custom)

P1530014 (Custom)
敷地内のチャペル。

P1530026 (Custom)
ひろい。。。
どこまで行くんだろう(・∀・;)

一周すると膝にくるわ~

良い運動になりそう

P1530183 (Custom)
どこを切り取っても
ウツクシイ景色ですが
この角度が一番のお気に入り
(・´ω`・)

目をほそめると
ヨーロッパかどこかの
古城に見えてきたりしませんか?

P1530020 (Custom)
ベンチに座って
紅葉の絨毯を眺めながら

思いを馳せるのは

お夕食のこと(。-∀-)



フレンチの夕食編につづきますー


【小田急 山のホテルの基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗






──────────────────────

2018.11 小田急 山のホテル お部屋① 


箱根ひとり旅、2泊目のお宿は

創業70年の老舗ホテル

「小田急山のホテル」さん


敷地内の湖畔にある
デザートレストラン
「サロン・ド・テ・ロザージュ」さんも有名ですね


ワタシも以前にお茶したり →過去レポ
ホテルの中庭を散歩した事があり
いつか泊まってみたいなあと
思ってたのでした(・´ω`・)


・チェックイン15:00/アウト10:00(通常12:00)
・スタンダードツイン・ショートステイプラン
1名利用で26000円(夕・朝食付)
・客室毎に専用Wi-Fiが敷設されてます
・新宿駅から直通バスあり
※山のホテルさんは2020/5/31まで臨時休館中です

今回のプランは滞在時間が短めで
夕食がプリフィクスコースでしたが
セールなどの時は
12:00アウト、フルコースのプランが
同じぐらいの料金で取れることもあるみたい

お日にちに余裕のある方は
吟味されると良いです

P1530024 (Custom)

P1530188 (Custom)
とうちゃく

玄関前に停車すると
スタッフさんが駆け寄ってきて
荷物を運んでくれます。

P1530135 (Custom)

P1530134 (Custom)
エントランスホール。

左手にあるフロントで
チェックイン手続き
φ(・ω・ )

夕食の時間を決めると
すぐにお部屋へご案内


スタッフさんは
洗練された受け答えで
スマートな接客

さすが老舗ホテルだわあ
(´ω`★) 

P1530139 (Custom)
吹抜けのラウンジ。

P1520983 (Custom)
エレベーターホール。

P1520984 (Custom)
エレベーターは2ヶ所あって
ロビー側のメインエレベーターは
浴衣・スリッパ不可

大浴場用のエレベーターは
浴衣・スリッパOKです

P1520920 (Custom)
横に長い建物なので
お部屋によっては移動距離があるかも


客室は1~4Fにあって
ワタシが案内されたのは「305」。

なんと、女性用の大浴場まで
徒歩10秒というナイスな場所でした
(*´∀`)


女ひとり旅だから
たくさん温泉に入ると予想して
近くにしてくれたのかな??

うれしい配慮だわあ

風呂好きの女性ゲストさんは
301~308あたりを希望すると近いですょ。
(男性用大浴場は同じ位置の2F)


ちなみに客室タイプは

・スタンダードツイン
・デラックスツイン
・源泉掛け流しビューバス付


などがあります。

collage_photocat
お部屋の玄関のニッチに
陶器の壺?が飾ってあります。

鍵を置くのに便利な場所

P1520948 (Custom)

P1520954 (Custom)
スタンダードツイン「305」

創業は古いですが
壁紙や家具にまったく傷みが見られず
オーセンティックで上質な雰囲気

適切な時期に改装したり
取り替えたりしてるのでしょうねえ。


有名な老舗ホテルでも
いざ行ってみるとアレレ?
な事もありますが
山のホテルさんは一線を画してる


やはり来てみないと
わからないものだなー

P1520964 (Custom)

P1520956 (Custom)
オットマン付のソファーもナイス

とってもくつろげました
(*≧ω≦)

P1520963 (Custom)
晩秋だったので・・
草木の彩はさびしいですが
お庭越しに芦ノ湖を一望

P1520981 (Custom)
ときどき、遊覧船が横切ったり・・

時間がゆっくりに感じられます

P1520966 (Custom)
ベッドは115×200㎝
程良き弾力で、ぐっすり

読書灯あり。

P1520951 (Custom)

P1520977 (Custom)
お部屋ごとに
専用のWi-Fiが敷設されてます。
スバラシイ

セキュリティが心配な方も
安心して使えそう。

ワタシもパソコン持参で来たので
たすかりました

collage_photocat
冷蔵庫の飲物は
お水も含めて有料。
(お部屋の案内をしてくれた女性スタッフさん、
この説明をする時少し申し訳なさそうにしてた



まあ・・
飲物は売店でも買えますし
持参しても良いかもね。

P1530036 (Custom)
オリジナルブレンドのコーヒー
緑茶・ほうじ茶・ゆず茶

ゆず茶がめずらしくて
淹れてみたら
良い香りでした~

P1520982 (Custom)
お菓子は
フルーツクリスピーチョコ

これ、おいしかった。

collage_photocat
浴衣は各サイズ用意されてます。

巾着・ルームスリッパあり。

レストランは不可、
大浴場との往復のみOK。

P1520946 (Custom)
こちらの羽織、
袖が少しすぼまったデザイン。

動きやすいし
着るとかわいいです

P1520923 (Custom)
バスルーム

P1520924 (Custom)
一般的なホテルとくらべると
ややコンパクト?

大浴場に行ったので
ワタシは使用せず。

P1520928 (Custom)
洗面スペースも
そう広くはないですが
鏡が大きくて明るい

collage_photocat
バスタオルは大浴場に完備されてるので
持参の必要なし。

バスアメも使わなかったので
カジュアル宿に行く時用に
いただいておきました

collage_photocat
基礎コスメは
DHCのパウチが2セット。

アメニティに不足なし



大浴場編につづきますー


【小田急 山のホテルの基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗






──────────────────────
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド