本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
鬼怒川温泉 山楽の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━

夕食は18:00~19:00の間で選択

ワタシ達は18:00

ダイニング「桜薫楽(おぐら)」
リニューアルしたばかりで
モダンな空間

collage_photocat
個室ではないけど
席の間隔はかなりゆとりがあって
会話はほとんど聞こえません

渓谷側の席は
眺めが良さそうだったなあ。。

ワタシ達は中央の席へ
案内されました

P1290894 (Custom)
お品書き

collage_photocat
前菜と食前酒が運ばれてきます

食前酒は 梅酒

P1290885 (Custom)
ジュンサイ
海老をチーズでコーティングしたもの
岩もずく
穴子寿司
牛蒡湯葉巻き
枝豆豆腐


海老チーズだけ「洋」っぽい

岩もずくというのは
野生味溢れた茎の味がして
インパクトありました(;^ω^)


collage_photocat
とりあえずのビール

もう、喉乾いちゃって・・・

テーブルには呼びボタンあり。

お酒やらお水やらおしぼりやら
度々お願いするので
あると便利です

collage_photocat
ドリンクメニューは充実してて
瓶ビール・中ジョッキは780円
日本酒は一合850円~
ワインはフルボトルで3600円~

思ったよりもお手頃

ワイングラスも上質でナイス
くいくい飲んでしまうわあ

P1290899 (Custom)
夏の土瓶蒸し
トウモロコシ真丈

お出汁、うまーー
( ・´ω`・ )


茗荷や金時草など入ってます

P1290903 (Custom)
トウモロコシ真丈は
ふわっふわ


出汁好きな連れは
最後の一滴まで飲み干してた

P1290902 (Custom)
スズキ 甲烏賊 大トロ

めちゃくちゃ脂ののったトロ

すっごく美味しいのだけど
ワタシは一切れでじゅうぶん
貧乏舌なので
マグロは赤身っぽい方が好き

連れのスズキと
トレードしてもらいました。

お造りの後は
しばらく時間が空いて
ゆっくり晩酌タイム

大体いつも
配膳ペースが早く感じる方ですが
山楽さんはゆったりしてたなあ

collage_photocat
栃木県産牛陶板焼き

そんなに脂を感じない
あっさりしたお肉

連れは、ジューシーさが足りない
と言ってたけど
ワタシは結構好きかも。

パクパク食べられて
全然お腹が重くならず
ペロリと

P1290925 (Custom)
夏の焚き合わせ
道明寺饅頭
カボチャの粟麩
冬瓜 蓮根


しじみの餡仕立てです

柚子胡椒がきいてて
おいしい出汁餡

collage_photocat
鮎の塩焼き

鯖の絹糸揚げ
海老のすり身入りオクラ揚げ

焼き立て、揚げたてで
アツアツをいただきます


鮎は大好きな蓼酢で

身がフワフワで
いい塩加減(*´∀`)


P1290930 (Custom)
深川八方酢寄せ

しじみのゼリー寄せです。

上に乗ってるのは
ズッキーニ。

ゼリーの酢の物というのも
おもしろい(*´∀`)


生姜の風味も少し感じられて
複雑なあじわい。。


collage_photocat
ごはん 香の物 赤出汁

左上のは
烏賊と昆布のふりかけ

これがまた
すごいご飯どろうぼう


もちろん連れは
ご飯をおかわり

P1290939 (Custom)
マンゴー羹 巨峰 西瓜

なめらかなマンゴー羹は
甘すぎず美味しかったけど

スイーツが楽しみだったワタシは
ちょっと物足りない(・ω・ )
。。

全体的に
一皿ずつが上品で
健啖な人は足りないかも?


ワタシはちょうど良かったけど
連れはまだまだ
ラーメンの2、3杯はいけそうだった
( ̄‥ ̄)=3


お料理自体は
どれも美味しくて満足


ほうじ茶などいただいて
しばしまったりしてから
お部屋へ戻りました

collage_photocat
お布団が敷かれてる

マットレスも敷き布団も
厚手でほどよい弾力

枕も硬さが違う
2WAY仕様

寝具にこだわりある宿は良いですー

2人とも身体に合ったみたいで
朝までぐっすり


次回の朝食・感想編でラストですー

【鬼怒川温泉 山楽の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
鬼怒川温泉 山楽の口コミはこちら