うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

【湯河原】ひとり1万円台で泊まれる宿

湯河原温泉 ひばり荘 貸切露天風呂・大浴場 ②


ひばり荘さんの湯処

・露天風呂(岩/檜)
15:00~23:00まで貸切で利用。
翌朝は男女別になります。
(6:30~9:00)

・大浴場(大/小)
男女別で24時間利用可。


すべての湯処が源泉かけ流し


P1560039 (Custom)
予約制ではなく
入りたい時にフロントに電話をするシステム。

もし他の方が利用されてる場合は
空き次第連絡してくれます

夜は23:00ぴったりにクローズするので
受付は22:30までに

P1560101 (Custom)
まずは露天風呂の(檜)へ

屋外の渡り廊下を歩いていきます。

P1560100 (Custom)
池に鯉など泳いでいて
風情あるわあ(・´ω`・)

P1560097 (Custom)
利用する時は
自分で「貸切中」の札をかけておきます。

P1560107 (Custom)

P1560108 (Custom)
脱衣所。

オープンスタイルなので
けっこう寒い

P1560110 (Custom)
洗面台と、右にトイレ。

化粧水と乳液が置いてあります。

P1560114 (Custom)
脱衣カゴ。

P1560122 (Custom)
露天風呂(檜)

竹垣に囲われてるけど
上はオープンなので開放感あり

P1560131 (Custom)
雨の時でも
パラソルの下なら濡れないかな

P1560132 (Custom)
木の枕があったので
ここに頭をのせて
寝湯っぽく入りました

P1560134 (Custom)
41~2℃ぐらいで
ワタシにはやや熱め

P1560133 (Custom)
湯口からは
激熱の温泉が流れてるので
ご注意を

P1560135 (Custom)
湯河原には
165本もの源泉があるんですねえ

色も匂いも全くないけど
肌当たりがやわらかくて
気持ち良いわあ

P1560116 (Custom)
温泉分析書。

P1560117 (Custom)
源泉温度が高いので
加水のみ行っていますが
加温・循環・消毒なし

ワタシはそこまで泉質重視じゃないけど
かけ流しはやっぱりうれしい

P1560115 (Custom)
お酒、頼めるみたい

貸切の時間に制限はありませんが
だいたい30分ぐらいを目安に、
とありました。

P1560123 (Custom)
洗い場が2つ。

でも寒すぎて
シャンプーは大浴場を利用することにしました。


P1560149 (Custom)
湯上がり処。

P1560151 (Custom)
いろんな物が飾ってあります

P1560157 (Custom)

P1560158 (Custom)
年代物の食器やカメオなど。。

長い年月をかけて
蒐集されたのでしょうねえ

価値のわかる方が見れば
見応えがあるのだと思う。

P1560233 (Custom)
中央のテーブルに
冷水ポットが用意されてました

翌朝にはこちらで
モーニングコーヒーのサービスあり

P1560146 (Custom)
少し時間をおいて
今度は(岩)のほうへ

P1560241 (Custom)
脱衣カゴ。

P1560242 (Custom)
こちらは(檜)より狭めで
洗面台はなく鏡とコスメだけ置いてあります。

P1560240 (Custom)
洗い場が1つ。

P1560239 (Custom)
露天風呂(岩)

石段を降りて
ダイレクトにお風呂に入れます

段差が急なところもあるので
暗いときは足元注意

P1560248 (Custom)
基本的に
雨除けはパラソルなのね
屋根を作るより簡単に設置できるから?

この日はずっと晴れてましたが
大雨だと厳しいかもねえ。。

P1560250 (Custom)
(岩)の露天風呂は42℃

腰まで深さがあって
どっぷり浸かれますが・・
座れる様な場所があまりなく

10分ぐらいで熱くなっちゃって退散

P1560256 (Custom)
風情はあるのだけどね。

もうちょいぬるいと良かったな~

──────────────────────

P1560183 (Custom)

P1560297 (Custom)
大浴場は地下にあります。

この日は「大」が女湯、
「小」が男湯。

P1560188 (Custom)
「大」の脱衣所。

P1560189 (Custom)

P1560190 (Custom)
ドライヤーはお部屋にないので
ここで使うしかないみたい。

ワタシは自前のを持参したので
お部屋で乾かしました。

P1560192 (Custom)
クシなどのアメニティはないけど
どの湯処にも
化粧水と乳液だけは必ず置いてあります。

P1560193 (Custom)
大浴場「大」

かなーり年季の入った浴室だけど
ひろびろ

P1560195 (Custom)
余裕で7~8人は入れそう

真ん中でゆるく仕切られてて
左右で少し温度が違いました。

P1560207 (Custom)
熱いほうでも40℃。

ぬるい所だと39℃ぐらいで、
ぬる湯好きのワタシは入りやすかった
(*´∀`)

P1560214 (Custom)
ここが一番長湯できたな~


深夜はちょっと怖かったけど
ずっと独泉で堪能

P1560301 (Custom)
大浴場「小」は
ぐっとコンパクト

3~4人サイズといったかんじ。

P1560300 (Custom)

P1560204 (Custom)
バスアメは
どの湯処も共通の資生堂。

シャワーの水圧は弱め。



館内や湯処に
どうしても古さを感じてしまうけど
脱衣所などはキレイにお掃除されて
快適に使えました


貸切露天を無料で何度も利用できて
良質な温泉を楽しめるのはナイス

お風呂ざんまいできました~
(´ω`★) 


夕食編につづきます。


湯河原温泉 ひばり荘
(基本情報・口コミ・予約)
楽天トラベル
じゃらん
Yahoo!トラベル

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




2019.1 湯河原温泉 ひばり荘 お部屋 ①


今回は湯河原と熱海へ
2泊のひとり旅


1泊目のお宿は
2つのかけ流し露天風呂を
貸切で利用できると聞いて
訪問を決めました

どちらかというと
温泉目当てのチョイス


湯河原温泉「ひばり荘」さん

全11室。
大正10年創業の
古き良き和風旅館です。


・チェックイン15:00/アウト10:00
・1人旅応援!お任せ客室プラン
1名利用で20520円
・現地でのクレジットカード決済不可
・Wi-Fi敷設なし/auの電波微弱でした

P1560141 (Custom)

P1560143 (Custom)
とうちゃく。

ワタシは車で伺いましたが
電車の場合は
湯河原駅からタクシー又はバスで15分。

結構奥まった場所にあります


駐車場に車をとめると
すぐにスタッフさんが出てきて
荷物を運んでくれました

高齢の方が多いようだったけど
皆さん快活で動作も機敏

P1560164 (Custom)
玄関。

P1560322 (Custom)
ゴージャスな屏風

P1560326 (Custom)
フロントというか、帳場。

こちらで記帳します。
φ(・ω・ )


今回はお部屋お任せプランだったので
当日までどのお部屋になるかわからず

ちょっとドキドキ

1603793416139
案内されたのは
1階の「すずめ」というお部屋。

客室は1~2階にありますが
大浴場は地下に、
貸切露天は屋外の離れにあるので
極力移動を減らしたい方は1階の
「すずめ」「しらさぎ」「はと」
をリクエストされると良いかも

P1560043 (Custom)
お部屋に入ると
4畳の側室?

たぶん使用しないスペース。

P1560046 (Custom)
「すずめ」(8畳+4畳・内風呂)

P1560048 (Custom)

P1560052 (Custom)

P1560049 (Custom)

P1560062 (Custom)
広縁がコーナーになってて
障子を開けると明るいです

P1560063 (Custom)
なんだか懐かしいかんじ

波板ガラスや欄間の細工を見ると
曾祖母の家を思い出すなあ(´ω`★) 

P1560065 (Custom)
気温が低い日でしたが
広縁に置かれたガスファンヒーターが強力で
暖かく過ごせました

P1560078 (Custom)
窓の向こうには
川と廃墟(・ω・ ) 

お庭も手入れが行き届いてるとは言い難く・・
特に鑑賞するものはないですが
自然を近くに感じられるかな

P1560075 (Custom)
これ、現役で使ってるのかしら

もちろん火は入ってませんが。。

P1560051 (Custom)
明るい時間は
ほとんどこちらの椅子に座ってました

灰皿があるので喫煙可ですが
とくに臭いは気にならず。

まあ、館内全体が
古い建物っぽい匂いがするしね、
よくわからないだけかも

P1560053 (Custom)
鏡台。

collage_photocat
テレビはちいさめ。

黒電話はバリバリ現役
貸切風呂の空き確認などでたくさん使います。

左下のは・・
照明??
時計が付いてたりして
謎の骨董品でした。

collage_photocat
冷蔵庫の飲物は有料・旅館価格。

館内に自販機などはないので
買い物は済ませてきたほうが良いと思う。

collage_photocat
浴衣・羽織。
足袋靴下はなし。

バスタオルが1枚だけで
タオル掛けも小さいから
困ったな~と思ったけど
ファンヒーターの前に干せば
あっという間に乾きます

P1560083 (Custom)
トイレは独立した個室ですが
狭い。。(;^ω^)

そして年季を感じますね。

P1560084 (Custom)
洗面スペースも同様に
古さが否めない

P1560087 (Custom)
基礎コスメがあるのは助かるけど
ドライヤーがお部屋にないんでした

大浴場に2台あるだけなので
持参したほうが良いかも。

P1560089 (Custom)
内風呂(沸かし湯)

大浴場に行ったので使用せず。

うーん(´ε`;)

お部屋は古くても『趣』って感じだけど
水回りはちょっと気になるなあ。

特にトイレと洗面台は
改装の必要が迫ってる気がする。

P1560040 (Custom)
お茶を淹れてくれたので
お菓子と一緒にいただきました

元祖きび餅とかわはぎ小判。


スタッフさんは廊下ですれ違うと
ニコニコと話しかけてくれたりして
アットホームな接客

建物は古めかしいけど
働いてる人はハツラツとしてて
活気がありました


かけ流しの貸切露天と
大浴場編につづきますー


湯河原温泉 ひばり荘
(基本情報・口コミ・予約)
楽天トラベル
じゃらん
Yahoo!トラベル

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ヴィーガン料理と温泉で整う宿✨湯河原リトリート ご縁の杜さんに行ってきました♪と、GoTo割引額変更のお知らせ(・∀・;)→追記:13日正午より割引額が元に戻りました!


GoTo最初の旅は
湯河原にひとり旅



これから始まる怒涛の旅行に備えて
体調を万全にしておくべく
カラダ整う系のお宿をチョイス( ̄‥ ̄)=3 


「湯河原リトリート ご縁の杜」さん


ダイジェストでどうぞ~(。・ω・)ノ゙


P1730830 (Custom)
湯河原の街中に溶けこんでる立地で
一度通過してしまう


チェックイン時に検温あり。
館内に消毒液が置かれて
しっかり対策されてます


P1730845 (Custom)
和室10畳+広縁

シンプルながら
広縁にくつろげるチェアあり

P1730922 (Custom)
大浴場前の瞑想ルーム。

館内には
いたるところに本棚があり
自室に持ちこんで読む事もできます

P1730939 (Custom)

P1730946 (Custom)
大浴場は内湯のみ

天窓がありますが
昼間でも暗めで落ち着く雰囲気




動画(音あり)

御影石の浴槽は
肌当たりがよくて
気持ち良いお風呂でした~

ぬるめの湯温で
長湯しても疲れない

夜通しいつでも利用OKなのもナイス


20-10-10-11-07-13-255_deco
天井画が圧巻の
ダイニング「結 musubi」

みなさん写真撮ってました

この日のゲストは
オール女性で
ワタシのほかにおひとりさま2組いらした。

P1730963 (Custom)

P1730966 (Custom)

P1730968 (Custom)

P1730981 (Custom)

collage_photocat

P1730992 (Custom)
肉や卵、乳製品など
動物性の食材を使用しない
ヴィーガン料理

「この野菜は◯◯産で・・」と
1つ1つ丁寧に説明してくれて
素材へのこだわりを感じます

品数が多くないので
視覚的なさびしさはありますが、、、


酵素玄米の美味しさに驚愕
(*゚Д゚*)

ぷちぷち、もちもち、
噛めば噛むほど甘味が出てきて
おいしすぎる


栗ごはん、酵素玄米、お味噌汁は
ハーフビュッフェスタイルで
おかわりできるんですが

箸がとまらず
3杯飯



いつもみたいに
食べすぎないようにしてたのに~( ;∀;) 

整いたい気持ちを
食い意地に邪魔される・・



カラダ浄化作戦失敗か?
と思いましたが

滞在から数日は
腸とお肌の調子が絶好調
(=゚ω゚)ノ



ご縁の杜さんでは
ヨガやファステイィング、
神社めぐりなどのイベントを
頻繁に行ってます。

女子旅に人気あるのも納得


ワタシは特に菜食になりたいわけではなく
「美味しい物をより美味しく食べるため」
という不純な動機で利用したけど・・

時々はこういう
デトックス系のお宿にくるのも良いわあ
(´ω`★) 


滋味深いお料理と
マイルドな泉質の温泉で癒され・・
身も心もスッキリしました


goto利用でお安かったし
また体が疲れてきたら
来てしまうかも


いずれ本レポ書きますー


【湯河原リトリート ご縁の杜の基本情報・予約】

──────────────────────

ところでGOTOトラベルキャンペーン、
10/10深夜に割引額や利用方法が
変更になりましたね


IMG_20201010_133230_748

一休のキャンペーンページより。

割引上限が最大14000円ではなく
最大3500円に減少したようです


IMG_20201010_133254_483

既存の予約は今までの割引額が
適用されますので
予約済みの方はご安心を



また、地域共通クーポンに関しては
今まで通り最大6000円の付与があります


ちなみに楽天トラベルでは
35%割引クーポンを使用できますが
1会員1予約(1部屋)だけの利用に変更。

じゃらんは一休と同様に
回数制限はありませんが
割引額が最大3500円に。


いや~
相変わらず急な方向転換ですね

昨日旅程を考えて
「明日予約しよう♪」と思った人は
愕然としてるのでは(・∀・;)

(※宿の公式予約から利用するステイナビや、ReluxJTBはまだ従来通りの割引になるようです。これから予約される方は調べてみると良いよー)


各予約サイトに割り当てられた予算が
尽きてきたのか
もしくは高価格帯の宿に
予約が集中しないようにとの対策?

3500円の割引は
10000円の宿からすれば35%引きなので
お得感は変わりません。

しばらくはカジュアル宿に予約を
集中させたいのではないかなーと
思ったり。。(・ω・ ) 


GOTO全体の予算はたっぷり残ってるようなので
1月末までのキャンペーン期間を
延長させるなんて話も見かけ・・
今後また割引率が戻る可能性もあるんじゃないかしら

個人的には
キャンペーンが延長されて
多くの人がゆっくり長期間旅行を楽しめれば
お宿も安定的に収益が上がるだろうし
望ましく感じます。


まあ、都民は
いつ自粛になるかわからないので
行けるかぎり行っておこうと思います( ´∀`)


※追記



yumiyumiさんが教えてくれた記事

これによるとやはり、
一休、楽天トラベル、じゃらんの
大手予約サイト3社への割当分が
予約の集中により尽きてしまったようですが・・

10月に東京が追加されて
たった10日でなくなるなんて
割当の額が少なすぎるのでは?(・∀・;)


各社への割当は
過去の販売実績から算出してるようですが
政府は配分額を公表してません。

記事にもありますが
いまどきの個人旅行の多くは
上記予約サイトを経由してると思うので
割引を使用できなくなってしまったら
旅行意欲を失う人も増えると思います


みんなが慣れていて
使いやすい予約サイトにこそ
配分を増やしたほうが
キャンペーンの目的に叶うように思うんですが。。

なんだかなあ・・(;´Д`)


ワタシは都民なので
ずっとキャンペーンから除外でしたが
10月から解禁になったときに
それまで取っていた一休の予約に
そのまま割引を適用できる事に感激しました
(取り直しの必要なしマジ神

質の高い口コミが読めたり
見やすいサイトデザインだったり
ユーザーにとって使いやすいサイトにこそ
配分を増やすべきなんじゃなかろうか。


GOTOキャンペーン、
今後また変更もありそうなので
なにかあったら書きますね(´ω`★) 


※ふたたび追記10/13


国交省からGoToトラベル予算の
追加配分を行う方針が固まりました。

近いうちに上記予約サイトの割引額が
元に戻ると思いますので
これから予約されたい方は今しばらくお待ちください
(´ω`★) 

一休.comより1人最大14000円割引が13日正午より再開されることが告知されました!(・∀・)



──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




オーベルジュ湯楽 朝食・感想 ④

オーベルジュ湯楽 お部屋①
オーベルジュ湯楽 大浴場・貸切風呂②
オーベルジュ湯楽 夕食③
──────────────────────

朝食は8:00から

P1700666 (Custom)
昨夜と同じ席でいただきます。

明るいと景色が見えて
夜とはまた違った雰囲気

窓際は寒いので
電気ストーブが設置されてました。

BlogPaint
朝食にもお品書きあり。

へー(*´∀`)
お重箱に入ってくるんですね

P1700674 (Custom)
本日のジュース
キウイとマンダリンオレンジ

P1700676 (Custom)
温泉玉子とサラダ

玉子は
小川フェニックスの"鳳凰卵"

黄身の味が濃くて
おいしかった

P1700670 (Custom)
ご飯のおとも6種
もずく酢 昆布佃煮 塩辛黒造り
自家製ふりかけ しらす 梅干し


これだけでご飯2杯いけそう

イカ墨の塩辛、おいしいです

P1700686 (Custom)
和牛しぐれ煮
湯河原「十二庵」の寄せ豆腐


しぐれ煮はもちろんうまうま

お豆腐もほんのり甘さがあって
なめらか~

P1700677 (Custom)
お重の上段には
アジの干物 
ご飯(魚沼産コシヒカリ)
魚のあら汁


干物もおいしいですが
あら汁がめっぽううまく・・

汁好きの連れ、3杯おかわり

P1700688 (Custom)
下段

collage_photocat
厚揚げ含め煮 鶏肉の低温ロースト
イタリア産生ハム カステラ風卵焼き
紫白菜と桜海老の甘酢和え
ブリの幽庵焼き 芽キャベツからすみ和え


P1700695 (Custom)
カステラ風卵焼き

本当にカステラのような見た目

伊達巻きのような?
甘めの味付けでおいしい

P1700700 (Custom)
自家製パンナコッタ

バニラビーンズ入りで
まったり濃厚

おいしい~(*≧ω≦)

朝からしあわせ

P1700697 (Custom)
紅茶とコーヒー

理想的な和朝食だったわあ(・´ω`・)

ごはんのおかずが多くて
1つ1つ丁寧に作られてる上に
おいしいデザートまで


ワタシはどちらかというと
洋朝食が好みですが
湯楽さんのなら毎朝でも良いかも

──────────────────────

・チェックイン15:00/アウト11:00
・30日前の早割プラン/湯楽特選コース
広縁付和室8畳/アウトバス/トイレ付
16800円×2名=33600円ーふっこう割10000円
・ライブラリーでWi-Fi使えます

かけ流しの温泉

絶品創作イタリアン

をこの料金で楽しめるのは
伊豆・箱根の中でも指折りの高コスパ
(=゚ω゚)ノ


接客面も好印象の方ばかりで
特に食事を担当してくれたスタッフさんが
ユーモアのある方で楽しかったわあ


強いて難点をあげるとすると・・
エレベーターがないのと
移動距離が長いことぐらいかな

足腰が不安な方は
先にお宿に相談されても良いかもです。


我々は再訪する気まんまん
(*≧ω≦)


早割プランが豊富なので
60日前から予定できる人は
よりお得に泊まれます

新たにオープンした
ハイクラスバージョンの
三輪 湯河原さん も気になりつつ・・

次回はいつにしようかなあ(*´∀`)


湯楽さんレポにお付き合いいただいて
ありがとうございます
(●´ω`●)

次回はまたまた
熱海ひとり旅シリーズですー


【オーベルジュ湯楽の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

オーベルジュ湯楽 夕食 ③


夕食は18:00か18:30の選択

我々は遅い方でお願いしました。

P1700496 (Custom)

P1700497 (Custom)
レストラン「ピノクラーレ」へ

長いアプローチに
期待が高まるわあ(・´ω`・)

P1700642 (Custom)

BlogPaint
1席だけ個室風になってますが
我々を含め、皆さんオープンな席に。

男性のおひとり様、女性同士や
4人グループなど多彩な客層。

BlogPaint
お品書き。

お料理はスタンダードな
『湯楽特選』。

アップグレードコースの
『シェフ特選』にするか迷いましたが・・
今回は様子見で

collage_photocat
ドリンクメニュー。

非常に充実してます

ワインはもちろん豊富ですが
日本酒、焼酎、カクテルなども置いてて
どれも頼みやすい料金

ワインはフルボトル2800円~

P1700595 (Custom)
イタリア産のシャルドネを投入

クリアな感じのオーガニックワインで
とても飲みやすい

P1700601 (Custom)
一皿目の前菜
自家製スモークサーモンとじゃが芋のスープ


スープというよりはクリームのようで
じゃが芋の甘味とスモークサーモンの塩気が
絶妙にマッチ

うまーい(*´艸`)

P1700604 (Custom)
P1700607 (Custom)
二皿目の前菜
北海道産合鴨もも肉と地人参のサラダ仕立て


キレイなお皿

ソースはパセリとマスタード。

合鴨に負けない主張を感じる人参

すべての食材の味が
複雑にからまりあって
口に入れる度に変化していきます

P1700612 (Custom)
P1700615 (Custom)
お造り(2名分)
相模湾の天然地魚盛り合わせ


イサキ ホウボウ 金目鯛

エディブルフラワーまで
すべて食べられます

collage_photocat
焼き海苔
自家製土佐醤油


へー(・∀・)
海苔に巻いて食べると
全然違う印象に

自家製醤油は
カツオを漬けこんでるそうで
独特の風味があります

最近はお刺身がそれほど
響かないワタシですが

これは文句なしにおいしい(´ω`★) 

P1700618 (Custom)
P1700620 (Custom)
温菜
白インゲン豆の煮込み 
小海老のポルペッティ


イタリア産からすみパウダーが
かけてあります

ポルペッティは肉団子のような物だそうで
海老の真丈?に近いお味。

塩気・酸味のバランスが良くて
優しいけどしっかり印象に残るお皿

P1700622 (Custom)
P1700625 (Custom)
温魚皿
本日の鮮魚のフリット
カリフラワーのピューレ サフラン風味
ネーブルオレンジのマリネ


サワラと金目鯛
だったとおもう。

上に乗ってる黄色の野菜は
コーンスプラウト。
(ほろにが甘い)

お魚はパリッと焼けてて
身はふわふわ

切身のサイズ、
倍でも良いのに。。( ̄m ̄〃)


P1700631 (Custom)
肉の皿
A4ランク黒毛和牛リブロースのタリアータ
大根のコンカッセ 
粒マスタードと玉葱のソース

外側が香ばしく焼かれた
やわらかいお肉

マスタードのソースは
それほど強くなくて
お肉そのものの美味しさが際立ちます

collage_photocat
新ゴボウとじゃこの炊き込みご飯
渡り蟹のお吸い物
香の物 モッツァレラのたまり漬け


絶対おいしいであろう
炊き込みご飯は
ほんのりバターが香って
やっぱりおいしい

ワタシは2杯、
連れは3杯おかわり


そして気になる
モッツァレラのたまり漬けに
連れが激しく反応(*≧ω≦)

「なにコレおいしい
「もっと食べたい


∑(*゚ェ゚*)

そんなに気に入った??

これはたしか
別メニューにあったような・・

P1700590 (Custom)
あったあった(*´∀`)

ワインが少し残ってたし
連れの熱い要望で
1皿追加注文

自家製パンとかもあるのねー

途中でパンが欲しいなと
思ったので
次回は頼んでみようかな


一番下のトリュフご飯は
アップグレードコースに組み込まれてるらしい
湯楽さんの人気メニュー

気になるので
こちらも次回。。

P1700646 (Custom)
フランボワーズのムース
洋梨のコンポートとカシスゼリー
ホワイトチョコのソルベ
ココアメレンゲ


ベリーのムースに添えるのは
ヨーグルトソルベがよくあるけど
ホワイトチョコというのが珍しい

思ったより甘すぎず
とても上品

P1700648 (Custom)
コーヒーと紅茶

楽しみにしていた
湯楽さんのお夕食

大・大・大満足(*≧ω≦)


まずビジュアルの美しさに
うっとり。。

繊細で食べ飽きず
自家製醤油など、シェフのこだわりが
随所にかんじられました

次のお皿がどんなお料理か
わくわくしたなあ~


パンチのある味付けではないので
濃い味が好きな人は
物足りなさがあるかも

そして、一皿のポーションは少なめ。

連れもワタシも
ご飯で調整したかんじですが
美食をいただいたのに
お腹が苦しくないのがシアワセでした

もう量は要らない
年齢になってきたのだなあ


次回はさらに贅沢に
『シェフ特選』にしようか
それとも
別注を頼んでみようか・・

悩ましいわあ(´ω`★) 


料理メニューは季節毎のほかに
マイナーチェンジも
ちょこちょこあるようなので
足繁く通う方も多いのだとか

できることなら
ワタシも毎月来たい(=゚ω゚)ノ


P1700652 (Custom)
お部屋に戻ると
お布団が敷かれてました。

なんとなく寝そべると

布団の中になにかある
∑(*゚ェ゚*)

P1700655 (Custom)
湯たんぽが入ってました

足元が暖かいように
配慮してくれてるのね~

やさしい湯楽さん

P1700653 (Custom)
持ち帰った
モッツァレラのたまり漬けで
ワインをちびちびしつつ・・

夜は更けていくのでした


次回の朝食・感想編でラストですー


【オーベルジュ湯楽の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド