本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
箱根吟遊の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─

朝食は和洋から1人ずつ選べます

連れは和食
ワタシは洋食をお願いしました

collage_photocat
今朝の気温などが書かれた紙と一緒に
新聞がとどいて
お茶など淹れてくれます

右下のは種を抜いた梅干し
しびれる酸っぱさ

P1350939 (Custom)
洋食にはオレンジジュース

P1350943 (Custom)
フレンチドレッシングがかかったサラダ

P1350944 (Custom)
スクランブルエッグとベーコン
長いソーセージ


ベーコンが厚切りで
ボリュームあります

P1350948 (Custom)
オニオンスープ

ちょっと冷めてたけどおいしい

P1350950 (Custom)
クリームシチュー的なもの

仲居さんに「これは?」と聞いてみたけど
「それはクリーム・・・ほにゃららです」
と言って風のように去っていった

後でもう一度聞いてみたけど
どうしても「ほにゃらら」の部分が聞きとれず

なんだったんだろう。。

シチューというには
サラサラした感じでスープっぽかったです。

P1350946 (Custom)
パンは3種類
アルミホイルにくるまれてますが
そんなに温かくなかった。

でもパンが食べられるのはうれしい

P1350940 (Custom)
マーガリン バター 
ジャム3種にメイプルシロップ


つける物には困りません

P1350951 (Custom)
連れの和食

collage_photocat
明太子やしらすおろし
マグロの漬け ひじきのひろうす


P1350955 (Custom)
サラダは共通

P1350956 (Custom)
出汁巻き玉子

P1350957 (Custom)
鯵の干物とほうれん草の胡麻和え

P1350961 (Custom)
湯豆腐

P1350962 (Custom)
ごはんと白味噌仕立ての味噌汁

和洋どちらもボリューミーで
朝から満腹


パンとごはんのお代わりを聞かれたけど
とても入らない(;^ω^)

collage_photocat
洋食にはフルーツ入りヨーグルト
和食はブルーベリージャムが乗ってました。

P1350965 (Custom)
そして洋食のほうに出たコーヒーを
連れに譲渡

ワタシはお部屋のジャスミンティーを淹れた

P1350937 (Custom)
で、このメロンも洋食についてきたんですが

連れがすごーく欲しそうだったので
これもあげた

絶妙に熟れてて
おいしかったそうです。

こうやって見ると
洋食のほうがちょっと豪華?かな


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

・チェックイン14:00/チェックアウト11:00
・空タイプ『夕霧』(2F洋室)
・3ヶ月前に予約・2名利用で1名あたり29000円
・Wi-Fiは客室・館内どこでも利用できます
・1人泊可

久しぶりに再訪してみて
改めてロケーションの良さを実感

やっぱり一番の魅力は
圧巻の渓谷ビュー
だとおもいます


そして一瞬で非日常に浸れる
「吟遊ワールド」を持ってること


安くはない料金だけど
箱根で露天風呂付きで部屋食で・・
と考えると
意外とコスパ良いのよね(・ω・ ) 

そして予約の取りにくさから
一度泊まった人が
チェックアウト時に次の予約を
入れてしまい
ますます予約困難の人気宿に。。

外国人ゲストも増えてたし
当分人気は衰えないでしょう

強い総合力は
我々のお気に入り宿「東府や」さんに
通ずるものがあるかも

また数年経った頃に
再訪してみようとおもいますー

吟遊さんレポに
たくさんのアクセスありがとうございます


次回は地味めながら
お料理の美味しかったお宿の事をかきますー

【箱根吟遊の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram





ステキ温泉ブログがたくさん♪


本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
箱根吟遊の口コミはこちら