夕食の時間は2部制でした

17:30か19:30で
いつもだったら遅い方を選ぶんですが
今回は連れの希望で17:30に

P1490043 (Custom)
レストラン「ウッドサイド」に向かいます

P1490046 (Custom)
オープンになった
キッチンカウンター。

翌朝は朝食ビュッフェが並びます

P1490045 (Custom)
天井が高くて
開放感あるわー

P1490044 (Custom)
4人掛けのテーブル席へ。

対面ではなく
ソファーに隣合って座ります。

会話がしやすくて良かった

照明は控えめで
テーブルの上にはキャンドル

暮れてくるにつれて
どんどんムーディーな雰囲気に

口コミで
「子供連れは居づらい」とあったけど
たしかに。。

collage_photocat
ドリンクメニューはワイン中心

ビールは900円~
ワインはグラス1000円~
フルボトルで6000円~

これにサービス料10%+消費税が乗るので
飲物はややお高め

最初に開いたページに
赤ワインのボトルが10万円とあって
のけぞったけど
豊富な銘柄を揃えてるので
ワイン好きの方は嬉しいのでは

「時の雫さんのワインリストよりは怖くないね

「そ、そうね。。
あちらはウン十万がごろごろあったし・・」


P1490056 (Custom)
赤のボトルを

グラスの質も良いし
サーブのタイミングもばっちり

サービス料の価値はあったと思います。

P1490054 (Custom)
コースメニュー

P1490060 (Custom)
小さい前菜は
豚のリエット


ひとくちサイズだけど
おいしい

P1490066 (Custom)
大きい前菜は
山形県産最上鴨のテリーヌ


P1490067 (Custom)
中央に
フォアグラが埋め込まれてます

粒マスタードを添えて・・

濃厚な鴨がうまうま(´ω`★) 

P1490062 (Custom)
この宿に来る大きな目的の1つだった
天然酵母パン

各テーブルに違うパンが運ばれますが
我々の所に来てくれたのは
竹炭パン(*≧ω≦)

丸ごと1つ、というのが良いわあ

焼き立てのようにホカホカです

P1490071 (Custom)
どっしりと、程良く目が詰まってて
食べ応えのあるパン


発酵バター?のような
白いバターと合うわ~(*´艸`*)

鎌倉の伝説的ベーカーリー
「パラダイス・アレイ」さんとのコラボで
毎朝こちらの工房で焼いているそう。

施設内で販売もしているので
仙石原に来た時は度々立ち寄ってます

まるまる1つは食べきれないかな?
と思ったけど
コースが終わる頃にはペロリと

隣席のカップルは早々にたいらげて
もう1つ召しあがってました

P1490075 (Custom)
パルマンティエ

じゃがいもを使ったスープ

上にパリパリのパルメザン。

こちらも、パンと合います

P1490077 (Custom)
スズキの雲丹焼き
海藻バターソース


料理名からして
絶対おいしいやつ

口にいれると
予想以上の雲丹感


ソースもうまーーい(*≧ω≦)

P1490080 (Custom)
P1490084 (Custom)
国産牛の薪焼き
グレービーソース


肉肉しい・・
柔らかすぎず
しっかり噛みごたえのあるお肉

かすかに薪の香りがして
スモーキー(*´ェ`*)

添えてあるのは
焼き野菜と栗のペースト

P1490086 (Custom)
ピーチメルバ

バニラシロップ漬けの
半玉の桃がぜいたく

ラズベリーソースとバニラアイスと共に・・

しあわせ~(*´艸`*)

collage_photocat
食後にミルクティーとコーヒー

スプーンはカップに入れた状態で
運ばれてきます。


お料理の印象は
繊細というよりはラフでカジュアル

フレンチ寄りを期待すると
ちょっと違うかもですが
ワタシ達は美味しく感じて満足です

なにより、パンがおいしかった(´ω`★) 

パン好きさんはぜひ~

P1490093 (Custom)
P1490096 (Custom)
ウッディーであたたかみのある
内装デザインがステキ

連れの好みにも合ったみたいで
褒めまくってました


次回の朝食・感想編でラストです。
ワタシにとって
理想に近い朝食ビュッフェだったので
ぜひご覧くださいー(´ω`★) 


【箱根リトリート foreの基本情報・予約】

──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────