うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

【群馬】ひとり2万円台で泊まれる宿

かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵・別館 悠山 朝食・感想 ⑤

悠湯里庵・別館 悠山 夕食④
悠湯里庵・別館 悠山 大浴場③
悠湯里庵・別館 悠山 半露天風呂付き客室②
悠湯里庵・別館 悠山 カートとモノレール①
──────────────────────

朝食は8:00から

昨夜と同じ個室でいただきます。

P1440647 (Custom)
ほとんど用意されてる

P1440648 (Custom)
飲むヨーグルト(川場産)

P1440649 (Custom)
月見とろろ

P1440651 (Custom)
鮭ハラス

脂がのってて
めちゃくちゃおいしい(=゚ω゚)


P1440657 (Custom)
気になるミニ箪笥は・・

P1440660 (Custom)
あけると
小さいおかずたち

かわいい(´ω`★) 

P1440661 (Custom)
出汁巻き玉子

甘めの味付けで好み

P1440662 (Custom)
切り干し大根 ひじき

P1440663 (Custom)
イワシと野沢菜?煮

梅干しと海苔

P1440654 (Custom)
炭火ベーコンと温野菜、ソーセージ

2人分です。

炭で燻製されたベーコンが
香ばしくておいしい

P1440656 (Custom)
ご飯と味噌汁

P1440664 (Custom)
フルーツカクテル

鮭ハラスとベーコンが
おいしかったなあ(・´ω`・)

なんだか夕食よりも
朝食のほうが記憶に残ってます

P1440667 (Custom)
ロビーで
モーニングコーヒーのサービスあり


でも我々はここではいただかず
売店で牛乳を買って
お部屋に戻りました

collage_photocat
カフェオレ飲みたかったのです

お部屋にあるコーヒーマシンは
旅館では初めて見るもの

エスプレッソではなく
普通のコーヒーが抽出されますが
たくさん飲みたい連れには
良かったみたい

===============

・チェックイン15:00/アウト10:00
・山吹タイプ(8畳+囲炉裏の間+半露天風呂)
2名利用で1名あたり28080円(金曜料金)
・お部屋でWi-Fi使えます
・ひとり泊OK

お宿全体が
里山テーマパークのようで
広大な施設に
度肝を抜かれました(*゚Д゚*)


カートやモノレールの興奮は
伊豆の 風月無辺さん 以来


楽しかったな~(* ´ ▽ ` *)
それだけでも来たかいがありました


・キレイで眺めの良いお部屋
・快適な部屋風呂
・安定した接客対応


とナイスな所がある一方で

・大浴場が遠くてシンプル
(特に武尊乃湯)
・夕食が無難な印象


と、肩透かしなところも(・ω・ ) 


食事内容よりも
お部屋の居心地や高級感、
施設の充実度などを重視する人に
向いてるんじゃないかな

非日常にひたれるのは
間違いないと思います(´ω`★) 



いつもお付き合い、ありがとうございます
(●´ω`●)


【かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵・別館 悠山 夕食 ④


夕食は18:00、18:15・18:30の選択

ワタシ達は一番遅い
18:30にお願いしました

P1440555 (Custom)
4人掛けテーブルがある
広めの個室

BGMはお琴で"味の民芸"風
(関東と関西の一部にあるうどんファミレス)


変わったテーブルだなー
と思って聞いたら
中央の赤い部分が
IHコンロになってる特注品で
お鍋をそのままぐつぐつできるのだそう

P1440557 (Custom)
お品書き

凝りに凝ったお宿だし
お食事もさぞや・・?( ̄m ̄〃)


期待がたかまります

P1440559 (Custom)
誉国光(群馬の地酒)の柚子酒

P1440560 (Custom)
生じゅんさい

ほとんんど味はせず
食感を楽しむ系。

collage_photocat
ドリンクメニュー。

地酒はもちろん、焼酎も充実

ワインはボトルで3000円台~

P1440583 (Custom)
白ワイン"ストーンバーン"

3300円ぐらい。

P1440562 (Custom)
9つのマスに仕切られた箱で
前菜が登場

見た目はキレイで
わあ~と思ったんですが・・


連れ「朝食っぽいね

そう!そうなの!(;^ω^)

子持ち昆布やもずく酢、
湯葉やちりめんじゃこなど
朝ごはんに出てくる感じなのよね。


ローストビーフもあって
どれも美味しかったけど
会席料理って
前菜や八寸で盛り上がるじゃない?


もう少し
手の込んだ物が見たかったかも


P1440586 (Custom)
枝豆すり流し

冷製の豆乳スープのような。。

塩気が少なく
飲みやすいです

P1440589 (Custom)
銀光(川場産)マグロ
手作り刺身蒟蒻


銀光は
ほどよく脂がのっててナイス

マグロは少し水っぽかったので
ムリして出さなくてもいいのに

自家製の刺身蒟蒻が
独特の舌触りでとてもおいしい

P1440592 (Custom)
空豆入り岩石饅頭

やさしい生姜の餡

P1440572 (Custom)
このあたりで
お釜に火がつけられます。

P1440599 (Custom)
そして2色鍋の登場

昆布出汁と赤城鶏辛味噌仕立て

P1440595 (Custom)
すでに焼いてある餅
上州牛と上州麦豚


これを
2色鍋でしゃぶしゃぶします

牛と豚、両方いただけるのはうれしい

P1440598 (Custom)
ポン酢と胡麻だれ

連れは赤城辛味噌の鍋が
気に入ったみたいで
ペロリと完食

ワタシは辛いのが苦手なので
昆布出汁で


お肉、どちらもおいしかった(・´ω`・)

P1440600 (Custom)
釜飯は1人1釜

赤城鶏と五目野菜の焚き込み

三つ葉の良い香り

P1440602 (Custom)
鶏の出汁が出てて
ほんのりお焦げも

うまーい(*´艸`)

P1440606 (Custom)
林檎のタルト
スイカとさくらんぼ


タルトは
ホイップクリームを添えて


夕食、どれも美味しかったんですが
我々の期待値が高すぎたのか
やや拍子抜けなかんじ

何か1つ
印象に残るものがあれば
違う感想になったのでは

P1440608 (Custom)
わずかに食べきれなったご飯は
しっかりおにぎりにして持たせてくれた

スタッフさんの気配りは
すばらしかったです

collage_photocat
お部屋に戻ると
お布団が敷かれて
冷水ポットが準備されてます

ワタシの必需品、読書灯も
あちこち探したらちゃんとあった


そして静かになってから
気がついたんですが、、

P1440642 (Custom)
トイレの方から
澄んだ水音が。。。

なんと、ミニ手洗いの下に
水琴窟が仕込まれていたんでした


・・・一体どこまで凝るんだ
(*゚Д゚*)



次回の朝食・感想編でラストですー


【かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵・別館 悠山 大浴場 ③


大浴場は2ヶ所あります

・「武尊乃湯」(日帰り客兼用)
6:00~22:00

・「弘法乃湯」「里乃湯」(宿泊者専用)
24時間利用可能

P1440439 (Custom)
別館からモノレールで降りて
「里乃湯」へ

「弘法乃湯」と隣あってます。

男女の入替はないけど
似た造りのようでした。

P1440442 (Custom)
脱衣所。

宿泊者しか来ないので
いつもガラガラ

そういえば館内で
他のゲストとすれ違う事もなかったなあ

室数に対して施設が
広すぎるんだと思う

collage_photocat
大小タオルが完備されてるので
手ぶらでOK

基礎コスメやアメニティも
お部屋と同じものが揃ってます。

collage_photocat
脱衣棚。

セーフティーボックスあり。

P1440449 (Custom)
入口に"かけ湯"

P1440447 (Custom)
内湯と、ガラスの向こうに露天風呂

P1440452 (Custom)
内湯の浴槽は
2つにわかれてます。

P1440538 (Custom)
小さい方が"源泉掛け流し"

P1440540 (Custom)

P1440542 (Custom)
39℃前後とぬるくて最高(*´∀`)

ph9.1のアルカリ性単純泉は
つるつるした手触り

大きい浴槽のほうに
流れこんでましたが
あちらは加温・循環してるようでした。

P1440454 (Custom)
露天風呂

P1440459 (Custom)
お庭がのぞめて良いかんじ

なんですが・・・

42℃ぐらいでワタシには熱め

5分と入っていられず
内湯の掛け流し浴槽に入り浸ってました

P1440448 (Custom)
洗い場は仕切りあり。

collage_photocat
バスアメはコーセー。

クレンジング、洗顔フォームもあり。


「里乃湯」は
モノレールだけで来られるし
何時でも利用できるのがうれしい

collage_photocat
脱衣所を出たところに
ウォーターサーバーと自販機。

市価より若干高めだけど
ビールやジュースを買えます。

─────────────────────

P1440482 (Custom)
「武尊乃湯」は
モノレール→カートを乗り継いで
ロビーを抜けた先にあるので
別館からはかなり遠いです

なので・・
我々は1度しか利用せず

食事処もこの近くなので
移動がめんどくさい人は
本館のほうがいいとおもう。

P1440517 (Custom)
日帰りの受付は
10:30~20:00まで。

夕食のときにちらっとのぞいたら
たくさん人がいたので
日帰り利用が終わった20:00過ぎに行くことに

P1440610 (Custom)
脱衣所

collage_photocat
パウダースペースや
コインロッカーもあってひろびろ

collage_photocat
基礎コスメやバスアメも揃ってますが
宿泊者専用にくらべると
若干チープに

P1440626 (Custom)
内湯

浴槽は2つで、、

P1440625 (Custom)
こちらにも
源泉掛け流し風呂があります

P1440618 (Custom)
洗い場

P1440623 (Custom)
露天風呂

夕食後に
ささっと入ったので
「武尊乃湯」は実はあまり
印象に残ってなかったりします


でも宿泊者は
22:00~24:00の間に
40分2000円で貸切にできるのだって


大浴場独り占めは
なかなかできない贅沢かも

collage_photocat
売店が閉まるまえに
コーヒー牛乳を

そして「武尊乃湯」の前の自販機で
アイスを入手


別館にもどると
ひょいひょい買い物できないので
いっぺんに済ませておきます



夕食編につづきますー


【かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵・別館 悠山 半露天風呂付き客室 ②


お部屋は別館3階の
山吹タイプ「侘助」

P1440330 (Custom)

P1440326 (Custom)
踏込。

ゆったりした造りで
腰掛けられるベンチあり

P1440390 (Custom)

P1440396 (Custom)
8畳和室と囲炉裏の間。

囲炉裏は掘ってあるので
足がらくちん(´ω`★) 

P1440395 (Custom)
眺めも最高(=゚ω゚)ノ

すがすがしいわ~

P1440398 (Custom)
囲炉裏の間の一角に
水屋スペース。

collage_photocat
お茶セット
コーヒーマシン
冷蔵庫は空でした。

サービスのお水がないのが意外

館内に自販機があって
ビールやソフトドリンク、アイスなど
購入できます。

collage_photocat
囲炉裏は実際使われる事はなさそう。

土瓶に生花が活けてあります

お香は入室時から焚かれてて
ほんのり雅な香り。。

P1440412 (Custom)
林檎チップスと"はなまめ"

群馬らしいお茶請け

P1440380 (Custom)
お布団は8畳の方に敷かれます。

P1440389 (Custom)
傾斜した天井の上部に天窓あり。

欄間の透かし彫りが見事で
しげしげ見てしまう(・ω・ ) 

まだ新しい建物なので
キレイなのはもちろん
家具調度に高級感があります

P1440381 (Custom)
漆塗り?の箪笥と
加湿空気清浄機。

P1440385 (Custom)
逆サイドに押入れ。

左の引き戸から
玄関やお手洗いの廊下に出られます。

P1440343 (Custom)
トイレはミニ手洗い付でひろびろ

P1440334 (Custom)
間取り図に「お召替え処」とあったんですが
ウォークインクローゼットだったのね

3畳ほどでしょうか?

長期滞在にも耐えうる環境。

1泊の我々は持て余しますが
キャリーケースなどを置けるので
居室をすっきり使えて良かったです

P1440336 (Custom)
金庫や衣類の棚。

collage_photocat
ロビーで選んだ色浴衣があるけど
作務衣もあったので
ワタシ達はほとんど作務衣で過ごしました

P1440348 (Custom)
洗面スペース。

ひろびろカウンター&椅子ありで
使いやすかった

collage_photocat
基礎コスメは資生堂。
アメニティ類はばっちり揃ってます

collage_photocat
タオル掛けは小さいやつでしたが
パネルヒーターがあるので
速乾でした

宿泊者専用の大浴場は
タオル完備だけど
日帰り兼用の「武尊乃湯」に行く時だけ
バスタオル持参です。

タニタの体重計あり。
お部屋にあるのはめずらしいかも

P1440360 (Custom)
洗面からお風呂へ

仕切りも扉もガラスで
開放感あります

P1440362 (Custom)
浴槽は1人サイズかな

温泉ではなく
ゲルマニウム温浴なのです

保温もできるから
いつでも適温

P1440363 (Custom)
洗い場もゆったりだし
とにかく明るい浴室なので
気持ちよかったですー(・´ω`・)

collage_photocat
バスアメも資生堂。

有機ゲルマニウムの石が
網に入って沈めてある

効果のほどはわかりませんが
ふつうの沸かし湯よりは
あたたまりが良いような。。

P1440370 (Custom)
入浴目線。

P1440376 (Custom)
温泉に入りたいから
大浴場にばかり通うと思ってたけど

連れもワタシも
せっせと部屋風呂を楽しんだんでした

お天気良いし
ナイスな田園ビューだもの(*´∀`)


P1440421 (Custom)
鍵は2つ。

大浴場や食事処まで
まあまあ距離があるので
一度出かけるとなかなか戻れません

別行動は1~2度だったけど
2つあって助かったわ~


大浴場編につづきます。


【かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

2018.6 かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵・別館 悠山 カートとモノレール ①


群馬は川場村に1泊してきました

いろんな宿ブログで見て
いつか行きたいと思っていたお宿

「かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵」さん

本館が2010年にオープン

それから数年後に
同じ敷地内に別館・悠山がオープン

あわせて18室ですが

広大な敷地にあるため
電動の自動カートや
モノレールを使って移動します

ワタシのお目当ては
この乗り物系でして。。


ワクワクのドキドキで訪問

・チェックイン15:00/アウト10:00
・山吹タイプ(8畳+囲炉裏の間+半露天風呂)
2名利用で1名あたり28080円(金曜料金)
・お部屋でWi-Fi使えます
・ひとり泊OK

月~木泊なら
5000円ぐらい安かったんですが
どーしても金曜じゃないと
都合がつかない

でも今回を逃したら
また当分機会がこなそうなので
ポチっと予約(*・ω・)ノ

P1440514 (Custom)
広がる田園風景

のどかだわ~(・´ω`・)

BlogPaint
建物が見えてきました。

本館はかやぶき屋根の建物。
別館・悠山は傾斜地にあって
眺めがよさそう

collage_photocat
車寄せに停めて
荷物をおろしたけど
遠くにいるスタッフさんは
気がついてくれず

連れが走って呼びにいきました

離れた場所にある
駐車場に案内してくれます

門の脇に喫煙場所あり。

レンタル自転車あり。

P1440506 (Custom)
中庭のテラス

P1440501 (Custom)
エントランス

建物の一部は
山形から移築したきたものだそう

立派な蔵戸ですが
現代風に自動ドア

P1440499 (Custom)

P1440495 (Custom)
フロント

P1440498 (Custom)
吹抜けの天井

P1440497 (Custom)
囲炉裏ロビー

朝はここにモーニングコーヒーが
用意されます

P1440609 (Custom)
骨董品の展示

すべて社長さんが
蒐集したコレクション

圧巻です

P1440475 (Custom)
価値のわからないワタシが見ても
豚に真珠ですが
途方もない情熱と資本力を感じる(・ω・ ) 

ご興味ある方は
ずっと見てられそう

collage_photocat
ウェルカム梅ジュースをいただきつつ
記帳しますφ(・ω・ )

色浴衣も選んで
館内の説明をしてくれるんですが・・

P1440437 (Custom)
広大な敷地に点在する施設。

一度聞いただけでは
頭にはいらず。。(;^ω^)

滞在中に移動しながら
把握したんでした。


本館の客室は
電動カートに乗っていけますが

別館・悠山へ行くには
さらにモノレールを乗り継ぐ必要があります

P1440496 (Custom)
乳母車みたいな
荷物カートを押して
いざ客室へ(。・ω・)ノ゙

collage_photocat
カート乗り場。

電動でボタンを押せば
勝手に動いて目的地まで
連れていってくれます

「ぽちとにゃんこのお部屋」は
ペットの宿泊設備。
(1ケージ2000円)

P1440320 (Custom)
しゅっぱつ +.(ノ*・ω・)ノ

寒い季節は
ブランケットが重宝しそう

前情報を入れてない連れは
口あんぐり。。( ゚Д゚)


「なにここ?すごくない??」

P1440322 (Custom)
けっこう長い距離を走ります

低速なので時間かかりますが
たーのしーい(*´∀`)

足腰弱い方なども楽ちんですね

でもさっさと移動したい人は
歩いたほうが早いです

P1440553 (Custom)
別館・悠山の
エントランスにとうちゃく

P1440668 (Custom)
モノレール乗り場へ

エレベーターのように
ボタンを押せばやってきます。

P1440324 (Custom)
きたきた((・´∀`・))

思ったより大型だ

クマのマークは
本業の株式会社「エコ計画」の
キャラクターロゴのようです。

産廃関係らしいんですが
こんなアミューズメント旅館を
作ってしまうなんて・・
巨大資本よね

collage_photocat
ぐいぐい上昇していきます

客室へ行く降り場は
途中にあるんですが

せっかくなので
一番上にある展望台へ

P1440527 (Custom)

P1440526 (Custom)
とうちゃく。

P1440529 (Custom)
展望台

P1440528 (Custom)
見晴らし良いですー((・´∀`・))

大名が自分の領地を見下ろすようだわ・・
( ̄ー ̄)

社長さんの夢だったのかしらねえ

爽快な眺めなので
晴れていたらぜひぜひ展望台へ


お部屋編につづきますー


【かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド