うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

【群馬の宿】夕食

かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵・別館 悠山 夕食 ④


夕食は18:00、18:15・18:30の選択

ワタシ達は一番遅い
18:30にお願いしました

P1440555 (Custom)
4人掛けテーブルがある
広めの個室

BGMはお琴で"味の民芸"風
(関東と関西の一部にあるうどんファミレス)


変わったテーブルだなー
と思って聞いたら
中央の赤い部分が
IHコンロになってる特注品で
お鍋をそのままぐつぐつできるのだそう

P1440557 (Custom)
お品書き

凝りに凝ったお宿だし
お食事もさぞや・・?( ̄m ̄〃)


期待がたかまります

P1440559 (Custom)
誉国光(群馬の地酒)の柚子酒

P1440560 (Custom)
生じゅんさい

ほとんんど味はせず
食感を楽しむ系。

collage_photocat
ドリンクメニュー。

地酒はもちろん、焼酎も充実

ワインはボトルで3000円台~

P1440583 (Custom)
白ワイン"ストーンバーン"

3300円ぐらい。

P1440562 (Custom)
9つのマスに仕切られた箱で
前菜が登場

見た目はキレイで
わあ~と思ったんですが・・


連れ「朝食っぽいね

そう!そうなの!(;^ω^)

子持ち昆布やもずく酢、
湯葉やちりめんじゃこなど
朝ごはんに出てくる感じなのよね。


ローストビーフもあって
どれも美味しかったけど
会席料理って
前菜や八寸で盛り上がるじゃない?


もう少し
手の込んだ物が見たかったかも


P1440586 (Custom)
枝豆すり流し

冷製の豆乳スープのような。。

塩気が少なく
飲みやすいです

P1440589 (Custom)
銀光(川場産)マグロ
手作り刺身蒟蒻


銀光は
ほどよく脂がのっててナイス

マグロは少し水っぽかったので
ムリして出さなくてもいいのに

自家製の刺身蒟蒻が
独特の舌触りでとてもおいしい

P1440592 (Custom)
空豆入り岩石饅頭

やさしい生姜の餡

P1440572 (Custom)
このあたりで
お釜に火がつけられます。

P1440599 (Custom)
そして2色鍋の登場

昆布出汁と赤城鶏辛味噌仕立て

P1440595 (Custom)
すでに焼いてある餅
上州牛と上州麦豚


これを
2色鍋でしゃぶしゃぶします

牛と豚、両方いただけるのはうれしい

P1440598 (Custom)
ポン酢と胡麻だれ

連れは赤城辛味噌の鍋が
気に入ったみたいで
ペロリと完食

ワタシは辛いのが苦手なので
昆布出汁で


お肉、どちらもおいしかった(・´ω`・)

P1440600 (Custom)
釜飯は1人1釜

赤城鶏と五目野菜の焚き込み

三つ葉の良い香り

P1440602 (Custom)
鶏の出汁が出てて
ほんのりお焦げも

うまーい(*´艸`)

P1440606 (Custom)
林檎のタルト
スイカとさくらんぼ


タルトは
ホイップクリームを添えて


夕食、どれも美味しかったんですが
我々の期待値が高すぎたのか
やや拍子抜けなかんじ

何か1つ
印象に残るものがあれば
違う感想になったのでは

P1440608 (Custom)
わずかに食べきれなったご飯は
しっかりおにぎりにして持たせてくれた

スタッフさんの気配りは
すばらしかったです

collage_photocat
お部屋に戻ると
お布団が敷かれて
冷水ポットが準備されてます

ワタシの必需品、読書灯も
あちこち探したらちゃんとあった


そして静かになってから
気がついたんですが、、

P1440642 (Custom)
トイレの方から
澄んだ水音が。。。

なんと、ミニ手洗いの下に
水琴窟が仕込まれていたんでした


・・・一体どこまで凝るんだ
(*゚Д゚*)



次回の朝食・感想編でラストですー


【かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

たんげ温泉 美郷館 夕食 ④


夕食の料理プランは
控えめ(10品)肉+魚
控えめ(10品)ベジタブルプラン
控えめ(10品)上州牛ステーキ付き

などいろいろあるんですが

悩んだすえに
通常料理(12品)にしました

まあまあボリュームがあったので
普通に召し上がる方なら
控えめプランで十分かも

P1400442 (Custom)
個室でいただきます。

テーブル席なので
連れと来ても大丈夫そう

collage_photocat
ドリンクメニューと別注料理。
興味ある方はクリック&拡大で。

P1400443 (Custom)
お品書きはなくて
だいたい3品ぐらいずつ
同時に運ばれてきます。

ワタシはペース早めに感じたけど
早食いの母にはちょうど良かったみたい

P1400445 (Custom)
自家製梅酒

スッキリした甘さ

P1400446 (Custom)
こごみの胡麻和え
蒟蒻と味噌
何かのお浸し


料理は一通り説明してくれるんだけど
仲居さんが早口で聞き取れないことも

1つ1つが素朴なのだけど
滋味深くておいしい(´ω`★) 


P1400451 (Custom)
お造りは平目、帆立、マグロ

マグロはごく普通の赤身だけど
平目と帆立がうまい

collage_photocat
これ、おいしかった(・∀・)

白菜と水菜の豚巻き

ポン酢ともみじおろしであっさりと

P1400460 (Custom)
茶碗蒸し

P1400466 (Custom)
中に海老や椎茸、銀杏

お出汁の風味も良くて、なめらか

P1400461 (Custom)
ニシンと小松菜

身欠きニシンは
噛めば噛むほど旨味が

これは日本酒のアテだわね( ̄m ̄〃)

P1400457 (Custom)
一番楽しみだったパイ包み

P1400470 (Custom)
中には・・
たあっぷりのビーフシチュー(*≧ω≦)

これは控えめプランにもある
美郷館さん名物料理のようです

ごろごろ牛肉が入ってて
うまうま~


パイ皮を中に入れながら
キレイに完食

P1400472 (Custom)
岩魚の塩焼き 蕗味噌

母は出てくるお皿を
高速でクリアしていきますが
(丸飲みしてるんだろうか?)
ワタシは全然ついていけず・・
皿がたまっていく

なのでちょっと冷めちゃいましたが
しょっぱすぎない塩加減で
蕗の苦味との相性も良かったです

P1400474 (Custom)
天ぷらは
タラの芽 椎茸 干し芋


干し芋⁉ Σ(゚д゚ )!!

薩摩芋ならよくあるけど
干し芋天は初めて

甘さ倍増でねっとり
ワタシは結構好きです

P1400476 (Custom)
ごはん 赤出汁 香の物

ビーフシチューがずっしりだったので
ご飯は1杯を平らげるのが精一杯

うーん(;^ω^)
ワタシ、ご飯いらないから
ビーフシチューの時に
もっとパイが欲しいかも。


母のハイスピードについていくために
急ぎ気味で食べたせいか
食後はしばらく動けず。。

P1400477 (Custom)
デザートは柚子のシャーベット

柚子の粒感があって
とてもおいしい( ・´ω`・ )

P1400484 (Custom)
食後、すこし動けるようになったら
「瀬音の湯」へ

22:00クローズなので
ちょっと慌ただしいけど
夜のほのかな灯りもステキ

collage_photocat
お部屋に布団が敷いてあって
冷水ポットが用意されてます。

読書灯を準備して
本を読みながら
寝落ちしようと思ったんですが・・

夜行性の母、いつにも増して元気になって
人生について語り出してしまった


こういう時はこうすべし!
アンタの生き方は間違ってる!
といういつものお説教なので
適当に頷きながら聞き流してたら
更にヒートアップして、一向に寝る気配がない

時計は午前2時をまわり・・・

いい加減ねかせてくれー
( ;∀;) 


。。。。

結局ちゃんと就寝できたのは
午前3時過ぎなんでした



次回の朝食・感想編でラストですー

【たんげ温泉美郷館の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

囲炉裏の御宿 花敷の湯 夕食 ③


夕食をいただく食事場所は
宿から少し離れたところにあるので
館主さんがワゴン車で送迎してくれます

collage_photocat
200畳あるという広い空間に
山栗などの巨木の柱

囲炉裏の席へ案内されます

あんまり座椅子が得意じゃない我々だけど
食事処の様子がめずらしくて
ワクワク

足がツラい人は
高座椅子を用意してくれます。
(海外からのゲストの方が使用してた)

BGMはしっとりしたピアノジャズ

collage_photocat
お品書き

食前酒は梅ワイン

陶器の水差しがすごくかわいい
氷水が入ってます

P1320422 (Custom)
深山懐石はじまりの一品は

バターナッツのスープ

へええ~(・∀・)
温かいスープから始まるのね~

ひとくち飲むと
濃厚な甘さとコクが∑(*゚ェ゚*)

お、おいしい。。

カリカリした食感の物が入ってて
聞いてみたら
バターナッツの種をフライにしたものだそう
クルトンみたいでした。

P1320429 (Custom)
Σ(・ω・ノ)ノ 

お品書きのほかに
今日の献立に使ったお野菜・茸・果物が
びっしり書かれた紙も

こんなにたくさんの食材が使われてるの??

すごいですー

collage_photocat
前菜 季節のおもてなし

うわーー(*≧ω≦)
華やか


お膳にぎっしりと
小さなお菜が盛られます

なんか・・・・
情報量が多すぎて
一見しただけでは内容が把握できない(;^ω^)

2枚目のお品書きを確認しつつ
ひとつずつ照らしあわせて
いただいたんでした

どれも美味しいけど

松茸のおひたし 
柿と干しワラビ
リンゴとクリームチーズの春巻き
長南瓜の滝川豆腐
イチジクの胡麻ムース

などが特にお気に入り

好物があったら
連れとトレードしたりして満喫

こういう前菜、好きだわー( ・´ω`・ )

collage_photocat
前菜を食べきらないうちに
いそいそと・・(*・ω・)ノ

ハーフのスパークリングボトルを

グラスワインあり
日本酒は他にも種類があります。

P1320443 (Custom)
お造り

川河豚をポン酢で。

山盛りツマの詳細は
さっきのお品書きにあります。
いろいろ入ってるわー

この夕食だけで
軽く100品目は摂取できそう


川河豚はこりこりして
食感がたのしい

collage_photocat
実はさっきから
囲炉裏で焼かれていた
揚げ餅と鮎

スタッフさんが
焼き上がりを教えてくれます。

子持ち鮎、ふわふわ~( ・´ω`・ )
(かぶりついたあとの写真でスミマセン)

卵がぎっしりでウマウマ

揚げ餅は郷土料理のようで
香ばしい甘辛のタレ。

collage_photocat
土瓶蒸し

いろんなキノコや山菜がたっぷり

いいお出汁がでてて
ゴクゴク飲んでたら
具だけ残ってしまった

おつまみのように食べました

おいしいなあ・・・( ・´ω`・ )

collage_photocat
口替わりの飯蒸し

うっすら甘めで
山椒のきいた餡がうまい

生酒をお願いしたら
「お好きなお猪口でどうぞと。

フチが薄いのを選びました

広い食事処なのだけど
スタッフさんは目配りのきく人ばかりで
こまめにおしぼりを替えてくれたり・・
ノーストレス

P1320459 (Custom)
おにく~
ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

和牛ヒレ肉と
上州産麦豚の饗宴


P1320472 (Custom)
焼肉奉行な連れ 

「焼かせていただきます

おー、頼むでー。
ミディアムでおねがいしますっ(*・ω・)ノ

collage_photocat
ヒレなんだけど
わりとしっかりサシが入ってた

希望通りのミディアム。
グッジョブ連れ

にんにくベースのタレか
岩塩でいただきます

麦豚も肉肉しくておいしいけど
やっぱり牛が・・・


タレもやらたうまい(*≧ω≦)

P1320481 (Custom)
箸休め りんごシャーベット

なめらかで
リンゴそのままのような酸味と甘さ

P1320483 (Custom)
〆はお茶漬けですー

良いねえ((・´∀`・))

満腹でもサラサラいけちゃうわあ

館主さんは絶対酒飲みにちがいない

P1320486 (Custom)
じゃこや漬物、シラスなど
全部入れました

座椅子で足に限界がきて
歩きまわってた連れも戻ってきて、サラサラと

「かなりいいんじゃない?ここ

「ほんとだねー(*≧ω≦)おいしいものばかり

「テーブルで食べられたら言うことない

・・・やっぱそこ気になるのね(;^ω^)

P1320490 (Custom)
デザート

メロン マスカットと巨峰 
リンゴのコンポート
とら豆のアイス

果物はどれもあまーい

とら豆って初めて聞いたけど
「煮豆の王様」と言われるぐらい
甘くてホクホクのお豆なのだって

皮ごと入ったアイスは
渋みもなくて程良い甘さ

P1320491 (Custom)
ほうじ茶

いやー、、
期待以上の夕食でした((・´∀`・))


土地の物がたくさん使われてて
どれもすごくおいしい

こんなにたくさんの食材が使われてるお料理
なかなかないのでは

超・満足(*≧ω≦)

座椅子問題があるけど・・・
また食べに来たいですー

P1320499 (Custom)
ふたたび館主さんに送迎してもらって
お部屋へもどると

冷蔵庫にヨーグルトが

お風呂上りにいただきました


次回の朝食・感想編でラストですー

【囲炉裏の御宿 花敷の湯の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






ステキ温泉ブログがたくさん♪


川場温泉 清流の里 錦秋山荘 夕食 ③


今日のゲストはワタシ達だけだったので
食事は個室でいただくことに

通常は大広間のテーブル席になるのだそう。

P1230170 (Custom)
ここの畳は青い。。。(・ω・ )
(客室は黒だった)

男性スタッフさんお二人で配膳してくれます。
おそらく今日は彼等しかいないと思われる

錦秋山荘さんは2年前にオーナーチェンジで
リニューアルオープンしたので
宿自体は20年ぐらい前からあるのだって

P1230172 (Custom)
お品書き

P1230175 (Custom)
前菜  

collage_photocat
助子木の芽煮 穴子寿司 数の子

鮭曙 海老いくらのせ

助子ってタラコの事なのね
味がしみしみでおいしい(・´ω`・)

魚卵多しでプリン体万歳\(^o^)/

どれもお酒のアテですね~

P1230181 (Custom)
蛤の土瓶蒸し 菜の花

いいおだし

たっぷり飲んで
身体がポカポカに

collage_photocat
珍しく 瓶ビール

明らかにワインという感じじゃないし・・・
かといって日本酒は四合瓶が多くて・・・・
うーーむ

P1230184 (Custom)
もう小鍋がセットされます

鍋というか、紙だけど。

溢れそうに入ってるけど大丈夫かしら

早く火をつけすぎたのか
我々のペースが遅かったのか
途中で火が消えてしまって
つけ直してもらった。

配膳ペースは早めです
ゆっくり食べたい方は
最初に伝えておくと良いかも

collage_photocat
お造りには薄紙がかけられてた

マグロ 炙りサーモン 烏賊 

海のない群馬だけど
どれも美味しくてびっくり
烏賊がとろっとしてますー

P1230187 (Custom)
和牛サイコロステーキ 蓮根 ズッキーニ しし唐

あらかた焼けてるので
石版で軽くあたためるだけ

和風ステーキソースみたいな
玉ネギを煮詰めて作ったタレがおいしかった

collage_photocat
迷った末に 岩魚の骨酒

おちょこを選べました

こんな機会でもなければ
なかなか飲まないのよね

がっつり入ってますね、骨が(・ω・ )

ちびちび飲みつつ・・・

P1230197 (Custom)
めろう西京漬け 茗荷 菊蕪

火の通し方が絶妙で
外側かりっと、中の身はやわらか
お味も上品ですー
最高にお酒のアテなんですが

添えてあるのは 羊羹

美味しいけど・・・
不思議な組み合わせ。

P1230199 (Custom)
スッポン鍋  ができあがり

ぷるぷるコラーゲン( ̄m ̄〃)

黄金色のスープがおいしくて

このまま雑炊にしたくなるわあ

P1230201 (Custom)
蟹梅花巻  若布寄せ 胡瓜 水前寺海苔

冬の食材で春を表現?かしら
凝ってますねえ

黄身酢でさっぱりと

collage_photocat
白飯 赤出汁 香の物

白菜の浅漬けは鰹節と和えてある
みずみずしくておいしい

ご飯も程良きかたさ

全体的にしっかりした味付けで
お酒がすすむ内容でした

食材も良いし
どれも手間がかかってる感じ
何より、お出汁がうまいです

まんぞく(´ω`★)

collage_photocat
デザートはお部屋へ運んでくれた

ハートのお皿やチョコスプレーが
若干昭和なセンスですが、、、、

ウェルカムに出た林檎のコンポートの期待通り
意外なほど美味しいプリン

いかにも
「板長さんのデザート」って感じだから
器とか盛付とか
もうちょい変えても良いかも

P1230228 (Custom)
夜はサッシを閉めて

ふやけるほど浸かったんでした

連れが寝ちゃってからは
ずっと半身浴で本読んだり
音楽聞いたりしながらぼんやり。。

最高だわあ(・´ω`・)


次回の朝食・感想編でラストですー

【川場温泉 清流の里 錦秋山荘の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram




ステキ温泉ブログがたくさん♪




湯宿 季の庭 夕食 ④


夕食は二部制で
17:3020:00からの選択

先着順で決めていくので
希望がある場合は
早めのチェックイン推奨です。

連れは
夜鳴きラーメンを美味しく食すため
当然のように
早めの17:30からを希望

飽くなきラーメン欲、おそるべし。。

collage_photocat
食事処は 
半個室風に仕切られたブース席

上はあいてるので
かなり騒然としてます
居酒屋的な雰囲気だから
苦手な人もいるかも。

我々はすぐ馴染んで
無問題

「台の物」と「お食事」を
4種類の中から選べます

何にしようかな~( ・´ω`・ )
〆の食事って結構悩むんですよね~

collage_photocat
食前酒がないかわりに
ドリンクメニューの中から
好きな物を頼んで良いそう
1200円以下だったら
グラスワインなども可。

へーー
太っ腹だなー


連れは 
スパークリング日本酒の水芭蕉

ワタシは
安曇野産の桃ジュース

桃が濃厚で
ネクターみたいだった

collage_photocat
別注で  シラーのフルボトル
(※クリックで拡大します)

日本酒・焼酎・ワインと
充実のドリンクメニュー
お値段も比較的リーズナブル

collage_photocat
旬の盆  タラの芽雲丹揚げ 鰯の甘露煮
桜海老と芹の浸し 浅利と葱のぬた和え
ヨモギ豆腐 ちまき 桜鱒の西京焼き


お酒のつまみシリーズ

collage_photocat
先椀  アイナメ白味噌仕立て
お造り 桜鯛 鮪 カンパチ平造り 銀光炙り 
     岩魚 熊笹蒟蒻


最後の食事に出てくるようなお椀
普通のお味噌汁っぽい味でした。

それよりも
お刺身が充実してたのにびっくり
海・川の魚どちらも新鮮でおいしい

P1140637 (Custom) (Custom)
煮物  米茄子と鴨の生姜餡かけ

生姜好きなので期待したけど
ほんのり生姜風味、というぐらい。
もっとパンチがあっても良かったなー

collage_photocat
選んだ台の物
ワタシは  山の幸鉄板焼き

上州和牛ロースを
煎り酒・タレで

collage_photocat
連れは  スープしゃぶしゃぶ

こちらも上州和牛ロース
一枚もらったら
程良い霜降りぐあい
胡麻ダレも甘くなくて良いですー

P1140652 (Custom) (Custom)
ここで  スタッフさんからご案内

「心ばかり」の5種類の中から
好きなものをいくつでも頼めるそう

「5種類全部でも良いですよ
「もちろん、お好きな物を3つなども大丈夫です

だって。

なんという
てんこ盛りサービス


ふたりでお腹具合を相談して・・・

collage_photocat
・トマトと蛸のカルパッチョ
・春大根の肉味噌がけ
・季の庭 金胡麻豆腐×2


3種類たのんでみた

どれも小さいポーションなので
全部頼んでも食べきれたかも

金胡麻豆腐がまったり濃くて
お気に入り

P1140653 (Custom) (Custom)
洋皿  季の庭キャベツロール

定番料理みたいです
添えてあるのは
マッシュポテトとほうれん草ソテー

とろとろに煮込まれてて
うまし(*≧ω≦)


P1140665 (Custom) (Custom)
食事は ご飯物2種類と、麺類2種類から選択。

連れはさっぱりしたかったらしく
お蕎麦

collage_photocat
ワタシは 赤城鶏のお切り込み

群馬の郷土料理ですー
太い麺と野菜がたっぷり
味噌が濃そうなんだけど
山梨の「ほうとう」などより
あっさりしてます

すごく好きなんだけど
途中でお腹がふくれてきた。。。


半分ぐらいで連れに譲渡。

collage_photocat
本日のデザート

マンゴープリン  チーズケーキ

あら おいしい

果物だけかな~と思ってたから
ウレシイわあ( ・´ω`・ )
スイーツ好きの心をわかってますねえ

食後はほうじ茶が出ます
コーヒーはお部屋や休み処にあるので
各自で、という感じ。

夕食はだいたい2時間ぐらいでした
食べ終わっても
まだ19:30ぐらい。

季の庭さんは
湯畑までちょっと距離があるんですが
送迎バスを運行してくれてます

collage_photocat
20時の便で ちょっとお出かけ

小雨が降ってたけど
夜の湯畑もイイかんじ

ふらふら歩いて・・・・

collage_photocat
湯畑の目の前にあるお宿
「草津温泉 湯畑 草庵」さん へ

こちらは1階に
足湯カフェを併設してます。
地元のサラリーマンらしき人の姿も

いいですね、会社帰りに温泉足湯

「温玉はちみつソフト」
という、温泉玉子を大胆に入れたパフェ

食べてみたら、、、

何の違和感もなく
普通においしかったです
ソフトクリームにかき消されて
玉子感はよくわからず、でした

もうひとつの
「花豆抹茶ソフト」は
予想通り安定したおいしさ

草津、たのしい(´ω`★)
もっと早く来れば良かったわあ。。


ちなみに、湯畑 草庵さんは
好立地なのにリーズナブル
1人泊も可で露天風呂付き客室もあった。
そのうちひとりで来ようかしら。。

collage_photocat
宿へ戻って お部屋のお風呂に

P1140745 (Custom) (Custom)
そして22時からは
連れお待ちかねの
夜鳴きラーメン


半玉のあっさりラーメンです

動きまわってたせいか
おいしくいただけました

連れもご満悦で
汁も飲み干して完食( ̄‥ ̄)=3

次回の朝食・感想編でラストですー

【湯宿 季の庭の基本情報・予約】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド