夕食は18:00か18:30の選択

我々は遅い方でお願いしました。

P1700496 (Custom)

P1700497 (Custom)
レストラン「ピノクラーレ」へ

長いアプローチに
期待が高まるわあ(・´ω`・)

P1700642 (Custom)

BlogPaint
1席だけ個室風になってますが
我々を含め、皆さんオープンな席に。

男性のおひとり様、女性同士や
4人グループなど多彩な客層。

BlogPaint
お品書き。

お料理はスタンダードな
『湯楽特選』。

アップグレードコースの
『シェフ特選』にするか迷いましたが・・
今回は様子見で

collage_photocat
ドリンクメニュー。

非常に充実してます

ワインはもちろん豊富ですが
日本酒、焼酎、カクテルなども置いてて
どれも頼みやすい料金

ワインはフルボトル2800円~

P1700595 (Custom)
イタリア産のシャルドネを投入

クリアな感じのオーガニックワインで
とても飲みやすい

P1700601 (Custom)
一皿目の前菜
自家製スモークサーモンとじゃが芋のスープ


スープというよりはクリームのようで
じゃが芋の甘味とスモークサーモンの塩気が
絶妙にマッチ

うまーい(*´艸`)

P1700604 (Custom)
P1700607 (Custom)
二皿目の前菜
北海道産合鴨もも肉と地人参のサラダ仕立て


キレイなお皿

ソースはパセリとマスタード。

合鴨に負けない主張を感じる人参

すべての食材の味が
複雑にからまりあって
口に入れる度に変化していきます

P1700612 (Custom)
P1700615 (Custom)
お造り(2名分)
相模湾の天然地魚盛り合わせ


イサキ ホウボウ 金目鯛

エディブルフラワーまで
すべて食べられます

collage_photocat
焼き海苔
自家製土佐醤油


へー(・∀・)
海苔に巻いて食べると
全然違う印象に

自家製醤油は
カツオを漬けこんでるそうで
独特の風味があります

最近はお刺身がそれほど
響かないワタシですが

これは文句なしにおいしい(´ω`★) 

P1700618 (Custom)
P1700620 (Custom)
温菜
白インゲン豆の煮込み 
小海老のポルペッティ


イタリア産からすみパウダーが
かけてあります

ポルペッティは肉団子のような物だそうで
海老の真丈?に近いお味。

塩気・酸味のバランスが良くて
優しいけどしっかり印象に残るお皿

P1700622 (Custom)
P1700625 (Custom)
温魚皿
本日の鮮魚のフリット
カリフラワーのピューレ サフラン風味
ネーブルオレンジのマリネ


サワラと金目鯛
だったとおもう。

上に乗ってる黄色の野菜は
コーンスプラウト。
(ほろにが甘い)

お魚はパリッと焼けてて
身はふわふわ

切身のサイズ、
倍でも良いのに。。( ̄m ̄〃)


P1700631 (Custom)
肉の皿
A4ランク黒毛和牛リブロースのタリアータ
大根のコンカッセ 
粒マスタードと玉葱のソース

外側が香ばしく焼かれた
やわらかいお肉

マスタードのソースは
それほど強くなくて
お肉そのものの美味しさが際立ちます

collage_photocat
新ゴボウとじゃこの炊き込みご飯
渡り蟹のお吸い物
香の物 モッツァレラのたまり漬け


絶対おいしいであろう
炊き込みご飯は
ほんのりバターが香って
やっぱりおいしい

ワタシは2杯、
連れは3杯おかわり


そして気になる
モッツァレラのたまり漬けに
連れが激しく反応(*≧ω≦)

「なにコレおいしい
「もっと食べたい


∑(*゚ェ゚*)

そんなに気に入った??

これはたしか
別メニューにあったような・・

P1700590 (Custom)
あったあった(*´∀`)

ワインが少し残ってたし
連れの熱い要望で
1皿追加注文

自家製パンとかもあるのねー

途中でパンが欲しいなと
思ったので
次回は頼んでみようかな


一番下のトリュフご飯は
アップグレードコースに組み込まれてるらしい
湯楽さんの人気メニュー

気になるので
こちらも次回。。

P1700646 (Custom)
フランボワーズのムース
洋梨のコンポートとカシスゼリー
ホワイトチョコのソルベ
ココアメレンゲ


ベリーのムースに添えるのは
ヨーグルトソルベがよくあるけど
ホワイトチョコというのが珍しい

思ったより甘すぎず
とても上品

P1700648 (Custom)
コーヒーと紅茶

楽しみにしていた
湯楽さんのお夕食

大・大・大満足(*≧ω≦)


まずビジュアルの美しさに
うっとり。。

繊細で食べ飽きず
自家製醤油など、シェフのこだわりが
随所にかんじられました

次のお皿がどんなお料理か
わくわくしたなあ~


パンチのある味付けではないので
濃い味が好きな人は
物足りなさがあるかも

そして、一皿のポーションは少なめ。

連れもワタシも
ご飯で調整したかんじですが
美食をいただいたのに
お腹が苦しくないのがシアワセでした

もう量は要らない
年齢になってきたのだなあ


次回はさらに贅沢に
『シェフ特選』にしようか
それとも
別注を頼んでみようか・・

悩ましいわあ(´ω`★) 


料理メニューは季節毎のほかに
マイナーチェンジも
ちょこちょこあるようなので
足繁く通う方も多いのだとか

できることなら
ワタシも毎月来たい(=゚ω゚)ノ


P1700652 (Custom)
お部屋に戻ると
お布団が敷かれてました。

なんとなく寝そべると

布団の中になにかある
∑(*゚ェ゚*)

P1700655 (Custom)
湯たんぽが入ってました

足元が暖かいように
配慮してくれてるのね~

やさしい湯楽さん

P1700653 (Custom)
持ち帰った
モッツァレラのたまり漬けで
ワインをちびちびしつつ・・

夜は更けていくのでした


次回の朝食・感想編でラストですー


【オーベルジュ湯楽の基本情報・予約】

──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────