うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

オーベルジュ

オーベルジュ湯楽 夕食 ③


夕食は18:00か18:30の選択

我々は遅い方でお願いしました。

P1700496 (Custom)

P1700497 (Custom)
レストラン「ピノクラーレ」へ

長いアプローチに
期待が高まるわあ(・´ω`・)

P1700642 (Custom)

BlogPaint
1席だけ個室風になってますが
我々を含め、皆さんオープンな席に。

男性のおひとり様、女性同士や
4人グループなど多彩な客層。

BlogPaint
お品書き。

お料理はスタンダードな
『湯楽特選』。

アップグレードコースの
『シェフ特選』にするか迷いましたが・・
今回は様子見で

collage_photocat
ドリンクメニュー。

非常に充実してます

ワインはもちろん豊富ですが
日本酒、焼酎、カクテルなども置いてて
どれも頼みやすい料金

ワインはフルボトル2800円~

P1700595 (Custom)
イタリア産のシャルドネを投入

クリアな感じのオーガニックワインで
とても飲みやすい

P1700601 (Custom)
一皿目の前菜
自家製スモークサーモンとじゃが芋のスープ


スープというよりはクリームのようで
じゃが芋の甘味とスモークサーモンの塩気が
絶妙にマッチ

うまーい(*´艸`)

P1700604 (Custom)
P1700607 (Custom)
二皿目の前菜
北海道産合鴨もも肉と地人参のサラダ仕立て


キレイなお皿

ソースはパセリとマスタード。

合鴨に負けない主張を感じる人参

すべての食材の味が
複雑にからまりあって
口に入れる度に変化していきます

P1700612 (Custom)
P1700615 (Custom)
お造り(2名分)
相模湾の天然地魚盛り合わせ


イサキ ホウボウ 金目鯛

エディブルフラワーまで
すべて食べられます

collage_photocat
焼き海苔
自家製土佐醤油


へー(・∀・)
海苔に巻いて食べると
全然違う印象に

自家製醤油は
カツオを漬けこんでるそうで
独特の風味があります

最近はお刺身がそれほど
響かないワタシですが

これは文句なしにおいしい(´ω`★) 

P1700618 (Custom)
P1700620 (Custom)
温菜
白インゲン豆の煮込み 
小海老のポルペッティ


イタリア産からすみパウダーが
かけてあります

ポルペッティは肉団子のような物だそうで
海老の真丈?に近いお味。

塩気・酸味のバランスが良くて
優しいけどしっかり印象に残るお皿

P1700622 (Custom)
P1700625 (Custom)
温魚皿
本日の鮮魚のフリット
カリフラワーのピューレ サフラン風味
ネーブルオレンジのマリネ


サワラと金目鯛
だったとおもう。

上に乗ってる黄色の野菜は
コーンスプラウト。
(ほろにが甘い)

お魚はパリッと焼けてて
身はふわふわ

切身のサイズ、
倍でも良いのに。。( ̄m ̄〃)


P1700631 (Custom)
肉の皿
A4ランク黒毛和牛リブロースのタリアータ
大根のコンカッセ 
粒マスタードと玉葱のソース

外側が香ばしく焼かれた
やわらかいお肉

マスタードのソースは
それほど強くなくて
お肉そのものの美味しさが際立ちます

collage_photocat
新ゴボウとじゃこの炊き込みご飯
渡り蟹のお吸い物
香の物 モッツァレラのたまり漬け


絶対おいしいであろう
炊き込みご飯は
ほんのりバターが香って
やっぱりおいしい

ワタシは2杯、
連れは3杯おかわり


そして気になる
モッツァレラのたまり漬けに
連れが激しく反応(*≧ω≦)

「なにコレおいしい
「もっと食べたい


∑(*゚ェ゚*)

そんなに気に入った??

これはたしか
別メニューにあったような・・

P1700590 (Custom)
あったあった(*´∀`)

ワインが少し残ってたし
連れの熱い要望で
1皿追加注文

自家製パンとかもあるのねー

途中でパンが欲しいなと
思ったので
次回は頼んでみようかな


一番下のトリュフご飯は
アップグレードコースに組み込まれてるらしい
湯楽さんの人気メニュー

気になるので
こちらも次回。。

P1700646 (Custom)
フランボワーズのムース
洋梨のコンポートとカシスゼリー
ホワイトチョコのソルベ
ココアメレンゲ


ベリーのムースに添えるのは
ヨーグルトソルベがよくあるけど
ホワイトチョコというのが珍しい

思ったより甘すぎず
とても上品

P1700648 (Custom)
コーヒーと紅茶

楽しみにしていた
湯楽さんのお夕食

大・大・大満足(*≧ω≦)


まずビジュアルの美しさに
うっとり。。

繊細で食べ飽きず
自家製醤油など、シェフのこだわりが
随所にかんじられました

次のお皿がどんなお料理か
わくわくしたなあ~


パンチのある味付けではないので
濃い味が好きな人は
物足りなさがあるかも

そして、一皿のポーションは少なめ。

連れもワタシも
ご飯で調整したかんじですが
美食をいただいたのに
お腹が苦しくないのがシアワセでした

もう量は要らない
年齢になってきたのだなあ


次回はさらに贅沢に
『シェフ特選』にしようか
それとも
別注を頼んでみようか・・

悩ましいわあ(´ω`★) 


料理メニューは季節毎のほかに
マイナーチェンジも
ちょこちょこあるようなので
足繁く通う方も多いのだとか

できることなら
ワタシも毎月来たい(=゚ω゚)ノ


P1700652 (Custom)
お部屋に戻ると
お布団が敷かれてました。

なんとなく寝そべると

布団の中になにかある
∑(*゚ェ゚*)

P1700655 (Custom)
湯たんぽが入ってました

足元が暖かいように
配慮してくれてるのね~

やさしい湯楽さん

P1700653 (Custom)
持ち帰った
モッツァレラのたまり漬けで
ワインをちびちびしつつ・・

夜は更けていくのでした


次回の朝食・感想編でラストですー


【オーベルジュ湯楽の基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────

里山のオーベルジュ 薪の音 朝食・感想 ④

里山のオーベルジュ 薪の音 夕食③
里山のオーベルジュ 薪の音 お部屋(風呂編)②
里山のオーベルジュ 薪の音 お部屋①


朝食は8:00~9:00の間で選択
我々は8:30にお願いしました

collage_photocat
昨夜は暗くて見えなかったけど
レストランからも
お庭越しに里山の風景が

飾ってある絵は
白川郷だと思いますが
なんだかほっこりするタッチ( ・´ω`・ )

おめざジュースは
完熟ふじリンゴ

酸味がほとんどなくて
朝に飲みやすいジュース

P1330104 (Custom)

collage_photocat
ごはんのお供小鉢

ちりめん山椒
ブリを甘辛く煮てほぐした物
小松菜おひたし
昆布


朝は完全に「和」なのね

自慢の竈炊きごはんが楽しみ

P1330110 (Custom)
そういえば
牛乳もありますよ、というので
もらう事にした

地元産らしくコクがあります。

P1330115 (Custom)
海老と油揚げの焚き合わせ

P1330120 (Custom)

collage_photocat
湯葉  鮭の幽庵焼き
寒豆腐  出汁巻き玉子


定番のおかずではあれど・・
どれも上品というか
丁寧に作られてるのがわかります

寒豆腐というのは
(干豆腐かもしれない)
郷土料理のようで
水分の少ない硬めのお豆腐

P1330119 (Custom)
大根の生姜餡

P1330116 (Custom)

P1330129 (Custom)
普通の茶碗蒸しかと思ったら

長芋をすって蒸したもの

ふわふわ食感(*≧ω≦)

出汁餡もおいしい~

collage_photocat
土間にある大きな竈で炊いたご飯

やっぱりおいしいわあ

なめこ汁も
味噌が良いのか
まろやかだし

ブリのほぐし身をたっぷりかけて
もりもりと3杯飯

朝は洋食派なんだけど
ここに限っては
和食の良さを再発見できるような。。

毎朝でも食べたくなる
朝ごはんなんでした

collage_photocat
連れはコーヒー
ワタシはミルクティー

もちろんミルクは
しっかり温められて提供されます

のし柿とのし柚子

こういうのも良いですねえ( ・´ω`・ )
本当に田舎の農家にお邪魔して
心尽くしのご飯をいただいてる感じ

昨日の絶品「里山フレンチ」も
今朝のほっこり和食も
どちらも薪の音さんらしさを感じます

P1330137 (Custom)
ラウンジに行ったら
暖炉に火が入ってたので
新聞を読んだりしてしばしまったり。。

P1330096 (Custom)
そしてふたたび朝風呂



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

・チェックイン15時/チェックアウト11時
・ナチュラルモダン【枝椿】のお部屋
・平日に2名利用でひとりあたり30000円
・客室でWi-Fi利用可

いやー
すばらしいお料理でした(*≧ω≦)


シェフの発想や味覚センスが
尋常じゃないかんじ

地産の食材も当然良質なので
そりゃあもう、、おいしいですよね

思ったよりお部屋の快適性が高いし
浴衣で食事できるし
居心地が良すぎて・・・

帰りたくなかったですー(ノω`*)

男性スタッフさんは
あまり接客慣れしてないのか
言葉足らずなところがあったけど

とろけるような笑顔(本当に)の
女性スタッフさんが
なんだかもう、人柄の温かさが
滲み出てるというか
ちょっと目が合うと
ニコーっとしてくれて
癒されたなあ。。( ・´ω`・ )

遠いのだけがネックだけど
また絶対に行きたいオーベルジュです

金沢に姉妹宿もできて
東山のオーベルジュ 薪の音 金澤さん 
そちらも評判良いみたい。

金沢、富山と
夢の連泊とかしてみたいです
がんばって働こう。。

collage_photocat
玄関のあたりに
お土産の棚があって
薪の音さんオリジナルの
カトラリーレストやナプキンリングが

collage_photocat
そして魅惑の・・
ソースやアイスの販売

「こがし玉ねぎオイルソース」は
夕食のパンに添えられてた物。

パスタにかけたい!と思ってたので
即購入(・∀・)

そして絶品アイス(*´艸`)

"ラム酒に漬けた柿アイス"は
地場もん国民大賞をいただいたそう

"青梅と大吟醸のシャーベット"
"赤ワインで煮たずいきとこだわりショコラ"
など大人のセットは
6個で4320円と
お値段も大人(-ω-)

千疋屋のアイスなみですが
夕食で少し食べたアイス、
美味しかったからな~(*´Д`)

通販でも買えるので→ここ
帰宅してから検討することに。


石川・富山2泊旅は以上です

いつもお付き合い、
ありがとうございます(●´ω`●)

次回は・・
最近訪問した熱海の
リニューアルオープン宿のこと書こうかな

いよいよ朝晩冷え込む季節になってきました
みなさま、お風邪などに気をつけてお過ごしください~

【里山のオーベルジュ 薪の音の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






ステキ温泉ブログがたくさん♪


里山のオーベルジュ 薪の音 夕食 ③


いよいよ心躍る夕食です

時間は18:00~19:00の間で選択。

ワタシ達は18:30からお願いしました

P1330032 (Custom)
個室のように仕切られたテーブル席

3組しかいないし
他の席の会話はほとんど聞こえず。

お品書きはなくて
スタッフさんが口頭で
お料理の流れを説明してくれます。

・前菜4品
・魚料理
・肉料理
・〆のご飯
・デザート


という感じのコース

そのうち「肉料理」と「デザート」だけ
数種類からえらべます

選べるお料理だけでも
簡単なメニューがあると良かったなー。
じっくり検討したいし(・ω・ )

P1330041 (Custom)
1品目の前菜

黒いお皿に乗ってるのは
9種のスモーク


スモーキーな香りが漂って
めちゃくちゃ食欲そそります

チーズやサーモンは違和感ないけど
河豚や海老、ブリ、豆腐、帆立なんかは
面白かったなー

2種類のソースで変化をつけつつ
いただきます。

めっちゃ酒のツマミ

collage_photocat
(※クリック&スワイプで拡大します)

地ビールはどんなのがあるの?
と聞いたら
全種類見せてくれた

ワインはグラスで700円~
ボトルでも4000円~で思ったよりお手頃

日本酒や焼酎はもちろん
ノンアルのスパークリングなど
ソフトドリンクも充実してます

collage_photocat
地ビールは「城端麦酒」のIPA
度数7%と高めなのに
フルーティーで飲みやすい

その後でシャルドネのボトル

チェイサーがわりの
自家製紫蘇ジュース。

P1330047 (Custom)

P1330048 (Custom)
2皿目の前菜

ジャガイモの下にクリームチーズ
上質な酒粕や白えびパウダー


うまうま(*≧ω≦)

濃厚なものをちょっとだけって
いいですよね

collage_photocat
このあたりでパンが出るんですが

これがまた焼き立てで
皮はパリッと
中はもちっと
おいしいパンなんです~( ;∀;)


スライスされたほうが
蜂蜜と酵母のパン
ロールパンっぽい方が
南瓜のパン


バターと
アンチョビ×玉ねぎのオリーブオイル

パン好きにはたまらなすぎて
ついついお代わりしてしまうんですが・・・

コースの最後にご飯も出るので
余力を残しておかねば(;^ω^)

P1330054 (Custom)
3皿目の前菜

ゴボウ×牛乳の温かいスープ
自家農園の野菜
南瓜ペースト


滋味深いスープ( ・´ω`・ )
しみじみ美味しい。。

野菜の味も力強くて
歯ごたえが普段食べてるものと
全然ちがう

P1330063 (Custom)
4皿目の前菜

アンコウとエイヒレに
網脂をかけて
紅ズワイ&ココナツのアツアツソースを
まわしかけたもの


香りからして、濃厚さがわかります

複雑なあじわいのソースは
ほんのわずか舌に辛味が残って
あとをひきますー

P1330066 (Custom)
もう、、
パンおかわりするしかないよ(;´Д`)


おかわりパンは料理に合うように
比較的プレーンな全粒粉パン

collage_photocat
魚料理

朴葉に乗ったのがのどぐろ
貝の器が金目鯛


のどぐろは潮仕立てで
炭火焼きの香ばしい匂い

お塩・甘味噌をお好みで。

次の「肉料理」は
・なんと(南砺)ポーク
・牛ステーキ
・牛テールの赤ワイン煮

から選択。

うむー(・ω・ )
悩ましい・・・


P1330075 (Custom)

P1330076 (Custom)
連れの選んだ

氷見牛ステーキ

器が、、、ステキ過ぎる

このビジュアルに
連れもワタシもしばし感動

限りなくレアなステーキも

「と、とろけるよう・・・

と感涙にむせびそうな様子。

P1330078 (Custom)
ワタシが選んだ

氷見牛テールの赤ワイン煮

骨のまわりの
一番おいしいところを使用

口にいれると
ほろほろと崩れていく。。。(*≧ω≦)

P1330085 (Custom)
いけないわ。。。

と思いつつも
追いパンして
ソースをすくい尽してしまう

うまいーー

collage_photocat
もーお腹パンパンなんですが

むかごご飯と
エノキの味噌汁、香の物


小さめに盛ってもらった。

ご飯粒がもちっとしてて
これまた美味しいのよー(ノω`*)


もう胃腸に入らないから
右足とかに入れたいわ

やっぱりパンおかわりしすぎた

でも、、、
パン好きのワタシは後悔なしです
( ̄‥ ̄)=3

「デザート」は
・自家製柿のアイス
・薩摩芋ロールケーキ
・フォンダンショコラ
・柿のブランマンジェ

の中から選択

これも悩みまくって・・・

P1330091 (Custom)

P1330093 (Custom)
ワタシは 
フォンダンショコラ

お腹いっぱいなのにね(;^ω^)
なぜかオーベルジュに来ると
濃厚なスイーツを選んでしまう。

でもでも
思ったよりビターで
チョコのとろけ具合も程よく
添えてある金柑や
伊予柑のアイスとの相性ばっちり


P1330090 (Custom)
連れの選んだ
柿のブランマンジェ

゚+.(ノ*・ω・)ノわあ~
かわいい


葛と白胡麻のブランマンジェに
まあるい柿が

実は連れ、
そんなに柿が好きじゃないので
何でコレにしたの?(・ω・ )
と聞いたら

「あんまり好きじゃない柿でも
ここなら美味しく食べさせてくれるかなあって

と言ってました。

やたら糖度を上げた物ではなく
素朴な甘さな柿と
白胡麻ブランマンジェ

「甘すぎなくていいね、
柿の印象が変わったかも

とお気に入りのようでした

今回のデザートは
連れの方が正解だった気がする
少しもらったけど
絶妙な組み合わせなんでした

そういえば以前に
一休のプランで
「デザート何品でも好きなだけ」
というプランがあって
うわ、なんて魅力的
と思ったけど
このお腹具合だと
いけて2品ぐらいだなあ(;^ω^)
(どこかのブログか何かで
6~7品頼んでらした健啖な方を見かけた。
すごいなー)

P1330092 (Custom)
食後にコーヒーと紅茶を
それぞれいただいて

もう、、 
大・大・大満足(*≧ω≦)


2時間半ほどの
夢の美食を愉しみました

いやーすごかった。。(*´ -`)

遠くまできて良かったなあ。。

ちなみにこの日は
鹿児島からキャンピングカーでみえた
リピーターさんもいらっしゃったとか(・ω・ )

おいしいもののためなら
遠路はるばる来ちゃうわよね

全国をゆっくり巡って
あちこち泊まり歩いて・・・

そんな旅もステキですねえ

薪の音さんのレストランは
ビジター利用もできて
ランチは5000円~
ディナーは6000円~
要予約でいただけます
(宿泊者用ディナーは12000円のだと思う)

近くに住んでたら
里山フレンチ、絶対食べにいくわ


次回の朝食・感想編でラストですー

【里山のオーベルジュ 薪の音の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






ステキ温泉ブログがたくさん♪


里山のオーベルジュ 薪の音 お部屋(風呂編) ②


「枝椿」のお部屋のつづきです。

collage_photocat
玄関のそばにクローゼットがあって
浴衣や羽織、足袋、
ソーイングセットなどあり。

もちろんレストランへも
浴衣でOKです


P1320885 (Custom)
冷蔵庫の飲物は無料

ビールも富山パッケージね

collage_photocat
DVDプレーヤー、オーディオあり。

11月はエアコンだけで
じゅうぶん暖かかったけど
ガスファンヒーターもあるから
真冬でも快適そう

P1320923 (Custom)
ドレッサー兼ライティングデスク。

タオル掛けが幅広で
干しやすかった。

collage_photocat
Wi-Fiばっちり繋がります

コーヒーマシン
お茶はティーバック。
冷水ポットあり

P1320929 (Custom)

P1320930 (Custom)
ソファーはほとんど
こっちの3人掛けのほうに座ってました

エキストラベッドにもなりそう。

P1320932 (Custom)
テラスに出られます

全館禁煙だけど喫煙される方は
事前に伝えておけば
テラスに灰皿を準備してくれるそう。

P1320938 (Custom)

P1320944 (Custom)

P1320942 (Custom)
目の前はすべて私有地なのだって

これだけの遮る物のない視界を
確保できるのはすごいわー

のんびりした里山の風景がひろがります

和むわあ( ・´ω`・ )

P1320947 (Custom)
洗面スペース

左にバスルーム
右にお手洗い

P1320951 (Custom)
ぴっかぴか

collage_photocat
椅子があっても良かったけど
広くて使いやすい洗面台

ハンドソープはマークス&ウェブ。

固形石鹸はライスオイルを使った
ナチュラルなもの

collage_photocat
基礎コスメはオムニサンスの
トラベルセット。

最近宿で人気のブランドですー

薪の音さんは
温泉ではないので
バスジェルが用意されてます
(泡立つタイプ)

自分でも入浴剤を持参したので
何度もお湯を入れ替えて
楽しんだんでした

ふかふかのバスローブあり

バスタオルは1人3枚ずつあって充実

P1320968 (Custom)
バスルーム

脱衣所との間に
ほとんど段差がないので
お湯をあふれさせたりすると
浸水のおそれあり
注意書がありました。

でも明るくて
気持ち良いバスルームですー

collage_photocat
ガラス窓からは
テラスからと同じく
里山の景色が広がってます

敷地内には
誰も入ってこないとは思うけど
気になる方は
ロールスクリーンを下せます

洗面器に持ち手がついてて
使いやすかった

P1320976 (Custom)
綺麗なブルーの陶器浴槽

2人で入れなくはないけど
ゆったり入るなら1人かな。

P1330098 (Custom)
バスルームから直接
テラスに出ることもできるので
ときどき涼みながら
何度も繰り返し湯浴み

最高だわ~

温泉じゃないのはちょっと残念だけど
こんな爽やかな部屋風呂があるなら
ワタシ達は大満足

ちなみに「小桜」は檜風呂
特別室「四花菱」はジャグジーの
お風呂みたいです。


これぞオーベルジュ、な夕食編につづきますー

【里山のオーベルジュ 薪の音の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






ステキ温泉ブログがたくさん♪


2017.11 里山のオーベルジュ 薪の音 お部屋 ①


北陸旅2泊目のお宿は

ずっとずっと憧れていた
わずか3室のみのオーベルジュ

「里山のオーベルジュ 薪の音」さん

テレビや雑誌なと
たびたびメディアで取り上げられますが
枠にとらわれない「里山フレンチ」は
訪れた人を虜にしているようで
リピーターも後を絶たないとか

やっと訪問チャンスが巡ってきました
(*≧ω≦)

・チェックイン15時/チェックアウト11時
・ナチュラルモダン【枝椿】のお部屋
・平日に2名利用でひとりあたり30000円
・客室でWi-Fi利用可


P1330140 (Custom)
のどかな住宅街を走ってると
突如あらわれた白壁の土蔵。

「薪の音」と書いてあるし
ここが目印のようです(・ω・ )

これ以外に看板的なものはなかったから
本当にひっそりとあるお宿。

P1330017 (Custom)
お宿の前に車を着けると
奥様が出てきてくれて
駐車場へ案内してくれます

外観は田舎の農家のような?
手を入れすぎてない牧歌的な雰囲気

collage_photocat
石碑にも宿名が彫り込まれてたけど
だいぶかすれてきてた
オープンして13年ぐらいです。

カラカラと引き戸を開けると
土間打ちになったエントランス。

P1330008 (Custom)
更に奥へすすむと
左手にラウンジや客室。

奥がレストラン

ひんやりとして
静謐な空気

P1330002 (Custom)
竈があります

もちろん実際使われてて
ここで炊いたご飯が絶品だとか

たのしみ。。。(*´艸`)

P1320985 (Custom)
ラウンジ

唯一の共有スペースになるのかな

小さくピアノソロが流れてます

collage_photocat
コーナーに置かれたソファーも
素敵なデザインで
上質感があふれてる

P1320986 (Custom)
天井は2階分の吹抜けになってます

P1320990 (Custom)
欄間の細工も凝ってるし
和洋が融合した居心地の良い空間

三水館さん で感じたような
空気の清らかさがあるわあ

部屋にこもりきりになると思ってたんですが
このラウンジが好きで
ちょくちょく来ては雑誌をめくったりしてました。

collage_photocat
この時は消えてたけど
翌朝は暖炉に火が入ります

すっごく高音質なスピーカー
変わった形。。(・ω・ )

置いてある雑誌はやっぱり
「家庭画報」

モデルさんが着用するニットが
普通にウン十万とかするおかしな雑誌ですが
こういう場所で読めば
夢と美を楽しめるから不思議

旅行特集は大好きなので
たまーに買ったりしてます。

P1320997 (Custom)
お部屋は1階に2室(枝椿・小桜)、
2階に1室(四花菱)。

・「枝椿」ナチュラルモダン/ツイン・53平米
・「小桜」ジャパニーズモダン/和洋室47平米
・特別室「四花菱」/和洋室57平米


我々は洋室が好きなので
ツインの「枝椿」を予約

3室のみなので
希望のお部屋がある場合は
早めの予約推奨です。

collage_photocat
この日はたぶん満室で
みなさんチェックイン時間ぴったりに到着。

ラウンジには先客があったので
お部屋でウェルカム抹茶&お菓子を
いただきました。

南瓜のムースに小豆の入った
おいしいスイーツ

もっと食べたい。。

P1320896 (Custom)

P1320898 (Custom)
ナチュラルモダン「枝椿」

2面採光で
明るいお部屋

リビングとベッドルームが
一続きになった
我々好みの間取りです

ベージュが基調で
目に優しいインテリア

良いかんじ(*´∀`)
入って3秒でリラックスできるわあ

P1320899 (Custom)

collage_photocat
少し奥まった所にツインベッド。

和紙でできた読書灯あり。

各ベッドには
なにやらリモコンがついてて・・・(・ω・ )

P1330094 (Custom)
こんなふうにグイーンと
動かせるんでした

頭の部分と膝下あたりと
バラバラに角度を変えられます。

これが思いのほか極楽で

「なんか介護ベッドみたいだね」
と言ってた連れも
実際寝てみると

「なにこれ、最高
とお気に入り

マニフレックス社のマットレスに
寝たのも初めてだったんですが

これ、二度と起きあがれなくなるわ・・・
(*´ -`)(´- `*)

沈み具合といい、
雲に包まれたようで
我々をダメ人間にしていくんでした。。

あー
これほしいー


P1320905 (Custom)
上体を起こしておけば
ベッドに寝転びながら
のどかな田園風景が眺められるという。。

だらだら過ごしたい派の我々には
最高過ぎる環境

このお部屋にして良かったなー


お部屋編まだ続きます。
次回に備品やお風呂など紹介しますー

【里山のオーベルジュ 薪の音の基本情報・予約】



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram






ステキ温泉ブログがたくさん♪


記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド