うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

貸切風呂

フォレストリゾート 森のせせらぎ 夕食 ③


夕食は18:30から
レストランでいただきます

P1380529 (Custom)
4名掛けと2名掛けのテーブルがあって
三分の一ほど埋まってました。

男性のひとり客が2組いらしたのが
珍しかった

中尾彬ばりに首にねじねじを巻いた
オサレなおじさまは常連らしく、
スタッフさんと話し込んでたんでした。

ひとり泊でも15000円ぐらいと
割高感がないので
利用しやすいのかもですね~

P1380492 (Custom)
おしながき

10品ほどの会席コース

P1380495 (Custom)
蕗の白出汁寄せ
海老 ランプキャビア 百合根


このぴらぴらしたセロファンの飾り・・
久しぶりに見たわ(・ω・ ) 

白出汁寄せの手前に添えてある
柚子味噌の主張が強くて
ほぼその味しかしない

collage_photocat
ホタルイカ沖漬け
白魚塩麹和え
桜海老煮凝り エシャロット


どれも濃い味でお酒のアテ

桜海老の煮凝り、
エビの風味たっぷりでウマい

collage_photocat
ドリンクメニューは多くはないけど
満遍なくそろってます。

P1380501 (Custom)
シャトーボーモンのハーフボトルを投入

ハーフで3600円はちょっと高めだったけど
全体的に味付けが強めだったので
負けなそうなやつを

P1380504 (Custom)
お造りはマグロと鯛、平貝

マグロは普通だったけど
他のは鮮度も良くておいしい

P1380508 (Custom)
姫サザエパセリバターオイル焼き
赤魚山椒焼き 若桃
千枚大根フランボワーズ漬け


サザエはバターがきいてて
パンが欲しくなるかんじ

山椒焼きは・・・
ミニチュア?と思うほどちんまりで
ひとくちサイズ

しかしどれもしっかり塩気があるので
ワインのアテになります

P1380510 (Custom)
桜うどん 大和芋

桜が練り込まれた冷たいおうどん

つるつるっといけますー

途中で蕎麦とかうどんとか
麺が挟まれるのって結構好き

collage_photocat
箱根山麓豚の胡麻豆乳鍋

野菜が煮えたら
おにくを入れます

P1380515 (Custom)
この豚ちゃん、
肉質が良くて脂もうまい

お出汁も薄く見えたけど
しっかり豆乳と胡麻の風味で
おかずになる系の鍋

P1380517 (Custom)
巻き湯葉 タケノコ 蛸旨煮

ほどよく薄味の出汁餡が上品

ワラビかな?春らしい食材ですね~

P1380519 (Custom)
P1380521 (Custom)
国産牛グリル
長芋 ホワイトアスパラ
マッシュポテト


胡椒がきいてスパイシー

細かく切り込みが入ってて
食べやすかった

連れ、お肉が3切あると思ってたら
一番下は長芋でガッカリしたらしい

P1380523 (Custom)
ご飯と蟹つみれの味噌汁
香の物は野沢菜、柚子白菜、紫蘇漬け


品数のあるコースだけど
一皿のボリュームは少なめだったので
もりもり食べて
2人ともお代わり

漬物、とてもおいしい

しかし塩気があるものが多くて
喉がかわきますー

(深夜に自販機でジュース2本買った)

P1380526 (Custom)
マンゴープリン 苺とメロン

マンゴーピューレをムースにしたような
なめらかなプリンでした

夕食は1時間半で終了。

ピアノソロのBGMが流れてたんだけど
途中で止まって20分ぐらい無音状態に

でもスタッフさんは気にしてなかったから
いつもの事なのかも?

P1380527 (Custom)
食後はほうじ茶を淹れてくれます

今回は到着がおそくて
あまり時間がなかったから
ゆったりする間もなく
そのまま貸切風呂や大浴場へε=ε=(。・ω・)ノ゙

P1380531 (Custom)
お部屋へ戻ると
布団が敷かれてました。

旅館によって、、いろんな敷き方があるなあ

読書灯とか行燈がないから
本を読みながら寝落ちできずちょっと困った

電子書籍にすれば?と連れに言われるけど
紙のほうが落ち着くのよね~


次回の朝食・感想編でラストですー


【じゃらん】フォレストリゾート 森のせせらぎの基本情報・予約

楽天トラベル



──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

宙SORA/渡月荘金龍 大浴場・貸切風呂 ③


SORAさんには
内湯と露天風呂・サウナを備えた
大浴場があって
20時に男女が入れ替わります

P1180706 (Custom)
大浴場は3Fで食事処は2Fに。

29室あるけど
エレベーターが2基あったので
待つことなくスムーズに移動

collage_photocat
大浴場の入口に
黒豆茶修善寺の名水

セキュリティーボックスもあり。

collage_photocat
スリッパ棚 と スリッパ識別クリップ

持ち札の方がなくなってるのが
結構あった(;^ω^)
元にもどすの忘れてしまうのでしょうね~

collage_photocat
脱衣所   

さすがに広くて
鍵付のロッカーもあり

collage_photocat
基礎コスメ 

イオンドライヤーと
壁掛けの自動ドライヤー


たまーに見かける壁掛けドライヤー。
強力なので
意外とみんな使ってた

P1180715 (Custom)
大浴場 内湯

浴槽が3つあって
広いですー


collage_photocat
サウナもあり(16時~22時)

ジャグジー風呂もある

露天風呂へは
大きな内湯の中を通らないと
行けない造り

P1180734 (Custom)
露天風呂

まばらな夜景が見えます

5~6人サイズかな
湯温が高くて
5分といられず、退散
ほとんど内湯に入ってました~

collage_photocat
バスアメは馬油シリーズ

全体的に照明が暗めで
洗い場付近だけ明るい

落ち着く雰囲気ではあるけど
ジャグジーのあたりとか、
もうちょい明るくても良いかも。

P1180824 (Custom)
男女入替後の大浴場 内湯

こちらも広々~

collage_photocat
こちらはもっと浴槽の数が多くて

寝湯っぽい浅いお風呂や
小石を敷き詰めたお風呂
炭?を浸けてあるお風呂

などなど
あったんですが、、、

P1180827 (Custom)
やっぱり気になるのが
窓のむこうに
白く浮かび上がる露天風呂


こちらも内湯の中を通って行きます

P1180834 (Custom)
光の露天風呂

空間デザイナー辻村久信氏の作品です
一度近くで見てみたかったのよね~

collage_photocat
カッコいい

風雨に晒されてるので
よーく見ると汚れもあるけど
スタイリッシュなお風呂ですー


入浴すると
真っ黒なお湯の中で
光に包まれてるみたいな
不思議な感覚。。。(・´ω`・)


ざばーっとお湯が溢れるもの
いいかんじ


暗い方が
このお風呂を堪能できると思うので
男性は入替前の暗くなった時間に
入っておくと良いかも

collage_photocat
1Fエレベーター付近に
自販機あり。

バナナオレとか、なつかしい
深夜にアイス買いました

P1180799 (Custom)
有料の貸切風呂(40分2000円)が2つあって
珍しく連れが入りたがったので
夕食後に予約しました

P1180805 (Custom)
少し屋外に出て
こういう吊り橋を渡っていくのです

手前の「すべります看板」のとおり
超すべりやすいです
ご注意を~。

P1180808 (Custom)
貸切風呂は「岩」「石」とあって
本当は「石」が希望だったのだけど
予約が埋まってて「岩」にしたんでした。

有料だと我々は大体スルーなんですが
みんな結構利用してるんですねえ
土曜だからというのもあるのかな?

P1180809 (Custom)
貸切露天風呂「岩」

オープンエアで
気持ち良かったけど
もうちょいぬるいと良かったな~(ノω`*)
41~2℃ぐらいでした

2人とも、半身浴状態で
ときどき椅子に座ったりして
星が見えないのを憂いたのでした
(安定の曇天)

貸切風呂は
明るい時間が良いのかも
まわりが真っ暗で
何も見えんのですよ。

吊り橋も
昼間の方が景色が良くて
盛り上がると思いますー

源泉温度は60℃ぐらい。
アルカリ性単純泉の
さっぱりしたお湯でした


夕食編につづきますー

【宙SORA/渡月荘金龍の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



森の入り江の離れ宿 無雙庵 枇杷 貸切露天風呂 ④


枇杷さんには
貸切の露天風呂が2つあって
どちらも無料で利用できます

土肥は夕焼けがキレイなので
夕焼けが見えるころに
入りたいなあと思ったんですが

連れがその時間に連絡しなきゃならない
仕事の用事があったので
少し早めの16時に予約
(この時期の日没は17時半ぐらい)

ちなみに、夜22時~翌朝
予約なしでも
空いてれば入れます

collage_photocat
貸切風呂は最上部にあるので
最も見晴らしが良いです

階段を上って
左右に1つずつ
「河童の誂え」「天狗の瓢(ふくべ)」
があって
広さはほぼ同じ。

最初は
「河童の誂え」の方に

P1180064 (Custom)
脱衣所

collage_photocat
お部屋と同じ「琉スパ」のコスメ

タオルも揃ってるので
手ぶらでOK

なんで湯カゴがあったんだろう?
カメラとか持ち歩くのに便利だったけど

P1180062 (Custom)
ウォーターサーバーと
お楽しみの牛乳&コーヒー牛乳(*≧ω≦)


これが、おいしいんですよね~

P1180068 (Custom)
石の露天風呂

照明が河童

P1180070 (Custom)
爽快な眺め

暑い暑いと言いながら
ザブンと入ってしまえば
気持ち良いですー


collage_photocat
連れは持参のビール
ワタシはさっそくコーヒー牛乳


しあわせを噛みしめます。。。(´ω`★)

collage_photocat
以前は貸切風呂にのみ
牛乳が置いてあったんですが

なんとロビーにも
冷蔵庫が設置されてた


これでいつでも
コーヒー牛乳三昧


夕食の帰りにも
お部屋へ持ち帰ってしまったわあ

P1180115 (Custom)
夕焼けは
お部屋の露天風呂で堪能


P1180126 (Custom)
あっという間に暮れていくなあ。。

お月さまが見えた

P1180182 (Custom)
夕食の後に
もう一つの貸切風呂へ

collage_photocat
「天狗の瓢」
こちらは岩風呂

小さな漁村なので
夜景的なものは見えず
真っ暗でございました

P1180226 (Custom)
翌朝、改めて入りにきた

collage_photocat
照明は天狗のうちわ。

眺めが変わらないけど
浴槽の中に段がある
「河童の誂え」の方がワタシは好きかも

P1180236 (Custom)
朝は港に入ってくる
いろんな船が見えて楽しかった

お部屋にお風呂があるのに
結構利用率の高い
貸切風呂でした

やっぱりみんな
この眺めが見たいのね~


夕食編につづきますー

【森の入り江の離れ宿 無雙庵 枇杷の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



2016 オーベルジュ別邸 山風木 大浴場・貸切風呂 ②


山風木さんには

大浴場貸切風呂があって

15:00~翌朝10:00まで
夜通し入れます
(大浴場は20:00に男女入替)

貸切風呂は予約不要で
空いていれば
内鍵をかけて利用します

collage_photocat
湯処の前に

麦茶 と ペパーミントウォーター

collage_photocat
源泉かけ流しの温泉は
「湯刈田温泉」

うっすら茶色がかった良いお湯なのですー

貸切風呂を利用するときは
忘れずに札をひっくり返します

collage_photocat
貸切風呂の脱衣所

基礎コスメが3種類。
なぜかフタがちゃんと閉まってなかった(・ω・ )

P1170125 (Custom)
貸切風呂

小さな内湯だけど
けっこう落ち着けて好きですー(´ω`★)

collage_photocat
まあるく切り取られたように
真ん中が深くなってる浴槽


山風木さんのお風呂はみんな

ぬるめ設定の上に半身浴仕様

ワタシの好みど真ん中

collage_photocat
大浴場の脱衣所

セキュリティーボックスあり

そんなに広くはないので
夕食前は混雑してて
出直しました

それ以外は
重なっても2人ぐらいだった

collage_photocat
男女で種類が違うシャンプーバー

で、毎度不思議な
マニキュアセット

脱衣所で塗ってる人見たことないけど・・・
旅先で塗りたいもの?(・ω・ )

collage_photocat
「風と木々の湯」

こちらは内湯はなくて
露天風呂とサウナのみ
(右下は水風呂)

かけ湯をはさんで
3つの洗い場

P1170250 (Custom)
土団子サウナ

土団子からイオンが出て
汗とともに毒素が出るんだそう

そんなに高温じゃないので
ワタシでも3分ぐらいはいれた(;^ω^

P1170252 (Custom)
「風と木々の湯」

ヾ(o´∀`o)ノ

前回は1月だったから
冬囲いがされてましたが
夏は全開オープン

P1170253 (Custom)

collage_photocat
浴槽内はベンチっぽくなってて
背中から
サラサラ~っとお湯が流れてるんです

あーーー
めちゃくちゃ気持ちいい


この風呂が大好きで
5回ぐらい入ったとおもう

いつまででも浸かってられますー

collage_photocat
もうひとつの「月と風の湯」

こちらは内湯あり

でもここだけ熱くてー(;´Д`)
足だけしか入れず

P1170275 (Custom)
「風と木の湯」 

P1170277 (Custom)
ばっちり屋根つきで
雨天時も安心


P1170278 (Custom)
大胆に 半分は寝湯スペース

浅いところが多いお風呂
ホント良いわあ

ほとんど浅瀬でちゃぱちゃぱしてました

朝もギリギリまで入りたくて
9:40ぐらいに来たら

スタッフさんが清掃に入ろうとしてて
「あっっ・・・  入ります??」
ってバツの悪そうな顔してた

なんか、ごめん( ;∀;)

でも時間の許すかぎり
入っていたいのだよーー


次回はお楽しみの雲丹祭り♪夕食編です(^^♪

【オーベルジュ別邸 山風木の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



伊豆河津浜温泉 河津海苑 大浴場 ②


河津海苑さんには
創業当時のままに保存した
「明治部屋」というのがあるんでした

P1150988 (Custom) (Custom)
館内案内に
手書きの説明もあり

P1150916 (Custom) (Custom)

P1150920 (Custom) (Custom)
写真だとわかりにくいんですが
すべてが、現在の物より一回り小さい
ミニチュアの世界

自分が巨人になったみたいな錯覚が。。

こちらでお食事をいただけるプランなども
あるみたい。

座椅子もキツイ我々には無理ですが・・(;^ω^)

P1150996 (Custom) (Custom)
大浴場は
通常だと19:30~22:25の間で
4組が貸切利用できるシステム

でもこの日の宿泊客は
ワタシ達だけだったようで

「どちらも終日貸切でお使いください

とのこと

なんと!ぜいたく!

大浴場を貸切放題なんて嬉しすぎる

collage_photocat
男湯・女湯の札を
ひっくり返すと「貸切」に

我々しかいないので
ひっくり返す必要ないかもですが
一応、宿の方にわかるようにして入りました。

・内湯と露天風呂の「いそぶきの湯」
・内湯のみの「七子岩風呂」


P1150931 (Custom) (Custom)
脱衣所に
変わった手洗いが

collage_photocat
パウダースペース に 基礎コスメ

タオルはお部屋から持参します

P1150932 (Custom) (Custom)
「いそぶきの湯」 内湯

P1150951 (Custom) (Custom)
2~3人サイズかな

ここはやや熱めでした。

collage_photocat
バスアメは マーガレットジョセフィン

P1150941 (Custom) (Custom)
「いそぶきの湯」 露天風呂

屋根付で雨でも安心
塀にかこまれてて
眺望はないけど
海に近いので潮風が感じられますー

collage_photocat
ここもやや熱めで41℃ぐらい

露天風呂にも洗い場があって
内湯とは違うバスアメが

大島椿のオイルシャンプー

目を見張るほどサラツヤに

コレ、ちょっと欲しいかも

P1150968 (Custom) (Custom)
もう一つの大浴場「七子岩風呂」
脱衣所の様子はだいたい同じ。

P1150956 (Custom) (Custom)
「七子岩風呂」

P1150960 (Custom) (Custom)
内湯ひとつきりなんだけど

透明な屋根から光が入って明るい

植物がいっぱいあって
温室っぽい雰囲気

P1150963 (Custom) (Custom)
洗い場は4カ所。

collage_photocat
こちらはぬるめで39℃~40℃ぐらい

海苑さんの温泉は
町営で管理してるお湯を引いてるそうで
7種類の源泉ブレンド

ナトリウムー塩化物泉で
海の近くらしい、塩辛いお湯

足の先からしっかり温まって
半身浴でもたっぷり汗かきます

気持ち良いーー(・´ω`・)

夜はどちらも適温になったので
2~3度通ってしまったわあ

珍しく早起きして
朝食前にも入ったり

出汁が出るほど浸かったんでした


ワイルドな創作海鮮料理の夕食編につづきますー


楽天トラベル

【じゃらん】伊豆河津浜温泉 川津海苑の基本情報・予約

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド