うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

長野

たてしな藍 朝食・感想 ⑤

たてしな藍 夕食④
たてしな藍 大浴場③
たてしな藍 お部屋②
たてしな藍 ①


朝食は8:00~9:00の中で選択
ワタシ達は8:00にお願いしました

P1190283 (Custom)
昨夜と違う個室へ案内された

P1190307 (Custom)
りんごジュース

collage_photocat
蕎麦粥 か 白米

1人ずつ両方頼んだら
お櫃と土鍋にたっぷり


シェアしていただきました

P1190293 (Custom)
豆腐サラダ

collage_photocat
温玉 切り干し大根 漬物 佃煮4種

温玉ご飯にして
甘い海老の佃煮をパラパラすると
最高です


P1190304 (Custom)
鱒の一夜干し  

P1190302 (Custom)
高野豆腐の巾着 

山菜と高野豆腐に
出汁がしみてておいしい


collage_photocat
きのこ汁

おかわりできます

デザート的な果物などはないんですが、、

collage_photocat
隣のバー「ちろり」

抹茶と落雁が振る舞われます

その場で丁寧にたててくれる抹茶

ホッとしますー(・´ω`・)

collage_photocat
そしてロビーで
コーヒーと紅茶と小菓子のサービス

チェックアウトまでいただけるので
一度お部屋に戻ろうとしたんですが

母は

「めんどくさいから今飲む」

とのこと

続けざまに飲物ばかりで
お腹が。。。。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

チェックイン 15時  アウト 10時半

本館和室10畳Cタイプのお部屋で
1人 22680円

正直、温泉の印象は薄め

あまり特徴のない泉質だったからかな?

でもお食事は良かったわあ

手が込んでたし
ちょこちょこ色んな物が食べられて
楽しめた(*´∀`)

山菜ってそんなに得意じゃないんですが
こちらのは美味しくいただけたんでした

廊下ですれ違うスタッフさんは
皆さん、立ち止まって
にっこり挨拶してくれる

お宿に対して
特に感想を言わなかった母ですが

お部屋にあった寄せ書き張に
何やら書きこんでるのを目撃(・ω・ )


後でチラ見したら

「思いがけず出会った山の宿で
快いもてなしを受けられました。

ありがとう 」


というような事が
書かれてた

実はけっこう気にいったのでは( ̄m ̄〃)

まったく、ツンデレなんだから・・・( ̄ー ̄)

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

collage_photocat
10時前に宿を出て
一路、リンゴ畑へ

母の持つ木は2本あって
中玉ぐらいのリンゴがたわわに実ってます

長い脚立をたてて
せっせと収穫

15時過ぎまでひたすら労働して

段ボール14~5箱分を収穫

へろへろ

(ちなみに、収穫に来られないオーナーさんには
農家の方が収穫して送ってくださるそうです)

IMG_20171209_162230_192
おみやげ

アップルパイが激うま(*´∀`)

リンゴもどっさりもらって
連れが大喜び


蓼科1泊旅は以上ですー

今回もお付き合い、ありがとうございました(●´ω`●)

【たてしな藍の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



たてしな藍 夕食 ④


本館のゲストは基本的に
部屋食のようでしたが
食事処の個室に空きが出たようで
そちらでいただくことに

18:00~19:00の間で選択
間をとって18:30にお願いしました

collage_photocat
個室の席は
掘りごたつで楽ちん(・´ω`・)


新館は自動的に個室になるようですが
空いてる事も結構あるのかも
希望する場合は
早めに伝えておくと良いですよー。

collage_photocat
最初に あたたかい紫蘇茶

ホッとするわあ

食前酒は 苺の微炭酸カクテル

collage_photocat
お品書き

母はお酒を飲まないので
この日はワインは頼まず。

日本酒を使ったカクテルとか
オリジナルのメニューが豊富だった

P1190162 (Custom)
錦秋和え

焼いたシメジや蟹、菊菜などの白和え
ザクロが散らしてあって彩がキレイ~


P1190165 (Custom)
旬菜  ふたりぶんです

collage_photocat
落鮎の一夜干し 木の子芋 塩入り銀杏
銀杏豆腐 焼き馬鈴薯鴨ロース重ね
イカと茸のワサビ和え


黄緑色の銀杏豆腐は
そのまま銀杏を固めたような濃さ

鴨ロースには粒マスタード

イカのワサビ和え、
舌がビリビリする刺激

秋らしい盛り付けですねえ

P1190173 (Custom)
舞茸真丈 芽蕪

柚子のいいかおり

ちっちゃな蕪がかわいい

美味しいお出汁ですー(*´∀`)

P1190176 (Custom)
信州サーモンの昆布〆 刺身湯葉

厚切りの信州サーモン

湯葉刺し、好きなんですよね~

とろっとしてうまーい(・´ω`・)

器も盛りつけも華やかでうっとり

それを、ものの1分で
パクパクっと食べちゃう母( ;∀;)


いや、好きなように食べていただいて良いのだけど

もうちょっと味わうとか、余韻とかさあ。。(ノД`。)

collage_photocat
特選牛のワイン蒸し焼き

その場で焼けた石に
ワインをじゅばっとかけます


玉ねぎや、リンゴと一緒に蒸し焼きに

・・・当然、事前に蒸してあるので
箸で切れるほど柔らかい

肉厚なしいたけもうまし

P1190189 (Custom)
高原野菜と海老のすり身包み

キャベツロールのなかに
ふわふわの海老すり身団子


べっこう餡が濃すぎずいいあんばい

collage_photocat
秋鮭クリーム焼き 

茶蕎麦イガ栗の中にはサツマイモ

まだ中盤だけど
品数おおいのですねえ


だいぶお腹いっぱいになってきました

母はまだまだいけそうな様子( ̄‥ ̄)=3

たぶん、ワタシよりたくさん食べられると思う

P1190199 (Custom)
山里秋の恵み盛り合わせ

これも2人ぶん

ちょっとずつ小皿にとっていただきます。

collage_photocat
刺身こんにゃく  

きのこ3種和え
(おろし・お浸し・昆布〆)


白くてひらひらしてるのは
山伏茸というのだって

おもしろ食感

どれもさっぱりしてて
お腹にひびかない

黄色いほおずきは食用だというのを
聞く前に食べてる母

とにかく、早食いなのですよ昔から

お酒を飲みながらまったり食べる
連れとの食事に慣れてしまって
なかなか追いつけず。。

P1190209 (Custom)
里芋と鰊の田舎煮

ニシンは焼いてあって香ばしい

お出しがちょっと変わってて
うっすら甘めだった

それがまた里芋に合う


collage_photocat
松茸ときのこの炊き込みご飯

赤出汁  香の物


母は普通盛り、ワタシは小盛り

いやー
予想よりボリュームありました


最後の方は苦しいぐらいに・・(;´Д`)

でも松茸ご飯は完食
おいしいんだもの~(*´艸`)


collage_photocat
デザートは 柿とマスカット

羽二重餅の中にキウイと小倉あんと生クリーム

手作りのようです
しっとり、上品な甘味


どれも彩が美しくて
ちょこちょこと色んな食材を食べられる

女性ウケしそうな懐石料理なんでした

collage_photocat
食後はロビーに案内されて
ライトアップされたお庭を見ながら
ワインかグレープフルーツジュースをいただけます

母はジュースで
ワタシはワインをもらった

意外とカラフルなイルミネーション

躍動感ある音楽と連動して
どんどん色が変わります


ワタシ 「おいしかったね~(・´ω`・)あのワイン蒸し。。 」

母 「え?そんなの出たっけ?(・ω・ ) 」

ワタシ 「 Σ(゚д゚ )!! 特選牛のやつだよ!石にワインをじゅばっとかけたやつ!」

母 「あーー  そういえばあったね(・ω・ ) 」

まあ、そんなものよね・・・(ノω`*)

親というのは、喜ばそうとすると反応せず

意外な物に食いついたりして

予定通りにはいかないものです

collage_photocat
お部屋へ戻るとお布団が敷かれてて
冷水ポットも用意されてた

布団カバーはもちろん藍染

P1190253 (Custom)
お夜食の 蕎麦寿司

かんぴょうと玉子焼きが巻かれてる

蕎麦は軽いので
夜食にぴったり

母に食べられる前に
自分のぶんを平らげておいたんでした(≡ω≡.)



次回の朝食・感想編でラストですー

【たてしな藍の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



たてしな藍 大浴場 ③


内湯と露天風呂が付いた
大浴場があって
15:00~22:30 
翌朝6:00~9:30
の間に入れます
(20:00に男女入替)

夜22:30にクローズは
ちょっと早いな~
深夜に独泉ができない

他に45分2160円
貸切風呂も利用できます
(2ヶ所・予約制)

collage_photocat
大浴場のいりぐち

館内は広いのだけど
ロビー・大浴場・食事処は
1ヶ所にまとまってるので
わかりやすいです

P1190112 (Custom)
脱衣所

脱衣籠の棚は反対側にもあるので
室数に対して妥当なスペース

collage_photocat
お部屋と同じ基礎コスメ。

クシ・綿棒あり。

ドライヤーもパワフルで助かったわ~

P1190113 (Custom)
大浴場・内湯

collage_photocat
中庭が見えますー

洗い場が少ないので
10人とか重なってしまうと困るかも

この日はほとんどかち合わず
ワタシ達を入れて
最大で4人になったぐらい。

バスアメはお部屋と同じ資生堂。
女性に好まれそうな宿だと思ったけど
アメニティ関係はわりと普通
シャンプーバーとか置いたら良いかも

P1190120 (Custom)
露天風呂

collage_photocat
ばっちり屋根付なので
雨でも安心


冬囲いもできそうな造り

それほど眺望はないけど
ぬるめのお湯で気持ちよかった

ワタシはここのお風呂が
一番好きでした


自然が近いので
やたらとカマドウマが出るのは
びっくりしたけど
のんびりできました~

P1190134 (Custom)
泉質はそれほど特徴感じなかった

アルカリ性単純泉で
超・マイルドなお湯

長湯しても疲れないのは良いですー

collage_photocat
ところてんのサービス


竹筒が涼しげだわあ(・´ω`・)

風呂上りに
ロビーでいただいたんですが

母は立ったまま
3秒で食べ終えたらしい


もうちょっとくつろごうよ。。。

その後、姿が見えないな~
と思うと
売店で藍染に張りついてたんでした

そんなに好きなのか。。

P1190254 (Custom)
男女入替後の大浴場 内湯

P1190257 (Custom)
こちらの方が少し大きめかな

5~6人で入れそう

P1190255 (Custom)
湯気が。。。。

夜22時過ぎ、
クローズ直前は誰もおらず
のびのび~

露天風呂は暗かったので
朝の写真にしますね ↓

P1190272 (Custom)
露天風呂

こちらは岩風呂です

珍しく早朝に起きられたので
大浴場が開く6時ちょうどにきたら
「清掃中」の札がずーーとあって
6時半近くまで入れず


お掃除のおじさんが
やっと出てきて、札を外したんだけど
理由を説明するでもなく

「この季節は落ち葉が拾いきれない。。」
とブツブツ呟いて去っていった


で、入ってみたら
まだ結構落ち葉が浮いてたんですが
落葉樹に囲まれてるから
仕方ないのでしょう・・・


collage_photocat
こちらは屋根なしなので
三度笠があった

朝はスッキリ晴れてて
いい風が吹いてて
露天風呂日和なんでした


夕食編につづきますー

【たてしな藍の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



たてしな藍 お部屋 ②


お部屋は本館と新館があって
ワタシ達は最もお安い
本館2FのCタイプ

露天風呂付きとか
和洋室もあるようなので
吟味されると良いですよー

P1190008 (Custom)
Cタイプ 「水木」

一番小さなお部屋なのに
広い玄関と踏込


生花が飾ってあります

P1180965 (Custom)
10畳の和室

2人なら充分なスペース

P1180969 (Custom)
窓際の椅子が
なぜか室内側を向いてる


そして、この椅子小さめです。
大柄な人は窮屈かも


collage_photocat
窓の向こうは
溢れんばかりの緑


涼しくていい風が入ってきますー

collage_photocat
床の間に香炉。

掛け軸の絵は、、
かわいい鳥さんたち(・´ω`・)

collage_photocat
冷蔵庫の飲物は
有料で旅館価格。

collage_photocat
お茶セット  ドリップコーヒー

灰皿あるけど
室内に臭いは全くなし
collage_photocat
浴衣・作務衣・羽織・足袋

バスタオルは1人2枚ずつ

羽織も浴衣ももちろん藍染

母は浴衣で、
ワタシは作務衣で過ごしました


collage_photocat
旅館と藍染は相性がいいのか
「これでもか」というしつこい感じがしない


お部屋にしっくりなじんでますー

長持ちにかけられた
大判の房付きショールの
水玉模様がナイス

自宅でテーブルランナーに
使いたいなあと思ったけど
同じ物は売ってないみたいで残念

ほとんど一点物なんですよね。

collage_photocat
洗面所

照明がやや暗め

タオル掛けはよくある物で
ここでは乾かないから
室内に移しました

collage_photocat
基礎コスメ  アメニティ

ドライヤーが壁掛けでイマイチなので
大浴場のイオンドライヤーを使用。

collage_photocat
お部屋のお風呂は
沸かし湯なので使用せず

collage_photocat
お部屋のお菓子は
芋きんつば

好物ですー(´ω`★)
1つだけ食べて後のお楽しみ・・・
と思ったら


母の好物でもあったので
一瞬の間に全部食べられてた


・・・・いいんだ。。( ;∀;)
売店にあったら買うから。
(なかった


鍵が1本しかなくて
出歩き放題したかった我々は
ちょっとめんどくさかったです


大浴場編につづきますー

【たてしな藍の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪



2016.10 たてしな藍 ①


今回は母とふたり旅。
長野県は蓼科の
「たてしな藍」さん へやってきました
全17室のお宿です。

チェックイン時間より
20分も早く着いてしまったけど

駐車場まで
スタッフさんが小走りで来てくれて
すぐ案内してくれた

P1190278 (Custom)
苔むした石段のアプローチがステキ

collage_photocat
広いお庭には
スタッフさんが丹精した
高原の植物がいっぱい

途中で石段が枝分かれして
休憩場所や
藍染工房が点在してます。

このお宿を選んだのは
母が一時期
藍染に凝ってたからなのです


工房では
ハンカチや日傘などの
藍染体験もできます。
(前日までの要予約)


でも今回の旅の目的は
あくまで、リンゴの収穫 
(詳細は1つ前のカレー屋さん記事に)


藍染体験は原則として
宿泊の翌日になるようなので
翌朝はやく出発するワタシ達は
時間が合わず。。。残念

collage_photocat
玄関の脇に喫煙場所あり。

客室も喫煙可能なようだったけど
臭いは全くしませんでした

collage_photocat
玄関をはいると
お香のかおり。。(・´ω`・)


ピシッと並んだ草履や番傘

P1190087 (Custom)
ロビーへ

P1190088 (Custom)
純和風な宿かと思ってたら
ロビーはホテルのような雰囲気

collage_photocat
ロビーからテラスへ出られます

夜はお庭がライトアップされて
幻想的に

collage_photocat
ロビーの一角に
ライブラリー的なスペースが

雑誌や書籍を少し置いてます。

P1190058 (Custom)
このロビーが結構活用されてて

・お風呂上りのところてん
(15:30~17:30)
・夕食後のワインやジュース
(20:00~21:00)
・朝食後のコーヒー
(8:00~10:30)

などのサービスあり

ロビーのソファーで
まったり過ごせる時間が
たくさんあった(・´ω`・)


P1180958 (Custom)
ウェルカム茶 と 宿オリジナルの水菓子

寒天?葛?の中に
こしあんが入った上品なお味

記帳をしてる間に
ロビーにいらした
全てのスタッフさんが
代わる代わる挨拶しにきてくれた

それが全然マニュアルっぽくなくて
1人1人、ちょっとした会話があって
個性を感じる接客なんでした

ワタシがあちこち写真を撮ってる間も
母とずっとおしゃべりしてくれたから
すっかりご機嫌になってた母
助かったわあ~

P1190109 (Custom)
売店は もちろん藍染めの品ばかり

collage_photocat
藍色だけなのに
色んな風合いがあるんですねえ

さっそく食いつく母

じっくり眺めて

「これはかなり技術がいるわね

「この布でこういう色を出すには何年もかかるのよ

とか言いながら
夢中になって見てたんでした

・・・やっぱり
藍染体験させてあげたかったなー
段取りが悪くて申し訳ない


ちなみにワタシは
それほど興味ないんですが
藍染にハマると
家の中がどんどん藍一色になりますよね。。
コースターやランチョンマットから始まって
布団カバーや靴も染まり
最終的に父のジャケットも絞り染めに

いっとき、実家は藍色でした

なので
藍染フリークの方には
たまらないお宿なのかも

collage_photocat
さっきいただいた
オリジナル水菓子がおいしかったから
母もワタシも帰りに購入


長野のりんごジュースや
地元のお菓子も
上質そうなセレクトだった


P1190061 (Custom)
客室へ向かい途中
階段にあった掛け軸風の藍染め。

藍色以外も入ってて
華やか

館内のあちこちに
大作が飾ってあるんでした


お部屋編につづきますー

【たてしな藍の基本情報・予約】




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪




記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド