本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
旅館 心乃間間の口コミはこちら
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
夕食をいただきにフロント棟へ
期待で胸がいっぱいですー

イタリアンって和食寄りなのかなー?
作務衣で行けるのは楽ちんです
collage_photocat









個室になった食事処

一段下がった場所にあるんですが
掘り込まれた数段の階段は
手すりなどがないのでご注意を~
collage_photocat
















2名用のテーブル席からも
敷地越しに 
暮れ行く阿蘇の山並みが見えます

呼びボタンあり。
こういう個室席は
スタッフさんを呼びにくいので
すごく便利だった
P1120553 (Custom)












※クリックで拡大します

メニューをじっくり眺めつつ・・・・
collage_photocat
















ドリンクメニュー の吟味

銘柄ごとに名刺ホルダーに入ってた
これ、見やすいし欠品も差し替えやすくて合理的

さすがに熊本だけあって焼酎が充実してます
梅酒もたくさん種類がありました
ワインはボトルで4000円ぐらいから
日本酒ももちろん揃えてますー
collage_photocat









スパークリングワインをボトルで注文
ワタシはオレンジジュース
collage_photocat
















チーズフォンデュ   バケット お野菜いろいろ

1人ずつ小鍋があるから
自分のペースでフォンデュできます
とろとろチーズ、序盤から至福
・・・・カリフラワーが紫だ
味はフツウのカリフラワーでした。
P1120582 (Custom)












パンはさらにやってきます
バケットとライ麦パン
ホテルバター

ここでパンを欲張りすぎると
後で死ぬほど満腹になります

でも美味しいパンだった~(ノω`*)
collage_photocat
















前菜の盛り合わせ
桜海老のキッシュ  サーモンの生春巻き
赤鶏の燻製  牛肉のマリネ  八代産トマトのカプレーゼ


どれもワインに合うものばかり
燻製と生春巻きがお気に入り
collage_photocat









鯛のカルパッチョ

すっごく綺麗な陶器のプレート
心乃間間さん、器もスバラシイですー( ・´ω`・ )
collage_photocat









蕪のスープ

クリーミーなのに蕪がしっかり感じられる
たっぷりあるので
パンがすすむすすむ

取っ手のついたスープ椀
変わってるなあ、と思ったら
レンゲが置けるようになってる
秀逸なデザインですー
これ、欲しいわあ。。
P1120594 (Custom)












牛肉のラグーソース  リングイネ

パスタは自家製のようで
もちもち(*´艸`)
甘めのラグーソースも美味しくて
牛肉の塊も入ってボリューミー


心乃間間さんの夕食で
一番思い出すのは
実はこのパスタなんでした
絶妙のバランス
また食べたい。。。
collage_photocat









天草産 鰆のグリル

お野菜も盛り盛りで
芽キャベツやらアスパラやら
こちらもボリューミー

鰆は口にいれると
ふわふわと消えてしまう軽い食感
バルサミコのソースが合うわー

さきほどの パンとパスタが
じわじわと満腹中枢に。。。

でもでも こんな美味しいもの残せない
collage_photocat
















黒毛和牛のステーキ

ふつう、旅館のステーキといえばひとくちサイズなのに。。。
ばっちり5切れある
そして裏側にはお野菜盛り盛り。。。

脂身少な目だけど程良いジューシーさで
超・好みなお肉(*≧ω≦)
粒マスタードがきいたソースも絶品
のけぞりつつ、完食
P1120605 (Custom)












苺のタルト  南瓜のジェラート  フルーツ

わあい(*≧ω≦)
イタリアンだもの、焼き菓子系があるのウレシイですー
さくっとしたタルト生地で美味しかったー

もう、何もかも満足。。。。。。。(´ω`★)
collage_photocat









食後の  紅茶とコーヒー

ちゃんとミルクつけてくれた

夢中で食べきったけど
このフルコース
都内のちょっと有名な店で食べたら
宿泊費と同じぐらいになりそう

もっと近くだったら定宿間違いなし
箱根のオーベルジュ蓮さんと並ぶ
食事の満足感(と満腹感

シアワセな時間でございました。。。


次回の朝食・感想編でラストですー

【旅館 心乃間間の予約・基本情報】

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

Instagram



ステキ温泉ブログがたくさん♪




本記事は宿らん調査員として訪れた際の体験です
旅館 心乃間間の口コミはこちら