うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

yamanasi

石和温泉 みなもと旅館 大浴場 ②


collage_photocat
大浴場には
フロント側とは別の階段を使って行きます

途中で調理場の前を通るんだけど
スタッフさんの声がダダもれで
いろいろ聞こえてしまう

そして1階の廊下に
部屋から出された座卓が立て掛けられてて
ずっと清掃中みたいな雰囲気

使ってない部屋なのかしらね?

collage_photocat
男湯と女湯が隣り合ってます。

この日は我々を入れて3組ほどしか
いなかったので、ほとんど重ならず

どちらも内湯と露天風呂があって
夜通し入れます
(露天風呂は23:00~6:00までクローズ)

P1390691 (Custom)
女湯の脱衣所

マッサージチェアあり。

入口の真ん前にあるので
揉まれてる最中に誰かきたら
目が合ってしまいそう

collage_photocat
ドライヤーは
壁掛けとクシ付タイプ。

お部屋にはないので
ここで髪を乾かします。

collage_photocat
化粧水や乳液、ヘアスプレー

温泉は高アルカリ性で
源泉温度は45.9℃。
循環ろ過してます。

そして露天風呂のほうだけ
ワインエキスを投入してるそう

ワインエキスというのは
近所の酒屋から購入してるそうで
本物の葡萄から抽出された物のようです


P1390702 (Custom)
女湯の内湯

P1390709 (Custom)
ゆったりだと3~4人サイズかな。

40℃ぐらいでぬるめ

P1390730 (Custom)
首までどっぷり浸かれますー

つるつるした良いお湯

collage_photocat
バスアメはどれもメーカー不明。

前はかまわず置いてるものを使ってたけど
尋常じゃなく髪がキシキシすることもあるので
持参したのを使いました。

洗い場のとなりに
露天風呂へつづくドア。

ここは23:00~6:00まで施錠されます。

P1390711 (Custom)
狭い。。。

細長い通路の奥にすすむと

P1390712 (Custom)
おお∑(*゚ェ゚*)

鮮やかなルビー色

葡萄の香りが漂ってます

collage_photocat
上部がわずかに開いてますが
閉塞感あるなあ(;^ω^)

いつも独泉だったからいいけど
他人と2人だと気まずいかも

それにしてもすごい色で
手にすくってまじまじと見てしまった(・ω・ )
 

色もすごいけど
香りのほうも強めで
本当にワインに浸かってるようです


こちらも内湯と同じく40℃ぐらいなので
じっくり長湯

けっこう気に入っちゃって
何度も通ったから
肌がピンクに染まっちゃうかも~(´ω`★) 
(染まりませんでした)

連れも

「すごい色だね~、ワイン飲みたくなる

と気に入った模様でしたが

どうも女湯と雰囲気が違うっぽい

P1390819 (Custom)
男湯の内湯

こちらはそんなに
変わらない感じですが・・

P1390810 (Custom)
あれΣ(=゚ω゚=;)

なんか広い

P1390815 (Custom)
屋根はしっかりかかってますが
女湯より露天感がある

P1390817 (Custom)
4~5人で入っても大丈夫そう。

いいなあ~(;´Д`)

ちなみに男女の入替はないのです

広い方にも入ってみたかったわ・・
ちょっと残念~。


夕食編につづきますー

【じゃらん 石和温泉 みなもと旅館の基本情報・予約】

楽天トラベル


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

2018.3 石和温泉 みなもと旅館 お部屋 ①


山梨は石和温泉に行ってきました

大きな温泉街だし
高速で1時間半と近いけど
今まで宿泊する機会がなかったなあ

今回も急に休みが決まったので
前日に近場をさがして

・ワイン風呂(温泉)
・鴨料理
・リーズナブル


の3点に惹かれてポチっと予約(。・ω・)ノ゙

「石和温泉 みなもと旅館」さん


・チェックイン15:00/チェックアウト10:00
・平日限定プラン(日曜も可)
オリジナルヘルシー会席
和室7.5畳~8畳(トイレ付)
2名利用で1名あたり11300円
・Wi-Fiのわの字もないです
・石和温泉駅から送迎あり

お安いし
期待値低めでのぞみましたが
お部屋や設備に関しては
予想を下回る印象でした(;^ω^)

古さが苦手な方には
おすすめしません

ワイン風呂と鴨鍋は
まずまず楽しめました


当日の朝に
確認の電話をいただいたんですが
(8:00前というワタシにとっては早朝)

それが何だかぶっきらぼうで
「ほんとうに来んの??」
みたいなニュアンスが感じられて
暗雲の気配が。。

P1390612 (Custom)

P1390615 (Custom)
とうちゃく

外観はレトロな旅館という雰囲気

駐車場がえらく広くて
停め放題でした。

P1390759 (Custom)
恐る恐る玄関をガラガラすると

中から、はーいと声がして
柔らかい雰囲気の女性が登場。

ニコニコ笑顔で
出迎えてくれたんでした

なんか・・ホッとした( ・´ω`・ )

滞在中に接したほかのスタッフさんも
みんな優しかったから
あの電話の主だけ
怖い感じなのかも。

collage_photocat
フロントというか帳場は
ごちゃっとしてます。

ロビー的な場所にソファーがあるけど
座らず、すぐにお部屋へご案内

10室のお部屋は
1階と2階にあって
わりと階段が急でした。

足腰弱い方は1階のお部屋を推奨。

P1390639 (Custom)
我々は2階のお部屋へ。

P1390635 (Custom)
一番角の「夕月」というお部屋。

トイレ無しのお部屋もありますが
連れの強い希望でトイレありに。

共用のトイレは各階にあります。

P1390619 (Custom)
右が部屋のドア(引き戸)

左奥にトイレ

そして洗面台と冷蔵庫。

昭和52年創業当時の面影を
残しまくってます。 

collage_photocat
冷蔵庫は意外にも引き抜き式でなく
中身がぎっしりですが
もちろん有料・旅館価格。

飲物の持込は絶対ダメと
厳しめに注意書きがありました

食事はお部屋か大広間になるので
宴会利用などで持ちこんじゃう人が
いるのかもですね

collage_photocat
洗面まわりはコップが1つに
ハンドソープ。

シンプルなのに
なぜか歯ブラシ立てあり。

基礎コスメは大浴場にありますが
持参するのが無難かと思います。

P1390624 (Custom)
トイレは狭めですが
共用トイレが暗くて怖かったので
トイレ付にして良かったです。

でも後で連れから

「ウォシュレット故障してるみたい・・

と報告が(・ω・ ) 

便座ヒーターは作動してましたが
たしかにウォシュレットは反応せず。
この辺は改善してほしいところ。

P1390642 (Custom)
8畳+広縁

collage_photocat
広さを必要としない我々は
スペース的には無問題ですが

畳があちこちへこむ事や
網戸が穴だらけなのが
とても気になりました

お宿にはお宿の事情があるんでしょうが

ほかにも要☆メンテナンス
な部分がたくさんあったYO(´ω`★) 

collage_photocat
洗面台に鏡がついてないので
メイクなどは部屋の隅にある鏡台を使いますが
手元が暗くて・・やりにくかった

テレビは小さめ。
さすがにブラウン管ではなかったです
(ブラウン管をご存知ない方は
ご両親に聞いてね)

床の間に活けられた生花に
わずかに宿の心意気を感じますが

ケースに入った
日本人形が怖すぎて
夜は一番離れた所に布団を移動しました。

子供のころから苦手で。。

collage_photocat
浴衣と羽織あり。
大小タオルは1枚ずつ。

タオル掛けは鏡台の横にありますが
安定が悪くて干しにくかったです。

館内には煙草の自販機しかありません。

そして、全室喫煙可能です。

部屋の煙草臭は?と聞かれると
うっすらタバコっぽい気もしますが
古い建物特有のにおいと混ざって
よくわからない。。

P1390658 (Custom)
広縁

せまいけど、
2人ともほとんどここにいました

P1390661 (Custom)
特にステキな物は見えませんが
田舎らしいのどかな街並み

近所に居酒屋が点在してるようで
夜は酔っぱらったおぢさん達が
奇声を発しながらふらふら歩く様子を鑑賞できます。

日本の原風景ですね…( ̄ー ̄)

P1390664 (Custom)
この椅子、座面がくるくる回転します。

油断すると
立ち上がる時にコケそうでした。

collage_photocat
お茶請けは
"甲州からの贈り物"

しなっとしたカステラ系の生地に
餡を挟んだもので可もなく不可もなく。

宿の古さに完全にひいてた連れも
入室して30分ぐらいで慣れてきたらしく
窓際の見やすい位置に
タブレットをセッティング

のんびりモードに入れたみたいで
良かった。。(;^ω^)


期待のワイン風呂編につづきますー

【じゃらん 石和温泉 みなもと旅館の基本情報・予約】

楽天トラベル


──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

健康・旬彩の宿 ホテル守田 朝食・感想 ④

ホテル守田 夕食③
ホテル守田 大浴場・貸切風呂②
ホテル守田 お部屋①
──────────────────────

早起きの連れは朝から大浴場へ

お部屋に戻るとドアの前に

P1370996 (Custom)
P1370998 (Custom)
お茶と自家製梅干し

これ、早起きしない人は
朝食に行くまで気がつかないんだろうな~

梅干しは昔ながらの
すっごくしょっぱいやつ

目が覚めたわ~(・∀・;)

P1380013 (Custom)
朝食は昨夜と同じ個室で8:00から。

あらかた用意されてます。

P1380016 (Custom)
サラダとドレッシング

P1380022 (Custom)
卯の花 黒豆 白和え

どれも優しい味付け

P1380018 (Custom)
焼鮭と昆布

P1380017 (Custom)
厚焼き玉子 

甘いタイプでした

P1380014 (Custom)
源泉で炊いたお粥

ミネラルの作用なのか
まろやかでとても美味しい。。( ・´ω`・ )


P1380027 (Custom)
湯豆腐

P1380025 (Custom)
ご飯と味噌汁、塩昆布

程良いボリュームで
朝のお腹にやさしい朝食

30分ぐらいで食べ終えて、、

P1380031 (Custom)
貸切風呂へ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

・チェックイン15:00/チェックアウト10:00
・【お部屋おまかせプラン(貸切風呂1回無料)】2名利用で1人あたり11880円
・現地でのクレジットカード決済は不可
・一部のお部屋でWi-Fi繋がります

施設の古さは否めませんが
泉質の良さは抜群だとおもう

「あつ湯」と「ぬる湯」に交互に入るのが
気持ち良くてすっかりやみつき((・´∀`・))
お肌もつるつるです~


大浴場の利用時間をもう少し長くして
お布団の下にマットレスを敷いてくれたら
うれしいのだけど・・

お手頃料金なので
内容的には十分満足です

そして個人的に
下部温泉の寂れ感が良かった。。

我々は観光してませんが

下部温泉散策マップ

ホタル公園とか大すべり台とか
色々見所もあるみたいですよー


いつもお付き合いありがとうございます(●´ω`●)

次回は勝沼ランチの事を書きますー


【じゃらん】健康・旬彩の宿 ホテル守田の基本情報・予約

楽天トラベル



──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

健康・旬彩の宿 ホテル守田 夕食 ③


夕食は個室の食事処でいただきます

P1370904 (Custom)
ブランケットが用意されてた
肌寒かったので助かります

先付や前菜などは
すでにセッティングされてます。

collage_photocat
お品書きを見ると
それなりの品数

梅酒は自家製

健康志向なお料理がウリの守田さんは
お料理に使う味噌なども女将が手作り
有機野菜や玄米など食材にもこだわってるそう

P1370922 (Custom)
嶺岡豆腐 梅餡 美味出汁

葛と牛乳を使った
もっちりしたお豆腐


梅の風味が上品でおいしい

P1370919 (Custom)
梅花道明寺 川海老柴煮
小川サーモン 松風 小鯛寿司


かわいい梅の道明寺

ひとくちサイズの小鯛寿司

collage_photocat
山梨の宿だけあって
ワインが充実

大和葡萄酒さんの「古代甲州」が3200円

すっきり爽やかな辛口

P1370925 (Custom)
甘鯛葛打ち 湯葉

薄味で良いお出汁

温かい物は後から運ばれてきます。

P1370920 (Custom)
甲斐サーモンと湯葉 
とろみこんにゃく


こんなヘルシーなお造りって
なかなかないとおもう


ワタシは湯葉とか好物なので
うまうまと食べましたが
連れは物足りなさげ

P1370930 (Custom)
山女魚の塩焼き

焼きたてが竹かごに入ってきます

P1370932 (Custom)
ふわふわで程よい塩気

連れは骨ごとバリバリいって
頭とヒレしか残らず

P1370934 (Custom)
ローストワインビーフ

甲州といえば
必ずと言っていいほど出現する
ワインビーフ

葡萄の搾りかすを肥料に混ぜて
おいしく育てた牛ちゃん

ワタシは1枚食べれば十分なので
後は連れに譲渡。

P1370936 (Custom)
白子真薯 ゴボウ 南瓜 インゲン

サラサラの岩塩で

collage_photocat
ほうとう鍋(2名分です)

お造りが出たあたりから
自家製の味噌玉を入れて
ぐつぐつと煮込んでました

ほうとう、大好物(*´Д`)

南瓜が好きで・・
できるだけ味噌より南瓜成分が濃いほうが
好みなんですが
守田さんのはバッチリだった

火を止めるタイミングを教えてくれなくて
麺がかなりクタクタになってたけど
とても美味しかったんでした(´ω`★) 

P1370943 (Custom)
河豚皮煮凝り 黄味酢和え

P1370946 (Custom)
自家製香の物

P1370944 (Custom)
若布ちりめんご飯

ほうとうがあるので
味噌汁はないようです。

ほうとう鍋でかなりお腹がふくれてたけど
なんとか完食

P1370948 (Custom)
みかんプリンと林檎のコンポート

みかんって書いてあったけど
食べた感じは完全に桃ゼリー
変更があったんでしょうかね?

仲居さんがお忙しそうで
説明がなかったんですが

どちらも手作り感があっておいしかった


豪華な物は何もないけど
どれも滋味深いというか・・
家庭料理よりの素朴な会席でした


1時間半ほどで終了。

P1370951 (Custom)
お部屋へ戻るとお布団が敷かれてますが
部屋が狭いせいか重なってる

で、ここのお布団がね~( -д-)ノ

ペッタペタで背中が痛くて・・

一向に寝付けないので
連れが押入れからもう一枚敷布団を出して
2枚重ねにしてくれたんですが
それでも翌朝は身体が痛かった(;^ω^)


次回の朝食・感想編でラストですー

【じゃらん】健康・旬彩の宿 ホテル守田の基本情報・予約

楽天トラベル



──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────

健康・旬彩の宿 ホテル守田 大浴場・貸切風呂 ②


守田さんの湯処は

・露天風呂(凍結の場合クローズ)
・大浴場「守の湯」「南天の湯」
(22:00~翌朝6:00を除いて利用可/19:00に男女入替)
・貸切風呂

があります

P1370853 (Custom)
P1370852 (Custom)
貸切風呂は無料で1回40分。

ボードに部屋番号を書いて予約します

この日は露天風呂がクローズしてて
ゲストも5組と少なかったので
空いていれば何度でも入って良いそう

ガラガラだったので
夕方と翌朝に予約しておきました

P1370953 (Custom)
貸切風呂の脱衣所

そんなに広くないけど
洗面まわりに基礎コスメなど揃ってます。

P1380029 (Custom)
手前の円形が「ぬる湯」
奥の楕円形のが「あつ湯」

窓を開けると外気が入り
半露天のようになります

洗い場もあり。

P1380032 (Custom)
「ぬる湯」の源泉温度は32.5℃なので
適宜、加温してるそうなんですが・・・

ご覧のとおりチョロチョロしか出てなくて
ぬるいというより、水

足先をそっと入れると
・・・ちべたい( ;∀;) 

夕方はまだ何とか腰まで浸かれたけど
翌朝は寒くてムリでした~

P1370961 (Custom)
なので、ほとんど「あつ湯」のほうに

深さがあって
横に並んで2人ではいれます

こちらは41℃前後で適温

P1370903 (Custom)
大浴場は
1階ロビー脇の通路の先にあります。

P1370897 (Custom)
「守の湯」の脱衣所はドアがなく
入口はカーテン。

ときおり、ふわ~っと揺れるので
どうも落ち着かず

collage_photocat
脱衣棚はカゴなし。

アメニティはどの湯処にも揃ってます。

P1370890 (Custom)
大浴場「守の湯」

手前が「あつ湯」
奥が「ぬる湯」

P1370894 (Custom)
ここの「ぬる湯」は36℃ぐらい

最初はひんやり感じて
「おうっ・・・」となりますが
慣れると気持ち良いですー( ・´ω`・ )

ざばーっとオーバーフロー

collage_photocat
脱衣所に2つの源泉の分析書。

ぬる湯の方は循環なしの完全放流式

引湯距離は120mと短いので
鮮度の良いお湯が掛け流されてるんですね~

collage_photocat
下部の鉱泉水はミネラルウォーターとしては
全国最初に発売されたのだそう

へーー(*'ω'*)

無色透明でマイルドな感じの温泉ですが
「ぬる湯」と「あつ湯」を
5分ごとに交互に入ってたら
いつの間にかポカポカに((・´∀`・))

大量に置かれてる竹炭も
何か効果があるんだろうか

collage_photocat
バスアメはポーラとパックスナチュロン。

「守の湯」は19:00まで女湯で
後はずっと男湯になります。

もう1つの「南天の湯」の方が広いので
女性優遇かも

collage_photocat
「南天の湯」の脱衣所

電気のスイッチを示す貼り紙が
出る時は消灯せよ、ってことなのかな

こちらはカーテンでなくドアがあって
「守の湯」より広め。

P1370977 (Custom)
大浴場「南天の湯」

手前が「あつ湯」
奥が「ぬる湯」

内湯だけど窓があるので
翌朝はもっと明るかったです

collage_photocat
小石が敷いてある歩行浴、薬石サウナ、水風呂あり。

「ぬる湯」部分が奥まであって
のびのび入れますー

P1380011 (Custom)
昨夜は止まってたジャグジーが
翌朝は盛大にぶくぶくしてた

35~6℃のジャグジーって
なんだか変な感じだけど
これはこれで、なかなか・・( ・´ω`・ )

夜に一瞬他のゲストと重なった以外は
いつも独泉

お風呂の造りはスパ銭っぽいんだけど
すごく良いお湯なのよね~

朝は10分おきに「あつ湯」と「ぬる湯」を行き来して
身体の芯からあたたまりました

湯上がりさっぱりで、やみつきになりそう


夕食編につづきますー

【じゃらん】健康・旬彩の宿 ホテル守田の基本情報・予約】

楽天トラベル



──────────────────────





ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

──────────────────────
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト♪
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド