うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

ハーブの宿 檪(kunugi) 3つの貸切風呂 ②


檪さんには

・アジアン露天風呂(予約制/40分)
・岩の湯(予約不要・内湯)
・翠の湯(予約不要・内湯)


の3つの貸切風呂があって
すべて無料で利用できます

P1580518 (Custom)
(※クリックしてから拡大できます)
アジアン露天風呂だけ
予約制ですが
予約表の空いている場所に
部屋番号を記入するだけ

他の2つの内湯は
空いていれば自由に入れます


露天風呂は原則1回のようですが
この日は利用者が少なかったので
何度でも良いとのことでした

P1580519 (Custom)
さっそく、夕方にアジアン露天風呂へ

玄関脇にある
ドアから入ります。

P1580539 (Custom)
脱衣所内にドーンと据えられた
シャワーブース

中に腰掛けのある
大きめのやつなので
海外製かな?

P1580544 (Custom)
懇切丁寧な使い方の説明あり。

これ、かならずドアを閉めてから
使用しないと大変なことになりそう

使用される方はご注意を~

P1580542 (Custom)
バスアメはポーラ。

P1580532 (Custom)
アジアン露天風呂


なるほど(*´∀`)

浴槽が敷地ギリギリに
とられてるので
シャワーはああいう形になったんですね。

保温シートがかかってましたが
巻き上げてから撮影。

P1580533 (Custom)
デッキチェアや
ストーンランプの演出で
なんとなく南国風

P1580536 (Custom)
ほぼスダレで囲われてるので
景色は限定されますが
外気が入るので露天感はあります

そして屋根が全面にかかってるので
荒天でも無問題。

P1580535 (Custom)
4~5人で入れそうな
ゆったりサイズ

温度も40~41℃前後で
のんびり浸かれました~


こちらは、夕方と翌朝の2回利用。

P1580523 (Custom)
自由に入れる内湯
「岩の湯」「翠の湯」は
1階の同じ場所にあります

いつきても『オープン』になってた

P1580545 (Custom)
脱衣所。

小さな電気ストーブあり。

P1580547 (Custom)
岩の湯

P1580548 (Custom)
2人サイズといった感じ

ここだけ泡っぽいのが
浮いてましたが
温泉成分なのかな?

P1580549 (Custom)
カランが2つ。

やはりシャワーブースよりは
こちらの方が洗いやすいので
シャンプーなどはここで済ませました。

P1580550 (Custom)
もう一方の脱衣所。

ちなみにどこも棚があるのみで
洗面スペースなどはなかったと思います。

P1580551 (Custom)
翠の湯

不定形な石の浴槽で
1~2名サイズかな

ここが一番こぢんまり。

でもとてもキレイで
ワタシは深夜に1人でも利用しました

P1580552 (Custom)
洗い場は1つ。

御影石を多用した雰囲気が
岩風呂とはまた違って
気分が変わります

P1580543 (Custom)
源泉温度が16.2℃と低いので
加温してます。

公式サイトによると
循環ろ過・タンク移送とあったので
どこかから運んできてるのかも


泉質にこだわりのある方は
物足りないかもですが
いつでも貸切で温泉に入れるのは
我々にはうれしい事でした
(´ω`★) 


P1580524 (Custom)
ちなみに、内湯の隣に、、

P1580525 (Custom)
スチームサウナがあるらしい

こちらは事前に予約が必要ですが
ボディケアに興味がある方は
試してみたら楽しいかも。

スチームサウナのみでも
1500円程度で利用できるようなので
次回はトライしてみようかな

P1580526 (Custom)
良心価格のアロマトリートメントメニューも
ありました。

観光地とは思えない料金(・ω・ ) 
同業者としては興味深い。。

P1580512 (Custom)
玄関付近に自販機あり。

ビールやジュースなど買えます

IMG_20210113_192819_930
そして2階の客室フロア廊下に
お湯も出せるウォーターサーバーあり


飲物に関して困る事はなかったけど
必要な方は買い物を済ませてから
いらっしゃると良いですよー


アジアン創作フレンチの
夕食編につづきます



ハーブの宿 檪(kunugi)
(基本情報・口コミ・予約)
楽天トラベル
じゃらん

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




2019.2 ハーブの宿 檪(kunugi) お部屋 ①


長野旅、2泊目のお宿は

「ハーブの宿 檪(kunugi)」さん


全7室の小さなお宿。

・無料の貸切風呂
・アジアン創作フレンチ


を楽しみに伺いました


ペンション系のお宿が
苦手な連れですが
今回はまったく問題なく
快適に過ごせたようです


それもそのはず
個性的な館内は
隅々まで清潔感があふれ

ビシッと折り目正しいオーナーの精神が
お部屋やお料理にしっかりと
反映されていた
ステキなお宿だったのでした


・チェックイン15:00/アウト10:00
・スーペリアコンビ(和室+ツイン)
14040円×2名=28080円
(通年3000円の予約金が必要/オンライン決済の場合は不要)
(冬季は暖房費が別途1名324円)
・未就学児の利用は不可
・客室でWi-Fi利用できます


P1580405 (Custom)
訪問時は暖冬でしたが
さすがに2月だったので
エントランス付近に雪が残っていました

P1580407 (Custom)
駐車場側は
しっかり除雪されてます。

三角屋根がかわいい
ロッジ風の建物

我々はちょうど三角部分の真下の
2階のお部屋に泊まりました。

P1580408 (Custom)

P1580409 (Custom)
ペンションなので
特に出迎えなどはなく
自分達で荷物を運んで中に入ります

P1580517 (Custom)
玄関脇にスキーロッカー。

やはり冬の白馬は
雪山目当てのゲストが多いようで
宿泊客のほとんどが欧米からのスキー客。

彼等は早朝から夜までゲレンデにいるので
おこもり派の我々は
とっても静かに過ごせました

P1580509 (Custom)
玄関。

お香のかおり

P1580513 (Custom)
フロントで声をかけると
奥からご主人が出てきて
チェックイン手続き
φ(・ω・ )

愛想笑いをするタイプではなく
館内説明をしてくれる間も
ビシッと姿勢が良いので
こちらまで背筋がのびる感じ

最初は
ちょっと怖い人なのかな~
と思ったけど
夕食の時には
ほぐれた表情も見受けられました

P1580508 (Custom)
玄関前のくつろぎスペース。

P1580506 (Custom)

P1580507 (Custom)
アジアン雑貨がたくさんディスプレイされて
販売も行っています。

P1580514 (Custom)
フロントには
スナックやお菓子類も。


館内はアジアン雑貨のインテリアも多く
一見ごちゃっとした雰囲気ですが
清掃が行き届いていて
床などもピカピカに磨かれてます

几帳面なご主人の性格が出てるわあ

P1580515 (Custom)
オリジナルのジャムも販売されてました。

ジャム好きなので
帰りに購入

P1580498 (Custom)
2階のお部屋へ

やはりそこかしこに
アジアンなインテリア。

P1580497 (Custom)
「階段の昇降はお静かに」
と注意書がありました。

まあ、スキーやスノボの
グループ客の中には
ドタドタしたり騒がしくしてしまう人も
いるのかもしれませんね


ご主人は秩序と静謐を好むタイプっぽいので
ゲストのマナーには結構気を配ってる感じ。

我々はひたすらのんびり過ごしたいので
静かな方が落ち着きますが・・
わいわいやりたい人には
向かないと思います。

P1580436 (Custom)
2階の客室フロア。


客室タイプは

・ベーシック和室(バス・トイレ無し)
・スタンダード和室(専用トイレ・洗面所)
・スタンダードツイン(専用トイレ・洗面所)
・スーペリアツイン(専用トイレ・洗面所)
・スーペリアコンビ(専用トイレ・洗面所)
・スーペリア和~nagomi~(展望木樽風呂)
・スーペリアコンド(ミスト付展望ジャグジー・キッチン)


と、多彩に用意があります。


長期滞在のゲストはキッチン付の
スーペリアコンドに素泊まりとかするのかな


我々は悩んだすえに
スーペリアコンビのお部屋にしました

寝室とリビングがわかれていて
天井が吹抜けとあったので
開放感を期待

P1580442 (Custom)
スーペリアコンビはドアを開けると
横に廊下がのびていて
お部屋まで石張りのアプローチがある

へー(・ω・ ) 
ゆったりした造りなのねえ。

カエルのストーンランプは
バリから取り寄せたのだそう

P1580444 (Custom)
全体像を写真におさめるのが
難しいんですが
このように和室リビングと寝室が
壁で仕切られてるかんじ。

P1580481 (Custom)

P1580453 (Custom)
こちらが和室リビング。

小上がりになっていて
隠し照明もあり、なかなか良い雰囲気

しかし、掘り炬燵ではなく
座椅子もなかったので
結果的に我々はあまり居なかったかな

P1580466 (Custom)
こちらがベッドルーム。

P1580448 (Custom)
シックな柄のベッドカバー。

シングルがくっついてるので
奥の人は少し出にくいけど
寝心地は良く、ぐっすり休めました

P1580472 (Custom)
読書灯があるのもスバラシイ
(片側だけですが、ワタシしか使わないので無問題)

P1580469 (Custom)
ベッドルームにある
大き目のソファー

ワタシはほとんどここに座って
本を読んだり
だらっとして過ごしました

連れはベッドでごろ寝

P1580475 (Custom)
ベッドルームの壁面にある
ストーンレリーフもバリ産だそう

隠し照明になってて
これまたカッコイイ

collage_photocat
テレビは
どちらの部屋からも見える位置に

DVDプレーヤーあり。

ちなみにこちらの宿は
全室禁煙です

Wi-Fi使えますが
時折不安定。
お部屋の位置によるのかも?

P1580452 (Custom)
天井、高い((・´∀`・))

太い梁が立派ですね~

説明の通り開放的

山小屋気分を
まんきつできました~

P1580480 (Custom)
和室のほうに
全身ミラーやハンガー、
クローゼットや水屋。

collage_photocat
竹製のハンガーって
初めて見たかも

バスタオルは1人1枚
湯処に持参します。

物干しは円形で
スキーの手袋や帽子なども
干せるもの。

collage_photocat
冷蔵庫の中の
紅茶と緑茶のペットボトルはサービス

安曇野のお水で作った商品らしく
おいしかったです

緑茶とほうじ茶のスティックあり。

お湯の調達は共用部にある
温冷ウォーターサーバーを使用します。

collage_photocat
作務衣はお部屋に置いてないので
希望される方は
チェックイン時にフロントで伝えると良いです。

お風呂の往復には便利でしたが
薄手なので、食事は洋服で行きました。
(羽織などはなかったと思います)


鍵は1つだけど
貸切の湯処はいつも2人で行ったので
無問題


さて、気になる
「専用トイレ・洗面所」
(・ω・ ) 



これはですね・・

室内ではなく
廊下を挟んだ向かい側に
各客室専用のパウダールームがあり
鍵を開けて使用します。


P1580419 (Custom)

P1580429 (Custom)
こちらがスーペリアコンビ専用の
トイレと洗面所。

お部屋から3歩ぐらいですが
鍵を開けたりするので
夜中などは手元が見えにくく
ちょっとめんどいかも?

でもそこそこ広いし
すっごくキレイです

P1580426 (Custom)
斜めに設置されたトイレ
空間の有効利用ですね。

P1580427 (Custom)
おお~(*゚Д゚*)
こちらにタオルウォーマーがあるではないか

タオルはここに干す事にしたら
速攻乾いて、大変快適でした

collage_photocat
アメニティはしっかり揃ってます。

ドライヤーも普通にパワフル

歯ブラシ立てがあるのもナイス

P1580431 (Custom)
THANNのバスアメや
ポーラの基礎コスメがあるのに驚き

お安い料金なのに・・
これなら手ぶらで来られるわあ
(´ω`★) 


お風呂編につづきますー



ハーブの宿 檪(kunugi)
(基本情報・口コミ・予約)
楽天トラベル
じゃらん

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
CREA 2020年2・3月合併号 (だから、ひとり温泉。)
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
OZ TRIP 2019年 12月号
ローカル線で温泉ひとりたび (コミックエッセイ)
タグクラウド