うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

2022年01月

西伊豆の宿のお得プランと、茅野市でパン屋さんめぐり


2019年に泊まって
そのコスパの良さに
また再訪したいな~と思っていた西伊豆のお宿
「新海花亭いずみさん」


約1年間の休業を経て
リニューアルオープン
ヾ(o´∀`o)ノ


◆過去レポ


その新海花亭いずみさんが
超お得なプランを出してます

早い者勝ち!【上級客室も一律料金DAY】レストラン食/2食付き

一休.com


我々が宿泊した標準的な露天付から
最上階の贅沢な広々露天付客室まで
すべて一律2名で36660円

上級客室はすでに埋まりつつありますが
ご予定の合う方はお早目に~


※このセール情報は終了次第消す予定です。

──────────────────────

さて、オーベルジュ・ドゥ ラ・メイジュさんを後にして、2つのパン屋さんに行ってみることに

P1640126 (Custom)
「八ヶ岳パン工房 ベルグ」さん

こちらは帰路の途中だったんですが
そのパン屋さんっぽい外観に
「むむっ(・ω・ ) 」
っときてUターン


やっぱり当たりで、パン屋さんでした

駐車場も広く
オサレな外観

P1640128 (Custom)

P1640130 (Custom)
販売カウンターと
奥にイートインもありました。

店内もスッキリした内装で
居心地よさげ。

P1640131 (Custom)
パンはリーズナブルで
バターロール60円から。

デニッシュやクロワッサンなどもあり
1つ1つが大き目。

ショーケースの中のパンは
スタッフさんに取ってもらうんですが・・


なんだか素っ気ないというか
塩対応



おすすめパンを聞いても
「これですかね・・」という感じで
販売意欲が感じられず
定番商品らしいセロリのパンと
クリームシチューパンだけ買って退散。

P1640129 (Custom)
素敵なテラス席もあるので
軽いランチにちょうど良さそうなのに
この時はなんだか印象イマイチでした


P1640108 (Custom)
もう1つのパン屋さんは
ラメイジュさんのシェフに教えてもらった
「ブーランジェリー けろっく」さん

P1640109 (Custom)
公式サイトが見当たらなかったので
食べログ

P1640124 (Custom)
小さなパン屋さんですが
店内には所狭しと焼き立てパンが
(*゚∀゚)

P1640110 (Custom)

P1640112 (Custom)
こちらもまた
リーズナブルなんですが
凝ったパンが多く
どれもすっごく美味しそう

P1640113 (Custom)

P1640114 (Custom)

P1640116 (Custom)
ズシッとしたハードパンもあり。

これ絶対買おう

P1640117 (Custom)
他にソフトなあんぱんやクリームパン、
デニッシュ系もあり。

P1640119 (Custom)
ううう。
どれも食べたい。

P1640122 (Custom)
冷蔵ケースには
コロネやシュークリームも。


ああ~
保冷バッグ持ってくるんだった

P1640123 (Custom)
人気№1のメロンパン


スタッフさんにオススメを聞きつつ
(ニコニコと親切でした)

いろいろ購入して
大満足(´ω`★) 

FotoJet (3)
自宅でお皿に出してみたんですが

けろっくさんの
・カンパーニュ(大)の存在感がすごい
(皮はしっかり、中はもっちりでめちゃくちゃうまい

他に

・クリームパン
・ミニチーズ
・ジンジャーとチョコ
・オリーブ
・メロンパン
・チーズ

を買いました。


左上がベルグさんの

・セロリパン
・クリームシチューパン

だったと思う。


ベルグさんのセロリパンもユニークで
悪くはないですが
個人的にはけろっくさんのパンの方が好みでした


なのでワタシはけろっくさん推し
ビーナスライン辺りに来たパン好きさんは
ぜひ寄ってみてください~
(この日はたまたま空いてましたが、いつもはもっと混んでるみたい)


長野・車山高原の旅レポは以上です。


いつもお付き合いいただき
ありがとうございます(●´ω`●)

──────────────────────



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)





オーベルジュ・ドゥ ラ・メイジュ 朝食・感想 ③


朝食は8:00から
昨夜と同じ席でいただきました

P1640083 (Custom)
最初のセッティング。

P1640084 (Custom)
人参ミックスジュースと牛乳

スッキリとして
飲みやすい人参ジュース

P1640087 (Custom)
ホイップバターと
自家製ルバーブジャム


わーい(*´∀`*)
一番食べてみたかったジャムです
おいしそう


P1640091 (Custom)
メインのプレート

P1640092 (Custom)
南瓜のシチュー

具沢山でとてもおいしい

P1640093 (Custom)
みずみずしい高原野菜に
自家製フレンチドレッシング


夕食の時も感じたけど
シェフこだわりの野菜が本当においしい

P1640094 (Custom)
ソーセージとマスタード

P1640098 (Custom)
レーズンパンとトースト

パンは焼きたてのアツアツを
持ってきてくれて
おかわりできます

P1640099 (Custom)
すんごい厚切り


カリカリ、もっちりなトーストに
ルバーブジャムをたっぷりのせて・・

うまーい(*´艸`*)
(ジャムは帰りに購入)


レーズンパンとトーストを
1切れずつおかわりして
連れとシェアしていただきました。

P1640088 (Custom)
まったりコクのあるヨーグルト

これも自家製だったのかな?

美味しかったですー

FotoJet (2)
食後に
連れはコーヒー
ワタシは紅茶

牛乳のおかわりをもらって
ミルクティーに


夕朝食ともに
ボリュームは多くないと思います。

特に朝が軽いので
プラスでオムレツなどあっても良いかもね


でも期待を裏切らない
美味しいオーベルジュでした
(´ω`★) 



・チェックイン15:00/アウト10:00
・2日間限定*特別ディナーコース(現金特価)
ツインルームA(車山側)
15120円×2名=30240円
・「車山高原」バス停まで送迎あり
・小学生未満の利用は不可
・現地でのクレジットカード決済不可

今回は天候に恵まれず
ナイスな眺望がのぞめなかったのが残念


しかし、経年のわりに
館内や客室の手入れが良く
スタッフさんの接客も好印象


夕食でいただいた
自家製ハムの王冠は
忘れ難いお料理になりました
(*´∀`)

P1640103 (Custom)
帰る頃になって
スキーロッカーがあるのを発見。

冬はスキーのお客さんも
いらっしゃるのでしょうねえ


車山高原は温泉地ではなさそうだけど
近隣に「白樺温泉 すずらんの湯」
があるので温泉を求める方は
そちらに行きつつ
美食を楽しまれても良いかと

P1640104 (Custom)
名残惜しくというか
10時アウトなので慌ただしくというか
支度をして帰路へ


次回は帰りに立ち寄った
2軒のパン屋さんのことを書きますー


【オーベルジュ・ドゥ ラ・メイジュの基本情報・予約】

──────────────────────



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)





オーベルジュ・ドゥ ラ・メイジュ 夕食 ②


夕食は18:30から一斉にスタート

FotoJet (3)

FotoJet (2)
レストランは
右奥が全面鏡張りなので
奥行があるように見せる上手い造り

まあ、8室にしては十分な空間だし
大人だけなので騒々しさは皆無。


椅子はキャスター付きで
引きずる音がせず
程良きボリュームでクラシックが流れてます


ドレスコードは特に何も言われず
短パン・サンダルを避けるぐらいで
大丈夫だと思います

FotoJet (4)
ディナーメニュー。

P1640030 (Custom)
アペリティフは
ブランケット・ド・リムー
(辛口のスパークリングワイン)

ソフトドリンクに変更可だそうで
ワタシは自家製のジンジャーエールを

22-01-18-17-31-58-648_deco
お互いの写真をほぼ撮らない我々ですが
珍しく連れが撮影した一枚。

自家製ジンジャーエールが
好みに合ったようで
満面の笑みだったらしい

すりおろし生姜が感じられて
確かにおいしかったのよねー
( ・´ω`・ )

P1640035 (Custom)
カマスとイサキのフリット

複雑な模様のお皿は
中央がやや盛り上がった形状。

P1640037 (Custom)
アツアツのフリットは
外はカリカリ、中はふわふわ

淡泊な白身魚なので
好みでお塩を少し。


とてもおいしい(*´∀`)

FotoJet (5)
続いて
シェーカーで供される
トウモロコシの冷製スープ

原村産の甘いとうもろこしで作る
このスープは口コミによると
「出会えたらラッキー
なのだそう


加糖なしとは思えない
驚きの甘さ

何杯でもいけそう

P1640039 (Custom)
カトラリー。

こんな細いナイフ
見たことないかも

ギコギコ切るようなお料理は
出ない模様。

FotoJet (2)
ボトルワインは
4000円~年代物まで非常に充実

ソムリエさん(奥様?)に相談して
選んでもらうのも良いかも

グラスでいただける物も多く
ソフトドリンクのぶどうジュースや
ハーブティー各種揃ってます。

P1640041 (Custom)
我々はミディアムなシラーを

たしか5~6000円だったと思います。

適正な温度でグラスも上質

美味しいです~(´ω`★) 

FotoJet (2)
パンは適宜、焼き立てを
運んでくれます。

どちらもおいしかったけど
バケットの方が秀逸

おかわりもらえば良かったあなと
後で後悔

FotoJet (6)
(=゚ω゚)ノ

高原の風で熟成させた自家製ハム

周囲には色鮮やかな
高原野菜


各席から感嘆の声
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

FotoJet (7)
王冠のごとくそびえる
生ハムタワー

ウツクシイですねえ。。
(´ω`★) 

崩してしまうのがもったいないわ


燻製料理を得意とする
シェフ自慢の生ハムは
絶妙な塩味で
まわりの野菜と一緒にいただくと
一層お味が引き立ちます

FotoJet (9)
天竜鮎のコンフィ
ブール・ブランソース


立派な鮎ですが
ナイフを入れた瞬間に
ホロホロとくずれていく柔らかさ
(連れは頭までまるごとペロリ)

リゾットはタイムの香り

ソースはかすかに雲丹風味でコクがあり
大変おいしい(´ω`★) 

FotoJet (10)

FotoJet (11)
フランス産鴨のロティと
左に国産鴨



国産の鴨は諏訪の鷹匠さんが
獲ってるそうで
最初はなかなか売ってくれず
時間をかけて交渉したのですって

今回は入手できたそうで
食べ比べができたんですが

ぜんぜん違う(゚ω゚;)


フランス産は慣れ親しんだ鴨ですが
国産のほうは
かなりしっかりした噛みごたえ

軟弱舌のワタシはフランス産が好みでしたが
ジビエファンは国産が好きかもなあ

マデラソースも大人の味で
美味しくいただけました

FotoJet (12)
ラズベリーのムース

上に苺がたくさん乗ってます。

甘さ控えめでさっぱりと

P1640076 (Custom)
食後はコーヒー、紅茶、ハーブティーから選択。

我々は
コーヒーとハーブティーをいただきました


コースが終わると
オーナーシェフがホールに登場してご挨拶。


(*゚Д゚*)
激渋ダンディー



グレイヘアを後ろで束ねて
耳にはピアス。

コック服を着てなければ
湘南あたりでサーフィンしてそうな感じ。

今より少し若い頃のマイク真木??


思わず凝視してしまう我々(・ω・ ) 

連れ「絵にかいたようにカッコイイね~
ワタシ「3拍子揃った人、いるんだねえ・・


P1630965 (Custom)
夕食後は一旦お部屋に戻り
21:00からオープンする
バーに行ってみることに

P1630966 (Custom)
レストラン脇に
隠されたように階段があります。

P1640079 (Custom)
そこまで広いバーではなく
4~5人定員という空間。

先客がすでに飲んでいて
我々が入って満席に。

FotoJet (13)
もっとも、洋酒をあまり飲まないので
飲みやすそうな物をおまかせしたら

ワイルドターキー
アメリカンハニーという
甘いバーボンリキュールを割ってくれました。


美味しい(*´∀`*)
(けど強いので飲み過ぎ注意)


こちらのバーは
シェフお一人で対応してくれて
色んなお話を聞けます

この土地を選んだ理由や
農家さんと契約するまでの苦労話など
(最初は門前払いだったそう)
めちゃくちゃストイックなお人柄が伝わってきました
(プロの料理人は大抵ストイックでしょうけど)


さり気なく、
この辺りでおすすめのパン屋さんや
シェフも認める近隣のオーベルジュさんなど教えてもらい
いい感じに酔っぱらって退散


お料理をいただいた後で
シェフご自身とこんなにお話できる事は
あまりないことなので
楽しい経験でした( ・´ω`・ )



次回の朝食・感想編でラストですー


【オーベルジュ・ドゥ ラ・メイジュの基本情報・予約】

──────────────────────



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)





2019.7 オーベルジュ・ドゥ ラ・メイジュ お部屋①


長野に1泊してきました


今回は完全に食事が目当ての
オーベルジュ


「オーベルジュ・ドゥ ラ・メイジュ」さん


標高1600m、車山高原に位置する
全8室の小さなお宿。

専属の契約農家から仕入れる
有機野菜をつかった"旬彩フレンチ"
が楽しみ(´ω`★) 


・チェックイン15:00/アウト10:00
・2日間限定*特別ディナーコース(現金特価)
ツインルームA(車山側)
15120円×2名=30240円
・「車山高原」バス停まで送迎あり
・小学生未満の利用は不可
・現地でのクレジットカード決済不可

以前から行きたい宿リストに
入っていたんですが
「2日間限定特別ディナー
のプランを見つけたので素早く予約。
(=゚ω゚)ノ


どんなお料理がいただけるのか
ワクワクで出かけました

P1630928 (Custom)
とうちゃく

曇天(・ω・ ) 


初夏の車山高原は晴れていれば
爽快な景観がのぞめるはずですが
この日は霧が立ちこめて
ミステリアスな雰囲気

P1630932 (Custom)
玄関脇にあるテラス。

こちらも晴れている時にお茶でもすれば
気持ち良さそうですが
ずぶ濡れ状態です

P1640107 (Custom)

翌日の朝、やや天候が回復したところ。
でも八ヶ岳までは見えなかった。


P1630930 (Custom)
エントランス。


オーナーシェフは
元々は東京のお店で修行されていましたが
自分の納得いくお料理を追及すべく
二十数年前に「水が良いから」という理由で
車山高原にオーベルジュを構えたのだそう

FotoJet (2)
玄関にはスリッパが用意されていたので
履き替えます。

FotoJet (3)
フロント。

呼びボタンを押すと
女性のスタッフさんが出てきて
ラウンジに案内してくれます。

FotoJet (6)

FotoJet (7)
ラウンジ。

ゆったりしたソファーで
チェックイン手続き。
φ(・ω・ ))

FotoJet (4)
オレンジの香りがする紅茶と
生チョコレート


ああ、良い香り(´ω`★) 
お初の小規模宿は少し緊張しますが
スタッフさんは感じがいいし
生チョコもおいしくて
良い予感

FotoJet (9)
ラウンジに薪ストーブあり。

今は7月なので
使われてなかったけど
冬に来たらストーブ好きの連れは
ラウンジに入り浸りそうです

FotoJet (10)
そしてラウンジから
半階降りるとレストランへ。


ラ・メイジュさんは傾斜地にあり
半階上がったり下がったりする
スキップフロアのような構造。

エレベーターはなく階段のみなので
足腰に不安のある方は
宿泊前に相談されると良いかもです。

FotoJet (5)
ソファーの後ろに
観光案内のパンフレットや、、

FotoJet (11)
手作りジャム、
無農薬ハーブティーなど販売してます。

ルバーブのジャムおいしそう
明日買って帰ろうかしら

P1630945 (Custom)
鍵を受け取り、お部屋へ


お部屋までの案内はありませんが
お茶を飲んでる間に
スーツケースはお部屋へ運ばれ、
靴は靴箱にしまわれていたので
とてもスムーズな対応

P1630972 (Custom)
お部屋ごとの靴箱。

P1630973 (Custom)
客室はすべて2F、2F半になります。


客室タイプは

・ダブル
・ツイン
・デラックスツイン


とあって
眺望が「車山側」と「八ヶ岳側」に分かれてます。


我々はリーズナブルな
「車山側」のツインを予約してましたが
ご厚意で「八ヶ岳側」に変更してくれたようでした

P1630979 (Custom)
お部屋に入ったところ。

右にバスルーム。
左に全身ミラー。

FotoJet (9)
ツインルーム(八ヶ岳側)

車山高原は避暑地で涼しいので
冷房設備はなく、扇風機のみ。

この日は涼しくて問題なかったけど
温暖化著しい世の中、そのうち必要になるかもね

FotoJet (12)

FotoJet (2)
ベッドはシングルサイズ。

ベッドサイドに読書灯と
コンセント(2口)あり。

Wi-Fiは敷設されてなかったと思いますー。

FotoJet (14)
お部屋からの眺め

せっかく八ヶ岳側にしてくれたものの・・
濃い霧がとどまり続けて
景色はのぞめず、残念

FotoJet (10)
部屋のコーナーにクローゼット。

FotoJet (11)
コーヒーテーブルと椅子は
かなり窮屈な感じに置かれてます。

FotoJet (13)
ライティングデスクあり。

連れは照明を移動させて
この小さなデスクで
パチパチとPC作業。


連れ「狭い。。けど机があるだけありがたいよ」


横にテレビが置かれてますが
ここまでシンプルな宿なら
いっそなくても良いのでは

FotoJet (3)
ユニットバスルーム。

こちらも予想通り
こぢんまりした感じですが
築年数を経てるとは思えない清潔感


梅雨時期のユニットバスって
どんなに頑張って掃除しても
なんとなく湿気っぽさやニオイがあるものですが・・

どうやって掃除してるの??
と思うぐらいキレイなんでした。

FotoJet (4)
洗面台が小さいのは仕方ないけど
ブルーのツートンタイルは
目地までピカピカ

FotoJet (5)
浴槽は完全に1人サイズで
足を伸ばして入るのは難しそう。

FotoJet (6)
おもいのほかキレイだったので
快適に使えたユニットバスですが
唯一、暖房便座がないのが気になった

夏場はいいけど
冬はおしりがヒヤッとしてつらそう。。

FotoJet (20)
歯ブラシなどのアメニティ。
使い切りタイプのシャンプー、コンディショナー、シャワージェル。

そしてラ・メイジュさん自家製の
ハーブの入浴剤


これがすごく良い香りで(*´∀`*)

ユニットバスでも
少しでも心地良く入ってもらおうという
お宿の心遣いを感じました

FotoJet (19)
大小タオルは1人1セットずつ。

お休み用のシャツガウンあり。
(レストランは洋服着用です)

FotoJet (18)
冷蔵庫には有料の爽健美茶。

冷蔵庫自体は自由に使えるので
飲物は持参されると良いとおもいます。


お部屋にポットやお茶セットがなかったな~

ちょっと温かい物が飲みたい時は
お願いすれば貸してくれるのかしら?

──────────────────────

この日は半分ぐらいの稼働率だったので
お時間にゆとりのありそうな時に
デラックスツインをショールームさせてもらいました

FotoJet (15)
水回りは同じだけど
居室の広さは全然違う

FotoJet (16)

FotoJet (17)
デスクまわりも
ソファーもゆったりなので

お部屋の快適性を重視される方は
こちらがおすすめ


至福の夕食編につづきますー


【オーベルジュ・ドゥ ラ・メイジュの基本情報・予約】

──────────────────────



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)





メルヴェール箱根強羅 朝食・感想 ④


朝食は
①7:30~
②8:45~

と夕食同様に二部制

朝が弱いワタシはもちろん
②でお願いしました

P1690737 (Custom)
エレベーターまで歩いてると
廊下から見えた
テラスらしき場所が真っ白

一晩の間に
ずいぶん降ったなあ

P1690751 (Custom)
今朝も2人掛けのテーブル席へ
(コーナー席は雪景色がステキだったけど、しんしんと冷えたので浴衣の下にレギンスを履いてて良かった)

お隣もおひとりさまでしたが
今度は男性。

本当に1人利用が多いのねえ


朝食は一部セルフになってて、

FotoJet (2)
納豆や海苔、お漬物
お茶・水


P1690754 (Custom)
ご飯や味噌汁は
自分で取りにいきます。



面倒に感じる人もいるかもだけど
ワタシは気兼ねなくお代わりできて
良いと思いました

FotoJet (3)
小鉢はすでに用意されてて
着席すると焼魚が運ばれてきます。

P1690760 (Custom)
サバの味醂干し

脂がのっててうまい

FotoJet
ポテサラ とろろ(朝の名物だそう)
野菜と鶏つみれ 切り干し大根


P1690763 (Custom)
温泉玉子

これで2杯飯は確実

FotoJet (4)
お漬物関係も取ってきて・・
(海苔の佃煮が美味しい)

FotoJet (1)
ご飯をおかわりして
完食

P1690765 (Custom)
デザートの
ヨーグルトを食べた時点で
9:10分。


P1690770 (Custom)
大浴場は10:30までなので
まだまだ余裕があります

朝はほとんど人が来ないしね。

ギリギリまで満喫((・´∀`・))

P1690776 (Custom)
チェックアウト後、
強羅駅までの送迎バスは予約制で
①9:40 ②10:00 ③10:20 ④11:00
というスケジュールだったので
ワタシは最終便を予約。


歩いて行けなくもないのだけどね・・
坂道は危ないし
冬季は送迎推奨です

1641203116720
強羅駅から登山鉄道、と思ったけど
ちょうど湯本駅行きの路線バスが来てたので
乗ってみた

車内があったかくて幸せ
(・´ω`・)

1641203108565
宮ノ下までは雪景色だけど
湯本駅付近はいたって通常。

箱根の高低差を
今さらながら感じますねえ


湯本に着いたら
これまたすぐに電車が来たので
小田原まで行って車をピックアップ。

帰路についたのでした

──────────────────────

・チェックイン15:00/アウト11:00
・洋室ツイン(1人利用)
夕食「梅コース」
洋室ツイン(30~38㎡・禁煙)
1名12100円
ふっこう割5000円使用で7100円
・強羅駅より無料送迎あり
・客室でWi-Fi利用可

今回は予想外の雪で
アクシデントがありましたが
宿のスタッフさんがスムーズに対応してくれたし
おひとりさまに快適な宿だったので
滞在を楽しめました(´ω`★) 



今ちらっと宿泊プランを見たら
1人利用で今回と同じ2食付洋室プランが
10450円
(日にち限定プラン/2021.1現在)

ひとり箱根旅にしては
破格といっても良いのでは

温泉ではないけど
露天風呂付のお部屋もあるし
サクッと近場で泊まりたい時に
また来ようと思います



ああ、ひとり旅行きたい~
( ;∀;) 

なんだかまた
旅行に行きにくくなりそうな雰囲気ですが
皆さま、体調にはくれぐれも気をつけて
行ける時に行っちゃってください~


箱根1人旅レポは以上です。

いつもお付き合いいただき
ありがとうございます(●´ω`●)


【メルヴェール箱根強羅の基本情報・予約】

──────────────────────



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)





記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2021年 3月号 [STAY HOTEL 癒やしの宿]
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Discover Japan2021年1月号「温泉と酒。」
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
Discover Japan 2021年2月号「最先端のホテルへ」
タグクラウド