うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

2022年06月

2019年夏 ◯◯◯荘 お部屋 ①


※こちらの記事は都合により宿名を伏せてます。起きた事実と個人的な主観を書いたものですので、ご興味のある方だけご覧ください。


◆過去記事


以前書いた納涼企画。

だいぶ前の記事なのに
なぜか未だによく閲覧されてます(;^ω^)


今回はこの記事に登場した
~その① 鍵をわたさない館主~
で滞在した時のひとり旅レポになります。


果たして需要があるのか
わかりませんが
先日コメントでリクエストをいただいたし
「こんな事もあったよ~」
という記録として
書いてみることにします


いまだにワタシの中では
№1トラウマ宿なので
もしこの宿をご存知で
好ましく思っている方がいらしたら
(逆にどの辺が良いのか聞きたくもありますが)
そっとページを閉じてください

良い事はほとんど書けません
(・ω・ ) 
(あまりの事に笑っちゃう事は書けるかもしれないけど


ではどうぞ~(*・ω・)ノ


・チェックイン15:00/アウト10:00
・1階和室10畳
(大浴場に近い角部屋)
・1人利用で8640円
・Wi-Fi利用できず
(敷設ありとのことだけどそれらしきネットワークを確認できず)

外観の写真は割愛しますが
民家のような建物でした。


まあ、5部屋しかなく
民宿的な感じの湯治宿なので
着いた時は特に違和感はなかったです。

P1630827 (Custom)
玄関を入って声をかけると
奥から館主が出てきますが

つま先から頭まで
じろ~~っと検分されるように見られて
あまり良い印象ではなかったです


記帳を求められたので
靴箱の上で住所など書いていると

「へ~、◯◯市からきたんだ」

と覗きこんでくるし

顔が近くて怖い


記帳を終えると
お部屋に案内するとのことで
荷物を持って後に続きますが

なぜか2階の和室へ。


???

ワタシが予約したのは
大浴場に近い1階の部屋ですが?

と言うと

「だってこっちの方が眺めいいよ」
「明るいし」



いやいやいや(;^ω^)

温泉に通いやすいように
『大浴場に近い部屋』
を予約したのだから
急に2階にされても困るんだけど・・


せっかくですが
予約したお部屋がいいです、
と伝えると

「え~~、ほんとにぃ?」
「こっちの方がいい部屋だと思うけどなあ」


とかなんとか
ブツブツ言って不満顔。


上った階段を再び降りて
予約したお部屋へ。

P1630795 (Custom)
1階角部屋

シンプルな和室ですが
1人なら十分。


大浴場「大」と「小」どちらも
1階にあるし
食事処も1階なので楽ちんだわ~
((・´∀`・))


しかしここで悲報。


「今日のお客さんはアナタだけだから」
「開けてるの大きい大浴場だけね」


う。
そうなのか



大浴場が片方クローズは
仕方ないとして・・

ゲストはワタシだけなのか~(;^ω^)


大浴場の利用方法や
食事の時間を決めると
去っていこうとする館主。


「あの、お部屋の鍵は・・?」

「鍵?なんで要るの?」
「今日は僕とアナタしかいないんだから」
「必要ないでしょ」



不敵な笑み(に見えた)
を浮かべて去っていく館主。


えええ~~~
( ;∀;) 



だってだって

貴重品もあるし

何があるかわからないし

この建物にあの館主と2人きりというのは

安心どころか不安だし(←本音)


・・暗雲が漂いますが
とりあえずお部屋の中を撮影

P1630798 (Custom)

P1630802 (Custom)
正面に見えるのがお部屋のドア。

照明はぼんぼりのような
間接的な光で昼間でも暗め。

P1630805 (Custom)
角にテレビあり。

広縁もありますが・・

P1630810 (Custom)
椅子があるわけでもなく・・

扉が片方しかない押入れに
ぎゅうぎゅうに詰まったお布団。
(セルフ敷き)

手前に火鉢風テーブルがあります。

P1630812 (Custom)
反対側の扉は
怖くて開けてません

P1630814 (Custom)
なぜかベンチの上に
座椅子と座布団。

P1630817 (Custom)
浴衣と歯ブラシが
2セットずつ。

寝具も浴衣も
心なしかしっとり・・


川が近いせいか
湿度の高い季節だったせいか
館内どこもしっとりというか
じめっとしてました

P1630818 (Custom)
豪快にやぶれてる

FotoJet
タオルとタオル干し。

P1630821 (Custom)
ポットが2つ。

P1630822 (Custom)
お茶セット。

冷蔵庫は共用で2階にあります。

トイレも共用で
1階と2階にあり。

P1630809 (Custom)
窓を開けると
川のせせらぎが聞こえますが
木が生い茂って川自体は見えず。


とにかく湿気がすごかったし
建物の古さも目立ちましたが
良い面をあげるなら
お掃除はきちんとされてるようでした。


さて

鍵を持たぬワタシの運命やいかに


大浴場編につづきますー


*じゃらん【県民割クーポン】*


──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

パノラミックな眺望とラウンジサービス、円形バスタブを満喫✨「アンダーズ東京」さんに行ってきました♪


ハイアットが手がける
日本初上陸の
ラグジュアリーライフスタイルホテル(長い

「アンダーズ東京」さん

に行ってきました
(1泊朝食付プラン)


開業は2014年6月。

都内ホテル巡りを始めてから
ずっと気になっていて
GW後の平日に
お得なプランを発見

数か月前から
予約を入れてたんですが
連れの都合がつかず
半ばあきらめモード


その後なんとか
仕事を調整してくれて
無事に訪問が叶いました


結果的には・・

すばらしかった
(* ´ ▽ ` *)ノ 



お部屋もラウンジも朝食も
全部ステキだったんでした


ダイジェストでどうぞ~
(。´∀`)ノ

FotoJet (9)
アンダーズさんは虎ノ門ヒルズの
47~52Fにあります。

表通りのエントランスは
ひっそりした感じで
通り過ぎそう

FotoJet (7)
車寄せのある
エントランスの方が華やか

FotoJet (28)
ロビーへ向かう
高速エレベーターの中の
立体魚群アート。

FotoJet (27)
フロント前のオブジェ。

FotoJet (13)
バンケットホール付近。

FotoJet (14)
そしてアンダーズラウンジ

どこも天井が高く
重厚かつ洗練されてて
かっこいい(´ω`★) 


FotoJet (1)
エレベーターを降りて
客室フロアへ

ここもまた
モダンなデザインで
目を見張る
&
期待が高まるわあ(´ω`★) 

clip_now_20220625_175739
お部屋はスタンダードな
キングでも50平米あり
眺望によって料金が変わります。

皇居・日比谷公園側

レインボーブリッジ側

東京タワー側


といった感じ。

clip_now_20220625_175940
我々は最もお安い
パークビューを選びましたが
高層階だけあって
十分な眺望

FotoJet (29)
夜景もキレイでした
(ちょっと曇ってたけど)

FotoJet (19)
何より良かったのが
窓際の超ロングソファー



同料金のツインタイプの部屋は
窓の方を向いた
テーブル&チェアになるので
(それもカッコよさげだった)
どちらか迷ったんですが
ソファー好きとしては
こちらで大正解

FotoJet (20)
左右のテーブルの高さが
それぞれ違い、
ワタシは低めの方で
お茶や読書などしてくつろぎ・・

FotoJet (21)
連れはPC作業に向いた
高めのテーブルに落ち着き、
大変使い勝手が良かったのです

FotoJet (23)
そしてアンダーズと言えばの
円形のバスタブ。

楽しみにしてましたが
期待を裏切らない大きさ

FotoJet (24)
半身浴できるステップもあって
2名でも余裕で入れます


高級ホテルでも
バスタブのサイズは
そこまで変わらなかったりするので
この大きさと形は貴重

良い香りの入浴剤など
置いてくれてたので
3回も入ってしまった
(15:00イン~翌14:00アウトと滞在時間が長かったのもあって)

FotoJet (16)
浴衣風のルームウエアや
片方が草履のようなスリッパも
おもしろい
(草履スリッパは足の大きな連れでも、するっと履けるので感激してた)

FotoJet (15)
冷蔵庫内のソフトドリンクや
「虎ノ門きや」のおかき、
チョコレートなどの
スナックが無料なのも
嬉しかったです

──────────────────────

FotoJet (30)
アンダーズラウンジは
特別フロアのゲストだけが利用できる
クラブラウンジなどとは異なり、

宿泊者ならだれでも
24時間利用できるラウンジ

スナックやジュース、
ミニカップケーキなどは
常備されており
スタッフさんに声をかければ
紅茶やコーヒー、カフェラテなども提供されます

FotoJet (26)
そして18:00~20:00の間には
ビールやワイン、
カナッペなどが供され
優雅なイブニングタイムを過ごせます


ジャズが流れるなか
素敵な空間でまったり・・

これを全てのゲストが
享受できるのはすばらしいなあ

fa3e8d9c-s
白ワインをお願いしたら
1Fにあるペストリーショップの
ケーキとミニエクレアも
いただけました

FotoJet (5)

1Fにあるペストリーショップ。

FotoJet (6)
人気商品のエクレア、
実は購入済み
(*´艸`)

ラウンジで
ミニサイズをいただけるとは・・

嬉しかったですー

FotoJet (10)
ちなみに虎ノ門ヒルズ内には
飲食店やコンビニなど
たくさんあるので
食事も買い物も
建物内で完結できて便利でした

──────────────────────

clip_now_20220625_175829
朝食は「ザ タヴァン&グリル ラウンジ」
でいただきます

フロントやラウンジと同じ
51Fにあり
高層ビル群と空を眺めながらの
さわやかな朝食

FotoJet (32)
朝食メニューと料金。
(2022.5月当時)

メインを1品選び
あとはビュッフェで。

こちらの朝食が
とても美味しかったので
召し上がる予定の方は
ぜひ朝食付きプランを


FotoJet (42)
連れが選んだ
オムレツ。

表面が絹のようになめらかで
美しいですね(´ω`★) 

FotoJet (41)
悩みに悩んだワタシは
エッグベネディクトを

アンダーズさんのは
マフィンではなく
クロワッサン。

ソースが濃すぎず
ペロリと食べられます


もう1つの候補だった
マンゴー&パッションフルーツのワッフルを
隣席に座ってらした
金髪碧眼のビジネスマンさんが
美味しそうに食してらした・・


絶対また来よう。

FotoJet (31)

FotoJet (33)
メインがあるので
軽いビュッフェなのかと思ったら
和洋中と充実の内容

FotoJet (34)
パン・・どれもおいしそう

FotoJet (36)
うつわもオシャレで
食べたくなるものばかり

P1880356 (Custom)
チョコワッフル。

ディスプレイがかわいい
(´ω`★) 


もちろん煮物や焼魚などもあり
朝は和食派の人も満足できると思います。

FotoJet (39)
連れのトレーは
やっぱり和食寄り

FotoJet (40)
ワタシはいつも通り
「洋」なラインナップ。


2人とも共通して
ごくごく飲んだ
マンゴージュース、
美味しかったな~

FotoJet (38)
そういえば
飲物もいくつかから選べます


おすすめされた
「黒糖抹茶ラテ」
がすごく気に入ったと
スタッフさんに伝えたら


お部屋でも飲めるようにと
テイクアウト用のカップに
おかわりを入れて
帰りに持たせてくれた



ハイクラスホテルに相応しい
ホスピタリティを
随所に感じた滞在でした
( ・´ω`・ )



どこのお宿も徐々に料金が
上がりつつありますが
(元に戻ったとも言う?)
ここはまた絶対行きたい
(*≧ω≦)


いずれ本レポで
詳細を書きますー


【アンダーズ東京の基本情報・予約】

──────────────────────






〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

草津温泉 ホテルヴィレッジ 朝食・感想 ⑥


朝食は7:00~9:30の間に
「パティオ」か「白根」でいただきます


朝は気分を変えて
夕食と違う方の会場
「白根」に行ってみました

FotoJet
やはりこちらも広大

奥行があるなあ。

今朝は比較的
ビュッフェカウンターに
近い席を選びました

FotoJet (1)
サラダコーナー

FotoJet (3)
温泉卵

FotoJet (4)
たらこや蒲鉾
出汁巻き玉子

FotoJet (5)
とろろ、
しらすおろし
などご飯のお供
(漬物コーナーもあり)

FotoJet (9)
上州豚の蒸し煮 冷奴
こんにゃくの田楽
ソースカツ

FotoJet (7)
こんにゃくうどん

さすが群馬、
こんにゃく推しなのねえ(・ω・ ) 

試しにちょっとだけ
食べてみたけど
なるほど、食感がこんにゃく。

歯ごたえあります

FotoJet (6)
フライドポテトと
チキンナゲットは
ファミリー層を迎えるホテルの定番。

FotoJet (11)
厚切りのベーコンは
セルフで焼く方式。

FotoJet (10)
野菜たっぷりカレー
コンソメスープ
味噌汁

FotoJet (14)
トマトのペンネと
ソーセージ

FotoJet (16)
焼魚と
蒸し野菜

FotoJet (13)
上州名物
焼きまんじゅうと
味噌ダレがありますが・・

これはトースターで焼くのかな?

FotoJet (15)
パンがたくさんある
(*´∀`*)

チョコデニッシュ
おいしそう

FotoJet (17)
オレンジやトマトジュース、
ざくろのビネガードリンク。

コーヒーなどはマシンで

FotoJet (12)
そして冷蔵ケースに牛乳と
一田屋とうふさん直送の豆乳

これ、クセがなくて
飲みやすかった

FotoJet (18)
フルーツとパンプディング

FotoJet (19)
ワタシのトレー。

FotoJet (20)
パンがあればシアワセ
(´ω`★) 

手前の胡桃とキャラメル?
のパンがとてもおいしかった


連れは和食を中心に
いろいろ食べてたようですが、、

FotoJet (23)
最後はやっぱりカレー

スクランブルエッグ&温玉のせ

FotoJet (22)
ワタシはヨーグルトに
しこたまフルーツポンチを
トッピングして
ごちそうさまでした

FotoJet (21)
コーヒーマシンの隣に
蓋付きカップあり。

FotoJet (24)
食後にカフェオレ、
そしてお部屋に持ち帰る用に
一田屋さんの豆乳で
ソイラテを作成。


夕食ほどの品数ではないけど
朝も十分すぎるビュッフェでした

40分ほどで食べ終えて
ふたたび大浴場へ

──────────────────────

・チェックイン15:00/アウト12:00
(レイトアウト11:00→12:00)
・タワー館/洋室ツイン/2食付
「遊び放題パスポート付き」
8200円×2名=16400円
・客室でWi-Fi利用可
・草津温泉バスターミナルまで無料バスが定期運行
(夜の草津観光用に湯畑行きもあり)
また、新宿駅から直行バスあり
(専用プラン利用)


「遊び放題パスポート」のお得感がすごい
3種類の源泉を楽しめる
充実のビュッフェ
リーズナブルな料金

施設の古さは否めない
移動距離が長い


お部屋の水回りなど
古さを感じる部分もありましたが
総じて我々は良い印象を持ちました


どの年代も楽しめると思いますが
移動が長く階段も多いので
足腰に不安のある方には不向きかな


ボウリングやゴルフで
久しぶりに遊び
良質な温泉に浸かって
ビュッフェで好きな物を食べて
今回の料金はコスパ良いなーと思います


またオフシーズンを狙って
今度はテルメテルメを中心に
温泉ざんまいの予定で行こうかしら
(今調べたらテルメのみ使えるフリーパスプランもあるみたい)

そしてもう少し各施設から近い
ウィング館かシャトー館にして
連泊で再訪したいです


ホテルヴィレッジさんレポは
以上になります。

たくさんのアクセス
ありがとうございます


次回は最近行ったホテルの
ダイジェストを書きますー


【草津温泉 ホテルヴィレッジの基本情報・予約】

──────────────────────






〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

草津温泉 ホテルヴィレッジ 夕食 ⑤


夕食は17:00~21:00の間で
好きな時間に行ける気楽なスタイル

FotoJet
14:30になると
ロビーの電光掲示板に
2つのビュッフェレストランの
メニューが掲示されます
(※画像はクリック後に拡大できます)


大型旅館でも
ビュッフェ会場が2ヶ所あるのは
初めてかも

内容も結構違うので
悩むけれど・・

FotoJet (6)
肉料理が多そう、
という連れの意見で
夕食は「パティオ」の方に決定

開店準備中に
階段の上から見てみると
ひろびろ空間

FotoJet (5)
カウンターに
ライブコーナーあり。

連れ「ピザ釜があるー
「お、あそこでステーキ焼くんだね

「むむ、あっちがお寿司っぽい



早くも興奮状態。。(・ω・ )

FotoJet (3)
ちなみに
ビュッフェ付きプランから
差額1620円で
フレンチのフルコースに変更可。

もし連泊で再訪したら
いただいてみたいですー

FotoJet (9)
混雑するまえに
ゆっくりお料理を選びたかったので
17:30ぐらいに来ました

一段高くなってる所が
ビュッフェコーナー。


普段なら
ビュッフェ台の近くの席を
選びますが・・

FotoJet (10)
今回はお庭の景色を優先

レストランは時間とともに
混んできましたが
窓際は比較的静かだったので
落ち着いていただけました

FotoJet (7)
ドリンクメニュー。

ビールやワイン、
日本酒など一通り揃ってます。

FotoJet (1)
そして飲み放題プランあり

こちらは1名から利用できる
優しい仕様

連れのみ注文しました。

FotoJet (16)
飲み放題は
ドリンクカウンターでの受け取り。

せっせと通う連れ


ワタシはお料理を確認するため
ぐるっと一周してきます

FotoJet (24)
(*゚Д゚*)

生ハムやサラミなど
いきなり豪華な盛り合わせ

FotoJet (20)
鴨ロース

FotoJet (19)
ローストチキン

FotoJet (22)
ステーキコーナー

確かにお肉多し

FotoJet (23)
贅沢トリュフ醤油、
おいしそう。
(後でステーキにかけました。鼻に抜けるトリュフの香り・・

FotoJet (21)
サーモンのロミロミサラダ。

FotoJet (18)
三元豚のしゃぶしゃぶ

FotoJet (11)
上州牛のメンチカツ、
焼売やハンバーグ。

FotoJet (12)
上はピェンロー鍋。
(白菜や鶏肉、春雨を干し椎茸の出汁汁で煮た中国の鍋料理)

下は上州牛カレー。

FotoJet (13)
ピザ釜から次々出てくる
焼き立てピザ。

サラダコーナー。

FotoJet (14)
幅広いんげんや
舞茸の天ぷら。

FotoJet (15)
山口農園のトウモロコシ。

地元産のお野菜が
たっぷりいただけて良いですね~

トウモロコシの甘いこと

FotoJet (17)
2色蕎麦。

FotoJet (27)
ジュースやコーヒー、
お茶や紅茶。

FotoJet (25)
ワタシの重要ポイント、
スイーツコーナーへ

プリンおいしそう

FotoJet (26)
ベビーシュークリームや
ティラミスケーキ、
水羊羹や杏仁豆腐などいろいろ。

FotoJet (30)
そしてそして
アイスの種類が多いー
(*≧ω≦)


アイス好きにはたまらない

FotoJet (28)
連れのトレー。

やはり肉多し

右下のは
鰹のたたき。

FotoJet (32)
三元豚しゃぶしゃぶは
自分の分(七味で辛くしてある)と
ワタシの分(ネギのみ)
を作ってくれたらしい。

ウチは2人とも豚好きなのよね、
ありがとー
(* ´ ▽ ` *)

FotoJet (29)
ワタシのトレー。

最初から飛ばさないよう
ちょびっとずつね

上州牛メンチカツ、
ひとくちサイズでナイス

どれもおいしい

FotoJet (37)
お寿司コーナーが
異様に人気で
補充された瞬間になくなる

連れ、タイミングをはかり
なんとか取ってこれたそう。

なんだかんだで
みんなお寿司が好きなのだなあ・・。

ステーキは
薄くカットしてくれて
食べやすかったです

FotoJet (33)
ワタシのおかわりトレー。

なんだか朝食っぽいですが
サラダとパスタが食べたくて

FotoJet (34)
試しにとってきた
ピェンロー鍋が
思いのほかうまい

こういうのは
大鍋で大量に作ったほうが
美味しいのだろうな~

汁好きの連れに教えたら
3杯おかわりしてた

FotoJet (31)
ビールと白ワインを
交互に飲み
盛大に肉を堪能したのち、、

FotoJet (35)
最後に上州牛カレーで〆る、
いつもの連れパターン。
(カレーは普通だったそうです)

FotoJet (38)
ワタシは早々にスイーツに移行

やっぱりこのプリンおいしい

グラスに入った
チーズケーキも好み

FotoJet (39)
アイスもおかわり

これがまた
バニラビーンズなど入って
なかなかのクオリティ

ワタシはチョコバナナが
お気に入りでした(´ω`★) 


1人8200円のプランだし・・

正直そこまで期待は
してなかったんですが


大満足のビュッフェだわー
(=゚ω゚)



以前に泊まった
草津ナウリゾートさんのビュッフェ
も良かったけど
こちらの方が品数豊富

草津の大型旅館、
侮れない


スタッフさんは
外国の方が多いんですが
皆さん流暢に会話されるし
レストランのマネージャーらしき
東南アジア系の方は
素晴らしい目配りや配慮があり
感心するばかり


地元食材を堪能できる
たのしいお夕食でした
(´ω`★) 


次回の朝食・感想編でラストですー


【草津温泉 ホテルヴィレッジの基本情報・予約】

──────────────────────






〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

草津温泉 ホテルヴィレッジ 大浴場・屋内プール ④


ホテルヴィレッジさんには

・本館大浴場(湯畑源泉
・テルメテルメ温泉館・シャトー館浴室
(万代紘源泉
・テルメテルメ「時間湯」「湯蒸し」
(わたの湯源泉

があり
3つの温泉を湯巡りできます
(テルメテルメは休館日ありなので要確認)


ちなみにテルメテルメは
「遊び放題パスポート」があれば
割引で利用可
(温泉のみ430円/温泉とプール640円
(時間湯・湯もみ体験は要予約&別料金)



まずはテルメテルメの
屋内プール&温泉を見に行きました

FotoJet (7)
永遠かと思われる
なが~い連絡通路ですが
いつかは辿りつきます

FotoJet
あれが屋外プールかな

今はどんより緑色ですが、、

10824985
(出典:一休.com)

夏季の営業日は
気持ち良く泳げそう

FotoJet (1)
さて、屋内プールにとうちゃく。

FotoJet (3)
めっちゃ広い

FotoJet (6)
この日はガラガラだったなあ。

ガチ泳ぎしても大丈夫そう

(ウォータースライダーらしき物も見えましたが、老朽化で使用不可・修理の予定もないそうです)

FotoJet (5)
水着はレンタル・販売どちらもあり。

レンタル水着は

*女性用860円
*男性用540円
*子供用430円
*ペアセット1000円


タオルや浮き輪、
ビート板などもレンタルできます。

FotoJet (4)
プールの他にも
サウナなど備えた温泉館あり。

ほんと、巨大施設ですよね
(・∀・;)


10824168

10824165
(出典:一休.com)

「テルメテルメ」の万代紘泉。

中温・高温・ミストサウナあり。

10824167

10824159
(出典:一休.com)

「わたの湯」

10824162
(出典:一休.com)

湯もみ体験。

onsen05-img02
(出典:公式サイト)

湯もみ→かけ湯→入湯する
草津の伝統的入浴法「時間湯」


湯もみ&時間湯体験は
有料で要予約。

どちらも試した事がないので
興味津々でしたが
(熱いのが苦手なワタシに時間湯は厳しいかしら?

到着早々ゴルフなどで遊び倒し、
ビュッフェや本館大浴場など
バタバタしてたら
全く時間がなく・・

今回は諦めました。


やっぱり2泊はしないと
楽しみきれない
(結局テルメは見にきただけで入れず)

IMG_20220620_192821_787
「わたの湯」の時間表。

男女交替になっていて
平日は11:00~19:30
土日祝は10:00~19:30

「テルメテルメ」は
20:00に閉館するので
利用されたい方はお早目に

──────────────────────

FotoJet (13)
本館の大浴場は

14:30~翌11:00まで
夜通し入れます

テルメほど広くないけど
深夜も早朝も入れるのはナイス

FotoJet (14)
大浴場前に貴重品ロッカーあり。

FotoJet (20)
脱衣所内のアメニティ。

カジュアルな温泉宿で
よく見かけるオールインワン美容液など。

酸性泉の時はすぐ保湿したいので
助かるわあ

FotoJet (22)
クシと綿棒。

FotoJet (21)
ドライヤー。


脱衣所には
鍵付ロッカーを備えてますが
混雑してると
なかなか空きが見つからない事も

onsen01-img03
(出典:一休.com)

大浴場の内湯は
「あつ湯(43℃)」
「ぬる湯(40℃)」

に浴槽がわかれてます。

草津のお湯は全体的に熱めな事が多いので
ぬる湯があって良かった~
(*´∀`*)

のんびり入れました

FotoJet (15)
大浴場・露天風呂。

大きな方の浴槽は
半分寝湯になってます。

FotoJet (17)
お庭がライトアップされて
いいかんじ

FotoJet (16)
ここが一番のお気に入り

FotoJet (19)
中に座れるステップもあるし
湯温も41℃前後で
気持ち良かったですー

草津温泉独特の
硫黄と鉄っぽい香が
たまらない


テルメはすいてたのに
大浴場はいつも混雑

やっぱり近い方が
通いやすいのかな?

深夜にちょっとだけ
独泉できました

FotoJet (23)
温泉分析書 草津温泉(湯畑)
源泉温度51.3℃ ph2.1


良いお湯でした~
(´ω`★) 

FotoJet (12)
大浴場を出たところに
アイスの自販機あり。

FotoJet (9)
エステやマッサージなど。

FotoJet (10)
チェックイン時に
「お試しアロマ」のチケットを
いただいたので背中メインのコースを
受けてみました。

旅館にいると
何気にやる事が多いので
30分ぐらいのコースがちょうどいいです


ごくらく・・(*´艸`*)


次回は2つのレストランから選べる
華やかな夕食ビュッフェ編ですー


【草津温泉 ホテルヴィレッジの基本情報・予約】

──────────────────────






〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
GoToトラベル
カテゴリ別アーカイブ
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
Casa BRUTUS特別編集 【新装版】温泉200
常宿にしたい温泉宿 2022年版: 旅行読売ムック
一度しかない人生を「どう生きるか」がわかる100年カレンダー
CREA Due 完全保存版 楽しいひとり温泉。
タグクラウド