うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

伊豆・箱根を中心に『ステキ』と思える旅館やホテルを訪問した記録です。宿選びのヒントになれば幸いです。 ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止  当サイトはプロモーションを含みます。                                                                                      

2023年06月

行きたい新規開業宿✨「修善寺離れ宿 鬼の栖」「料理の宿 伊豆の花」「箱根ホテル小涌園」


最近オープンした
気になる宿の覚え書き

【伊豆・箱根方面】


◇「修善寺離れ宿 鬼の栖」
2023年6月オープン


12622009

12708231

12622011

12708233

12685933

12685935
(出典:一休.com)

全9室
離れの露天風呂付



鬼の栖さんは
このブログを初めて間もないころに
訪問した事があるんですが
その後に長期休業に入られたので
レポは公開終了に。


長らく再開を待っていたので
開業のお知らせ、うれしいですー
(´ω`★) 



全室離れのお宿で
優雅に過ごす楽しさを
初めて知ったお宿かも


訪問当時はやや古さを感じましたが
全面改装してリニューアル


高級感はそのままに
さらにステキになっていそうなので
泊まってみたいです



→公式サイト
→一休.com


◇「料理の宿 伊豆の花」
2023年4月オープン


12726271

12726196

12726245

12726288

12726325
(出典:一休.com)

「伊豆のうみ」さん
の姉妹宿として
2023年4月にグランドオープン


全7室、本館・離れともに
全室露天風呂付で
伊豆大島をのぞむ絶景



食事の美味しさは
姉妹宿「伊豆のうみ」さんで
体験済みなので
期待値高めで訪問できそう




おそらく前の施設は
旅亭懐石曽我さん
だったと思うんですが
(住所が同じだったので)
いつの間にか買い取られてたのねえ



ここ最近は海の幸どっさり!
な夕食があまりなかったので
久しぶりにお魚三昧したいですー



→公式サイト
→一休.com


◇「箱根ホテル小涌園」
2023年7月オープン


12751523

12590179

12756854

12756855

12729185

12729124

12716856
(出典:一休.com)

建て替え工事を経て
2023年7月12日に
グランドオープンを迎える小涌園


インフィニティ露天風呂を備えた
2つに大浴場と
7つの貸切風呂に加え
もちろんユネッサンも利用可能


1泊2食付き&ユネッサン・森の湯/滞在中入り放題 ※通常パスポート大人3,500円小人1,800円) ※チェックイン前・アウト後もご利用可能!!


旧小涌園に泊まったのは
もう10年以上前になりますが
フルリニューアルで
新たなステキ宿に生まれ変わってますね~


ビュッフェのレベルも
格段に上がってる事でしょう



オープン記念の
飲み放題付プランが販売されてるので

■開業記念特典■ ご夕食時アルコール・ソフトドリンク飲み放題(~23年12月29日) アルコール:ビール、ワイン、焼酎、日本酒など ソフトドリンク:ジュース類、コーヒー、お茶など

さっそくポチっておきました


ディナービュッフェも華やかですが
ホテルメイドのパンを使った
ローストビーフサンドなどが供される
朝食も気になります(*'ω'*)



→公式サイト
→一休.com

──────────────────────

コロナ禍で休業・改装していた宿が
続々オープンしてきたので
毎月のように行きたい宿が増える・・

加えて外資系などの
完全新規オープン宿もあるので
厳選していかないとだわ(;^ω^)


皆さん夏の予約はお済でしょうか

今年も暑くなりそうですが
体調を整えつつ
ナイスな旅を楽しみましょう~
(●´ω`●)

──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

おやど 小梅や 朝食・感想 ④

夕食③
大浴場②
温泉風呂付客室①

━━━━━━━━━━━━

朝食は8:008:30の選択

我々は8:00でお願いしました。

P1780220 (Custom)
今朝も蔵ラウンジの
同じ席でいただきます。

P1780206 (Custom)
朝食全景

昨日たくさん食べたけど
野菜中心だったせいか
胃腸が軽く
モリモリいけそう

P1780213 (Custom)
生ハムサラダ

自家製胡麻ドレッシングで
いただきます。

P1780212 (Custom)
厚焼き玉子 焼鮭 和え物

ふっくら焼けた
甘めの厚焼き玉子が
おいしい

鮭は薄からず
ほど良き塩気。

P1780208 (Custom)
ひじきの煮物

P1780214 (Custom)
ちいさなおかずたちが
かわいいお皿に並んでます。

FotoJet
野菜のピクルスや漬物
煮豆 大粒の苺など


P1780218 (Custom)
ご飯はお櫃にたっぷり

これがまた
絶妙な炊き加減でおいしい

食べるのに夢中で
お茶碗によそったところ
撮り忘れました

P1780217 (Custom)
豆腐となめこの味噌汁

P1780219 (Custom)
アロエヨーグルト

旅館にしては珍しく
加糖されてます

そういえばウェルカムドリンクの
紅茶も最初から甘かったから
そういう気遣い?なのかな

P1780223 (Custom)
食後に
連れはコーヒー
ワタシは紅茶をいただき
30分ほどで終了。


チェックアウト10時なので
早くお部屋に戻って
お風呂に入らねば

P1780224 (Custom)
昨夜ちらほらと
雪が舞ってましたが
積もってなくて良かった~

──────────────────────

・チェックイン15:00/アウト10:00
・洋室ツイン「好文木」
(源泉かけ流し温泉風呂付)
スタンダードプラン
(目安料金/2名1室2食付45000円~)
・Wi-Fi◎
・小学生以下の宿泊は103号室のみ

6室なので静かに過ごせる
源泉かけ流しの内風呂が最高
大浴場を貸切利用できる
季節の野菜をふんだんにいただける夕食
アットホームな接客
温泉付き客室のコスパ良すぎ

チェックアウト10:00と早め
お湯が熱め
露天風呂無し


全体的にワタシは好印象でした

おこもりして
温泉ざんまいしたい人に
ぴったりの宿だと思いますー



地場野菜がたっぷりの夕食は
好みがわかれるところ。

珍しいお野菜がドシドシ出て
とってもヘルシーですが
がっつりお肉派の人や
一般的な旅館の会席を求める人は
物足りないかも?


ワタシは年イチぐらいで
再訪しても良いなあという感じですが
連れは「もう少し年齢重ねたら、だね」
との事なのでしばらく寝かせておこうかな
(やはり野菜尽くしが響かなかったみたい)


他にはない魅力がある宿なので
ハマる人はハマると思います

P1780227 (Custom)
チェックアウト後に
宿のすぐ近くにある
「指湯」に行ってみた

足でも手でもなく「指」
というのが謙虚だわね

実際は手首ぐらいまで
浸けられるので
けっこう温まりますー

P1780232 (Custom)
帰り際にアメちゃんくれました
(´ω`★) 

本当に感じの良い方ばかりで・・
心穏やかに過ごせたわあ

再訪するまでに
11:00アウトのプラン作ってくれないかなー。


さて、2泊目の宿に向かいます


【おやど 小梅やの基本情報・予約】

──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

おやど 小梅や 夕食 ③


夕食は18:0018:30の選択。

我々は遅い方でお願いしました


時間になると
電話で知らせてくれます。

P1780061 (Custom)
建物の中に土蔵がある感じの
「蔵ラウンジ」

壁面の上部に
梅のマークがありますね~

薪ストーブも
いい雰囲気ですが
火が入ってなくて残念

P1780016 (Custom)
高い天井に太い梁。

趣ある空間

P1780063 (Custom)
「蔵ラウンジ」での食事は
先着3組まで。

他はお部屋出しになります。


我々はお部屋よりも
食べに行くほうが気楽なので
予約時の備考欄で
リクエストしておきました

ステキな雰囲気に
期待が高まるわあ
(・´ω`・)

P1780069 (Custom)
足元が少し冷えたので
ブランケットをお借りして、、

FotoJet (12)
お品書きを確認すると
なんかすごい書いてある!
(*_*)


バーニャカウダに使った
お野菜がすべて記されてます

さすが「野菜推しの宿」

これは楽しみ
((・´∀`・))

FotoJet (11)
さらに別紙に
厳選したお野菜について
詳細な説明がありました。

お野菜への熱い情熱を感じる・・


「すごいねすごいねー(*'ω'*)
「冬場なのにこんなに種類があるんだ~」



連れ「あ、、うん
「そーだね」



・・あんまテンション上がってないな
(・ω・)


連れは好き嫌いなく
なんでも食べる方ですが
基本肉好きなので
グッときてない模様。

FotoJet (4)
最初のセッティング。

FotoJet (7)
食前酒 梅酒

梅の香りが口に広がり
大変美味しい

FotoJet (10)
ビーツのポタージュ

「熱いうちにどうぞ」
と言われたので
冷めないうちに


鮮やかなピンクですが
クセのないカブのスープ
といったお味

スプーンがないので
パンでぬぐって完食です。

FotoJet (5)
圧巻の
和風バーニャカウダ


精巧な積み木のように
美しく盛られたベジタワーは
小梅やさん名物

野菜に興味なさげだった連れも

「へええぇ、これどうなってるの?

とお皿の角度をぐるぐる変えて
興味津々

FotoJet (6)
なんてカラフル

お品書きと照らし合わせて
1つ1ついただきますが
初めましてのお野菜もちらほら

アイスプラントや
ロマネスコなどは
スーパーで見かけるようになったけど

金魚草、トレビス
グラパラリーフ
コールラビ・・ってなんだろー

FotoJet (3)
ソースは爽やかな
自家製グレープフルーツ味噌。

どのお野菜にもしっくり馴染む
美味しいソース


全部で27種類!

冬なので根菜多めでしたが
紅芯大根やビーツなど
みずみずしく美味しい

量が多いので
いっぺんに食べきらず
傍らに置いて
ちょこちょこつまみつつ・・

FotoJet (9)
和え物 クルミ味噌和え

里芋やシメジ、小松菜を
自家製味噌で和えてあります。

クルミの風味が濃厚

FotoJet (8)
酢の物 たたき牛蒡の南蛮酢

添えてあるのは
薄切りの金柑かな

ゴボウのピクルスは
食べた事ありますが
南蛮漬けは初めて。

食感もお味もナイス

FotoJet

FotoJet (1)
(※クリック後に拡大できます)
ドリンクメニュー

ビール、日本酒、ワイン、
カクテルなど揃ってます


ワインは全て
ハーフボトルだったと思う
(フルボトル頼む人少ないのかな?

ココファームの農民ドライがあるー
どうしようかな~

P1780169 (Custom)
考えた末に
マンズワインの
甲州酵母の泡ハーフボトルを

やや辛口でスッキリした
スパークリングです。

P1780171 (Custom)
焼物 岩魚の塩焼き(ふたり分)

もちろん野菜以外も
いろいろ出ますよー

これ、わりと早々に登場したので
他は後回しにして
アツアツをいただきました


ふわふわ、うす塩で
まったくクセのない岩魚ちゃん
美味しいですー

FotoJet (13)
煮物 大根と豚角煮

お皿がゴージャス

角煮やわらかい!
べっこう餡うまい!
(*≧ω≦)


スプーンが欲しい

P1780176 (Custom)
蒸し物  せいろ蒸し

P1780182 (Custom)
野菜ぎっしり

こちらも小梅やさんの
定番料理

中央の紫のは
キタムラサキというじゃが芋。

P1780183 (Custom)
蒸し鶏もあり。

カラフル野菜の下には
キャベツと大根が
しこたま入ってます

とことんヘルシーだわー。

P1780178 (Custom)
ポン酢と宮古島の雪塩、
雲丹マヨネーズで。

この雲丹マヨが
めちゃくちゃ美味しくて
(*≧ω≦)


大量の野菜も
なんなくいけちゃう


P1780185 (Custom)
農民ロッソの
ハーフを追加

酵母の泡と合計で
4000円ぐらいでした。

P1780188 (Custom)
大皿 豚ヒレコンフィ

揚げ焼きのように
うっすら衣あり。

マーマレードのきいた
甘酸っぱいタレが絶妙

どちらかというと
女子が好きそうな
酸味のある甘辛タレで
ご飯がほしくなる

FotoJet (14)
すいとん汁

具だくさん

汁好きの連れ、
みるみる飲み干してました

FotoJet (15)
〆のご飯はお櫃で。

ほぼ野菜の構成なのに
お腹苦しい( ;∀;) 

蒸し野菜×雲丹マヨと
豚ヒレをおかずに
小盛でいただきます。

(残ったご飯は夜食おにぎりにしてもらえるという事前情報を得ていたので躊躇なく残せました。ブロガーさんたちに感謝

FotoJet (16)
お茶と紅茶をいただき
一息ついて、、

FotoJet (17)
デザートを

ビーツのパウンドケーキ

西瓜に見立てたのかな?
鮮烈に赤い

とちおとめのソースが
美味しいですー。

P1780203 (Custom)
がっつり残したご飯は
おにぎりに変身して
帰りに持たせてくれます

新米コシヒカリの
味噌のおにぎり、
めちゃうまでした
(´ω`★) 



予想以上の野菜攻めでしたが
柑橘や雲丹を使った
ソースが絶品で
全く飽きることなく完食


日常でこんなに野菜食べる事って
ないよなあと思いつつ・・

パンパンのお腹をさすって
お部屋に戻ります

P1780124 (Custom)
しかし満腹感は
小一時間もすると消失

野菜だから??
消化されちゃうんでしょうか?


おかげで深夜まで
風呂ざんまい


次回の朝食・感想編でラストですー


【おやど 小梅やの基本情報・予約】

──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

おやど 小梅や 大浴場 ②


館内にある大浴場は、、

P1780046 (Custom)

訪問時は基本男女別で
夜の時間だけ
部屋ごとの貸切でしたが

※令和4年2月より
完全貸切風呂になりました!
(=゚ω゚)ノ



これは嬉しいですね~

内風呂無しのお部屋でも
存分にプライベートな湯あみを楽しめます

1組40分が目安。
空いていれば自由に利用でるそうで
クチコミによると
スマホで空きを確認できるようですよー。

進化してる小梅やさん

P1780021 (Custom)
脱衣所のスリッパ棚。

P1780022 (Custom)
洗面スペース。

FotoJet
ポーラの基礎コスメ。

レザー 綿棒 
コットンなどあり。

FotoJet (5)
ドライヤー。

バスタオルは持参ですが
フェイスタオルを備えてるので
うっかり忘れても
なんとかなりそう

P1780025 (Custom)
脱衣カゴと体重計。

FotoJet (3)
大浴場(現在は貸切風呂)

湯気もわもわ

P1780036 (Custom)
高い位置に小窓あり。

少し開いてるので
外気が感じられます。

P1780037 (Custom)
こちらは開かないけど
天窓あり。

これのおかげで
昼間は明るく
閉塞感を軽減。

考えられてますね~

P1780040 (Custom)
お部屋と同じく
十和田石を使ったシンプルな浴槽。

大人4人、余裕で入れる大きさです

P1780041 (Custom)
一風変わった湯口

さら~っと音もなく
温泉がかけ流されてます。
(源泉が激熱なので微量で良いのでしょうね~)

湯温は42~3℃と
ワタシには熱め

連れがざぶざぶかき混ぜてくれて
なんとか入れましたが
長時間はムリだなー。


お部屋から激近の大浴場でしたが
ワタシはほとんど部屋風呂ざんまい

熱めが好きな人には
最高だと思う

FotoJet (2)
シャンプーなどは
広い大浴場でしようと思ってましたが

シャワーの水圧が
ちょぼちょぼで・・(・∀・;)

お部屋で済ませることに。

FotoJet (1)
温泉分析所

塩釜区左岸源泉
ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
源泉温度70℃ ph6.6


とにかく温まりの良いお湯で
一度入ると足先までポッカポカ
(・´ω`・)


大浴場が完全貸切になったのは
喜ばしいことだけど
温度調節して入りたい我々は
次も内風呂付のお部屋を
えらぶと思いますー


夕食編につづきます


【おやど 小梅やの基本情報・予約】

──────────────────────



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗

*Instagram*
FotoJet (8)

2020.12 おやど 小梅や 温泉風呂付客室 ①


栃木に2泊してきました


1泊目は
「おやど 小梅や」さん


全6室(うち3室が温泉風呂付)
の小さなお宿。

地元のお野菜をたっぷり使った
創作料理をいただけます


予約サイトなどで高評価
宿好きブロガーさん達も絶賛


ずっと行きたい宿リストに入れてたので
来られてうれしい
((・´∀`・))

・チェックイン15:00/アウト10:00
・洋室ツイン「好文木」
(源泉かけ流し温泉風呂付)
スタンダードプラン
(目安料金/2名1室2食付45000円~)
・Wi-Fi◎
・小学生以下の宿泊は103号室のみ

FotoJet (2)
とうちゃく

出発が遅れてしまい
16:00近くなってしまった

駐車場は道路を挟んだ
向かい側にあります。

P1780012 (Custom)
思ったより大きい建物。

車の往来が激しいので
横断するときは気合が必要

P1780013 (Custom)

P1780014 (Custom)
玄関に続くアプローチが素適

12月下旬だけど
雪が少な目で助かったわ。

今となっては懐かしい
GoToトラベルが
一時停止(結果的には永久停止になりましたが)
になる直前、ぎりぎりのすべり込みでした

P1780057 (Custom)
玄関。

すんごくキレイ

P1780054 (Custom)

P1780055 (Custom)

P1780058 (Custom)
木の温もりを感じる
静謐な空間


予想より高級感があって
背筋が伸びますが

出迎えてくれたスタッフさんの
アットホームな笑顔に和みます
(´ω`★) 

皆さん優しくて
ウェルカムな雰囲気。

早くも癒される・・

P1780056 (Custom)
フロント。

こちらには座らず
食事をいただく「蔵ラウンジ」へ

FotoJet
紅茶と苺クッキーをいただきつつ
チェックイン手続き
φ(・ω・ ))

FotoJet (20)
お部屋タイプは

2F/スタンダード
・木の花
・初名草
・香栄草
(全て和洋室)

1F/温泉内風呂付
・好文木(洋室)
・春告草(和室)
・風待草(和室)

とあって
我々は迷わず
好文木(洋室ツイン/温泉風呂付)を予約。


お部屋の広さはみな同じなので
温泉風呂の有無で選ぶ感じかしらね

好文木は食事処も
大浴場も激近なので
湯あみ三昧したい方におすすめ

FotoJet (1)
1Fのお部屋でも
少し階段使います。
(館内にエレベーターなし)

FotoJet (3)

P1780071 (Custom)
1F客室フロア。

手前のドアが
101「好文木」。

P1780073 (Custom)
わあ(*´∀`)

半円の上がり框が
なんともかわいい

P1780074 (Custom)

FotoJet (5)
館内にもお部屋にも
ちょっとした花が飾られて
ほっこりするわあ(・´ω`・)

P1780086 (Custom)
101「好文木」

温泉風呂付の中で
唯一の洋室です。

手前がベッドルーム。

奥にリビング。

FotoJet (10)
リビングから見たところ。

P1780089 (Custom)
ベッドは左がセミダブル、
右がシングルとサイズが違いました。

体格的にいくと
連れがセミダブルなんでしょうが

朝日で目を覚ましやすい連れは
いつも部屋の奥側に寝る事が多く・・
ワタシが広い方を使いました

のびのび眠れたわ~

P1780090 (Custom)
読書灯が真ん中に1つ。

ベッドサイドに
コンセントがあると良かったなー。

P1780091 (Custom)
ベッドの前に
テレビとソファー。

P1780110 (Custom)
ここはたぶん
床の間だったのでしょうねえ

改装してソファーを置いてくれて
大正解

ワタシのくつろぎスペースに

P1780092 (Custom)

FotoJet (8)
リビングのテーブルセット。

広いテーブル助かる~

PC作業もしやすいし
自宅のように過ごせました。

P1780109 (Custom)
右に水屋。

左の折れ戸から
温泉風呂に入ります。

脱衣所はなく
ダイレクトインな造り

面積的に仕方ないのだろうけど
お部屋の統一感を損ねる
折れ戸がちと残念

FotoJet (14)
ダイレクトインなので
リビングにある
脱衣カゴが活躍


ちなみにリビングとベッドルームは
襖で仕切れるます。

P1780121 (Custom)

P1780124 (Custom)
源泉かけ流しの温泉風呂

深さがあって
肩まですっぽり


事前に写真を見たときは
小さそうに見えましたが
2名で入れるサイズ


P1780125 (Custom)
内風呂ですが小窓から光が入り
予想より明るくて気持ちいい
(=゚ω゚)ノ


FotoJet (18)
蛇口から
キレイなお湯がひたひたと
流れてます

加水もできますが
41℃前後の適温だったので
源泉そのままを楽しみました

塩釜温泉
 
ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
(中性低張性高温泉)


とっても温まるナイスなお湯に
好きなだけ浸かれるしあわせ・・


景色は無いですが
天候に左右されないのが良いですね


P1780122 (Custom)
洗い場あり。

大浴場よりも
シャワーの勢いが強く
(なぜか大浴場のは弱弱しかった)
快適なんでした

FotoJet (19)
バスアメはポーラ。

FotoJet (15)
押入れクローゼットに
羽織や浴衣、足袋靴下、カゴバッグあり。

スタンドミラーもありがたい

FotoJet (16)
バスタオルは2枚ずつ。

干しやすいタオルハンガーあり。

P1780078 (Custom)
洗面スペースは玄関脇に。

FotoJet (6)
基礎コスメあり。

歯ブラシ レザー 
綿棒などあり。

P1780084 (Custom)
トイレ。

やや狭めですが
モザイクタイルがかわいい

FotoJet (11)
冷蔵庫のドリンクは有料。

館内に自販機はないので
必要な物は持参されると良いです。

FotoJet (12)
冷水ポット 電気ポット
緑茶 コーヒー 紅茶あり。

P1780118 (Custom)
お部屋のお菓子は
温泉饅頭。

これもっちりして
美味しかった

注文票があったから
人気商品なのかも。

P1780119 (Custom)
お部屋の鍵は2つ。

別行動はほとんどなかったけど
2つあると便利です。


好文木のお部屋は
多少床に軋みがあったりしたけど
お掃除が行き届いていて
清潔感にあふれてる


座椅子が苦手な我々は
やはり洋室にして正解


リラックスして過ごせました~


そしてなんといっても
お部屋で温泉に入れるのが
最高ですね~(*≧ω≦)


ふやけるほど浸かったわ


大浴場編につづきますー


【おやど 小梅やの基本情報・予約】

──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
カテゴリ別アーカイブ
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

最新コメント