伊豆高原にある
全10室の温泉ホテル

「UMITO the salon IZU」さん

に行ってきました

訪問時は金谷観光ホテルグループの
「THE KEY HIGHLAND IZU」さんでしたが
経営が変わったようで
名称も変更されました。

人気があったし
好調そうだったんですが
なんでだろう?
旅館業界はめまぐるしいですね


すごく気に入った宿だったので
経営が変わってどうなのかなと思ったけど
変更後も継続して高評価をキープしてるので
変わらぬクオリティを保ってるようです


最近の写真を見ると
お料理の内容などは変化しているようなので
ハード面や客室の雰囲気などだけ
軽く、ご参考程度に・・・
というほぼ思い出記録レポです


・チェックイン16:00/アウト12:00
・スタンダードツイン(温泉給湯バス)
ソムリエセレクトワイン3種付
21168×2名=42336円
5000円offクーポン使用で37336円
・客室でWi-Fi使えます

例によって
一休のクーポンをキャッチ

夕食時に
グラスワインが3杯ずつ付いた
ナイスなプランでした

チェックインが16:00からと
遅い設定なのも
我々には都合が良かったです。

午前中は仕事をして
お昼に出発しても間に合う

(現在は15:00インになったようです)

P1470790 (Custom)
とうちゃく

別荘地にあって
以前は個人の邸宅だった事も

立派な門扉です

車はスタッフさんが預かってくれたので
そのままロビーへ

P1470774 (Custom)

P1470773 (Custom)

P1470741 (Custom)

P1470740 (Custom)
シックな内装のロビー

プール越しに海が見えますが

到着時は台風で曇天だったので
これは翌朝の写真

P1470545 (Custom)
ウェルカム・モエシャン

かっこいいグラス(´ω`★) 

これが当日の台風時
強い風雨が
窓に叩きつけられてますが

それでも優雅な気分に浸れます

P1470548 (Custom)
金谷といえば・・
やっぱりショコラよね

滞在中にたびたび登場しますが
これがめちゃくちゃ美味しい


上級役職らしい
年配の男性スタッフさんが
金谷ホテルグループの
ヒストリーを話してくれたのだけど
話術が巧みで聞き入るばかり。

2016年には東武鉄道の傘下に入って
びっくりしたけど、、
それからも色々あったみたい

ワタシの中では
一流の老舗グループという印象ですが
道のりは平坦ではなかったようです。

collage_photocat
客室は1~2階にあって
階段で移動します

館内各所に段差ありで
バリアフリーではないです。


内風呂付きと
露天風呂付きのお部屋があって
すべてに温泉が給湯されてます

大浴場はないので
プールの時期以外は
完全におこもり宿ね

P1470549 (Custom)
P1470600 (Custom)
スタンダードツイン「203」

こちらで靴を脱ぎます。

P1470552 (Custom)
高級宿でよく採用されてる
"mizutori"のサンダル。

カッコイイですが
プールが開放されてない時期は
履くシーンがあまりないかも。

レストランには靴で行くし(・ω・ ) 

P1470601 (Custom)
P1470605 (Custom)
ベッドの後ろがバスルーム。

玄関側からも
左の室内側からも行けて
使い勝手が良かったです

P1470609 (Custom)
コンパクトだけど
すっきりシンプルな内装で
居心地良かった

天井が高いので
圧迫感もナシ。

P1470612 (Custom)
マットレスは程良い弾力で
寝心地良いです

左右に読書灯あり。

室内は主照明がなく間接照明のみなので
夜はムーディーに

バスルームもベッドサイドも
調光できます

P1470604 (Custom)

P1470627 (Custom)
座面が大きくて
ゆったり座れるチェア

ここで景色を眺めつつ
読書する時間が至福だった(・´ω`・)

P1470638 (Custom)
当日は台風通過でどんよりでしたが・・

P1470727 (Custom)
翌朝はスッキリ晴天

プールの向こうにある
塀に囲われた所が
貸切の露天風呂だったんですが
我々は荒天で利用できず

経営が変わってからは
どこにも記載がないので
今は使用してないのかも?

collage_photocat
テレビはほとんど見なかったけど
DVDプレーヤーがあって
映画の貸出リストもあり。

コーナーにワイングラス。

collage_photocat
冷蔵庫の飲物は
ミネラルウォーター以外は有料。

ここにもショコラの用意が

わあい((・´∀`・))
なんだけど、、、
ちょっと問題があって食べなかった

最後の感想編で書きます。

P1470635 (Custom)
ルームウエア。

室外で着るのは不可ですが
サラリとした着心地の良い生地

P1470554 (Custom)
電気ケトルやカップがないなー
と思ったら玄関付近にあった。

collage_photocat
デロンギの電気ケトル。

ジョン・カナヤオリジナルコーヒー
と、なぜかトランプ。

緑茶もあり。

P1470566 (Custom)
バスルーム。

P1470565 (Custom)
同じ空間に洗面スペース。

スタンダードながら
ダブルシンクがうれしい

水回りはホテル仕様で
高級感あります

P1470569 (Custom)

collage_photocat
引き出しに
ドライヤーやアメニティ。

オムニサンスの
ボディーローションと石鹸。

P1470582 (Custom)
左右のフックにバスローブ。

ふかふかのタオル地

レインシャワーが付いてますが
シャワーカーテンがないので・・

使うとひどいことになりそうだったから
洗髪はハンドシャワーで。

奥のドアは室内に続いてます。

P1470579 (Custom)
洗面スペースの隣にトイレ。

ドアがなくてすっきりデザイン

我々はこういう造りが好きですが
バストイレ洗面が同じ空間にあるので
人によっては不便に感じるかも。

P1470593 (Custom)
バスルームのブラインドをあげると
こんな感じ

なんちゃってビューバス?( ̄m ̄〃)

この雰囲気だと
温泉感はゼロですが
ちゃんと温泉が給湯されてます

P1470650 (Custom)
アルカリ性単純泉
Ph8.6 源泉温度36.8℃

温泉は適度に加温されてるようで
そのままで適温でした。

あとからじんわりポカポカ(・´ω`・)


露天風呂付きにすれば良かったかな~と
直前まで考えてましたが
台風だったので、今回は内風呂にして正解

保温機能はないので
入る度にお湯を張り直します。

ちょろちょろと温泉を流しつつ
掛け流しっぽくして楽しみました

P1470595 (Custom)
浴槽は広いけど浅め。

底に滑り止めが付いてます。

P1470577 (Custom)
バスアメもオムニサンス。

最近のインスタなどを見ると
現在も継続して採用されてるようです

P1470632 (Custom)
鍵、、、カッコイイ

小物にも凝りますねえ

出かけるところもないので
鍵は1つで無問題。


お部屋編が長くなっちゃった(;^ω^)


夕食編につづきますー


【UMITO the salon IZUの基本情報・予約】


──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────