佳ら久さんの食事処は2つ

・メインダイニング『六つ喜』

・グリルレストラン『十邑』


今回は
グリルレストラン『十邑』で
お肉をメインにしたグリルコースをいただきます

通常はグリルの方が
少しお高めの設定のようですが
オープン記念プランで同額だったので
『十邑』を選択してみた。


楽しみですー(*´∀`)

116627
オープンキッチンの
カウンター席もありましたが・・

116574
スタート時間が遅い方だったので
既に埋まっており
2名用の個室に案内されました。

満席で結構騒がしかったから
良かったかもしれない

116575

116584
お品書き。

メインは
「くまもとあか牛のサーロインステーキ」

collage_photocat
ビールがグラスで1200円~
ワインのグラスが1500円~
ソフトドリンクも
アランミリアのジュースなどあって
ハイクラス旅館らしい品揃え

collage_photocat
ボトルワインにしようか
悩みましたが
色々楽しみたいので
ペアリングをお願いしました

collage_photocat
ペアリングコースB(5種)

シャンパンから始まり
お料理に合わせた白、
最後はどっしりした赤で終わります。
(最初に好みを聞いてくれた)

どれもナイスなセレクトで
美味しかったな~(*´∀`)


ペアリングで外す事なんて
ないと思ってましたが
佳ら久さんと同月に訪問した
某高級宿のペアリングが
稀にみるガッカリ感だったので
油断できないなあと思います

116588
アミューズは 栗のスープ

濃厚なポタージュ的なのを
想像してましたが
全然違った

116590
刻んだ栗や野菜の下に
卵を蒸したもの。

洋風茶碗蒸しのような感じ

116589
添えてあるのは
栗のフィナンシェ。

すごくもっちりしてる

スープと合わせていただいても
美味しいです

116591
前菜 5種盛り合わせ

collage_photocat
鴨のロースト ビーツのソース
葡萄・柿の白和え 白ワインゼリー
サーモンリエット じゃが芋クレープ


葡萄や柿の白和えは
秋らしくて良いですね~
ワインゼリーも爽やか

鴨とビーツのソースも
よく合います

collage_photocat
蝦夷アワビと茄子のカポナータ
生ハムと無花果 クレソンソース


アワビにはまったり濃厚な
雲丹のソース

生ハムと無花果は
鉄板の組み合わせですね

ワインがすすむわー

20201011_191527 (Custom)
菜園サラダ

ラディッシュやアンティーブ、
コリンキーなどに
自家製の諸味噌が添えてあります。

こちらはコースの最後まで置かれて
好きな野菜をおかわりできるので
合間にいくつかお願いしました。

自家製の味噌は甘めで
梅鰹?のような風味もあり
箸が止まらない

116601
温前菜は3つから選べます。

連れは 
名水赤鶏のもも肉 粒マスタード

弾力があって
味の濃いお肉だったそう

116600
ワタシが選んだ
自家製タリオーニ ボロネーズソース

手打ちなのかな?
完全なアルデンテで
しっかりもっちり。

ボロネーズソースが
すっごくおいしい(=゚ω゚)

これまたワインどろぼう

116604
次のお料理は・・・

20201011_193336_001 (Custom)
魚料理 いとよりのポワレ

稲取産のいとよりは
皮がパリパリ、身はふんわり

生姜とライムのきいた
爽やかなソースがめちゃくちゃ美味しい

これ好きだわ~(*´Д`)

パンが欲しくなる・・

116609
肉料理 
くまもとあか牛のサーロインステーキ

最近静かなブーム?のあか牛。

オープン記念で
サーロイン+フィレの
2種類を楽しめるそう
(通常はアップグレードメニュー)

116612
くまもとあか牛は脂肪が少なく
あっさりしていて
驚きの柔らかさ

いつもサーロインは
半分連れに食べてもらうのだけど
これは全く重たくないので
ペロリと完食

自家製ステーキ醤油もおいしい

添えてあるのは
安納芋とチーズ。

20201011_201030 (Custom)
桜海老と高菜漬けの焼きごはん

運ばれてきた瞬間に
桜海老の香りが漂います

しこたま入ってるので
桜海老好きにはたまらないと思う

collage_photocat
香の物は長芋と蕪
静岡青のりスープ


20201011_201008 (Custom)
ほうじ茶が出て、
ほっと一息

116617
しばらくすると
個室の前にワゴンが来て
デザートを盛りつけてくれます。

116620
かぼちゃのジェラート 柿のマリネ
アプリコットソース仕立て


シナモンの良い香り

116622
チュイールを崩して
すべてを混ぜながらいただきます

下のほうに
レーズンやカスタードも隠れてて
たまらん美味しさ(´ω`★) 

collage_photocat
食後は
連れはコーヒー、
ワタシはミルクティー。

20201011_213624 (Custom)
ボンボンショコラ

2重ケースの下に
中に入ってる食材をディスプレイ

食べるのがもったいないわ~
とか言いつつ
しっかりいただきます


いやー
大・満足((・´∀`・))


お肉はもちろん
いとよりのポワレのソースが
忘れ難い美味しさ



席を担当してくれた
女性スタッフさんは
新卒で採用されたそうですが
お料理の説明も気配りも素晴らしかった

コロナ禍でもオープンに向かって
一生懸命研修したんだろうなあと思います

すごく親しみやすい子だったので
食事が終わってからも
40分近く話し込んでしまったわ


今までいろんな宿に行ったけど
美味しくて、楽しくて・・
パーフェクトに近い夜だったなあ



メインダイニング『六つ喜』の方は
なんと河津の玉峰館さんの
前料理長さんが就任されてるようなので
再訪したらあちらにも行かねば(。・ω・)ノ゙



次回の朝食・感想編でラストですー


【箱根・強羅 佳ら久の基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗