夕食は18:00からいただけるようでしたが
ワタシ達は遅めの
19:00からでお願いしました

P1570221 (Custom)
4Fの日本料理「つくし」へ

半個室っぽくなってますが
反響しやすいのか
周囲の会話やスタッフさんの声が
わりと耳に入ります。

21-01-25-15-14-39-911_deco
お品書き。

ワタシが着席すると
素早くお箸を左利き用に
置きなおしてくれました

系列宿に宿泊した時の
情報が共有されてるらしい

P1570277 (Custom)
先付は小鴨の蒸し焼き
上に柚子味噌


P1570278 (Custom)
2段方式になってて
網を取ると下に
地蛤の蒸し煮 筍 セリ
白菜 下仁田ネギ


FotoJet (8)
お料理の説明をしながら
スタッフさんがお皿に取り分けてくれます。

真っ黒なセリ、
見た目はアレですが
蛤と一緒にいただくと美味しい

黒七味をちょい足し。

左上が鴨と柚子味噌。

柑橘の風味と鴨が
マッチしてます

FotoJet (9)
ドリンクメニュー
(クリック後に拡大できます)

ビールはグラスで800円~
日本酒1合900円~
ワインはグラス、カラフェ、ボトルあり

全てのメニューは載せられませんが
どちらかというと
日本酒や焼酎が充実してます。

お料理も
日本酒に合う感じだもんね

P1570293 (Custom)
我々も日本酒でいくか迷ったけど
やっぱりワインが飲みたくて
1万円ぐらいのシャルドネのボトルを

銘柄は失念しましたが
すっごく美味しかった

P1570287 (Custom)
お造り 
鮪 アオリイカ


P1570286 (Custom)
見事な
さつまいも鶴

料理長さんは技巧派ですね

P1570295 (Custom)
鮪はゼリー状の醤油をのせて

アオリイカは旨味を増すため
わざと冷凍しておくのだそう。

確かにねっとりしていて
おいしい

P1570297 (Custom)
海老真丈のお椀

優しいお出汁と
ふわふわの真丈

ホッとしますね~(´ω`★) 


ここまで
比較的地味な感じで進んでますが・・

P1570301 (Custom)
ドーンと大皿が登場(=゚ω゚)ノ

ふたり分が盛付られた組肴

FotoJet (10)
菜の花と帆立の白和え
壬生菜の煮浸し
蟹とイクラの蒸し寿司


どれも美味しいですが
蒸し寿司はまだ温かく
蟹たっぷりで
丼で欲しいぐらい(*≧ω≦)


P1570311 (Custom)
金目の柚庵焼
公魚(わかさぎ)真砂揚げ
栗の松風玉子
数の子西京漬け
ナマコと叩き芋

すべてお酒のアテ


担当の男性スタッフさんに

「どれが一番お好みでしたか?」

と聞かれて
それぞれ答えると
その料理の小ネタを
流れるように披露してくれます

全部の料理のネタが
頭に入ってるのかなあ?
スゴイわあ(・ω・ ) 


いかにも「デキる」雰囲気の方でしたが
時折、無表情になって
動きがストップするのが気になりました。

どうやらインカムから聞える指示に
気がいってしまい
目の前のゲストを置き去りにしてまう
傾向があるらしい(;^ω^)

インカムって便利なのだろうけど
向かない人もいそう。。

P1570312 (Custom)
強肴 鹿児島産黒毛和牛の照り焼き
海老芋唐揚げ
黄韮と小松菜の金平


P1570313 (Custom)
山椒の効いた甘辛の照り焼き

めちゃくちゃおいしい
(*≧ω≦)


のだけど、、

ぽっちりしかないので
ふた口で終わってしまう


連れ「せめて5口ぐらいは食べたい

そうね・・・
お品書きを見て
お肉を楽しみにしてたしね。。

P1570316 (Custom)
釜炊きのご飯は
新潟産コシヒカリ


ふっくらつやつやに
炊けた所を見せてくれます。

P1570314 (Custom)
〆は鯛茶漬け

P1570318 (Custom)
アツアツのご飯に
胡麻だれ漬けの鯛をのせて・・

これだけでも美味しい

P1570320 (Custom)
海苔とアラレを足して
お出汁をたっぷりかけます。

うまー((・´∀`・))

胡麻だれの味が絶妙

汁好きの連れは
お出汁もご飯もおかわり

P1570322 (Custom)
水菓子 抹茶の蕨餅とバニラソース
林檎シャーベット
でこぽん 苺


シャリシャリのシャーベットが
バニラソースに溶けて
得も言われぬ美味しさ

さっぱりして
良いですね~

P1570324 (Custom)
甘味はもう1つお楽しみが

料理長手作りの"練りきり"

どれもかわいい(・´ω`・)


お好きな物をお1つどうぞ、と。

迷っていたら連れが
自分の分も選んでいいよと言うので

P1570325 (Custom)
可愛すぎるうり坊と、

P1570326 (Custom)
レインボーカラーのこれにした

P1570327 (Custom)
「心を込めてたてました」という
お抹茶と一緒にいただきます。


どちらもほとんど
ワタシが食べちゃったんですが
普段和菓子を食べる機会があまりないので
新鮮でした~


「和」が全面に出た献立は
スタッフさんの詳しい
(そしてやや芝居がかった)
説明と演出で楽しめました


お味も良かったんですが
あまりインパクトがないというか
心に残るお料理はなかったかもなあ


鯛茶漬けのおかわりで
お腹を満たせましたが
他の系列宿に比べると
ボリュームも控えめ?


がっつり派やお肉が好きな人は
やはり「月の道」の鉄板焼きを
選んだほうが良いのかもしれません。
(ただ、ボリュームは変わらないとの声もありました

P1570333 (Custom)
レストランと同じフロアに
バーもあり。

P1570338 (Custom)
食後は売店に行って
お土産を物色

P1570341 (Custom)
ここはリナーリのフレグランスは
置いてないのかな

バスアメやmizutoriの草履、雑貨など。

P1570343 (Custom)
バナナチップと、

P1570344 (Custom)
逢初を購入。

P1570373 (Custom)
お部屋に戻って・・

P1570376 (Custom)
ポータブルテレビを見つつ
深夜までお風呂ざんまい


次回の朝食・感想編でラストですー


【ATAMI せかいえの基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗