夕食は18:00からと
決まっていたと思います

P1610784 (Custom)
個室の食事処でいただきます。

周囲の音は結構ダダ漏れなので
お隣の会話が聞こえたりしますが
我々は気にならず

P1610786 (Custom)
着席すると
すぐにスタッフさんが現れ、
館内の停電のお詫びに
ワンドリンクサービスしてくださるとの事

あらー
では遠慮なく・・( ̄m ̄〃)

P1610802 (Custom)
連れは樽生ビール
ワタシはオレンジジュースを

P1610798 (Custom)
お品書き。

5年前は確か
イケメン板長の写真入りでしたが
デザインを変えたみたい

前回は何かのセールで予約したので
豪華なコースプランでしたが
今回はスタンダードな夕食コース。


なので・・・

P1610781 (Custom)
前回、美味しくて感動した
『とちぎ和牛の霜降りトロ握り』
を別注しておきました
ヾ(o´∀`o)ノ
(ついでに馬刺しも)

前はこれが2人で4貫ついた
大盤振る舞いコースだったのよね

お腹がはちきれそうだった記憶があるので
2貫ぐらいがちょうど良いでしょう

FotoJet (5)
食前酒~栃木の梅酒~

素敵なグラス

濃い目で、美味しい梅酒でした

P1610789 (Custom)
ホタルイカの白和え

酢味噌和えが定番ですが
白和えは初めて

合うような合わないような?

これは好みが分かれるかも。

P1610790 (Custom)
四季味亭~季節の前菜~

FotoJet (6)
もずく酢 白身魚人参ドレッシング
牛しぐれ煮 湯波
海老真丈 滑子の塩麹和え
菜の花白胡麻味噌

湯波が甘い味付けで意外

すっぱーいもずく酢、
連れから譲渡される。
(連れは酸味が苦手

滑子や菜の花、とても美味しく
お酒のアテに

惜しむらくは
牛のしぐれ煮が脂ばかりだったこと

FotoJet (7)
ドリンクメニュー。

ビール、焼酎、日本酒、ワイン、
大変充実してます


ビールはフリードリンクでも
十分いただいたので・・

P1610823 (Custom)
ルバイヤートの白を投入

ボトルは3000円~
グラスは700円~と
頼みやすい価格設定

P1610812 (Custom)
はまぐりのお吸い物

春キャベツと筍入りで
はまぐりが美味しい~

しょっぱすぎず、上品

P1610815 (Custom)
ここで別注の『馬刺し』登場

牛と違って重たくないし
全く臭みもないので
2人でペロリと

P1610820 (Custom)
そういえば各席に
呼びボタンがあるので
スタッフさんを呼ぶのも楽ちん

どのスタッフさんも
明るくてちゃきちゃきしてます。

FotoJet (8)
お待ちかねの別注
『とちぎ和牛の霜降りトロ握り』

すりたてのワサビと
お塩をパラリと振って、、、


うまーーーい
(*≧ω≦)


とろけるようだわ・・・

P1610828 (Custom)
石川県直送~本日のお造り~

おお~(・ω・ ) 
盛付けがシンプルで
今っぽくなってる

FotoJet (9)
ホウボウ アジ 鯛 〆サバ
甘海老 金目鯛 イワシ
など7種類


前回もその鮮度に驚きましたが
変わらず、新鮮

イワシの小骨がすごくて
噛むとバリバリいうのはご愛嬌
(^▽^;)

P1610836 (Custom)
このあたりで
お釜に点火。

炊き上がりまで
30分ほどかかるそう。

たのしみ~( ・´ω`・ )

P1610800 (Custom)
とちぎ和牛サーロインのセイロ蒸し

うわ~((・´∀`・))
これまた見事な霜降り

肉好きの連れ、歓喜
(*≧ω≦)

FotoJet (10)
ものの数分で蒸し上ります。

ポン酢や胡麻だれにつけて・・

あ~~うまい(*´Д`*)

とちぎ和牛、好きだわー

P1610833 (Custom)
ごぼう饅頭

お品書きからは
想像できないビジュアル

どこがまんじゅう?(・ω・ ) 
と思ったら

みたらし餡の中に
牛蒡入りの葛饅頭が浮かんでます

ワサビたっぷりでも
餡が包んでくれるので
ぜんぜんツーンとしない

FotoJet (11)
春野菜と桜海老の味噌グラタン

わーい、洋皿好きです
(* ´ ▽ ` *)

スナップエンドウや新じゃが、
新玉葱などお野菜たっぷり

桜海老とチーズが良いわあ

ワインがすすみます

P1610842 (Custom)
ふじやパパの自家製米
アサリとアスパラの炊き込みご飯


蓋を開けた時の
なんとも言えない良い香り

P1610845 (Custom)
ずんだ湯波の赤出汁、
香の物も運ばれてきます。

炊き込みご飯はアサリの出汁が
たっぷり染み込んでて
おいしい。。

少し柔らかめですが
水分をたっぷり含んだ
もっちりしたお米

P1610846 (Custom)
ほうじ茶とおしぼり。


程なくして
太陽のように明るい
女将の登場です
(近くの席から声が聞こえてたので、来るのはわかってたけど)


昼間の停電を侘びつつも
元設備屋さんだったご主人(ふじやパパ)が
すぐ直してくれたこと、

姉妹宿「楓音」の方に泊まっても
結局は「ふじや」に戻ってくる人が多いこと、

など盛大にお話になられ、
やや圧倒される我々


でも楓音のほうも素敵そうですね~
と興味を見せたら

キラーンと目が光り
(ワタシにはそう見えた)

「あっちは川沿いでね~」
「景色もいいし、お部屋もゆったりしてるの
「同じ板長だけど、お料理の内容も違うのよ~


と、推しモードスイッチがオンに


その後は常連さんの話を
面白可笑しく語ってくれて
風のように去っていった。。

この女将の存在によって
良くも悪くも
アットホームさを感じられる
宿なのかもしれませんね~

P1610847 (Custom)
杏仁ブリュレとフルーツ

このブリュレが
ねっとり濃厚でおいしかった


隣席でまた
会話に花を咲かせてる女将の声が
聞こえてきます。


どうやら相手は常連客らしく
とても親し気。

「ご飯、残ってるならおにぎりにしましょうか~?」

と聞いてました。


我々も少しご飯を残してたので
そのうち聞かれるのかなあと
思ってましたが
結局スルー(;^ω^)

常連だけのサービスなのかな?



ふじやさん、5年ぶりのお夕食は
お肉の美味しさが印象に残りましたが
全体的に大人しめになったというか、、
前回ほどの感動は
なかった気がします。

5年の間に我々の
宿経験値が上がった影響なのか
実際の食事内容の変化なのか
一概にはわかりませんが

これが再訪の難しさなのかなーと
思ったんでした



次回の朝食・感想編でラストですー


【四季味亭ふじやの基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗