アナガさんのレストランは

・フレンチ「カドー・ドゥ・ラ・メール」
・和食・鮨「阿那賀」


があり

我々はフレンチの
夕食プランを選びました

FotoJet (16)
「カドー・ドゥ・ラ・メール」の
窓際の席へ案内されます。

P1620811 (Custom)
お庭越しの大鳴門橋が見えて
良い雰囲気( ・´ω`・ )

P1620815 (Custom)
見開きのカードに
今日のコースメニューが
書かれています。


スダレ貝ってなんだろう?

お肉は楽しみにしてた
淡路ビーフ

期待がたかまります

FotoJet (29)
ドリンクメニュー
(※クリック後に拡大できます)

ソムリエさんが2名在籍されてるそうで
「何でもお尋ねください」と


ワインのボトルにするか
迷ったんですが・・

FotoJet (18)
ペアリングに
こだわりを持っていそうだったので
5種をお願いすることに

FotoJet (19)
最初はスパークリングワイン。

ワタシは辛口のジンジャーエールを。

P1620824 (Custom)
放し飼いたまごの"燻製"
カリフラワー 黒ウニ



ほほー(=゚ω゚)
こういう感じなのね~

FotoJet (28)
1つずつエッグスタンドに取って
いただきます。

上に乗ってる黒ウニも絶品ですが

放し飼いたまごの黄身が
鮮やかなオレンジ色&濃厚でびっくり

カリフラワーはジュレになってました。


そうっとスプーンですくって
口に運ぶと
燻製のスモーキーな風味が広がります


うまー(´ω`★) 

P1620828 (Custom)

P1620830 (Custom)
スダレ貝 ムクラード
フランスの郷土料理から


ハマグリぐらいの大きさかな?
初めていただきますー(*´∀`)


スダレ貝は生息地が少なく
一般の市場に出回る事は
ほぼないのだそう
(市場にある物は本種ではなく近縁種のアケガイがほとんど、とのこと)


ただ酒蒸しにするだけでも
すごい旨味が出るらしいのですが
今回はムクラードという
生クリームに少量のカレー粉を混ぜたソースを
合わせてます。

濃厚×濃厚で
得も言われぬおいしさ
(=゚ω゚)


連れ「これだけでワイン3杯はいけそう

P1620832 (Custom)
「焼き立てのパンはいかがですか


わあ~
どれもおいしそう~(*´Д`)


スタッフさんが1つ1つ
説明してくれます

P1620835 (Custom)
連れは何の料理にも合いそうな
デュラム小麦と米粉のをチョイス。

P1620834 (Custom)
ワタシは
カシスのパンとブリオッシュ生地の
ふんわりしたパンを


このカシスのパンが
めちゃうまで(*≧ω≦)


水分は果汁だけなのかな?
ってぐらい酸味と甘味を感じました

あとでおかわりしよう~
(カシスをもう1つ、他のパンを3つおかわりしました

P1620838 (Custom)
北淡ダコのマリネ サフラン・アスピック
分葱のカルソターダ 墨テュイル



はらー(*゚Д゚*)
なんて繊細・・・


FotoJet (22)
墨のあみあみチュイールの下に
カラフルなマリネ

北淡タコも
初めていただきますが
ほどよき弾力があって
おいしいです


「タコと言えば明石ですが、北淡タコも負けない美味しさですよ
「墨のテュイルは蛸のでは色がつかないので烏賊墨を使ってます」



へええ(・∀・)


「ちなみに淡路島は食料自給率が100%なんですよ~
「お野菜も魚介もお肉も、大変良質な食材に恵まれています



へええええぇ(*゚Д゚*)

それは知らなかったー


確かに温暖な気候で
お野菜も育ちやすく
魚介の宝庫っぽいですもんね

すばらしい島なのだなー

FotoJet (15)
レストラは天井が高いですが
うるさく感じるほど
反響音は気になりません。


南国リゾートな雰囲気のせいか
みなさんとても
リラックスした表情

スタッフさんの接客がソフトで
ちょっとした雑談が楽しいせいもあるかも

FotoJet (15)
ペアリング2~4杯目

少しずつ味見して
どれも美味しかったけど
右の写真のシャルドネが
バランスが良くて好きだったなー

P1620846 (Custom)
桜鯛のヴァプール 旬の菜花と
新タマネギ 濃厚な小海老のフォーム


海老風味たっぷりの泡

桜鯛は蒸されていて
舌の上でとけるような柔らかさ

P1620848 (Custom)
淡路ビーフ イチボのグリエ
グリーンアスパラガス
鳴門オレンジのオランデーソース


連れお待ちかねの
淡路ビーフ


「あわじ牛」よりも高級なのが「淡路ビーフ」で
生育期間によっては「神戸牛」として
出荷される事もあるとか。。

ブランド牛の世界は複雑


連れ「こういうソース、好きでしょ


そう!(*≧ω≦)
柑橘を使ったソースとお肉の組み合わせは
ワタシの好みにドンピシャ


爽やかなオレンジ風味のソースに
肉肉しい淡路ビーフが合うわあ~



添えてある立派なアスパラも
やわらかくて美味しかった

FotoJet (23)
デザート前のお愉しみ

小粒のタピオカが入った
フレッシュ苺ジュース

生の苺を
そのまま飲んでるような・・

FotoJet (24)
ビーツのレアチーズケーキ
チョコレートの摩訶不思議

(*≧ω≦)

デザート、かわいい~

ビーツはアメ細工でコーティングされてて
中にムースとゼリー。

ガトーショコラと
濃厚ショコラアイス。


ああ、しあわせ
(*´∀`)


P1620859 (Custom)
ペアリングのラストは
マデラ酒。

貴腐ワインやブランデーのような
熟成した甘み



食後の余韻に
浸っていると・・

FotoJet (25)
(*゚Д゚*)

アナガさんオリジナルのショコラ

「お好みのものをどうぞ

だって


大げさかもですが
チョコ好きのワタシには
目もくらむような
嬉しすぎるサービス

FotoJet (16)
でも何となく遠慮してしまい
厳選した3つだけ選ぶワタシ


連れ「あれ、それだけでいいの?
「(スタッフさんに)1種類ずつ全部でもいいんですか?」



スタッフさん「もちろんでございます

FotoJet (17)
すべての種類を
盛りつけてもらう連れ。

度胸あるわね。。


「せっかくだから全種類いただきなよ」
「俺は1つでいいから後はどうぞ



(≧◇≦)


連れ・・なんてイイ奴なんだ
この恩は3日ぐらい忘れないよ。。



「3日かー


オリジナルショコラは
フランボワーズ、ホワイト、ピスタチオ、
グランマニエ、ヘーゼルナッツ、
生チョコ3種類


どれも絶品
(=゚ω゚)ノ



FotoJet (18)
食後に連れはコーヒー
ワタシはミントのハーブティー
(ハーブティーはミント・カモミール・ベリー・ジンジャーから選択)


幸せすぎる夕食に
大・満足(´ω`★) 



我々にとっては
多くの珍しい食材を味わえ、
メニュー構成やフレンチの方向性が
好みに合ったのだと思います



ワタシ「絶対また来ると思う(・ω・ ) 」

連れ「もう再訪宣言?早いね~」
「ウチからけっこう遠いけど・・



そうなのよね~(;´Д`)

西の方にお住まいの方が
ほんとうらやましい。。

FotoJet (15)
客室に戻る途中、
「阿那賀」さんの献立も
チェックしてきました
(※クリック後に拡大できます)

連泊して
和食・フレンチと食べ比べるのも
良いなあ~



次回の朝食・感想編でラストですー


【ホテルアナガの基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗