船原館さんには


・貸切風呂「たち湯」
(水深1.2m/内湯と露天)
1組45分/無料


・大浴場
(内湯と露天/内湯のみ)
夜通し利用可
夜の22時に男女入替


があります。


チェックイン時に
「たち湯」の予約


我々を含めて
ゲストは3組だそうで
夕食前の17:00に予約できました。

時間になったら
フロントで鍵を借りて
勝手に行きます

FotoJet (6)
廊下の途中に
唐突にある入口

ここでスリッパを脱いで
サンダルに履き替え、

P1660115 (Custom)
「たち湯」へGo。


湯小屋のようになっていて
母屋とは別棟ですが
数歩の距離。

P1660116 (Custom)
お(・ω・ ) 

いきなり風呂かな??


FotoJet (7)
どどん。

大きいですー(*´∀`*)

10人ぐらい余裕で入れそう

これを貸切できるなんて
ぜいたくですね

P1660120 (Custom)
天井には立派な梁があって
頑丈そうな造り。

窓は少ないので
昼間でも暗めですが
それがまた良い雰囲気
(・´ω`・)

P1660154 (Custom)
2つの個室は
温浴療法「ワッツ」の時に
水着に着替えるための更衣室かな?

我々は貸切なので
テキトーにベンチの上の
脱衣カゴを使用。

シャワーがないので
ザバザバとかけ湯しまくります。

FotoJet (9)
手前に座れるような
高めのステップありなので
いきなり深いわけではありません

伊豆石?御影石?
キレイな色合いのタイルが素敵

P1660129 (Custom)
しずしずと入湯

湯温は37~8℃といった所で
とってもぬるめ(´ω`★) 

120㎝の水深でも
熱くならず
永遠に入っていられそう


・・・そして気になる
あの出入口

P1660130 (Custom)
お湯の中をすすんでいくと・・

P1660132 (Custom)

P1660136 (Custom)
露天風呂~(*´∀`*)

こちらも深いまま。

P1660134 (Custom)
そして内湯と同様に
高めのステップがあります。

座るとへそ下あたりまでの
ひたひたなので
もうちょっと低めでも良かったかも?

P1660148 (Custom)
見上げるとこんな感じ。

囲われてるので景色はないけど
外の風が感じられて
気持ち良いです

P1660144 (Custom)
しばらく外気を堪能したら
ふたたび中へ


お湯の中を
そのまま移動できるの、イイですね

冬なんか特に
寒くなくて良さそう

P1660156 (Custom)
内湯に戻ると
壁にあるバーに捕まって
身体を浮かせてみたり・・

P1660127 (Custom)
浮き輪ならぬ浮き棒?
も自由に使って良いそうなので

P1660167 (Custom)
2本ずつ使って
連れとぷかぷか


あーーー
ごくらく(*´∀`)



不感温度の中、
天井を見上げながら
ゆらゆらと浮かぶ心地良さが
何とも言えないわあ


連れ「・・浮かない


はっ(・∀・;)


そうだった。

水に浮きにくい我が家の太マッチョ、
うまく楽しめてないようなので
浮き棒4本使って
なんとか浮かせてみました


「うん、いいかんじ
「寝ちゃいそうだね~



「そうだね~」
「でもそろそろお時間です(・ω・ ) 」



「え~~~~


あっという間の45分でした。


あまりに良かったので
鍵を返す時に
2回目の予約
(空いていれば取れるみたいです)


夜や朝食後は埋まっていたので
朝食前の7:00から。

朝に弱いワタシですが
この「たち湯」に入るためなら
頑張って起きるわ( ̄‥ ̄)=3 

──────────────────────

FotoJet (11)
夜通し入れる大浴場は
別々の場所にあり
一方は内湯のみでシンプル、
もう一方は広い内湯と露天を備えてます。


この日は広い方が
チェックイン~22:00まで
女湯だったので
明るいうちに行ってみました

FotoJet (12)
脱衣所。

P1660066 (Custom)
意外にも新しめの
マッサージチェアが

P1660065 (Custom)
洗面スペース。

FotoJet (15)
オールインワン美容液がありますが
クレンジングなどはないのでご持参を。

そして泣いても笑っても
ドライヤーは各大浴場に1台ずつ

ゲストが少なかったので
誰とも重ならなかったけど
髪はなるべく
お部屋で乾かしたい派なのよね。


なので、持参して良かったです

FotoJet (14)
館主さんによる
温泉の説明と注意書。

45℃で毎分150ℓという
豊富な湧出量

もちろん完全かけ流しです


「嫌なことも忘れるようですが
大事なことも忘れてしまう」

という難儀な泉質だそう(;^ω^)


常に何でも忘却する
とりあたまのワタシには
関係ないですが

FotoJet (13)
さすが温浴療法を極めた館主さん

しっかりお風呂の入り方を
指導してくれます。


川のようになった浴槽は
上流が熱く、下流は適温、
そして露天風呂はぬるめ、と


最初は①でいこうとしましたが
Aが激熱でムリでした

P1660076 (Custom)
大浴場・内湯

なるほど~
確かに川のような形状

P1660082 (Custom)
こちらが上流の激熱ゾーン。


まあ激熱と言っても
43~4℃かと思いますが
ぬる湯好きのワタシにはムリでした

P1660088 (Custom)
この桝の下から
空気に一切触れることなく
源泉が流れ出ているそうです


動画撮っとけばよかったなあ
ボコボコと湧き出る音が
すごかったんですよ~

P1660080 (Custom)

P1660084 (Custom)

P1660085 (Custom)
浴室全体に年季を感じますし
バスアメ類は簡素ですが・・・

P1660098 (Custom)
採光がとれて明るいのと、
レトロな雰囲気がスバラシイ
(´ω`★) 


ワタシは好きです、
こういうお風呂

P1660090 (Custom)
さらさら~~っと
静かにオーバーフローしてるのも
いいかんじ

P1660100 (Custom)
ワタシはほとんど
下流ゾーンに浸かってましたが
(41~2℃ぐらい?)

やわらかくて
とっても気持ちのいいお湯

P1660107 (Custom)

P1660103 (Custom)
露天風呂

それほど大きくはないけど
こちらは40℃ほどで
ワタシにとって適温

P1660106 (Custom)
霧状の小雨が降ってましたが
天城の山並がのぞめて
爽快でした


昔懐かしい風情のお風呂や
良質な泉質を求める方は
気に入るのではないかしら(´ω`★) 


FotoJet (16)
温泉分析書です。

本当に源泉温度が45℃なのね

たしか松本の
酒井屋旅館さんのお湯もそんな感じで
「何もせず、ただ流しっぱなし」
と仰ってたような。


加水も加温も要らない、
ってすごいですよね

FotoJet (10)
さて、もう一方の大浴場は
階段を降りて行きます

P1660222 (Custom)

P1660224 (Custom)
脱衣所、あちらより小さめ。

置いてあるアメニティは同じで
貴重なドライヤーもあります笑

P1660233 (Custom)
洗い場。

P1660228 (Custom)
内湯

夜に見たときは
あまり魅力的に見えず
入りませんでしたが

P1660246 (Custom)
翌朝、光が差し込んでる様子は
なかなか趣があったので
少し入ってみました


まあでも
圧倒的にもう一方の方が
広くてインパクトがあるので
ぜひ男女入替時間をチェックしつつ
入ってみてください~


囲炉裏ダイニングの
夕食編につづきます


【ものわすれの湯 船原館の基本情報・予約】

──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)