長野県は
白馬に1泊してきました


今回は久しぶりの
宿泊とディナーが別々の旅


どうしてそうなったかというと

ずっと行ってみたかった
1日1組の可愛らしいオーベルジュ

「白馬 田園詩」さん
(予約サイトには載せてませんがグーグルレビュー4.9の高評価/2022.3現在)

に宿泊しようと思ったんですが


近くに2013年にオープンした
気になるホテル

「コハルリゾートホテル&スイート」さん 

があるのよねえ


うむむ(・ω・ ) 

どちらも行ってみたいけど
1泊しかできないからなあ


・・・・はっ


「コハル」さんは
全室キッチン付の
コンドミニアムタイプ。

朝食付きプランにして
夕食だけ「田園詩」さんで
いただいたら最高なのでは


というわけで
日程を調整して両方に予約


夕食時に移動しますが
車ですぐの場所なので
負担にはならないでしょう。


◆コハルリゾートホテル&スイート
・チェックイン16:00(通常15:00)/アウト10:00
・朝食付きお得プラン
スタジオタイプ(25㎡)
10000円×2名=20000円
ラ・クーポン使用で18000円
・Wi-Fi利用可
・白馬駅、八方バスターミナルまで無料送迎(要予約)

◆白馬 田園詩
・ディナーコース
4660円×2名=9320円
予約時に「和」か「洋」が選択

どちらもお手頃料金ですが
田園詩さんのディナーが
東京で考えるとランチ価格でびっくり
(でも素晴らしかったんですよ・・


それではコハルさんの
お部屋編からスタートです

P1670081 (Custom)
とうちゃく

ウチから白馬まで
3時間半ぐらいかな


今回のお得なプランは
16:00インだったので
午前中に仕事をしてから
昼過ぎに出てちょうどいい感じでした。

P1670082 (Custom)
3階建ての建物は
1Fがカフェや
スキーのレンタルショップ、
2~3Fが客室になります。

P1670088 (Custom)
エントランス。

入って左の
パーテーションが閉じてますが
翌朝はオープンして
朝食をいただくカフェになります

P1670086 (Custom)
フロント。

人の気配なし。

P1670091 (Custom)
「ようこそ 誰もいなかったらここに電話してね」

みたいな事が書いてあったので
受付の電話で連絡すると

数分で男性スタッフさんが
走ってきました


宿泊料金は
チェックイン時に支払います。


ドライな対応かと思いきや
大変人当たりの良い方で
夕食に出かける際の送迎が必要かとか
(19:00まで送迎サービスを行ってるそう)
お部屋の細かい説明などしてくださり
荷物を運んでくれました


今はオフシーズンで
今日のゲストは我々だけだそう。

P1670219 (Custom)
フロント脇に
貸出自由のDVDや雑誌あり。

P1670162 (Custom)
エレベーターは無し。

階段で移動します

FotoJet (3)
間取り図。

我々は右から2番目の
102(といっても2Fですが)に
アサインされました

スタジオタイプ(25㎡)は6部屋あるようです。


他に1ベッドルーム+リビング(40㎡)や
スーペリア、2ベッドルーム、

そして3ベッドルーム(112㎡)の
広いペントハウスもあるようなので
ご家族やグループで利用される方は
ゆったり過ごせそう

海外からのファミリー客とかね、
長期滞在でスキーを楽しまれるのでしょうねえ

P1670163 (Custom)
シンプルな客室フロア。

P1670094 (Custom)
玄関を入ったところ。

P1670112 (Custom)
スリッパがあったので
履き替えます。

P1670111 (Custom)

FotoJet (9)
ツインベッドは
予約時に希望すれば
くっつけてハリウッドツインにも
してくれますが
我々は特に希望しなかったので
少し離れた状態。

掃き出し窓の向こうに
バルコニーがないので
落下防止のワイヤーが張ってあります。


なぜか、窓全開

白馬は避暑地だと思ってましたが
10月でもわりと気温が
高かったです

FotoJet (10)
ベッドのうしろに
北斎風アート

外国人ゲストが多そうなので
クールジャパンなインテリアを
意識してるのかしら


ベッドはほど良き弾力、
クッションもたくさんあって
ぐっすり眠れました

FotoJet (7)
キッチンがあると
本当にワンルームアパートのような感じ。

FotoJet (6)
ご家庭にあるキッチンと
遜色ない設備です。

FotoJet (13)
IHクッキングヒーター。

FotoJet (12)
まな板や食器用洗剤。

FotoJet (18)
電子レンジ。

分別されたゴミ箱。

引き出しに
グラスやカップ、カトラリー。

FotoJet (17)
フライパンやお鍋、
和テイストな食器などもあり。

FotoJet (16)
冷蔵庫は長期滞在するには
ややちいさめかな

電気ポットに
フライヤー、炊飯器。

FotoJet (14)
そしてキッチン横の
収納を開けると
洗濯機と
1回分の洗剤。

もちろん我々は使用しないけど・・

洗剤、毎日もらえるのかしらとか
つい考えてしまう

(ちなみにリネン交換・清掃は4日に一度とありました。3日でも一週間でもなく、4日

P1670119 (Custom)

P1670144 (Custom)
テレビはアクオス、
DVDプレーヤーあり。

FotoJet (19)
タブレット電話は
スカイプを利用。
(外線は有料です)

これが内線も兼ねてますが
めんどくさいので
スタッフさんに用事がある時は
先程の番号に自分のスマホで電話してました。


ドライヤーは
バスルームでなく
クローゼットにあり。

無印みたいな
シンプルなデザイン。

FotoJet (20)
クローゼットにハンガーと
物干し的な物が

ここ、バルコニーがないから
室内干しか浴室乾燥になるのかな?

冬場の乾き具合が気になります。

FotoJet (22)
クローゼットには
折り畳みのテーブルセットあり。

広げてみました


ちょっとスペースが狭いですが
軽く食事したり
何か飲んだりするには十分。

P1670129 (Custom)
緑茶や紅茶、
スティックコーヒーは無料。

お水のペットボトルなどは
なかったと思うので
持参推奨です。

FotoJet (25)
笑っちゃうリモコンの多さ

エアコンはもちろん
浴室暖房とかいろいろ。。

全部一ヶ所にあるので
コントロールしやすいです

FotoJet (2)
バスルームは
洗面・トイレと一体ですが、、

FotoJet (1)
タイル使いがカッコイイ

一般的なユニットバスより
全然オサレだわー

FotoJet (4)
そして埋め込みのバスタブ。

ちょっと短めだけど
かわいいです(´ω`★) 

こちらは普通のお湯なので
入浴剤など持参して
楽しむと良いですよ~

FotoJet (5)
バスアメは資生堂。

大胆な造りの浴槽のため、
洗い場がないので
バスタブでそのままシャンプーしました。


ワタシはけっこう気に入って
朝風呂もしてしまった

なんでしょうね??

こういうデザインチックなお風呂って
なんか楽しいのよね

FotoJet (6)
これ、下に木の椅子があるんですが
絶妙なバランスで
タオル類が置かれてます

クシなどはなく
歯ブラシのみ。

時代に先んじて
サステナブル

FotoJet (7)
トイレは普通のウォシュレット。

FotoJet (9)
シンプルな洗面台ですが
シンクが片側に寄っていて
私物を置くスペースがあるのがナイス

鏡も大きいし
使いやすかったです

FotoJet (10)
ハンドソープと
ボディーローション。

詰め替えだと正体不明なので
ラベルが見たかった

FotoJet (24)
102からの眺め

別荘地なので
お向かいもお隣も別荘又はホテル。

FotoJet (23)
どれもスタイリッシュというか
奇抜で新しい建物ばかり


スタッフさんによると
持ち主はほぼ外国人で
数年前から建設ラッシュなのだそう。
(コハルリゾートさんも外国の資本だったと思います)


コロナのコの字もなかった
2019年でも
閑散期はひっそりとしていたので
今この辺りはどうなってるのかなあ

(2022.3月現在、コハルリゾートさん、田園詩さんは変わらず営業されてます



次回は田園詩さんの
素敵なディナー編につづきますー


コハルリゾートホテル&スイート
(基本情報・口コミ・予約)
楽天トラベル
Hotels.com
Expedia

──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)