うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

淡路島のリゾートホテル ホテルアナガ (兵庫)

ホテルアナガ 朝食・感想 ④



朝食は7:00~10:00の間の
好きな時間にいただけます

P1620868 (Custom)
(※クリック後に拡大できます)

いつもは和食「阿那賀」もしくは
「カドー・ドゥ・ラ・メール」から
会場を選ぶようですが

この日は「阿那賀」がお休みだったので
全員「カドー・ドゥ・ラ・メール」へ


じゃあ洋朝食になるのかな?
と思ったら
その場で和・洋を選べるようです


どちらも見てみたかったから
うれしいわあ(´ω`★) 

P1620869 (Custom)
昨夜と同じ窓際の席へ。

P1620870 (Custom)
くっきりと晴れて
大鳴門橋がよく見えますー

気持ちの良い朝だわ~
ヾ(o´∀`o)ノ

P1620873 (Custom)
連れは和朝食をチョイス

ご飯は淡路島さんのコシヒカリ
(お粥も選択可)

P1620874 (Custom)
煮物と干し地魚
(地酒の粕漬け・柚香焼)

P1620878 (Custom)
ごはんのおとも達

P1620876 (Custom)
手作り玉葱豆腐
淡路ビーフの餡かけ

この餡が激ウマだったそうです

FotoJet (19)
青菜のお浸し
布海苔と鳴門蓮根のコールスロー
淡路放し飼いの温泉玉子


レンコンのコールスローって
珍しいですね


そして連れ待望の
温泉玉子

昨夜の夕食にも使われていた
美味しい玉子でTKGできてご満悦

FotoJet (20)
酢の物 アサリの味噌汁

FotoJet (21)
ひとくちデザート
酢橘ゼリー



P1620871 (Custom)
ここからはワタシが選んだ
洋朝食。

左が お目ざめのスムージー
右が 淡路産100%みかんジュース


南国リゾートらしく
トロピカルなスムージー

P1620884 (Custom)
島サラダ

P1620887 (Custom)
みずみずしい淡路の野菜たち

ドレッシングは
もちろん玉葱

自然な甘さが際立って
おいしいですー

P1620889 (Custom)
総料理長特製エッグベネディクト

すんごいボリューミー
(=゚ω゚)


おいしそう~

P1620891 (Custom)
添えてあるのは
玉葱フライ トマト
六甲シャンピニオン
阿波美豚の無添加ソーセージ


P1620893 (Custom)
ナイフをいれると
オレンジの黄身がとろりと


あ~
しあわせ(*´Д`)


P1620886 (Custom)
フルーツミックスコンポート
淡路島内限定ヨーグルト
自家製グラノーラ


P1620894 (Custom)
季節のコンフィチュール
淡路島天然ハチミツ


ヨーグルトにちょい足しして
いただきました

FotoJet (22)
食後に
連れはコーヒー
ワタシはハーブティー


淡路ビーフ餡かけ豆腐など
和朝食も工夫があって良いですが

ほとんどの人が
洋朝食を召しあがっていたようです


やはり朝食会場が
フレンチのレストランだと
エッグベネディクトの方に
魅力的を感じるのかも


朝も大満足でした~
(*´∀`)



P1620707 (Custom)
チェックアウトは12:00なので
お部屋に戻ってのんびり・・


引き出しに入っていた
淡路島の雑誌をめくります。

FotoJet (23)
むむっ(・ω・ ) 

アナガさんで
アフタヌーンティーやってるのね

1日限定5組かあ、
これまた魅力的

FotoJet (24)
そしてやっぱり大鳴門橋といえば
うずしおクルーズよね

観られる時間は
限られてるので
出港スケジュールの確認が必至。


できれば大きい渦があらわれそうな
◎の時に乗りたいですが
どうも時間が合わない・・(;^ω^)


結局どうするか決まらないまま
テラスでまったり過ごしてしまいました

──────────────────────

・チェックイン15:00/アウト12:00(通常11:00)
・スタンダードツイン
フレンチor和食コース
26700円×2名=53400円
・ペット可のドギー・ヴィラあり
・客室でWi-Fi利用可◎
・最寄りのバス停まで無料送迎あり
(徳島空港への送迎も高速料金実費で可)

初の淡路島の宿でしたが
一歩足を踏み入れた瞬間から
非日常を感じられるホテルアナガさん


ロケーションも最高だけど
やっぱり一番感動したのは
お食事だわね(*´艸`*)



めくるめくフレンチディナーは
遠くまで足を運んだかいがあったな~
という内容で大満足




そしてもう1つ素晴らしかったのが
スタッフさんのホスピタリティです

こちらの希望や質問に対して
プラスアルファで応えてくれる姿勢は
同じサービス業として学ぶ事がたくさんありました



また行きたいな~

遠いけど( ;∀;) 



もし次に機会に恵まれたら
愛媛の「オーベルジュ内子」さん とか
「瀬戸内リゾート 青凪」さん 、
香川の「オーベルジュ ドゥ オオイシ」さん
などと合わせて来れたら
最高だな~( ・´ω`・ )なんて野望が・・


もちろん淡路島の
他のお宿も行ってみたいし
魅力的な土地や宿が多い国に生まれて
しあわせだわあと思います



アナガさんレポにお付き合いいただき
ありがとうございます


次回は淡路島での
軽い観光(というか買い物)ネタを書きますー


【ホテルアナガの基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗





ホテルアナガ 夕食 ③


アナガさんのレストランは

・フレンチ「カドー・ドゥ・ラ・メール」
・和食・鮨「阿那賀」


があり

我々はフレンチの
夕食プランを選びました

FotoJet (16)
「カドー・ドゥ・ラ・メール」の
窓際の席へ案内されます。

P1620811 (Custom)
お庭越しの大鳴門橋が見えて
良い雰囲気( ・´ω`・ )

P1620815 (Custom)
見開きのカードに
今日のコースメニューが
書かれています。


スダレ貝ってなんだろう?

お肉は楽しみにしてた
淡路ビーフ

期待がたかまります

FotoJet (29)
ドリンクメニュー
(※クリック後に拡大できます)

ソムリエさんが2名在籍されてるそうで
「何でもお尋ねください」と


ワインのボトルにするか
迷ったんですが・・

FotoJet (18)
ペアリングに
こだわりを持っていそうだったので
5種をお願いすることに

FotoJet (19)
最初はスパークリングワイン。

ワタシは辛口のジンジャーエールを。

P1620824 (Custom)
放し飼いたまごの"燻製"
カリフラワー 黒ウニ



ほほー(=゚ω゚)
こういう感じなのね~

FotoJet (28)
1つずつエッグスタンドに取って
いただきます。

上に乗ってる黒ウニも絶品ですが

放し飼いたまごの黄身が
鮮やかなオレンジ色&濃厚でびっくり

カリフラワーはジュレになってました。


そうっとスプーンですくって
口に運ぶと
燻製のスモーキーな風味が広がります


うまー(´ω`★) 

P1620828 (Custom)

P1620830 (Custom)
スダレ貝 ムクラード
フランスの郷土料理から


ハマグリぐらいの大きさかな?
初めていただきますー(*´∀`)


スダレ貝は生息地が少なく
一般の市場に出回る事は
ほぼないのだそう
(市場にある物は本種ではなく近縁種のアケガイがほとんど、とのこと)


ただ酒蒸しにするだけでも
すごい旨味が出るらしいのですが
今回はムクラードという
生クリームに少量のカレー粉を混ぜたソースを
合わせてます。

濃厚×濃厚で
得も言われぬおいしさ
(=゚ω゚)


連れ「これだけでワイン3杯はいけそう

P1620832 (Custom)
「焼き立てのパンはいかがですか


わあ~
どれもおいしそう~(*´Д`)


スタッフさんが1つ1つ
説明してくれます

P1620835 (Custom)
連れは何の料理にも合いそうな
デュラム小麦と米粉のをチョイス。

P1620834 (Custom)
ワタシは
カシスのパンとブリオッシュ生地の
ふんわりしたパンを


このカシスのパンが
めちゃうまで(*≧ω≦)


水分は果汁だけなのかな?
ってぐらい酸味と甘味を感じました

あとでおかわりしよう~
(カシスをもう1つ、他のパンを3つおかわりしました

P1620838 (Custom)
北淡ダコのマリネ サフラン・アスピック
分葱のカルソターダ 墨テュイル



はらー(*゚Д゚*)
なんて繊細・・・


FotoJet (22)
墨のあみあみチュイールの下に
カラフルなマリネ

北淡タコも
初めていただきますが
ほどよき弾力があって
おいしいです


「タコと言えば明石ですが、北淡タコも負けない美味しさですよ
「墨のテュイルは蛸のでは色がつかないので烏賊墨を使ってます」



へええ(・∀・)


「ちなみに淡路島は食料自給率が100%なんですよ~
「お野菜も魚介もお肉も、大変良質な食材に恵まれています



へええええぇ(*゚Д゚*)

それは知らなかったー


確かに温暖な気候で
お野菜も育ちやすく
魚介の宝庫っぽいですもんね

すばらしい島なのだなー

FotoJet (15)
レストラは天井が高いですが
うるさく感じるほど
反響音は気になりません。


南国リゾートな雰囲気のせいか
みなさんとても
リラックスした表情

スタッフさんの接客がソフトで
ちょっとした雑談が楽しいせいもあるかも

FotoJet (15)
ペアリング2~4杯目

少しずつ味見して
どれも美味しかったけど
右の写真のシャルドネが
バランスが良くて好きだったなー

P1620846 (Custom)
桜鯛のヴァプール 旬の菜花と
新タマネギ 濃厚な小海老のフォーム


海老風味たっぷりの泡

桜鯛は蒸されていて
舌の上でとけるような柔らかさ

P1620848 (Custom)
淡路ビーフ イチボのグリエ
グリーンアスパラガス
鳴門オレンジのオランデーソース


連れお待ちかねの
淡路ビーフ


「あわじ牛」よりも高級なのが「淡路ビーフ」で
生育期間によっては「神戸牛」として
出荷される事もあるとか。。

ブランド牛の世界は複雑


連れ「こういうソース、好きでしょ


そう!(*≧ω≦)
柑橘を使ったソースとお肉の組み合わせは
ワタシの好みにドンピシャ


爽やかなオレンジ風味のソースに
肉肉しい淡路ビーフが合うわあ~



添えてある立派なアスパラも
やわらかくて美味しかった

FotoJet (23)
デザート前のお愉しみ

小粒のタピオカが入った
フレッシュ苺ジュース

生の苺を
そのまま飲んでるような・・

FotoJet (24)
ビーツのレアチーズケーキ
チョコレートの摩訶不思議

(*≧ω≦)

デザート、かわいい~

ビーツはアメ細工でコーティングされてて
中にムースとゼリー。

ガトーショコラと
濃厚ショコラアイス。


ああ、しあわせ
(*´∀`)


P1620859 (Custom)
ペアリングのラストは
マデラ酒。

貴腐ワインやブランデーのような
熟成した甘み



食後の余韻に
浸っていると・・

FotoJet (25)
(*゚Д゚*)

アナガさんオリジナルのショコラ

「お好みのものをどうぞ

だって


大げさかもですが
チョコ好きのワタシには
目もくらむような
嬉しすぎるサービス

FotoJet (16)
でも何となく遠慮してしまい
厳選した3つだけ選ぶワタシ


連れ「あれ、それだけでいいの?
「(スタッフさんに)1種類ずつ全部でもいいんですか?」



スタッフさん「もちろんでございます

FotoJet (17)
すべての種類を
盛りつけてもらう連れ。

度胸あるわね。。


「せっかくだから全種類いただきなよ」
「俺は1つでいいから後はどうぞ



(≧◇≦)


連れ・・なんてイイ奴なんだ
この恩は3日ぐらい忘れないよ。。



「3日かー


オリジナルショコラは
フランボワーズ、ホワイト、ピスタチオ、
グランマニエ、ヘーゼルナッツ、
生チョコ3種類


どれも絶品
(=゚ω゚)ノ



FotoJet (18)
食後に連れはコーヒー
ワタシはミントのハーブティー
(ハーブティーはミント・カモミール・ベリー・ジンジャーから選択)


幸せすぎる夕食に
大・満足(´ω`★) 



我々にとっては
多くの珍しい食材を味わえ、
メニュー構成やフレンチの方向性が
好みに合ったのだと思います



ワタシ「絶対また来ると思う(・ω・ ) 」

連れ「もう再訪宣言?早いね~」
「ウチからけっこう遠いけど・・



そうなのよね~(;´Д`)

西の方にお住まいの方が
ほんとうらやましい。。

FotoJet (15)
客室に戻る途中、
「阿那賀」さんの献立も
チェックしてきました
(※クリック後に拡大できます)

連泊して
和食・フレンチと食べ比べるのも
良いなあ~



次回の朝食・感想編でラストですー


【ホテルアナガの基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗





ホテルアナガ お部屋 ②


アナガさんの客室は


・スタンダードツイン/ダブル
・スーペリアツイン
・デラックスツイン
・スイートルーム
・別棟ドギーヴィラ



とあって

我々はスタンダードを予約してましたが
一休のダイヤモンド特典により
デラックスツインに
アップグレードしていただけました

P1620724 (Custom)

P1620725 (Custom)
「お部屋まで少し遠いんですが~」
「落ち着いてお過ごしいただけると思います


との言葉とおり
建物の端っこの「101」


温泉宿のように
大浴場に通うわけではないので
遠くても我々は困りませんが
足腰に不安のある方は
レストランに近いお部屋の方が楽かも

P1620648 (Custom)
お部屋に入ったところ。

右側にクローゼット、
バスルームとお手洗い。

FotoJet (10)

FotoJet (18)

FotoJet (20)
デラックスツイン「101」

ベッドもチェアも
テラスのチェアも
すべて外を向いてるのが良いですね

どこでくつろいでも
爽やかな景色をのぞめます

FotoJet (19)

FotoJet (17)
ベッドはセミダブルをくっつけた
ハリウッドツイン。

枕の弾力が程よく
寝心地良かったです

P1620709 (Custom)
照明のコントロールが
ベッドサイドで出来て便利。

でもそれなりの築年数っぽいので
コンセントやUSBポートは無し。


ノートパソコンやタブレット他、
ガジェットの多い連れは

「この部屋コンセントが少ないよう」

と、ぶつぶつ(・ε・)


せっかくの素敵リゾートなので
たまには電子機器から離れたらどうかしらね?

P1620705 (Custom)
テレビは42インチ。

P1620698 (Custom)
ドレッサー兼デスクあり。

P1620704 (Custom)
座面の大きい椅子。

ゆったりすわれます

P1620701 (Custom)
ガラス戸から
テラスに出られて・・

P1620712 (Custom)

P1620721 (Custom)
プール越しの大鳴門橋

手入れの行き届いた芝生

遮るもののないナイスビュー

良いですね~(*´∀`)


「101」~「104」は
同様のテラスが付いてるようですよ~。

P1620713 (Custom)
テラスには
小さめのデイベッドあり。

ちょっと半端なサイズなので
できれば横になれるのが
良かったかな

P1620650 (Custom)
洗面スペースと
正面のドアがトイレ。

右にバスルーム。

P1620652 (Custom)
トイレ。

ウォシュレットなどは
適宜新しくしてるようで
快適でした。

FotoJet (11)
洗面スペース。

鏡が大きくて明るい

ガラスの洗面ボウルも素敵

FotoJet (12)
蛇口がまた
オサレだこと

P1620655 (Custom)
下を見たら
ちゃんと椅子もあってスバラシイ

FotoJet (11)
クシやレザー、綿棒などのアメニティ、
バスアメセットとバスソルト、
バスタオルとフェイスタオル。


ドライヤーに
「ナショナル」って書いてある

ナショナルブランドはだいぶ前に
パナソニックに統一されましたが
久しぶりに見たなあ。

くたびれてるかと思いきや
風量もそれなりにあって
普通に乾かせました


基礎コスメはないので
ご持参を。

P1620670 (Custom)
バスルームのドアは
ガラスになってていいかんじ

窓がないお風呂でも
閉塞感を感じません

FotoJet (14)
ミントブルーの
モザイクタイルがかわいい

海辺のリゾートに
ぴったりのデザイン

FotoJet (15)

FotoJet (13)
浴槽は浅めだけど
足を伸ばして入れます

良い香りの
バスソルトが用意されてたので投入

保温機能はないので
夜と朝にお湯を入れ替えて入りました。

FotoJet (12)
クローゼットに
バスローブとナイトウエアあり。

どちらも柔らかく
着心地がよかったです

P1620799 (Custom)
そして自立する
金属のタオル掛けが重宝

意外なほど安定感があり
どこでも置けます。

たためば場所をとらないし
他の宿でも採用してほしい

P1620679 (Custom)
水屋。

FotoJet (13)
冷蔵庫の飲物は有料ですが
ホテルにしては良心価格。

お水のペットボトルはサービスで
追加も無料です。

FotoJet (14)
(※クリック後に拡大できます)
飲物は売店や自販機でも買えますが
ルームサービスが超充実

淡路ビーフを使ったバーガーやパスタ、
海鮮ちらし寿司や手延べうどんなど
夜の22:00まで対応してます。

これならお籠り滞在も
良さそうね

P1620800 (Custom)
ダイヤモンド特典の館内利用券も
忘れずお部屋に用意してありました。

夕食のドリンク代に充てようかな

P1620706 (Custom)
鍵は1つで無問題。

アナログキーなのが
このホテルらしいわあ


アナガさん、客室や設備に
それなりの経年は感じますが
細かな所までメンテナンスが行き届いていて
古さが気になる事はありませんでした



P1620703 (Custom)
明るい時間は
ほとんどテラスにいて、、

FotoJet (14)
売店で買った
あわぢびーるやお菓子、

そして連れが香川の仕事先でいただいた
白栄堂の観音寺
(黄身餡をサンドしたカステラのような銘菓、とても美味しい)
をぱくぱくしつつ

まったりと過ごしたのでした



次回は淡路の恵みを満喫(*≧ω≦)
夕食編につづきますー


【ホテルアナガの基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗





2019.5 ホテルアナガ ①


連れの仕事も終わり、
香川県を後にした我々は
淡路島へ移動


初上陸です~
(*´∀`)



淡路島のリゾートホテル
「ホテルアナガ」さん





四国よりの西南端、
鳴門海峡をのぞむ
海辺のリゾートオーベルジュ


25000㎡の敷地にある38の客室は
すべてオーシャンビュー


こちらは温泉無しですが
美味しい物に目がない我々を
魅了するフレンチをいただけて
大満足の滞在になりました
(=゚ω゚)ノ



・チェックイン15:00/アウト12:00(通常11:00)
・スタンダードツイン
フレンチor和食コース
26700円×2名=53400円
・ペット可のドギー・ヴィラあり
・客室でWi-Fi利用可◎
・最寄りのバス停まで無料送迎あり
(徳島空港への送迎も高速料金実費で可)

今回は一休のダイヤモンド特典で

*レイトチェックアウト
*お部屋のアップグレード
*2000円分の館内チケット


のサービスを受けられました。

大盤振る舞いで
うれしいわあ

P1620773 (Custom)

P1620775 (Custom)
とうちゃく。

車を降りると
潮風が漂ってきます

P1620776 (Custom)
レンタサイクルもあるのねー

アクティブに過ごされたい方は
これで島巡りも楽しそう

P1620772 (Custom)
エントランス。

すぐにスタッフさんが
出迎えてくれて
荷物を運んでくれます。

バレーサービスもあり。

21-09-08-23-55-26-672_deco
アナガさんは
2016年にテスラ専用チャージャーを
設置
してくれてるので
充電させていただきました。
(一般のEVチャージャーもあり)

ありがたいわあ
(´ω`★) 



遠出の旅行なので
どうやって行くか悩みましたが
アナガさんにチャージャーがある事や
要所にあるテスラのスーパーチャージャー
(御殿場・浜松・名古屋・京都・岡山などにある急速充電機)
を経由すれば時間的にも無問題。
(もちろんサービスエリアなどにある普通のEV充電機も使えますが、テスラ専用の方が速いしタダなので・・というケチ根性


高速道路はほぼ
オートパイロット(半自動運転)を使うので
運転の疲れも感じず
思ったよりも楽でした
(今回の旅程は大阪1泊→香川1泊→淡路島1泊)


連れ「これなら九州までいけるかもね


(゚ω゚;)

そ、そうね
途中で泊まりつつ
刻んで進めば・・
行ける?かな?(;^ω^)



思えばガソリン車からEV車に
買いかえる時に
揉めに揉めた数年前

ワタシは充電場所探しや充電時間で
旅が不便になるのを避けたくて
ずっと反対してましたが
(予算よりも車両価格が高く分不相応という理由もあり)
結局は、連れのテスラ愛に根負けした形になりました


連れがきっちり
充電計画を立ててくれるのと
充電設備を備えた宿が意外に多いので
結果的にはそれほど困る事はなかった、
というのが現在の感想(・ω・ ) 
(一度だけ冬の宮城で予想以上に充電が減り、『残り2%』の表示を見た時は青くなったわあ(;´Д`)。近所の役場の充電所まで何とかたどり着き、事無きを得たけれど。寒い時は電池の減りが早くなるので要注意


まあ、世界的な流れで
車のEV化は今後加速するだろうし
遅れをとっている日本も
そのうちインフラ整備が進むでしょう。
( ・´ω`・ )

何より好きな車に乗れて
連れが幸せそうなのが一番です




脱線、失礼しました

さて
エントランスをくぐると、、

FotoJet (1)

FotoJet (2)
素敵・・(=゚ω゚)

床は大理石だろうか。

静寂の中、
カツカツと靴音が響きます。

P1620733 (Custom)

P1620736 (Custom)
フロントでチェックイン
φ(・ω・ ))


対応してくれたスタッフさんは
自然に雑談が生まれる感じの
笑顔が可愛らしい女性

FotoJet (3)
ロビーラウンジ。

白とブルーのコントラストが
美しい

FotoJet (4)

P1620751 (Custom)
ロビーに併設されたバー。

FotoJet (6)
ロビー正面から
ガーデンプールへ出られます。

P1620897 (Custom)

P1620898 (Custom)

P1620900 (Custom)

P1620906 (Custom)
すごいなー
日本じゃないみたい



プールは夏期のみの営業ですが
オフシーズンも手入れが行き届いて
リゾート感たっぷり

公式サイトで見るよりも
実際のほうがずっとステキ

P1620903 (Custom)
一糸乱れず並んだ
デッキチェア。

P1620790 (Custom)
敷地内マップを見ると
広大なのがわかります

プールを囲むように
客室・レストランがあり。

離れた場所にテニスコートや
パターゴルフ場。

その奥にあるヴィラが
ペット同伴可の客室かな

P1620904 (Custom)
ちなみに我々がアサインされたのは
一番右の1Fのお部屋。

テラスから
プールや大鳴門橋をのぞめます。

P1620905 (Custom)
プールをよく見ると
バーカウンターらしき場所が


夏は水着で
カクテルとか飲めちゃうのかしら?
( ̄m ̄〃)

海外リゾート気分になれそうですね

P1620910 (Custom)
お庭の一角に
下に降りられそうな階段が

P1620911 (Custom)
結構急だけど・・

P1620912 (Custom)
海岸沿いを
ずっとお散歩できるみたいです
(*´∀`)

P1620917 (Custom)
大鳴門橋。

あの下に
うずしおが出来るのね~

FotoJet (7)
館内に戻って、探検。

ここはライブラリーのようです。

P1620785 (Custom)

FotoJet (8)
優雅な気分の時にめくりたい
家庭画報や和楽。

P1620786 (Custom)
2Fから見たガーデンプール。

P1620787 (Custom)
ほとんどの客室に
テラスがあるようですが
母屋寄りの2Fだと
視線が気になるかも?

歩くのは面倒ですが
ロビーなどから遠い位置のほうが
人目を気にせず過ごせそう。

P1620746 (Custom)
フロントの脇に
ショップがあります。

P1620744 (Custom)

P1620743 (Custom)
淡路島といえばの
玉ねぎ商品。

オニオンコンフィって
初めて見るわ

P1620745 (Custom)
玉ねぎパイも気になる

FotoJet (9)
館内に自販機もありますが
ショップでも飲物を購入できます。

「あわぢびーる」
ピルスナーとアルト、
連れが両方お買い上げ

ワタシは同じ会社が作ってる
島ゆずのフレーバービールを

P1620739 (Custom)
あと、大好物の
オレンジチョコスティック

人気ナンバーワン土産だけあり
美味しかった

まあ、オレンジピールのお菓子で
外すことはないよね

P1620729 (Custom)
お部屋に向かって
長い廊下を移動してたら

ちょっとしたサンルーム?
のような場所が

P1620728 (Custom)

P1620727 (Custom)
薪ストーブ。

P1620730 (Custom)

P1620726 (Custom)
そしてキングサイズぐらいの
大きなデイベッド

天井まであるガラス窓から
木漏れ日が降りそそいで
お昼寝したら気持ち良さそう~
(*´∀`)

でも他のお客さんがいたら
気恥ずかしくて寛げないかも~
(*ノωノ)


滞在中は誰も使ってなくて
もったいない空間でした。

もしいつか連泊できたら
ここで本を読んだりしたいな~



お部屋編につづきますー


【ホテルアナガの基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗





記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2021年 3月号 [STAY HOTEL 癒やしの宿]
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Discover Japan2021年1月号「温泉と酒。」
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
Discover Japan 2021年2月号「最先端のホテルへ」
タグクラウド