うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

蛍雪の宿 尚文 (群馬)

蛍雪の宿 尚文 朝食・感想 ④


朝食は8:00~9:00の間の
好きな時間に食事処へ

P1640617 (Custom)
昨夜と同じ
食事処「ふきのとう」の個室です。

P1640615 (Custom)
入口付近のカウンターに
ドリンクコーナーあり

榛名牛乳やオレンジジュースなど
セルフでいただけます。

P1640616 (Custom)
納豆や『さくら卵』も好きなだけ

P1640613 (Custom)
カウンターの上のコルクボードには
尚文さんの食材へのこだわりが

お豆腐や味噌に至るまで
妥協せず吟味されてますねえ

FotoJet (7)
飲物や卵、納豆を持って着席。

榛名牛乳が美味しかったらしく
連れはすぐおかわりしてました

P1640621 (Custom)
最初にお膳が用意されます。

FotoJet (9)
サラダ 漬物2種 お浸し
切り干し大根とワカサギ甘露煮


P1640625 (Custom)
焼魚

鮭?鱒?
聞き忘れたけど
薄味で上品( ・´ω`・ )

P1640612 (Custom)
アツアツの茶碗蒸し

これは後から運ばれてきます。

もちろん『さくら卵』を使用

梅肉入りで
山葵や藻塩でアクセントをつけて・・

うまーーい(*´∀`*)

P1640623 (Custom)
ソーセージとブロッコリーのセイロ蒸し
出汁巻き玉子


細長いソーセージは
噛むとパリッと良い音がして
じゅわっと肉汁が

出汁巻き玉子もいいお味

P1640630 (Custom)
ご飯は水分をたっぷり含んだ
もっちり系

P1640635 (Custom)
箸置きがかわいかったので
連れのも並べて撮ってみた

どちらも良いけど
うしろ姿のやつがいいかんじだなあ
( ・´ω`・ )


2泊目は猫のいる宿なので
期待が高まってきます

P1640629 (Custom)
茸の味噌汁

P1640636 (Custom)
『さくら卵』でTKG

黄身と白身のバランスが良くて
もっちりご飯に合うわあ

何杯でもいけそう

(連れは贅沢に、1杯に2個使ってた)

P1640631 (Custom)
デザートのプレーンヨーグルトには
木苺ソースとキビ砂糖



朝食もおいしかった
(*´∀`)


茶碗蒸しや出汁巻き玉子、
そしてかけ放題の生玉子で
玉子大好きな我々は大満足
((・´∀`・))


夕食がボリューミーだったので
シンプルな朝食がちょうど良かったです

P1640651 (Custom)
食後はラウンジで
エスプレッソをいただき・・


チェックアウトの11:30まで
のんびり過ごしたんでした

──────────────────────

・チェックイン15:00/アウト11:30(通常は10:30)
・一般和室(10畳又は12畳)
サマーセール・夏の特別プラン
16200円×2名=32400円
(一休のダイヤモンド特典:スパークリングワインハーフボトルとレイトアウト)
・客室でWi-Fi利用できます
・水上駅より送迎あり(要予約)

予想していたよりも
館内やお部屋に高級感があり
お料理も独創的で素晴らしかった


改装工事によって
もうリーズナブルな一般和室には
泊まれなくなりましたが

このクオリティなら
3万円台の露天付のお部屋の方が
満足度が上がり
適正価格な気がします


10498349

11439541

11577072

11777284
(出典:一休.com)

次は離れのメゾネットなんかも
良さそうだし
2つ浴槽が並んだお部屋も
ちょっと気になる( ̄m ̄〃)


もちろん改装後の新客室「春蘭」も候補です。


連れが強く「背ごし」希望だから
また初夏のあたりかなあ

それとも食材豊富な秋口も良いわね
(*´艸`*)


群馬の再訪宿リスト、
上位に入れておきますー



さて2泊目は
草津に向かいますが
次回は途中で立ち寄ったカフェの事など書きます


【蛍雪の宿 尚文の基本情報・予約】

──────────────────────

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)




蛍雪の宿 尚文 夕食 ③


夕食は個室の食事処「ふきのとう」
でいただきます

FotoJet (19)
館内同様、木のぬくもりを感じる
椅子やテーブル

背もたれに角度がついてて
長時間座っても楽でした

P1640524 (Custom)
お品書き
「大地を食らう山人料理」

鹿の角だろうか?

さっそくワイルドな雰囲気

FotoJet (21)
お品書きには
大体の流れと地元食材の紹介

「鹿のゼリー寄せ」「尾瀬豚」など
お肉のほかお野菜も
ほとんど地元で採れたものだそう。

P1640519 (Custom)
香】大地の恵み 初夏の訪れ

鹿のゼリー寄せ 山椒ハム
旬の採れたて野菜 

3種類のソースは
白→辛子麹
黒→岩魚
緑→バジル



まったくクセのない鹿ゼリー、
ジビエが得意じゃないワタシでも
抵抗なくいただけます

お野菜はシャキシャキして
ソースによって全く違うお味に

FotoJet (1)
ドリンクメニュー(※クリック後に拡大できます)

ワイン好きの我々には
嬉しい充実ぶり

選りすぐりのラインナップで
グラス提供も多め。

FotoJet (2)
もちろん地酒や地ビールなども

FotoJet (3)
果実酒やウイスキー、
ソフトドリンクもあり。

赤しそジュースと
農園すりおろしりんごジュース、
おいしそう

P1640517 (Custom)
お水はボトルで置いてあるので
いちいち頼む必要なし。

P1640514 (Custom)
テーブルに置かれた呼びボタンを押すと
すぐにスタッフさんが来てくれるので
飲物の注文もしやすいです。

P1640544 (Custom)
野生味あふれる
スパークリングロゼ

5400円ぐらいだったと思います。

夏はどうしても
シュワシュワしたものを欲しますね~

P1640540 (Custom)
山】奥利根の幸 山川畑

群馬産のとうもろこし。

皮ごと蒸してあるのかな?

びっくりするほど甘いです~
(*゚Д゚*)


FotoJet (22)

FotoJet (23)
モロヘイヤとオクラ、トマトの冷製スープ

茗荷なども入って
とっても爽やか

酸味が好きなワタシのお気に入り
(だけどスプーンが大きくて最後の一滴まですくい取れなかったのが心残り・・

FotoJet (18)
ここで、チェックイン時に別注した
「鮎の背ごし」の登場です

FotoJet (24)

FotoJet (25)
わあ~~((・´∀`・))

キラキラ光って
宝石のよう。。



6~8月の初夏にしか
いただけない若鮎を愛好する方は
それぞれお好みの時期があるのだそう

背骨ごと薄くスライスしてあって
その絶妙な食感がなんとも・・

鮎をお造りのようにいただくのは
初めてだと思いますが
美味だわあ(´ω`★) 

FotoJet (26)
酢味噌とお醤油を
ちょこっとだけつけて
コリコリ感を楽しみます


連れ「これおいしいなー
「毎年食べたい」

とお気に入り

FotoJet (4)
そろそろ釜めしを炊き始めます

このコシヒカリを使ってるのかな?

他にも生産者さんの情報などが
掲示されてたので
尚文さんはとことん食材にこだわった
お宿なんですね~


P1640556 (Custom)
燻】尾瀬豚の燻し焼き
(ふたり分です)

桜のチップの良いかほり
( ・´ω`・ )

P1640557 (Custom)
特製野菜ソースと柚子唐辛子で。


燻製の豚は程よく脂が落ちて
肉肉しいのだけど柔らかく、
パクパク食べてしまう

ピリリとした
柚子唐辛子に合いますね~


ワインがすすむわ

FotoJet (27)
猟】那須のジビエ味噌かけ

とろとろに火を通した茄子に
鹿と猪のそぼろ味噌。


甘めの味噌がうまーい

ご飯がほしくなるやつ

FotoJet (5)
源】利根川の魚たち

チェックイン時に
調理法を選んだ鮎

・素揚げ ・塩焼き
1つずつにしてもらって
連れとシェアしていただきました。


もちろんどちらも美味しいけど
塩焼きはよくあるので
ワタシ的には素揚げが好み

丸かじりできるぐらい
しっかり揚がってますが
不思議と、身はふんわり

P1640575 (Custom)
季】薬膳鍋

茸や塩漬けにした山菜、
手羽先、クコの実など入って
とっても身体に良さげ(*´∀`)

スープもとても美味しいので
汁好きの連れ、歓喜(=゚ω゚)ノ

FotoJet (29)
良いタイミングで
生姜釜めしも炊き上がりました。
(色が同化しちゃってますが、けっこうな生姜含有率でした)


FotoJet (6)
ふっくら炊けた生姜釜めし

美味しくないわけがないので
3杯飯したいところですが・・

けっこうお腹いっぱい(;^ω^)


香の物、蕗味噌をつけて
少しずついただきます。

もっと食べたいのに~( ;∀;) 

FotoJet (32)
甘】最後のお楽しみ

桑の葉アイスとゼリー・小豆。

さっぱりしたデザートがうれしい



最初から最後まで統一感があって
何をどう食べさせたいのか
はっきり伝わるお料理でした。
(´ω`★) 



しっかり吟味された食材を
手をかけすぎずに提供するスタイルは
「上質な物をいただいたな~」
と感じられて、なんだか元気になれそう


繊細な懐石料理や
複雑な味付けを好む方は
少し違うかなと思うかもですが
我々はすごく気に入りました~
((・´∀`・))


夏は「鮎づくし」のプランなども
あるそうなので
お好きな方はお料理によって
訪問時期を決めるのも
良いかもですね

FotoJet (33)
食べきれなかった生姜釜めしは
かわいいおにぎりに


旅館でいただく夜食というのは
なぜこんなにウマイのか。。

FotoJet (34)
夜は24:00過ぎに1人で
予約不要になった「蛍雪の湯」へ

なぜか適温になっていたので
まったり50分ほど
長風呂してしまいました


次回の朝食・感想編でラストですー


【蛍雪の宿 尚文の基本情報・予約】

──────────────────────

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)




蛍雪の宿 尚文 3つの湯処とラウンジ ②


尚文さんには
3つの湯処があり
1組40分無料で利用できます

FotoJet (17)
「岩の湯(奥)」
「岩の湯(手前)」

は夕食前までは男女別、その後貸切になります。

「蛍雪の湯」
15:20~23:00までずっと貸切です。


一番人気の「蛍雪の湯」は
どんどん枠が埋まっていくので
(入りたい時間のところに部屋の札を置きます)
明るい時間に入りたい方は
早めにチェックインされると良いです

P1640319 (Custom)
23:30~翌朝9:30までは
すべての湯処は予約不要で
空いて入れば鍵をかけて自由に利用できます

夜通しどこかのお風呂には入れるので
風呂無し部屋でも♨ざんまいできました
((・´∀`・))

FotoJet (22)
ラウンジ「けやき」

P1640344 (Custom)

FotoJet (19)
広くはないけど
明るくて木のぬくもりが感じられる
ステキなラウンジ

P1640323 (Custom)
フリードリンクコーナー

FotoJet (23)
冷たいブレンドティーやレモン水、
ネスプレッソにチョコレート

FotoJet (17)
ネスプレッソが3台並んでる

湯切れ対策かしら?

引き出しに紅茶やシュガー。

FotoJet (20)
そしてもう1つ、
「利き酒コーナー」もあり

FotoJet (24)
地酒や芋焼酎「兎乃」

おつまみには
よく冷えた胡瓜と南蛮味噌


この胡瓜と味噌が
やけに美味しく感じて
風呂前、風呂上りにポリポリ

P1640343 (Custom)

P1640345 (Custom)
ラウンジには本や雑誌があり、
パラパラとめくりながら
まったり過ごせます

FotoJet (21)
お庭を眺めつつ
ぼさーーっとする時間

至福だわあ(´ω`★) 

P1640346 (Custom)
離れのお部屋や
「蛍雪の湯」へは
ラウンジを通り抜けて行きます

FotoJet (24)
「蛍雪の湯」

P1640490 (Custom)
渡り廊下をもっと奥にすすむと
離れにつながってるようです

ちょいちょい段差のある宿だけど
ここはスロープあり。

P1640442 (Custom)
我々は17:00~の予約。

結構早めに着いたのだけど
皆さんもっと早くて
夕食前の空きはこの時間だけでした

P1640493 (Custom)
予約札は回収箱へ。

FotoJet (25)
「蛍雪の湯」は
入るとすぐに脱衣所がある
こぢんまりした貸切風呂

仕切りがガラスなので
狭さは感じません

アメニティなど完備ですが
タオルはお部屋から持参。

P1640497 (Custom)
脱衣カゴあり。

FotoJet (26)
「蛍雪の湯」

FotoJet (27)
3~4人サイズかな。

まだ新しそうで
ワタシの好きな
伊豆石もしくは十和田石の浴槽

P1640503 (Custom)

FotoJet (28)
角に洗い場がありますが
シャンプーとかしたら
気をつけないと浴槽に入りそう


お風呂の湯温高めでした


「熱いときはシャワーで加水してください」

と言われていたので
水量を最大にして加水しましたが
この大きさなので、なかなか温度下がらず

蛇口が欲しかった。

FotoJet (29)
10分ほどで浸かれる温度に

ガラス戸を開けると
外の風が入って半露天


いいかんじですー(´ω`★) 

P1640510 (Custom)

P1640509 (Custom)
テラスにチェアあり。

熱くなってきたら
ここで涼んでみたり。。


初夏の温泉も良いものです
( ・´ω`・ )

──────────────────────

FotoJet (19)
「岩の湯(奥・手前)」は
隣り合ってます。
(公式サイトでは現在「壱」と「弐」にという表記になってました)


夕食前までは男女別ですが
夜から翌朝は貸切風呂に

FotoJet (20)
コレがどちらだったか忘れましたが
脱衣所の設備はほぼ同じ。

FotoJet (21)
「岩の湯」は母屋にあって
多少の年季を感じるけど
広々してます。

アメニティやドライヤー、
オールインワン美容液などあり。

FotoJet (22)
片方は昼間でもほの暗く
湯気がもわもわ

P1640478 (Custom)
なので、こんな写真しか撮れず・・
(・∀・;)

これではワケわからないと思うので、

iwanoyu-2-1
公式サイトよりお借りしました

目隠しがしてあるせいで
どの時間でもこんな感じの洞窟風。

好みによりますが
我々はあまり惹かれず
結局入らずじまい

P1640594 (Custom)

P1640599 (Custom)
窓から緑がのぞめる
もう一方のほうが
断然良かった

どちらも岩風呂で
2~3人サイズというところ。


でもやはり「蛍雪の湯」が
一番好きだったな~

P1640601 (Custom)

P1640482 (Custom)
バスアメはオレンジの香り。

シャンプーなどはこちらで済ませました。

FotoJet (23)
温泉分析書
向山温泉 宝珠の湯
アルカリ性単純泉
源泉温度25℃
加水・加温・循環あり。

(消毒については記載なしだけど多分してると思う)

さらりとした手触りで
温泉感はそれほどないけど
長湯しても疲れず、良いお湯でした

FotoJet (18)
「岩の湯」の横に自販機あり。

市販価格と数十円違うくらいで
良心的

P1640380 (Custom)
大浴場脇にソファーもありますが、、


我々は常に
ラウンジに直行なんでした



夕食編につづきますー


【蛍雪の宿 尚文の基本情報・予約】

──────────────────────

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*うひひのInstagram*
FotoJet (8)




2019.7 蛍雪の宿 尚文 お部屋 ①


群馬に2泊してきました


1泊目の宿は水上温泉

「蛍雪の宿 尚文」さん


素敵な貸切風呂や
一般的な旅館料理とは一味ちがう
『山人料理』がおたのしみ
(* ´ ▽ ` *)


・チェックイン15:00/アウト11:30(通常は10:30)
・一般和室(10畳又は12畳)
サマーセール・夏の特別プラン
16200円×2名=32400円
(一休のダイヤモンド特典:スパークリングワインハーフボトルとレイトアウト)
・客室でWi-Fi利用できます
・水上駅より送迎あり(要予約)

先にお伝えしておきますが、、

訪問時の尚文さんは全10室のうち

・一般和室が2室
・露天風呂付き(母屋・離れ)が8室


という構成で
露天無し1万円台で泊まれるお部屋の方が
レアという状態でした


しかし2021年11月現在、
この一般和室2つを合体させて
1部屋の露天風呂付き客室に改装中。

これからは9室になり
すべて露天風呂付きのお宿になります



なので、今回レポに書くお部屋は
もう存在しないことになりますが
記録として残しておきますー



客室の装備によって
料金に幅のある宿はよくありますが

共有エリアの高級感、
お料理や接客のクオリティを
高い方、安い方
どちらに寄せているかで
その宿の印象はだいぶ変わりますよね。


尚文さんは
明らかに高価格帯(露天付は大体1人3万円台~)
の方に寄せた宿だったので
一般和室にお試し気分で宿泊した我々は
"お値段以上"に感じたわあ
(*´艸`*)



内容の良さがわかり、
連れもすごく気に入っていたので
再訪時はどのみち露天付きを選ぼうと
思っていましたが・・
改装した新しいお部屋に興味津々
(新客室「春蘭」は年明けから予約できるようですが、まだ日程が確定していないようです)


ハイクラスな宿に
お安く泊まれるチャンスがなくなるのは
ちょっと寂しいかもですが
コロナ禍でおこもり需要が高まり
今後もこういった高級化路線の
リニューアルは増えていくでしょうね~


※そういうわけで尚文さんレポは目次も記事カテゴリも「1人3万円台の宿」に入れておきますー

P1640637 (Custom)
とうちゃく


どこから見ていたのか
スタッフさんが降りてきて
荷物を運んでくれます

街道沿いにありますが
樹木に覆われて
外からは建物の様子がまったくわからない。。

P1640639 (Custom)

P1640640 (Custom)

P1640644 (Custom)
エントランスに行くまで
結構階段をのぼるので
荷物の多い方は
手伝いをお願いした方が良さそうです。

P1640645 (Custom)
エントランス。

P1640646 (Custom)
フロント。

P1640366 (Custom)
到着時はこんなふうに
お部屋の名前の前にスリッパが
並べてありました

P1640356 (Custom)
カウンターに座って
チェックイン手続き
φ(・ω・ ))

FotoJet
ウェルカム茶と花豆をいただきつつ
館内の説明を受けたのち・・

FotoJet (1)
夕食に出る「鮎」を
・塩焼き ・素揚げ 

釜めしを
・新ショウガごはん ・鮎の釜めし

から選ぶことに。


いきなり夕食の選択がくるとは思わず
悩む我々(;^ω^)

P1640311 (Custom)
ついでに
別注料理の案内なども。。

初めての宿だと
普段はスルーなんですが

FotoJet (2)
連れ、
「鮎の背ごし」に釘づけ(・ω・ ) 

なんでも初夏のこの時期にしか
いただけないのだそう


連れ「頼んでいい?

ワタシ「もちろん


鮎の焼き方と釜めしの方は
・塩焼き・素揚げを1人ずつ
・釜めしは新ショウガ

にしました。


鮎釜めしもおいしそうだけど
「背ごし」を頼んだから
鮎ばかりになっちゃうもんね(;^ω^)


ああ~
夕食がたのしみです~
((・´∀`・))


P1640350 (Custom)
ロビーには食器や、

P1640351 (Custom)
木工品を販売。

木のまな板、
手入れが大変そうだけど
1枚欲しいなー

FotoJet (3)
蜂蜜やお米、地元産の調味料など。

結構良さげな物があったので
あとでじっくり見ることに。

FotoJet (4)
館内図。

本館2F、赤◯の「春蘭」が
我々がアサインされたお部屋で
12畳の広い方にしてくれたようです

(現在はこの一般和室「春蘭」と隣の「かたくり」が合体して露天風呂付きに改装してるのだと思われる)


3つの湯処やラウンジ(けやき)、
食事処はすべて1F。

FotoJet (5)
御部屋に向かう途中で
浴衣・作務衣・丹前など
必要なものを選んでいきます。


我々は2人とも作務衣にしました
やっぱり楽だもの(´ω`★) 

P1640465 (Custom)
館内にエレベーターは無し。
階段移動になります。

踊り場にある
大きなガラス窓がステキ

P1640387 (Custom)
2Fフロア。

全体的に空間にゆとりがあって
良いですねえ

P1640388 (Custom)
お部屋の前に着きましたが
あの衝立にかくれてるのは・・?(・ω・ ) 

P1640462 (Custom)
やっぱりマッサージチェアだ

連れと並んで
お風呂あがりに何度か揉まれました

これ、今もあるといいなあ。

P1640389 (Custom)
さて、「春蘭」。

引き戸を開けて入ると、、

P1640395 (Custom)
踏込は狭め。

P1640397 (Custom)
すぐ横に
洗面スペース、水屋
お手洗い。

P1640400 (Custom)
普通にウォシュレットでした。

P1640401 (Custom)
少し水ハネするボウルですが
鏡が大きいのと
椅子があったのがナイス

FotoJet (6)
綿棒、歯ブラシ、レザーなど
アメニティは一通りそろってます。

ドライヤーは少々お疲れ気味で
風量よわめ

FotoJet (7)
冷蔵庫の中には
ぐんまちゃんペットボトル。
(尾瀬のおいしい水)

ドリップコーヒー、煎茶あり。

館内に自販機があって
ビールやソフトドリンクを買えます。

FotoJet (9)

FotoJet (10)

FotoJet (11)
最初からお布団が敷いてあるので
滞在中にスタッフさんは入室しません

これも気楽で良いですね~。

P1640417 (Custom)
和室部分にテレビがあるけど
座椅子が苦手な我々は
ほとんど座らず。。

P1640420 (Custom)

P1640427 (Custom)
広縁のソファーと仲良し

P1640426 (Custom)
お庭も見えるし
座り心地もよくて
ほとんどこちらで寛いでました


ちょうどよく
飲物やタブレットも置けるしね

P1640429 (Custom)
緑がわっさーな季節だったので
よく見えませんが

離れに繋がる連絡通路がチラリ

P1640433 (Custom)
水音がするのは
池?に小さな滝があるからかな。

涼し気で良いかんじ
(´ω`★) 

FotoJet (12)
お香があったので
さっそく点火。

読書灯代わりの行燈あり。

FotoJet (13)
大小タオルは1人1枚ずつ。

なかなか乾かない時もあったけど
言えば交換してくれたかな?

湯カゴは便利でした

さっき選んだ作務衣と足袋靴下。

FotoJet (14)
お部屋の鍵は1つだけど
別行動は少なかったので無問題。

それよりも
お部屋にあった饅頭が
異常においしい(*´Д`)


FotoJet (15)
むむっ(・ω・ ) 

注文できるのか~

酒まんじゅうが
大大好物のワタシ


でも消費期限3日・・
まだもう1泊するしな~
悩ましす(-_-)

P1640460 (Custom)
連れ「悩ましすって・・」
「もう書いてるじゃん



あら?(・ω・ ) 
無意識に手が動いてたわ。

お饅頭は出発時にうけとります

P1640459 (Custom)
一休のダイヤモンド特典で
ハーフのスパークリングワインをいただいたので
幸先の良さそうなお宿に乾杯



ラウンジや貸切風呂編につづきますー


【蛍雪の宿 尚文の基本情報・予約】

──────────────────────

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*うひひのInstagram*
FotoJet (8)




記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2021年 3月号 [STAY HOTEL 癒やしの宿]
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Discover Japan2021年1月号「温泉と酒。」
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
Discover Japan 2021年2月号「最先端のホテルへ」
タグクラウド