うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

伊豆・箱根を中心に『ステキ』と思える旅館やホテルを訪問した記録です。宿選びのヒントになれば幸いです。 ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止  当サイトはプロモーションを含みます。                                                                                      

湖畔の洋館 かたくらシルクホテル (長野)

湖畔の洋館 かたくらシルクホテル 片倉館「千人風呂」と朝食・感想 ⑥

夕食⑤
菊の間・迎賓館④

露天風呂付客室・続き③

露天風呂付客室②
到着・ラウンジ①
──────────────────────

朝食と、隣接した片倉館「千人風呂」
のご紹介です


朝食は7:30/8:00/8:30から選択

連れは朝の長風呂
ワタシは睡眠優先で
8:30からお願いしました。

P1820652 (Custom)
昨夜と同じ席へ

夜は暗くてわかりませんでしたが
テラスがあるのね

気候の良い時期に
お茶を飲んだりしてみたいです。

FotoJet
朝食は和洋1人ずつ選べたので
ワタシは左の洋食、
連れは右の和食をオーダー。

FotoJet (1)
最初に
生絞りオレンジジュース
いただきます。

うわー(*´∀`)
朝からぜいたく


こういうフルーツ容器って
ちょびっとしか入ってない場合が
多いけど・・
こちらのはたっぷり飲めて
めっちゃフレッシュ

20220127_084426
和食全景

FotoJet (2)

FotoJet (3)
信州産の食材を使った
小さなお菜6種


出汁巻き玉子と
わかさぎの素揚げが美味しかったそう

諏訪湖で連れるのかしらね?

P1820663 (Custom)
長野県産野菜のサラダ

みずみずしい

フレンチドレッシングが
かかってました。

サラダは和洋共通。

P1820660 (Custom)
ところてん

(・ω・ ) なぜに??
と思ったけど
諏訪には天然寒天の製造所があるので
名産なのでしょう。

諏訪インター近くに
トコロテラス
なる施設もあるようなので
寒天好きな方はどうぞ~

FotoJet (6)
百合根の茶碗蒸し

FotoJet (4)
アルプスサーモンの味噌漬け焼き

FotoJet (5)
白米(お粥も選べます)
具だくさんの味噌汁 
唐辛子味噌 漬物



連れ曰く出汁巻きと茶碗蒸しと
卵料理が2つあるのが
嬉しかったそうです

百合根好きなので
ワタシも茶碗蒸し食べたかったなー

FotoJet (7)
洋食も同じサラダと
信州野菜のミネストローネ
(やさしいお味)

フルーツヨーグルト

FotoJet (9)
科乃豚ソーセージ
八ヶ岳山麓卵
チーズをのせた蕎麦ガレット


P1820680 (Custom)
ナイフを入れると
黄味がとろーり


溶けたチーズと卵とガレット

美味しいに決まってる
(*´艸`)


FotoJet (10)
ガレットを食べ終える頃に
焼き立ての特製フレンチトースト
運ばれてきます

メープルシロップが
じゅぶじゅぶに染みて
美味しすぎる~( ;∀;) 



洋食は品数少なめですが
ガレット&フレンチトーストという
好物の連続登場で
大・満足(*≧ω≦)


和食もボリュームあって
良さそうでしたが、、
たぶん次回も洋食を選ぶと思う


FotoJet (11)
食後のコーヒー、紅茶

朝は何も言わずとも
たっぷりの牛乳、クリームが用意されます

この辺の配慮も素晴らしく
優雅な朝食タイムでしたが、、


急いで部屋に戻って
着替えねば(。・ω・)ノ゙


DSC_0749
身支度を整えたら
タオルを持って
ダイニング前の外廊下へGO!

DSC_0748
ダーーーっと小走りして
隣の敷地へ急ぎます

P1820694 (Custom)
すぐ隣なので
徒歩1分ぐらい。

DSC_0739
片倉館 千人風呂

昭和3年竣工の重要文化財で
現役の日帰り温泉浴場

西洋風の外観がモダンだわね

たしか「テルマエロマエ」の
撮影にも使われてたと思います。

FotoJet (16)
営業時間10:00~20:00
(最終受付19:30)
大人750円/子供450円
毎月第2・4火曜休館

※かたくらシルクホテルの宿泊者は無料です

DSC_0736
9:55ぐらいに着くと
地元の方らしきおぢさまが3人
開館を待っていました。

靴をロッカーに入れて
女湯へ向かいます

一番風呂だ!(*´∀`*)

FotoJet (13)

FotoJet (14)
わあ~(*´∀`)
ロマン漂う素敵な浴室


元々は製糸工場で働く女工さんの
福利厚生的な目的で作られたのだそうで
一度に100人はいれるとのこと
(実際100人で使ったらぎゅうぎゅうな気もしますが・・当時何百人も働いていた女工さん達が仕事の後で効率的に風呂に浸かれるよう考えたのでしょうね~)

現在は観光客需要というより
地元の方に愛されてる感じですね。

DSC_0720

DSC_0721
壁の裏側に洗い場あり。

FotoJet (15)
浴槽は深さ110センチの立ち湯

座れる段があるので
腰掛けたまま
首まで浸かることもできます


立ち湯が大好きなので
それだけでテンション上がりますが

浴槽の底に足をつけると
玉砂利が敷かれてるのにびっくり
(*゚Д゚*)

お湯の中を歩くと
コロコロと足裏にあたって心地良い
(´ω`★) 


かつて日本の製糸業が最盛期だったころは
未就学の女工さんも大勢いたようですが
彼女達のために学校(片倉尋常小学校)を
設立したり、工場に講師を配置して
手芸や裁縫、生花などの授業を受けらるよう計らったそう。


ああ野麦峠や女工哀史のイメージほど
ブラックではなく
当時の労働環境からすればむしろ
ホワイトな方だったのかもしれませんね~。


この千人風呂は
シルクエンペラーと呼ばれた
片倉家当主からの地域還元みたいな
側面もあったのかなあ・・



なーんてことを考えつつ
どっぷり浸かってたら
あっという間に30分経ってた


お部屋のお風呂にも入りたいし
急いでホテルに戻ります
ε=ε=(;´Д`)

P1820693 (Custom)
諏訪湖側から見ると
こんな外観ですー。

前庭があるとはいえ、
やっぱり2Fは結構見えるなあ

FotoJet (12)
はあふう・・
戻ってきました
( -д-)ノ
新聞届いてるー。


そういえば今回連れは
足に軽い怪我をしてたので
千人風呂を自粛

ワタシ「めっちゃレトロでさ、ものすごーく良かったよ~

連れ「そうなんだ・・
入りたかった


また次回のお楽しみですね(;^ω^)

ワタシも千人風呂は
もっとゆっくり入りたいので
再訪したら当日も行こうと思います

──────────────────────

・チェックイン14:00/12:00
(通常は15:00/10:00)
・ロングステイ&信州牛プレムアムステーキ
202【SYUSU-繻子】露天風呂付68㎡
(目安料金/2名2食付60000円~)
・Wi-Fi利用可(過去イチ爆速)
・JR上諏訪駅より送迎あり(要予約)

おこもり宿ではありますが
菊の間見学・千人風呂と
思ったよりも慌ただしい滞在になりました

でも片倉家の歴史を知れたり
文化財を見るのは楽しかったですー


次に来たらもっと
ゆっくりしよう。

そして連れにも
千人風呂の雰囲気を味わってほしいわ


ラグジュアリーなお部屋
掛け流しの部屋付き露天風呂
美味しい食事
スタッフさんのホスピタリティ

すべて備えている
素敵なお宿だと思います


我々はとても気に入りましたが
強いて欠点をあげると

2F客室の風呂は通りから見えやすい

かな?

まあワタシは気にしませんが(。-∀-)

連れ「ちょっとは気にして


客室はどれ1つ同じデザインがなく、
選ぶ段階から楽しみになると思います

独創的な宿なので好みが
わかれるかもしれませんが
唯一無二な感じがして
再訪意欲は高め

できればまた
ロングステイプランで来たいな~


かたくらシルクホテルさんレポは
以上になります。

いつもお付き合いいただき
ありがとうございます(●´ω`●)


【湖畔の洋館 かたくらシルクホテルの基本情報・予約】



■立ち寄った場所


──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

湖畔の洋館 かたくらシルクホテル 夕食 ⑤


夕食は18:00~19:00の選択

我々は18:00からお願いしました。

FotoJet
ダイニング入口のワインセラー。

ワインだけでなく
日本酒や焼酎なども入ってます。

FotoJet (1)
カーテンで仕切られた
個室風のテーブル席へ

対面ではなく
角×角に座るナイスな配置

P1820544 (Custom)
鉄板焼きのカウンター席も
良さそう。

この日は使用されてませんでしたが
ライブ感を楽しめそうですね

P1820547 (Custom)
着席すると
カーテンが閉じられ
プライベート感が増します。

この日はゲストが少なく
我々を入れて3組ぐらい。

BGMは荘厳なパイプオルガンでしたが
メイン料理に近づくにつれ
華やかな管弦楽に変わる演出

FotoJet (9)
信州プレミアム牛ステーキコース

メインのお肉や
〆の食事を選べるのね~

どれも美味しそう

P1820550 (Custom)
アミューズ

FotoJet (12)
千曲川の水で育った信州サーモン手毬寿司
信州ブランド佐久鯉・塩だれ和え
低温調理の鹿ロースト・茗荷山葵和え
胡桃 銀杏


サーモンの手毬寿司は
見た目通りの美味しさ。

初めていただく佐久鯉、
くさみゼロで
強めの塩だれに合ってます

鹿ローストはやわらかく
茗荷の風味が上品

FotoJet (2)
これはお酒が必要よね

「今月のおすすめワイン」の中から
白ワインを選ぶことに。

FotoJet (3)
ワインはグラス提供もあり

FotoJet (4)
ドリンクが高そうだな~と
懸念してましたが
フルボトルで5000円ぐらいから
用意があり思ったよりお手頃

FotoJet (5)
ビールやシードル、
季節の日本酒や限定ウイスキーなどもあり。

日本酒飲み比べが
3種選んで1760円

ハイクラス宿にしては
リーズナブルよね。

FotoJet (6)
こだわりのグレープジュース(白・赤)
ノンアルスパークリングなど
ソフトドリンクも充実。

お酒を召しあがらない方も
選択肢がありますね

FotoJet (10)
ミュゼドゥヴァン
善光寺竜眼2020
 5170円

オーク樽がしっかり香る
やや辛口ワイン

重さのあるグラスも良い感じ

写真を撮った後は
アイスペールに入れて
スタッフさんがサーブしてくれます。

FotoJet (13)
フォアグラソテー
マデラソース


きゃー(*≧ω≦)
フォアグラ


こんなにたっぷり

FotoJet (14)
口にいれると
なんとも濃厚・・

ソースも美味しく
目を閉じてあじわう我々
(*´ -`)(´- `*)

ずっと傍らに置いて
ちびちび食べていたいわあ

葡萄の枝で焼いた
石窯バケットもおいしい

P1820554 (Custom)
ソースが付くと
カトラリーチェンジ。

燦然とかがやく
フォークやナイフは
ホテルオリジナル。

持ちやすかったです

そしてお箸もあるので
自分の使いやすい物でどうぞ
という感じが気楽。

FotoJet (15)
紅はるかのスープ

さつまいも、大好きです
(*´∀`)

とろみのあるスープは
舌を焼きそうな程アツアツ。

甘みが強くて
すごくおいしい

チーズ風味のクラッカーが
アクセントに。

FotoJet (16)
オマール海老のポワレ
地元野菜のサラダ仕立て


ほほう(・∀・)
魚料理は海老なのね~

ゴロゴロ入ってます

20220126_190430
めっちゃ肉厚で
食べ応えあり
(*゚ェ゚*)


バルサミコのソースが
あっさりしていて合うわあ

フォアグラ→さつまいもスープの
濃厚祭りから
口が変わって良いですね

P1820569 (Custom)
林檎のグラニテ
で更に口直し。


さっぱりしたところで・・

FotoJet (17)
黒毛和牛A5ランク
信州プレミアム牛ステーキ

の登場(=゚ω゚)ノ

FotoJet (18)
ワタシはフィレ100g。

20220126_192820
連れはサーロイン120g。

見た目に違いはないけど
レアのサーロインは脂じゅわじゅわ

ミディアムのフィレは
淡泊な赤身でパクパクいけます

FotoJet (19)
茎山葵 ガーリックチップ
胡椒とステーキソース


FotoJet (20)
ガーリックチップをのせたり
味変しながらいただきます


うまーーい( ;∀;) 

シアワセだ・・
来てよかったああ



〆の食事は

*シルクカレー
*ガーリックライス
*信州蕎麦


から選べるんですが


どれも食べたい!
選びきれん!( ̄‥ ̄)=3 

ということで

3つを2人でシェアしてもいいですか?
とお願いすると

もちろんです」と快諾

FotoJet (21)
シルクパウダーを使用した
ホテルオリジナルシルクカレー

これ、一番興味ありました

シルクパウダーに味はないけど
宿泊したら食べておきたい一品

クリーミーでマイルドな
チキンカレーという感じです。

これが気に入って
翌朝も希望する方がいらっしゃるとか

FotoJet (22)
茅野市米沢米を使った
ガーリックライス

鉄板焼きと言えばこれよね~
(´ω`★) 

文句なしに美味しい

FotoJet (23)
信州産蕎麦粉100%のお蕎麦

つなぎ無しでも
切れたりせず
するすると入ります

蕎麦好きのワタシが
ほとんどたいらげました


フレンチ、そしてステーキの後に
美味しいお蕎麦食べられるなんて
こんな幸せあっていいのか。。


P1820591 (Custom)
はっ(*゚Д゚*)

さらなる幸せがやってきた

ワゴンサービスの
デザートですー(*≧ω≦)



スタッフさん
お好きな物をお好きなだけどうぞ~

FotoJet (24)
そう言われたら
全部乗せしてしまうよね


・シルクプリン
・葡萄ゼリー
・ピスタチオケーキ
・レモンケーキ
・レアチーズケーキ
・杏コンポート
・桃のアイス


それはもう
どれも美味しかったんですが、、

FotoJet (25)
クランチやベリーが乗った
二層のレアチーズケーキ、
果実味たっぷりの桃アイス、
まろやかなシルクプリンが
お気に入り(*≧ω≦)

FotoJet (26)
連れはさっぱりチョイスで
桃アイスをダブル、
プリンやゼリー、
レアチーズケーキを

連れ「アイスとチーズケーキ最高

FotoJet (27)
食後にコーヒーと紅茶

ミルクたっぷりを希望すると
紅茶には温かい牛乳、
コーヒーにはクリームを
添えてくれました。


死にそうに満腹ですが
至福のディナーだったなあ


王道を好む方は料理の構成に
「んんん?」と思うかもですが
フレンチ・鉄板焼き・蕎麦と
枠にとらわれず
美味しい物をいただけたので
我々は大満足
((・´∀`・))


FotoJet (28)
一品料理など
追加もできたようだけど
とてもとても・・(・∀・;)


ちなみにお肉が苦手な方は
魚介メインのコースに変更可。

海老が美味しかったので
今度はそうしても良いかも。

20220126_174540

20220126_174716
お部屋に戻り諏訪湖畔の
イルミネーションを眺めつつ
風呂ざんまい


次回の朝食・千人風呂「片倉館」編でラストですー


【湖畔の洋館 かたくらシルクホテルの基本情報・予約】


──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

湖畔の洋館 かたくらシルクホテル 菊の間・迎賓館 ④


ホテルの敷地内に
片倉家別邸として建てられた
「菊の間」・「迎賓館」があり
滞在中に見学することができます


連れは興味なさげだったので
ワタシだけ見に行くことに

P1820489 (Custom)
こちらが1928年(昭和3年)に建てられた
「菊の間」

元々は諏訪湖に面した場所に
あったそうですが
昭和23年に旧諏訪湖ホテルが
建築された際にこちらへ移築。

ほへー(*゚Д゚*)
わざわざ移動させてでも
残しておきたかったんですねえ。。

FotoJet (1)
見学は特に案内があるわけでもなく
鍵を開けるから
お好きにどうぞ、という方式。

気兼ねなくじっくりと
見てまわれました

FotoJet (4)
二間の和室。

もちろん畳などは
変えてるのだろうけど
築年数にしては
手入れが行き届いてました。

FotoJet (3)
1964年 昭和天皇両陛下ご宿泊。
(東京オリンピックの年ですね)
1999年 現上皇両陛下ご宿泊。

へえぇ(・ω・ ) 
たしか歴代の天皇陛下が静養される
御用邸も三井など財閥の別荘でしたよね

皇族の宿泊は
由緒正しき名家の証かしら


パッと見は普通の和室
という感じですが・・

DSC_0682
波板ガラスから差し込む
陽の光が綺麗

雪見障子というには
ガラス部分が多い気がしますが
カーテンで補ってるのかな

傾斜した天井も
凝ってますね。

FotoJet (5)
浴室も見学できます

DSC_0692
昭和初期の家屋にしては
かなり贅沢な造り

鏡や水栓、浴槽など
適宜改装してるのだと思いますが
檜が香る、趣のある浴室です

P1820472 (Custom)
洗面スペース。

FotoJet (6)
巨大なお皿や壺。

DSC_0700
なんだか洋間になってきたなー
と思ったら
「菊の間」と「迎賓館」は
内部で繋がってたんでした。

ここは応接スペースかな

FotoJet (2)
「華麗なる一族」に出てきそうな
ダイニングルーム

シルクの買い付けに
全国からやってくるお客様との
会食などが行われていたようです。

DSC_0703
帆船模型とマントルピース。

FotoJet (9)
美しい細工のシャンデリアも
見応えあり

P1820491 (Custom)
迎賓館の外観。

FotoJet (10)
どちらの建物も
有形文化財に登録されています。

大正モダンや
古き良き時代の建物にご興味ある方は
ぜひ見学してみてください


見学を終えると
待機していたスタッフさんと立ち話。

片倉家の栄枯盛衰について
30分ほどお話を伺い
戦前~戦後への時代の移り変わりに
思いを馳せつつ
駐車場に目をやると、、

FotoJet
我々の車を
洗車してくださってる!
(専用スペースがあるんですね)
(*゚Д゚*)


そう、かたくらシルクさんは
洗車サービスを行っていて
チェックイン時に有無を聞かれ
了承のサインをします。

寒空の下、あんなに丁寧に
洗ってくださって有り難い(´ω`★) 

傷リスクを恐れて
やらなくなった宿も多いですが
ピカピカの車で帰れるのはうれしいわあ


夕食編につづきますー


【湖畔の洋館 かたくらシルクホテルの基本情報・予約】


──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

湖畔の洋館 かたくらシルクホテル 露天風呂付客室・続き ③


202/SYUSU(繻子)の続きで
水回りと露天風呂のご紹介です

FotoJet
洗面スペースの手前に
カーテンで仕切れる謎の空間

右側にトイレがあるので
1人が風呂に入ってる時も
気兼ねなく使えるように?とか?

何の遠慮もない間柄の我々には
無用のカーテンでしたが、、

それよりも気になったのが
大理石の床の冷たさ

FotoJet (4)
冬季に訪問された方は
入室したらすぐに床暖房を
オンにしておくと良いです。

大理石は高級感あってステキですが
ひんやり冷たいのよね。


でも一度暖まってしまえば
快適なんでした(´ω`★) 

FotoJet (3)

FotoJet (2)
鏡が大きく
明るい洗面スペース

椅子あるし
持参したコスメなど置ける
棚がたくさんあるのもナイス

FotoJet (15)
基礎コスメは
かたくらシルクオリジナル。

拡大鏡、ドライヤー、
ふかふかのバスタオルあり。

FotoJet (14)
チェックイン時に
バスローブを使うか聞かれたので
お願いしたらお部屋に届けてくれました。

これがまた
柔らかく肌触りの良い生地で
優雅な気分に


コットンのナイトウエアと
羽織れるブランケット。

右上の金庫の上に
加湿器がありましたが
この部屋の広さでは
焼け石に水なので使用せず


館内着はなく
食事には私服で行きます。
(たった9室の宿なので館内着OKにしてくれたらなあと思いますが・・品位とのせめぎ合いでしょうか)

FotoJet (5)
洗面スペースの壁に
バスローブやタオルを
掛けるフックあり。

タオルハンガー的な物は
なかった気がしますが
お願いすればバスタオルを
交換してくれます

FotoJet (16)
男女別に用意されたアメニティ。

女性用のは
大きなブラシ入り。

FotoJet (1)
洗面→シャワー→露天風呂
使い勝手の良い導線

DSC_0646
ハンドシャワー&レインシャワーあり。

排水の水はけもよく
窮屈な感じはしません。

FotoJet (6)
バスアメもオリジナル。

ゴールデンシルク配合だそうで
髪がさらさらに

DSC_0648
202の露天風呂

DSC_0665
テラス側から見たところ。

中にステップはなく
程良き深さ

2名でゆったり入れるサイズです。

P1820700 (Custom)
諏訪湖が目の前の
ナイスビュー


以前はもっと並木が
たくさん茂っていたそうですが
片倉家パワーで間引いてもらったとか
(市と交渉してもっとクリアなレイクビューにしたかったようですが、地元民の反対もありこの感じに落ち着いたそう)


ただね、
2Fのお部屋からだと
車道や駐車場からの視界に
がっつり入ると思う

気になる方は
3Fのお部屋を選ぶと良いかもです。

FotoJet (12)
まあ、立ち上がる時に注意すれば
ギリギリ見えないかな?

2面の窓を全開にすると
露天感が増して
気持ち良いですー

この日は晴天で
スコーンと抜けた
青空に湖が映えてキレイ

FotoJet (7)
もちろんブラインドを
下す事もできます。

明るい時間はこうした方が
気にならないかも。

FotoJet (10)
加水できますが
源泉掛け流しを楽しみたいなら
湯量を調整しておくと良いです

お部屋に入ってすぐ
温度を確かめた時は
43℃ぐらいと熱めだったので
少し絞って41~2℃まで下げてから入りました

FotoJet (9)
入る前にかき混ぜると
温度ムラがなくなります。

P1820634 (Custom)
温泉分析書は
見当たりませんでしたが
インフォメーションに説明が。

源泉温度84℃と高温
諏訪湖の底から湧出してるそうです。
(そういえば諏訪湖畔の間欠泉、2022年の春ごろから止まってしまったみたいですね。最近は各地で温泉の湧出量が減っている例もあるので心配よね

無色透明、
さらりとしてますが
よく温まる温泉

Capture_220126_144725_20230315_204423
露天風呂の横に
テラスあり。

湯上がりに涼みつつ
諏訪湖を眺めて
ぼさーーーっとできます
(´ω`★) 

FotoJet (20)
連れのビールタイム

諏訪浪漫の「りんどう」
というアルトビールで
ほんのりとカラメル麦芽の甘さ

FotoJet (22)
ワタシはカフェオレを作り、、

実は八ヶ岳PAで買っていた
シャインマスカットシュークリームを
(冷凍だったのが溶けて食べ頃に)

香りは人工的でしたが
美味しかったです。

FotoJet (19)
鍵は1つですが
特に不便なことはなかったです。
(キーホルダーのタッセルもシルク)

お部屋に用意された
「水辺のかりん」(ヌーベル梅林堂)
美味しかった

FotoJet (18)
花梨の果肉入り
胡桃キャラメル最中。

コーヒーにも合うと思います。

これも買って帰りたかったなー

FotoJet (17)
男女とも
エコバッグがあり
片倉館の千人風呂に行くときに
タオルを入れて行きました

これ、持ち帰れたので
今でも愛用してます。
折り畳みやすい


さて次回は敷地内にある有形文化財
「菊の間」「迎賓館」編になりますー


【湖畔の洋館 かたくらシルクホテルの基本情報・予約】


──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

湖畔の洋館 かたくらシルクホテル 露天風呂付客室 ②


9室の客室は
すべて露天風呂付で
68㎡~105㎡の洋室・和洋室あり。

それぞれ内装デザインが
異なります

IMG_20230311_225811_145
1Fにダイニングとロビー。

2~3Fに客室。

エレベーターで移動します。


我々は最もコンパクトな
(それでも十分広いですが)
202/SYUSU(繻子)68㎡を予約。

同クラスの
203/HABUTAE(羽二重)もいいなあ
と思ったんですが
迷ってるうちに埋まってしまいました

室数が少ない宿なので
好みのお部屋がある場合は
お早めに。。

FotoJet (20)
玄関ドア。

ピンボケごめんなさい

FotoJet (11)
お部屋に入ったところ。

左手にクローゼットがあります。

FotoJet
正面に飾り棚と
シューズ入れ。

FotoJet (14)
室内用の皮サンダルと外履き。

皮サンダルは
掃き心地の良い物でしたが
足の大きな連れには小さめ

FotoJet (1)
わ・・(*゚Д゚*)

FotoJet (3)

FotoJet (4)
めっっちゃ広い

リビングとベッドルームが
一続きになったワンルームタイプなので
余計広く感じるのかも

FotoJet (7)
202/SYUSU(繻子)68㎡

外観もお城っぽいけど
客室内は更にエレガント

姫気分で過ごせそうだわあ
(*≧ω≦)

FotoJet (10)
ソファー重視な我々、
ひろびろ使えて
文句なし

FotoJet (5)
ベッドは140㎝幅の
ダブルサイズ×2でゆったり

P1820460 (Custom)
ふんわり厚めと
低反発低めの枕あり。

寝つきの悪いワタシも
このベッドではぐっすり・・

P1820462 (Custom)
ベッドサイドに
コンセントやUSBポート、
照明コントロールあり。

FotoJet (13)
テレビは見ませんでしたが
大型でスピーカーあり。


Wi-Fiがね、
稀にみる爆速で
大変快適なんでした(´ω`★) 


タブレットで動画を見ながら
お風呂に入るのを
無上の喜びとする連れも大満足


P1820395 (Custom)
トイレはミニ手洗い付き。

ポプリかな?
良い香りがします

FotoJet (12)
一休のダイヤモンド特典で
冷蔵庫の飲物フリー
(=゚ω゚)ノ

氷結やハイボール、
ビールもあるので連れ歓喜

長野のりんごジュースも
美味しかったです

FotoJet (15)

FotoJet (16)
初めて見る
ネスプレッソカプセル。

なんか大きい(・ω・ ) 

FotoJet (17)
自宅で使ってる普通のカプセルは
エスプレッソ40ml/ルンゴ100ml
ぐらいだったと思いますが、、

これは最大230mlの抽出量

キャラメル・クッキーというのが
気になったので・・

FotoJet (22)
淹れてみました

すごい!(*゚Д゚*)
くっきり二層になるんですねー

泡がクリーミーで
甘いキャラメルが香り
とても美味しかったそうです。
(ワタシはちょっとだけもらい、例によって牛乳で割って飲みました)


コーヒーマシン一つとっても
いちいち贅沢で
ハイクラス宿を感じますねえ

FotoJet (21)
バルミューダのケトル、
耐熱ガラスのカップ。

「桑甘露」は
川根茶とサラ桑をブレンドした
粉末スティック緑茶

お風呂あがりに
飲んでみましたが
桑の苦さもなくスッキリしてます。

P1820433 (Custom)
このままお部屋のお風呂も
紹介したいんですが

長くなりそうなので
次につづきますー


【湖畔の洋館 かたくらシルクホテルの基本情報・予約】


──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
カテゴリ別アーカイブ
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

最新コメント