うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

【伊豆の宿】夕食

il azzurri(イル・アズーリ) 夕食 ④


お楽しみの夕食は
レストラン「タベルナ・ディ・アーレ」で
イタリアンビュッフェをいただきます


この日は2部制で
①17:30~
②19:00~

の選択。

我々は遅い方でお願いしました

FotoJet (7)
アイランド型のカウンターの後ろに
オープンキッチンのビュッフェ。

それほど広いわけではないけど

内容が素晴らしかった
(=゚ω゚)ノ


FotoJet (4)

FotoJet (3)
客室と同様にレストランも
海や夏をイメージさせる内装

FotoJet (39)
我々は窓際の
テーブル席に案内されました。

暗くてすぐ景色は見えなくなったけど
角×角に座るのは
会話しやすくてナイス

FotoJet
今やどの宿でも
標準装備のマスクケース。

そして袋に入ったカトラリーと
アロマの香りがついたナプキン。
(↑これが厚手で香りが良く、上質なものどこかの高級宿でも見かけたはずですが、失念)

FotoJet (2)
基本はビュッフェですが
最初だけ前菜が用意されます。

半透明の紙に書かれた品書き。

P1800922 (Custom)
こちらがその前菜。

アマゴの南蛮漬け
烏賊墨の洋風茶碗蒸し



どちらも良いお味でしたが
この後のビュッフェに興奮し過ぎて
あまり印象に残らず(;^ω^)
(渾身の前菜だったらスイマセン・・

FotoJet (25)
どんなものがあるか
ビュッフェ台をぐるりと一周して
食べたい物に目星をつけるのが
ウチの慣例

コーヒーマシンや
生ビールサーバー

FotoJet (23)
フルーツティーやハーブウォーター
オレンジジュース、アイスティーなど。

FotoJet (35)
そして連れが早々に向かった
ワインコーナー

FotoJet (36)
こちらが全てフリーフロー

赤・白・ロゼワインに
2種類のスパークリング、
ノンアルもあり


基本はセルフですが
スタッフさんの手が空いている時は
注いでくれます。

FotoJet (1)
一応有料ワインリストもあり。

こだわりのある方は
ご参考まで。

P1800915 (Custom)
さっそく・・

P1800917 (Custom)
乾杯しつつ

さあ食べるぞー
( ̄‥ ̄)=3 


FotoJet (5)

FotoJet (6)
サラダコーナー

フレッシュで色鮮やかな
お野菜が並んでます

FotoJet (9)
ドレッシングは
すべて自家製のようで
どれも美味しそう

FotoJet (14)
海の幸とモッツァレラの
トマトカクテル
本日の刺身 
ボッタルガ(からすみ)風味


FotoJet (12)

FotoJet (11)
ポテトサラダ
パンツァネッラ
野菜スティック

(里芋フォンデュと共に)

FotoJet (16)
プロシュートミスト

おお~(*゚Д゚*)
一枚板に生ハム各種が並んでます

そそられる盛付け

FotoJet (15)
そしてチーズもいろいろ

少しずついただけるように
角切りになってるのがナイス

FotoJet (18)
オリーブは
普段それほど食べないんですが
ここのは美味しかった

FotoJet (27)
オープンキッチンの方へ

FotoJet (29)
グリルでじっくり焼いた
焼き野菜がすごくおいしそう
(*´∀`)


10種類はあるでしょうか

FotoJet (28)
グリル用のお塩は竹炭や赤ワイン、燻製など
面白いのばかり

これがまた
焼き野菜の甘味を引き出し
いくらでもいただけそうなんですよ~

右端のわさびソースは
お肉のグリルに

FotoJet (30)
石窯のグリルミスト

チキンやビーフ、ポークなど
次々焼かれてるので
アツアツジューシーな所をいただけます

FotoJet (31)
レモン×好みのお塩でも
美味しい(*≧ω≦)

FotoJet (34)
しらすと桜海老のフリッタータ
シーフードラザニア
長谷川さんのマッシュルームと
サルシッチャのソテー


FotoJet (32)
鰯のロースト オレガノ風味
アサリとトマトのドライ煮込み
茸のリゾット


チーズボウルに入ったリゾット、
絶対おいしいやつ


FotoJet (38)
フォカッチャとトースター

FotoJet (37)
ミネストローネ

FotoJet (19)
ティラミス
パンナコッタ


オシャレなグラスに

FotoJet (20)
チョコレートケーキとホイップ

FotoJet (21)
マチェドニアは
フルーツポンチのようなもの


ゴロゴロ果物がぎっしり

FotoJet (22)
そして目を奪われたジェラート

シチリアン・ピスタチオ
チョコレート
マダガスカルバニラ


どんなに満腹でも
絶対食べる


P1800984 (Custom)
ワタシの厳選チョイス

グラスに入った前菜は
見た目にも美味しそうだし
少しずつなので気軽にいただけて良いわあ

P1800988 (Custom)
海老・イワシ・ホタルイカ
の下にモッツァレラチーズ。

P1800989 (Custom)
ポテサラと
カポナータも
きちんと手をかけて作られてて
おいしいです

P1800987 (Custom)
そして
最高のワインのアテ

生ハムもチーズも
リピートしたくなる美味しさ

P1800986 (Custom)
連れチョイス

最初は似た感じになりますね

ハムは全種類取ったみたい。

あっという間にペロリ

P1800996 (Custom)
続いてワタシの2皿目は
鰯のローストとサラダと茸リゾット

鰯はカリカリで
中はふんわり

キヌアやスプラウトなど
美容女子にも嬉しいサラダは
トリュフドレッシングで

P1810002 (Custom)
連れの2皿目チョイス

おお(;^ω^)
がっつりいくね~


ラザニアを少しもらいましたが
もちろん美味しい


でも連れのお気に入りは・・

FotoJet (42)
お肉のグリル

連れ「わさびソースが合う~
「焼き加減が絶妙で肉肉しい


FotoJet (43)
ワイン、すすみまくり


1つ難を言えば
ワイングラスがないのが
残念だけど
これだけお酒が充実してれば
文句なしだわ

P1810007 (Custom)
ワタシの3皿目

連れに少しもらった
ラザニアが美味しかったので
とってきたけど
多すぎたかな

焼き野菜、うまし
(*≧ω≦)


ああ~
もっと食べたいのに
満腹警報が・・( ;∀;) 


FotoJet (47)
それからは
ミネストローネとか
チーズや野菜をちょこちょこ。。


伸縮自在の胃袋がほしい
( -д-)ノ


連れはモリモリと
お肉を食べつづけてましたが
やはり程なくして

「お腹いっぱいになってきた

FotoJet (44)
しかしワタシには
まだ残された使命があるのです

ティラミスとパンナコッタは
普通のより少しゆるめで甘すぎず
するする入る

チョコレートケーキは
ガトーショコラですね~

濃厚で激うま
(*≧ω≦)

FotoJet (41)
連れのアイス

バニラとピスタチオが
大好物なのでうれしそう
(バニラも美味しいけど、しっかり豆の味がするピスタチオが絶品だそう)

FotoJet (45)
ワタシも同じく
マダガスカルバニラ&ピスタチオに
マチェドニアがけ


ああ至福
(* ´ ▽ ` *)


お料理の品数自体は
多い方ではないけど
アズーリさんは1品1品のクオリティが高く
食べたいものばかり


イタリアン好き、ワイン好きの
我々には特に好ましい印象でした。


もっと食べたかったなあ・・
( ;∀;) 


P1810020 (Custom)
いくつも感激ポイントがある
アズーリさんですが
夜のロビーの
プロジェクションマッピングも
素晴らしかった(*≧ω≦)



動画(BGMあり)

あまりに美しくて
見入ってしまう(´ω`★) 



こちらは連れ撮影
(音なし/画面遷移せずそのまま見れます)

しつこくて申し訳ないですが
ダイナミックさが
伝わりますでしょうか?
(=゚ω゚)ノ


お時間ある方は
ぜひご覧になってほしい

柱の部分と背景に
別の映像を写してて
完成度高いです。

──────────────────────

お部屋に戻って
しばし休憩・・


お腹がこなれてきたら、

FotoJet (49)
ふたたび大浴場へ

FotoJet (48)
そして湯上がりには
22:00に一旦クローズする
ラウンジへ

(我々の他にも駆け込み多数

FotoJet (50)
スパークリングワインと
ドライフルーツをいただいて
思い残す事なし。

P1800879 (Custom)
お部屋の庭の照明は
0:00に消灯するので
LEDカンテラが活躍。

夜更かしのワタシは
お部屋のお風呂に入ったり
タブレットでアマプラのドラマを見たり
まったり過ごしました
(´ω`★) 


次回の朝食・感想編でラストですー


【il azzurri(イル・アズーリ)の基本情報・予約】

──────────────────────





〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)

海のごちそう WATANABE 夕食 ②


夕食は18:30
一斉スタート


チェックインが16:00なので
わりと慌ただしくて
貸切風呂に行く間もなく
ダイニングへGO

FotoJet (10)
アットホームなダイニング

カジュアルなの雰囲気なので
気楽にいただけそう
( ・´ω`・ )

FotoJet (11)
ワインセラーや
壁際に並んだ日本酒。

ドリンクメニューを見るのが
楽しみです

FotoJet (7)
我々は窓際のテーブル席へ。

この日は満室でしたが
最大でも6組なので
騒々しい感じはしませんでした。

FotoJet (9)
べろ~んと
縦に長いコースメニュー

FotoJet (3)
左が前半、
右が後半。

コンソメに牛肉を使うぐらいで
後はすべて魚介類ですね~


肉好きの連れが
どういう反応をするか
わかりませんが

キッチンのほうから
すでに美味しそうなかほりが・・

FotoJet (12)
前菜

FotoJet (13)
左上から時計まわりに

本カマスと焼き茄子のルーロー
カンパチと生ハムのグジェール
昆布締め本海老タルタル
メヒカリのフリット



半生に仕上げたカマスに
焼き茄子を挟んだルーロー、
めっちゃうまい(=゚ω゚)

カンパチを
シュー生地で挟んだようなのも
香ばしくて良いお味

FotoJet (5)
これはもう
ワインよね~(*´艸`)

ワインのフルボトルは
3000円台からあって
注文しやすい価格設定

オーナーが選び抜いた
充実の品揃えなので
好みの1本が見つかるはず

FotoJet (4)
もちろんビールや
日本酒、利き酒セットなどもあり。

P1740764 (Custom)
初めて見る名前のロゼを頼んだら
かわいい形のボトルだった

シャトー ド ロムラード
キュヴェ マリー クリスティーヌ
プロヴァンス ロゼ

(長い・・)

元は王室御用達のシャトー、
愛らしい見た目に反して
キリリと辛口

P1740777 (Custom)
人参のムース
伊豆牛のコンソメジュレ
雲丹のせ


希少な伊豆牛を使った
ぜいたくなジュレに
なめらかな人参ムースと
濃厚な雲丹があいまって・・・

なんとも言えない美味しさ
(*´Д`)

P1740780 (Custom)
アカハタのカルパッチョ
オクラ 野生クレソン


P1740782 (Custom)
シャキシャキのオクラと
身のしまったアカハタ

青胡椒とレモンのソース。


初秋でしたが
まだ暑さの残る夜に
ぴったりの逸品

P1740784 (Custom)
アツアツの
全粒粉パンが登場


P1740765 (Custom)
バターの上が
キラキラ光ってる(・ω・ ) 

無塩バターに
岩塩を振ったのかしら

P1740785 (Custom)
当然、熱いパンに入れ込みます

溶けたバターがしみて
めちゃくちゃうまい
(*≧ω≦)


もちろんおかわり

FotoJet (15)
手長海老のカダイフ揚げ
赤ピーマンのソース


パリパリ&ぷりぷりで
食感を楽しめます

ほんのりカレー風味。

FotoJet (16)
はまぐりのブルギニヨン

立派で肉厚なハマグリに
ガツンと効いたニンニク

ワインがすすむすすむ
(*≧ω≦)

FotoJet (17)
ヒゲ鱈のブイヤベース

顎髭があるため
そういう呼び名ですが
本名はヨロイタチウオというらしい

どうにせよ
磯の風味たっぷのスープが
たまらん美味しさ
(´ω`★) 


・・・・

ここまでは
うまいうまいと食べてたんですが
何やらワタシに異変が


実は到着前から
嫌な感じの頭痛がしてたのだけど
薬を飲んで治まってました。


それが突如
ブーメランのごとく戻ってきて
座ってるのもしんどいぐらい
ガンガンに痛い( ;∀;) 


連れ「だいじょうぶ?
「すごくツライなら部屋に戻ろうか?」


ワタシ「ううう
「そうね、残念だけど戻らせてもらうわ」
「けど次がメインだから~」
「2人分いけそうなら食べちゃって~」



マダムも心配してくれて
いろいろとお気遣いいただくのが
申し訳なく。。

FotoJet (19)
メインの伊勢海老ほじほじ用スプーンと
カメラをそっと連れに託し


「ワタシの屍を越えて食べて・・( -д-)ノ」

「そんな事言われたら食べられないよ


マダムが少し笑ってくれたのを見届け、
よれよれと離脱。

FotoJet (18)

以降、連れ撮影です。

活伊勢海老の海水蒸し
レモンバターソース


超絶立派な伊勢海老
(≧◇≦)

「すごい弾力
「こんなに食べ応えのある伊勢海老初めてかも」
「レモンバターソースがまた美味しくて」
「丸ごと1匹でもペロッと食べちゃった



あ~~~~
( ;∀;) 

食べたかったなあああ


次回は必ず!
(>ω<。)


67775 (Custom)
中伊豆産
和栗のモンブラン仕立て


67773 (Custom)
中にバニラアイス。

67772 (Custom)
コーヒーと
小菓子



ワタシはずっと
お部屋で横になってましたが
連れと一緒にマダムがいらして、、

P1740799 (Custom)
「もし召しあがれるようでしたら・・

と、デザートを持ってきてくれた
((・´∀`・))


ワタシが離席したあとに連れが

「彼女は伊勢海老も食べたかったと思うけど」
「モンブランを食べられない方が悲しいと思います」


的なことを言ったらしい。


連れもマダムも
ありがとう~(>ω<。)


温かいジャスミン茶にも
ホッとして・・

P1740800 (Custom)
頭痛もやや軽減。

いただきました
( ・´ω`・ )

ワタシのは
栗イン、バニラアイスオン。

格別に美味しかったです



今回は不調でメインを逃すという
残念なアクシデントがありましたが

WATANABEさんのお夕食は
お肉がない事など
失念してしまう満足感


全体的に塩気がしっかりしていて
否応なしにお酒がすすんでしまいます


そして思った以上に
ボリューミー
(健啖な連れは今回メイン2人分食べて、さすがに満腹そうでした。でもしっかりパンのおかわりもしてたらしい)


完全な評価をするためには
また来るしかないわね・・
( ̄m ̄〃)


貸切風呂編につづきますー


【海のごちそう WATANABEの基本情報・予約】

──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)


ものわれすれの湯 船原館 夕食 ③


食事は朝夕ともに
大広間の囲炉裏席でいただきます

FotoJet (20)
たくさんの囲炉裏が並んでいて
壮観なんですが

足元が掘ってあるタイプと
掘ってないタイプがありました。

FotoJet (10)
我々は掘ってあるタイプの方で
良かったです~

やっぱりこちらの方が
足が楽だと思うので
希望される方は事前に
伝えておくと良いかも


ちなみに我々のプランは
基本コースから
鍋を省いてるので
囲炉裏に火が入る事はありませんでした。

7月なので熱くなくて良いけど
もし冬場に再訪したら
囲炉裏、使ってみたいな~

P1660219 (Custom)
食事処の一角に
館主さん専用の焼き場があって
「お狩場焼き」は
ここで焼かれるようです

FotoJet (11)
最初のセッティング。

焼物とご飯以外は
ほぼ並んでますね。

P1660182 (Custom)
とりあえず
食前酒の梅酒をいただき・・

FotoJet (12)
ドリンクメニューを確認。

・・・予想はしてたけど
ワインはないみたい

かわりに日本酒と焼酎が
揃ってます

FotoJet (13)
連れは瓶ビール
ワタシはジンジャーエールを。

P1660191 (Custom)
鮎の甘露煮 焼栗
梅くらげ 
海老(裏に黄味そぼろ)


P1660186 (Custom)
烏賊 サーモン
甘海老 マグロ


お造りはいたって普通。

おろしたての天城ワサビが
さすがの美味しさ

P1660185 (Custom)
蟹の甘酢・野菜の酢の物

P1660188 (Custom)
これが印象にないのだけど
椎茸と何かの含め煮。


テーブルにあるものを
いただいてるうちに
一品一品、「お狩場焼」がやってきます。
(ちなみにお狩場焼とは、旬の素材をそのまま焼く天城の郷土料理だそう)

FotoJet (15)
里芋

手で持てないぐらい
アツアツですが
奥様に教えてもらった方法で剥くと
するりと


山葵味噌と一緒にいただきます。

ホクホクで
とてもおいしい

FotoJet (16)
トウモロコシ

これ絶対おいしいやつ

アチチ、と言いつつ
そのまま齧りつきます

うすーく塗った醤油が
甘さをひきたてて
うまー(´ω`★) 

FotoJet (17)
茄子とピーマンの田楽

甘すぎないけど濃厚な味噌が
サンドされてます。


こうくると・・

P1660202 (Custom)
ポン酒よねー
ってことで

白隠正宗(はくいんまさむね)

沼津で明治創業の酒造さん。

これは生酒で
1本(300ml)1100円。

比較的スッキリでクセがないから
アテが強い味の時に良さそう

FotoJet (18)
鮎の塩焼き

しょっぱすぎず
いいあんばいの塩加減で
大変おいしい

(お狩場焼きは同じ皿に置かれ続けます。汚れがお見苦しくてごめんなさいね

FotoJet (19)
黒米の焼餅 甘味噌

修善寺と言えばの黒米ですねえ。

いい感じにひび割れて
両手でひっぱると
みにょーんと伸びます


これだけでお腹いっぱいになりそう
(・∀・;)


写真撮り忘れがあったんですが
実はお狩場焼きは7品。


・里芋
・トウモロコシ
・茄子とピーマン田楽
・蕎麦がき
・さつまいも
・鮎の塩焼き
・黒米の焼餅


と、芋や餅が多めなので
鍋を省いた少な目コースでも
お腹いっぱいになりました


素材をいかした素朴なお料理、
普通の旅館料理とは一味ちがって
楽しかったですー(*´∀`)

FotoJet
ご飯と三つ葉の赤出汁

香の物のほかに
削り節と天城山葵があるのが
地域色があって良いです

P1660216 (Custom)
デザートは
果物と無花果ジャムのヨーグルト

みずみずしい梨が美味しかった

P1660221 (Custom)
お部屋に戻ると
お布団が敷かれてます。


いつも通り
連れはすぐお休みになられたので・・

FotoJet (21)
ワタシは大浴場へ


次回の朝食・感想編でラストですー


【ものわすれの湯 船原館の基本情報・予約】

──────────────────────




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)


伊豆ホテル リゾート&スパ 夕食 ⑥


夕食は

*洋食コース
*鉄板焼き


のプランがありますが

我々はスタンダードな
洋食コースを予約


スタート時間は
17:30~19:30と幅が広く
18:00ぐらいが希望でしたが
この日はもう
19:30スタートしか空いてないとのことで
遅い開始になりました

P1750328 (Custom)
ダイニング&バー「WAVE」

P1750330 (Custom)
受付でしばし待つと
奥からスタッフさんが
小走りにやってきて
席に案内してくれます。

P1750525 (Custom)

P1750527 (Custom)
ソファー席は枕付き

P1750526 (Custom)
波の形をした
カウンター席も良いですね

ダイニングの内装も
南国リゾート風で統一感があります


しかし・・
この時間しか空いてない
という割にはガラガラで
我々の他はたった1組だけ


コロナ禍の影響で
客室の稼働やスタッフさんの人数を
制限していたのかもしれません


もしくは、夕食付プランの人が
少なかったか。。

P1750529 (Custom)
ダイニングは窓に沿って
半円を描くように席が配されています。

そして奥のほうに
鉄板カウンターらしき場所が(・ω・ ) 

今夜はどなたもいらっしゃらないようです。

P1750465 (Custom)
我々は窓際の
2人掛けのテーブル席へ


これだけすいてるのだから
好きな席を選びたかったなーと
思ってしまうのはワガママかしらね

と言うのも窓際って
暗い時はどうしても
室内がガラスに映ってしまい
自分達の顔を見ながら食事をすることになって
なんとなく気まずい。。
(伊豆ホテルさんのダイニングは照明のせいか、特にくっきり映りやすかった)

FotoJet (21)
洋食コースのメニュー

どんなお料理なのか
楽しみですー(*´∀`)

P1750466 (Custom)
ドリンクメニュー。

カクテルやグラスワインなど豊富で
1杯から楽しめます


ワインのペアリングがあったので
連れは4グラスを注文

FotoJet (22)
(※画像はクリック後に拡大できます)
静岡ビールの中が1200円、
ソフトドリンクは500円~、
ワインのボトルは7000円~

ややお高めですが
ハイクラス宿なら妥当かな。

P1750475 (Custom)
最初のセッティング。

貝やお花が飾ってあるから
サービスプレート?
と思ったけど
小さなフォークがあるのよね。

P1750481 (Custom)
やはりお料理に活用されるようで
うやうやしく乗せられた

伊豆産茸とツルナのキッシュ

P1750483 (Custom)
弾力のある生地のキッシュで
塩気も強め。

FotoJet (23)
ペアリングの1杯目はシャンパン

ワタシはジンジャーエールを

存在感のあるキッシュで
お酒がすすみそう

P1750486 (Custom)
オードブルの盛り合わせ
"伊豆の香り"


美しく繊細なオードブルを
想像していましたが
予想と違い、海鮮サラダのような見た目

エディブルフラワーがあるので
華やか、と言えなくもないですが

FotoJet (24)
金目鯛や
アワビなどの刺身があると思ったら
突然ドラゴンフルーツや
クワイ、ビーツなど主張の強い野菜が

そして何故か
牛肉のパテ

これがめっちゃ濃厚で
他の素材をすべてかき消す。


正直、まとまりのないお皿で
何を味わってほしいのか
シェフの意図がつかめず・・(;^ω^)


FotoJet (25)
自家製パンは
ブラックペッパーのフォカッチャ
胡桃と無花果のカンパーニュ

バターとオリーブオイルで。

パンはとても美味しくて
おかわりしました~

P1750495 (Custom)
黒磯魚のスープ
黒米カポナータ


P1750498 (Custom)
チーズとシラスのクラッカーが
浮かんでます。

コンソメスープのような見た目に反して
とても濃厚

口の中が「磯」になる。。

P1750499 (Custom)
黒米のカポナータは
煮詰めたトマトに絡んで
これまた強めの味。

黄色のは
パプリカのピクルス。


スープもカポナータも
それぞれの味は悪くないんですが
主張が強すぎ&見た目が映えない
のでどうもテンション上がらず

P1750507 (Custom)
鮮魚のヴァプール
トマトフォンデュとセート港風ソース


P1750506 (Custom)
ぷりぷりの手長海老に
さわやかなレモンクリームソース


これはマッチしてて
好きでした


でも、、

P1750505 (Custom)
ホウボウと鯛は
皮がパリッと焼けておらず
ぬるっとした食感が
いまいち好みじゃなかった

ソースはおいしいので
ひたすらパンでぬぐって食べました。


根セロリ、ハスイモなど
サクサクした野菜も入ってます。

FotoJet (26)
ペアリングはシャンパンの後に
白→白→赤
と続いて
ワタシも少しずつ
味見をしたんですが

びっくりするぐらい
感動がなかったんですよ・・



高級宿や良いレストランなどで
ペアリングをお願いすると
大抵はソムリエさんが
グラスごとに魅力的な説明をしてくれて
お料理との考え抜かれたマリアージュに
感激するものなんですが、、

残念ながらこちらでは
若い男性スタッフさんが

「シャンパンです」
「白ワインです」


と言うだけだったので

3杯目の白のときに
これはどういうワイン?と聞いてみたら

くるっとボトルの裏を見て

「シャルドネですね!」

とにこやかに答えられたのが印象的でした
(・∀・;)

(ちなみに赤のときも「カベルネですね!」と元気良く教えてくれた。そんなん見ればわかるわ(;^ω^)


人手が足りなくて
知識のあるスタッフさんが
不在だったのかもですが

ペアリングのワインの質自体も
微妙に感じました。

もちろん我々は
ワイン通を名乗れるほどではないので
個人的感想です。

P1750510 (Custom)
本日の肉料理
牛フィレステーキ 
シャンピニオンソース
マッシュポテトと茸
ハイビスカス塩


P1750515 (Custom)
お肉は焼き加減も良く
肉厚なのにやわらかく仕上がっていて
美味しかったです

P1750517 (Custom)
和栗のモンブラン 秋の装い

FotoJet (28)
ピオーネや梨、マスカット、無花果など

和栗のモンブランは
中にバニラアイス入り

大変美味しい
(*≧ω≦)

P1750522 (Custom)
食後はコーヒーか紅茶を選べますが
2人ともミルクティーをお願いしました。


カフェや客室からの絶景、
そして深湯露天で感動しすぎたせいか

夕食は少々期待外れというか
同価格帯の宿にくらべると
見劣りする印象かも
(お肉とデザート、パンはおいしかったです)


接客の面でもね、
たまたまかもしれませんが
先程の若い男性スタッフさんが
ごく簡単な説明をするだけで
お料理に対するワクワク感もわかず。。


連れ「意外だったね・・

ワタシ「そうね、いろんな意味で

連れ「でも赤観と同じと思えば



そう、かつて赤倉観光ホテルでも
施設の素晴らしさに感動して
夕食でげんなり、というパターンでしたが
またしても?なの?( ;∀;) 

提供スピードも早めで
1時間半も経たないうちに終わったし



食事の好みは
人それぞれなので
あくまで我々の感想です


美味しいという口コミも
たくさんあるので
この日たまたまシェフが不調だっただけかも?


ううむ~(・∀・;)

再訪するときは
料金アップだけど鉄板焼きにトライするか
夕食は他で済ませて朝食付きプランにするか・・
悩ましいところ


ちなみに鉄板焼きのカウンター席は
6席しかないうえに
最近は1日1組限定にしたり
してるみたいなので予約はお早目に



次回の朝食・感想編でラストですー


【伊豆ホテル リゾート&スパの基本情報・予約】

──────────────────────


〖宿泊レポ一覧&公開予定〗

*うひひのInstagram*
FotoJet (8)



土肥温泉ホテル みなみ荘 夕食 ③


夕食は1Fの食事処でいただきます。

時間は19:00スタートが最終。
我々は18:00にお願いしました

P1630300 (Custom)
2019年なので
コロナ前の訪問ですが
すでにソーシャルディスタンス仕様


まあ、食事処にいたのは
我々を含めて2組だけだったので
落ち着いた雰囲気の中でいただけました

P1630301 (Custom)
お品書きはなく、
先付や前菜はすでに用意されてます。

P1630309 (Custom)
南瓜豆腐 クコの実

ほんのり甘くてなめらか

P1630305 (Custom)
前菜 

説明がなかったので
内容が不明ですが
黄色とピンクのカマボコ的な物。

上のはムール貝?じゃないか(;^ω^)
パーナ貝かカラス貝でしょうか

エシャロットともろみ味噌。

P1630308 (Custom)
めかぶの酢の物

FotoJet (19)
ドリンクメニュー
(※クリック後に拡大できます)

生ビールのジョッキが700円
焼酎やワインはフルボトルで3000円~

別注料理も色々ありました。

P1630317 (Custom)
スパークリングワインを
3000円だったと思います。

アイスペールも用意してくれたんですが・・

P1630324 (Custom)
なぜか、氷のみで水が入ってない
(・∀・;)


ので、きちんと入らず
冷やせない。。


お一人で配膳されている
高齢の女性スタッフさんに
水を入れてくれるようお願いしましたが
「はい、はい」と言うばかりで
一向に対処してくれないので
諦めました


おまけにこのスパークリング、
甘い~( ;∀;) 

注文する時に辛口か聞いたら
「はい、はい」と言ってたのだけど。。

P1630313 (Custom)
おもむろに点火される
活アワビ

これが今回のプランの目玉ですね

P1630315 (Custom)
中サイズですが肉厚で
とってもやわらかい
(*´∀`)

たっぷりのバターに
レモンをしぼっていただきます


うまーー
(*≧ω≦)


P1630314 (Custom)
お造り
甘海老やサーモン、カンパチ、蛸


公式サイトで
「魚の仕入れには自信あり」
と謳ってましたが
なんというか、普通(・ω・ ) 

P1630312 (Custom)
豚しゃぶしゃぶ

これもタイミングは聞かれず
どんどん点火

P1630323 (Custom)
あっという間に煮立つので
慌てて具材をほうりこみ・・

忙しい

脂のさっぱりした豚ロースは
美味しかったです

P1630318 (Custom)
雲丹を乗せた茶碗蒸し

中にしめじや鶏肉。

P1630321 (Custom)
天ぷら 湯葉巾着 蟹真丈

サラッとした
黄色いお塩でいただきます。

湯葉のカリカリ食感がナイス

FotoJet (1)
最後に金目の煮付けが
きたんですが

かなり大きさが違う
(もちろん大きい方が連れの方に置かれた)

切身で出るのは
よくありますが
ここまで差があったのは初めて。


煮汁の味が濃い目ですが
ご飯がすすみそう。

P1630329 (Custom)
ご飯 蟹の味噌汁 香の物

P1630325 (Custom)
ご飯はお櫃にたっぷりあったので
煮付けと一緒にモリモリと

P1630331 (Custom)
デザートはオレンジ。


アワビのバター焼き以外は
特に印象に残りませんでしたが
今回は1人8000円の特価プランなので
こんなものかな

ボリュームは十分ありました


お刺身が期待ほど
上質じゃなかったのが残念。

海の幸がお目当てなら
伊勢海老や大皿刺身盛りなど
ついたプランを選べば
立派なのが出てくるのでは?
(お刺身を褒めた口コミが多かったので)



1時間ちょいで夕食を終えて

食事処を出た我々は

ふらふらとエントランスの方へ歩きだし・・


ワタシ「財布持ってる?」
連れ「スマホあるから払えるよ


宿から10分ほどの場所にある
某コンビニへ吸い込まれて・・

FotoJet (2)
ワタシは白くまアイス
連れは うにせん
を買ってしまいました


デザートが
さびしかったんだもの・・(´ω`★) 

P1630347 (Custom)
大浴場は夜通し入れるので

丑三つ時に独泉


ポカポカになって
ぐっすり休みました


次回の朝食・感想編でラストですー


【土肥温泉ホテル みなみ荘の基本情報・予約】

──────────────────────

〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)



記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
GoToトラベル
カテゴリ別アーカイブ
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
Casa BRUTUS特別編集 【新装版】温泉200
常宿にしたい温泉宿 2022年版: 旅行読売ムック
一度しかない人生を「どう生きるか」がわかる100年カレンダー
CREA Due 完全保存版 楽しいひとり温泉。
タグクラウド