うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

【箱根の宿】夕食

湯河原温泉 万葉の里 白雲荘 夕食 ④


夕食の時間も
チェックイン時に決めますが
貸切風呂と同じく
早めの時間は既にいっぱい

我々は
20:00スタートになりました

P1740163 (Custom)
ダイニングは横に長く
テーブルの間隔がしっかり取られてます。

4人掛けテーブルの
角×角に座って・・・

P1740120 (Custom)
お品書きを確認。

神無月の献立は
松茸土瓶蒸しや
鯛と牛蒡の炊き込みご飯など
秋の味覚

たのしみです~(*´∀`)

P1740122 (Custom)
最初に供されたのは
キャロットガスパチョ

ガスパチョと言えばトマトですが
人参は初めて

涼しげな冷製スープですが
2くちぐらいしかないので
しっかり味わえず


もうちょっと飲みたかったな~
(;^ω^)

P1740129 (Custom)
前菜

FotoJet (13)
グリルかます 鶏松風 金閣寺味噌
蕪昆布巻き 酢取りもって菊
蒸し長芋お浸し シメジおろし和え
蓬麩チーズ


どれも手が込んでて
とても美味しい

ワタシは蓬麩を巻いたクリームチーズが
お気に入り


ただ、まるで
「ミニチュア?」と思うほど
1つ1つが小さめ

P1740137 (Custom)
松茸土瓶蒸し

FotoJet (14)
まずはお出汁をいただき・・

あ~~
松茸と三つ葉、酢橘のかほり・・
(´ω`★) 
しみるわ~


中に入ってる
金目鯛や栗まで取り出して
残さずいただきました

FotoJet (15)
ドリンクメニュー。

ビールは850円~
ワインはボトル4500円、グラスで850円~
日本酒、果実酒、焼酎、
ウイスキーもあり。

FotoJet (16)
一番充実してたのは日本酒。
こちらでは100mlのワインタンブラーで
提供してるそうです(600円~)

ノンアルコールの
スパークリングワインなどもあり。

P1740125 (Custom)
今回は予約した一休のダイヤモンド特典に
フルボトルワインがついてたので
白をいただくことに

FotoJet (17)
ジェイコブズ・クリーク「わ」
オーストラリア産のシャルドネ

ふんわり華やかで
口当たりの良いスッキリ感
お刺身なんかに合いそうだわ~

P1740141 (Custom)
お造り

FotoJet (18)
富士の介(山梨県産)
スマガツオ(愛媛県産)
帆立貝(北海道産)
カジキマグロたたき(静岡県産)

富士の介は
キングサーモン×虹鱒で
脂のバランスが最高

スマガツオもマグロのたたきも
めちゃくちゃ美味しい

刺身醤油と
酢橘のオリーブオイルにくぐらせて

P1740146 (Custom)
酢橘のオリーブオイルは
売店で見かけたもの。

これが実に良い仕事してた
(=゚ω゚)ノ


当然、購入して帰りました

P1740147 (Custom)
ここでメインイベントの
宝楽蒸しが登場~

P1740149 (Custom)
スタッフさんが
白ワインをかけると
焼けた石がジュッと湯気を上げます


蒸すこと5分。。

P1740153 (Custom)
ふくふくと蒸しあがった
ハマグリと伊勢海老ちゃん

FotoJet (19)
するすると殻からはずれる
伊勢海老は肉厚で
食べ応えあり

(いつかの西伊豆、特価プランの伊勢海老とだいぶ違うわあ

沖縄産の塩やレモン、
さきほどの酢橘オイルおお好みで。

P1740156 (Custom)
お口直しの
季節のグラニテはザクロ


程良い酸味で
さっぱり

P1740157 (Custom)
仔牛フィレのロティ
秋野菜


P1740162 (Custom)
柔らかいフィレのソースは
ハニーマスタードとバルサミコ。

焼いたチーズと共に

お肉はたっぷり4切れあるので
肉好きの連れに1切れ譲渡。

P1740166 (Custom)
北寄貝 かぼすジュレ寄せ

糸のように細く切った
じゃが芋が意外な組み合わせ

満腹でも
するする入ってしまう

P1740169 (Custom)
そろそろ満腹になりかけたころ
土鍋でご飯が登場

P1740168 (Custom)
鯛と牛蒡の炊き込みごはん

FotoJet (20)
香の物と赤出汁

鯛の牛蒡のうまみが
たっぷりしみこんだご飯

うまい~(*≧ω≦)

P1740183 (Custom)
デザートは場所を変えて
ラウンジへ移動

ダイニングの奥に通路があり
直接行けるようになってます。


我々はカウンター席へ

ライトアップされた木立が素敵だわあ

P1740178 (Custom)
紅茶かコーヒーを選択。

この日は2人とも紅茶にしました。

P1740182 (Custom)
白玉クリーム餡子

最中が付いてたので
アンコを乗せていただきました

上品な甘さで、美味しい



20時に食べ始めたので
食事が終わる頃はもう22時。

次回はもう少し
早めの時間にスタートしたいわ


白雲荘さんのお夕食は
後半から盛り上がった感じ

突出して記憶に残る物はないけど
どれも美味しくいただけたので
料金に見合う内容だと思いますー


テーブル担当のスタッフさんが
すごく明るい方で
興味をそそる説明をしてくださり
演出の仕方も上手

おかげで楽しい夕食になりました
((・´∀`・))



次回の朝食・感想編でラストですー


【万葉の里 白雲荘の基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗





箱根フォンテーヌブロー仙石亭 夕食 ④


食事は朝夕ともに
1Fのダイニングでいただきます

P1610003 (Custom)

P1600871 (Custom)
クラシカルで素敵な内装ですが
室数に対して広くはなく・・
席の間隔が近め

そしてこの日は満席な上に
バースデー利用の6人グループがいらして
やや騒々しい感じでした


カウンター席とテーブル席があり
我々は2人掛けのテーブル席へ

浴衣はNGですが
厳しいドレスコードなどはなく
カジュアルなお洋服で問題ないと思います。

P1610016 (Custom)

P1610017 (Custom)
プラン特典のワンドリンクは
連れがベアードビール
(ルームサービスでも注文したのにどんだけ好きなのか

ワタシは酔っぱらわないように
グレープフルーツジュースをいただきました

FotoJet (5)
お料理のメニューは
縦になが~い紙に印刷されてます。

サーモンマリネに
カリフラワーのスープ、
ハマチのミキュイに国産牛ロースト。。


たのしみです~(*≧ω≦)

P1610020 (Custom)
最初のお皿は
黄色い野菜のガスパチョ
オレンジとコリアンダーのアロマティゼ


グラスに乗ってるのは
パルメザンのチュイール。

そのままでも美味しいし
ガスパチョにパラパラ入れると
良いアクセントに(´ω`★) 


ガスパチョはほんのり甘く
色んな野菜の入った複雑なあじわい

FotoJet (6)
(※クリック後に拡大できます)
ワインリストは膨大で
3000円台のお手頃な物から
高級な年代物まで幅広く揃えてます

21-04-19-17-22-45-429_deco
温泉ざんまいで喉が乾き
しゅわしゅわした物を求めて
ロゼのスパークリングを

4000円ぐらいだったと思います。

特にサービス料などはなく、良心的

P1610021 (Custom)
そういえばアミューズと同時に
お箸が用意されました。

「どちらでも召しあがりやすい方で」
とのこと。
ナイスやフォークが苦手な方は
気楽にいただけて良いとおもう

P1610024 (Custom)
オーロラサーモンのマリネ

キレイですね~(*´∀`)

塩と砂糖のみで漬けたサーモンは
何もつけずとも美味しい

ソースはバジルシードと
マスタード風味の2種類。

どのお皿も
エディブルフラワーがあしらわれて、華やか

P1610026 (Custom)
2種類のパン

すぐには触れないぐらい
アツアツでやってきます

どちらも美味しくて
2人ともおかわり

P1610027 (Custom)
ホイップバターもふわふわで
美味しかったな~

パンが大好きなので
ワタシのポイントは大きくアップ

P1610032 (Custom)
カリフラワーのクリームスープ
根セロリの香りをのせて


コクがあってクリーミー

セロリは微かに感じる程度なので
苦手な方でも平気そう。

P1610033 (Custom)
白菜に包まれたハマチのミキュイ
和のテクスチャー


仙石亭さんの定番料理かな?
とろろ昆布のソースで
和風・あっさりな味付け

ボリューミーに見えましたが
淡泊なハマチだったので
するすると食べられます


難点は白菜が切りわけにくく、
どう頑張っても
美しく食せないこと(;^ω^)
(ワタシが不器用なだけかもしれませんが・・)

P1610037 (Custom)

P1610042 (Custom)
国産牛ロースのスービット季節野菜添え
マルドンのシーソルトとグリーンマスタードソース


連れ待望のお肉
(*≧ω≦)


ほどよい霜降りで
外側カリっと、中はジューシー

白ワインを使ったフォンドボー、
グリーンペッパーと
マスタードのソース(かなり強めの味)で
変化をつけつつ・・

うまいー( ・´ω`・ )

P1610045 (Custom)
アヴァンデセール
バナナのグラニテ
パッションフルーツのスープ仕立て

キンキンに冷やしたグラニテは
バナナの果実感たっぷり

バナナチップやナッツの
食感もナイス

グラニテというと柑橘系や
あっさりしたフルーツが多い気がするけど
バナナというのは珍しい

P1610048 (Custom)
グランデセール
トンカ豆のチョコプリンとカシスのソルベ

おおー( ´∀`)
フランボワーズソースと
チョコは鉄板の組み合わせ

トンカ豆は麦チョコみたいな感じで
さくさくしてます。


デザート、どちらもすばらしい

P1610050 (Custom)
食後はコーヒー/紅茶/ハーブティーから

ワタシは
ラベンダーのハーブティー

コーヒー党の連れは
珍しくミルクティー

P1610051 (Custom)
プチフール
ベリーのパウンドケーキ
苺のマシュマロ


P1610053 (Custom)
はっ∑(*゚ェ゚*)

気がつくと誰もいない
いつものパターン(;^ω^)


お酒を飲みつつなせいか
しゃべり過ぎなのか
何故かいつもレストランを出るのは
びりっけつ


夕食の接客は
特にテーブル担当が決まってませんが
どのスタッフさんも感じが良く
積極的に動ける方ばかり

パンのお代わりもすぐ聞いてくれるし
グラスが空けばさりげなく注いでくれる

到着時のガッカリ感が
だいぶ払拭されました。
良かった~(;^ω^)


夕食は思ったよりも
創作的な印象だったので
正統派フレンチを期待される方には
ちょっと違うかも?

我々は美味しく感じましたが
少しボリュームが足りないのと
(パンで補いましたが)
全体的に「和」に寄せたあっさり感なので
年配の方や小食の方に向いてるかなー
といった感想です


・・今回はお料理よりも
周囲の騒がしさの方が気になった

お料理の説明もよく聞き取れず
各席の間隔が近くてプライベート感がないので
静かに食事をいただきたい方は
事前に席に位置などを
相談されると良いかもしれません。
(コロナ以降はなにか対策されてるのかもしれませんが)



次回の朝食・感想編でラストですー


【オーベルジュ 箱根フォンテーヌブロー仙石亭の基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗





湯河原リトリート ご縁の杜 夕食 ③


夕食は18:00から
ダイニング「結(MUSUBI)」でいただきます

21-03-13-16-43-53-392_deco
このダイニングが素敵だった
(=゚ω゚)ノ


高い天井高、
そして見事な天井画
(天井画は旧施設(料亭宿ふかざわさん)のをそのまま残しているそうです)

P1730985 (Custom)
みなさん、写真撮られてました

圧巻だものね~( ´∀`)


この日は女性2人が2組、
ワタシを含めたおひとり様が3組。

浴衣でも私服でもOKですが
ほとんどの方は私服の
カジュアルなルームウエアでした。

席の間隔は十分とられているし
換気もされていて、安心

P1730961 (Custom)
飲物は着席してから
注文した物ですが
お料理はすでにセッティング済み。

P1730974 (Custom)
ご縁の杜さんは
肉・魚・乳製品など
動物性の食材を使用しない
ヴィーガン料理。

野菜の質や調味料に至るまで
すべてこだわりが感じられます

読んでるだけで
すでにデトックスされた気分
(*´艸`*)

FotoJet (3)
温かいハブ茶と
冷水はセルフで。

お水は「ありがとう水」と似た発想の
ブルーソーラーウォーター

青い瓶に入れて日光に当てると
浄化のお水ができるのだそう
(ワタシはこういう物の「違いがわからない女」なのでもっぱらハブ茶をいただいてました

P1730973 (Custom)
ドリンクメニュー。

ビオワインや
発芽玄米酒など
お酒も意識高い系。

P1730972 (Custom)
大浴場で紹介されてた
腸活発酵ドリンク「うふふのモト」
も気になりますが・・

P1730963 (Custom)
この時の気分は
さっぱりしたジュースを欲してたので・・

P1730964 (Custom)
ビワミンジュースを
炭酸割でいただきました

程良い酸味がさわやか

P1730966 (Custom)
着席時にスタッフさんが
すべての料理について丁寧に説明してくれます

お豆腐と有機野菜のサラダ

白いクリーム状の
豆乳バジルソースがおいしい

島豆腐のような
少し硬めのお豆腐。

P1730969 (Custom)
7種類の福神漬け

へー
福神漬けって
根菜なら大抵合うんですね。

市販品のように濃くないので
単体でもおいしい

P1730968 (Custom)
里芋のコロッケ

おそらくこれが
メインのような位置づけ。

P1730986 (Custom)
中にひき肉・・ではなく
そぼろに見立てた高野豆腐。

上品な赤ワインソースがかかってます。

米粉とおからで揚げてあり
里芋のもっちり感が引き立つわあ

コロッケ好きにはたまらない
(´ω`★) 

P1730970 (Custom)
焼き野菜は
茄子や甘唐辛子


パプリカのソースが良いお味

P1730981 (Custom)
クッキングシートの中は
4種類のキノコの蒸し焼

こちらは薄味なので・・

P1730983 (Custom)
たまり醤油やお塩などを
お好みで

P1730975 (Custom)
季節のご飯(栗)
酵素玄米
味噌汁


などはセルフで
好きなだけいただけます

P1730977 (Custom)
栗ごはん

おいしい~(´ω`★) 

大好物だし、うれしいわあ

P1730991 (Custom)
でも次にいただいた
酵素玄米のほうが
もっと美味しかった
(*゚Д゚*)



なんだこの
モチモチ・ぷちぷち感。。

自宅でも玄米は食べますが
それよりも食べやすいというか
噛めば噛むほどに旨味が広がる


皆さんおかわりされてて
お釜いっぱいあったのが
最後はなくなりそうになってました


酵素玄米って
炊いてから3~4日保温し続けたのを
いただくんですよね。

自宅で挑戦してみたいけど、
失敗しそうでこわい(;^ω^)

P1730988 (Custom)
人参や玉葱、椎茸などを
重ねて煮込んだお味噌汁

これもまた
深みがあって、しみじみうまい
( ・´ω`・ )


結局、栗ごはんを2杯、
酵素玄米を3杯(小盛ですが)
おかわりして
お腹もいいかんじに

P1730992 (Custom)
意外にたっぷり出るデザートは

月見団子に
裏ごし豆腐とココナッツクリームと小豆
自然な甘さの栗きんとん
和梨


ミニカップには足柄茶

P1730995 (Custom)
「今日は十六夜なので月見団子なんです
と言うので皿を見ると
ウサギがはねてる

しかし、豆腐とココナッツとはねえ・・
自分では絶対考えつけないなあ

どれも甘すぎず
とても美味しかったです


正直最初は

「え。これだけ??(゚ω゚;)」

と思ってしまったけど
食べ終えると
不思議な満足感が(´ω`★) 

とにかく酵素玄米の
美味しさに震えました


「着色料は使わないので
栗の甘露煮はクチナシで色付けしてるんですよ」

とか、細部まで考えて作られてて
感心するばかり

いつもよりも
ゆっくり噛んであじわい
毎日の食事の大切さを思い出せた気がします

FotoJet (4)
お布団はセルフで敷きます。

どこかの旅館で見かけた
「湯餅敷き」(左上)に挑戦したけど
キレイにできず、普通に敷いときました

枕は2WEYタイプ。

P1730957 (Custom)
夕食後はガラスの仮面の続刊を読み、
「マヤが携帯使うようになったのは知ってたけど
紫のバラの人がついにスマホ持ち始めた(;゚Д゚)」

と、時の流れを感じる。。

まあ、大手芸能プロ社長である
速水真澄のようなビジネスパーソンが
スマホ使わない方が変だもんね

それにしても
時代が変わるほどの長期連載なのに
絵柄がほとんど変わってないのが凄い
(数年でガラッと変わっちゃう人もいるので)

P1730947 (Custom)
後はごろごろしたり
漫画読んだり本読んだりする合間に
深夜までお風呂ざんまい


これぞ極楽だわあ~
(´ω`★) 



次回の朝食・感想編でラストですー


【湯河原リトリート ご縁の杜の基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗





リ・カーブ箱根 夕食 ③


夕食の時間は
チェックイン時に先着順で
決めていきます


我々が聞かれた時は
人が集中する18:00台は埋まっていて
17:15~
19:45~の2択
(;^ω^)

21-02-03-02-42-44-230_deco
あんまり遅くてもねえ、、
ってことで17:15スタートにしました


夕食は90分、朝食は50分制です

忙しいかな~と思ったけど
ビュッフェなので
自分のペースで食べてると
わりとちょうど良く終わる時間

P1570535 (Custom)
レストランは
それなりの広さですが
114室あるので
スタート時間を15分ずつずらして
重ならないよう調整してます


ホールを歩くスタッフさんの
人数が多く
お皿を下げてもらったり
飲物が来るのも早くて
接客に関してはノーストレス

P1570536 (Custom)
レストランは騒然としてたけど
比較的静かな
壁際の席に案内してもらいました

P1570539 (Custom)
単品のドリンクメニューもありますが
飲み放題があったので
2人とも注文。

男女で料金差があるところ、
最近は見かけなくなったけど
こちらは女性の方がお安い設定

1人だけというのは不可で
テーブル全員の注文になります。

飲む人、飲まない人が
混在してるグループだと
注文しにくいかも。

P1570564 (Custom)
ちなみにオレンジジュースと
冷たいお茶は
ビュッフェのドリンクコーナーにあります。

FotoJet (9)
林檎の白和え
アサリと茸のぬた
トウモロコシの茶碗蒸し
牛肉と蓮根のきんぴら
ラーメン


リ・カーブさんの
ビュッフェの特徴としては
小皿が多い印象

1皿の量が少なめなので
気軽にいろいろ食べられます

FotoJet
ピザやフライドポテト
シチューやサラダなど


FotoJet (11)
炒飯や麻婆豆腐、
鰤のつみれ汁など



公式サイトの説明通り
和洋折衷といった内容ですが

我々が好んでいただいたのは

・お寿司
・アスパラ1本揚げ
・蟹(これは連れのみ)
・スイーツ(これは主にワタシ)


です

P1570565 (Custom)
まずお寿司ね

これはライブコーナーがあって
寿司職人さん達が
お好みで握ってくれます

P1570566 (Custom)
けっこう種類も豊富

巻物も多く
お子様にも人気の様子でした。

P1570567 (Custom)
そして串揚げコーナーにある
リ・カーブさん名物の
アスパラ1本揚げ

長さ25㎝、直径2㎝の
立派なアスパラに
豚肉を巻いて豪快に揚げてあります

P1570599 (Custom)
ドシドシ揚げてるので
取りにいけば
だいたい揚げたてを渡してもらえます


これが

すっごく美味しかった
(*≧ω≦)


こんなに太いのに
スジなど皆無で
やわらかいアスパラ

何本でもいけそうでしたが
肉巻き&揚物はお腹にたまり・・

連れもワタシも3本が限界


アスパラが苦手でなければ
ぜひ食べてみてください~

P1570555 (Custom)
そしてビュッフェと言えばの
蟹さんね

ワタシは特に反応しないんですが
連れは蟹が大好物

P1570585 (Custom)
「ちょっと身が細いけど・・

と言いつつも
どっさり盛って
黙々と食べてました

FotoJet (12)
スパークリングや
ビールなど飲みつつ・・

ひたすら食べたい物を食べます

FotoJet (13)
そういえば
ステーキコーナーもあったけど
薄くて小さな切身なので
すぐ冷めてしまうのが残念

小鉢の白和えや
海老のフリットなどは
普通においしいです


一通り食べたところで・・

P1570563 (Custom)
ワタシはデザートを物色に

アイスがあるのね~

P1570586 (Custom)

P1570589 (Custom)
そしてひと際華やかな
スイーツコーナー


P1570593 (Custom)
予想してたより
種類が豊富でうれしい

FotoJet (14)
葡萄の乗ったミニパフェ、
ロールケーキや
クリームサンド、
杏仁豆腐など


なかなか美味しくて
満足(´ω`★) 



はなをりさんなど
最近のスタイルと比べると
オールドタイプのビュッフェかなあ
という感想でしたが

アスパラ1本揚げとか
一球入魂!な名物料理があるのは
好印象

やっぱり
「アレがまた食べたいな~」
と思える料理があると
リピート率も上がるのではないかしら


(※2021.2現在はビュッフェ以外にもお部屋で特製5段重弁当をいただける「おこもりプラン(1日10食限定)」なども販売されてるようです)



次回の朝食・感想編でラストですー


【リ・カーブ箱根の基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




箱根・強羅 佳ら久 夕食 ⑤


佳ら久さんの食事処は2つ

・メインダイニング『六つ喜』

・グリルレストラン『十邑』


今回は
グリルレストラン『十邑』で
お肉をメインにしたグリルコースをいただきます

通常はグリルの方が
少しお高めの設定のようですが
オープン記念プランで同額だったので
『十邑』を選択してみた。


楽しみですー(*´∀`)

116627
オープンキッチンの
カウンター席もありましたが・・

116574
スタート時間が遅い方だったので
既に埋まっており
2名用の個室に案内されました。

満席で結構騒がしかったから
良かったかもしれない

116575

116584
お品書き。

メインは
「くまもとあか牛のサーロインステーキ」

collage_photocat
ビールがグラスで1200円~
ワインのグラスが1500円~
ソフトドリンクも
アランミリアのジュースなどあって
ハイクラス旅館らしい品揃え

collage_photocat
ボトルワインにしようか
悩みましたが
色々楽しみたいので
ペアリングをお願いしました

collage_photocat
ペアリングコースB(5種)

シャンパンから始まり
お料理に合わせた白、
最後はどっしりした赤で終わります。
(最初に好みを聞いてくれた)

どれもナイスなセレクトで
美味しかったな~(*´∀`)


ペアリングで外す事なんて
ないと思ってましたが
佳ら久さんと同月に訪問した
某高級宿のペアリングが
稀にみるガッカリ感だったので
油断できないなあと思います

116588
アミューズは 栗のスープ

濃厚なポタージュ的なのを
想像してましたが
全然違った

116590
刻んだ栗や野菜の下に
卵を蒸したもの。

洋風茶碗蒸しのような感じ

116589
添えてあるのは
栗のフィナンシェ。

すごくもっちりしてる

スープと合わせていただいても
美味しいです

116591
前菜 5種盛り合わせ

collage_photocat
鴨のロースト ビーツのソース
葡萄・柿の白和え 白ワインゼリー
サーモンリエット じゃが芋クレープ


葡萄や柿の白和えは
秋らしくて良いですね~
ワインゼリーも爽やか

鴨とビーツのソースも
よく合います

collage_photocat
蝦夷アワビと茄子のカポナータ
生ハムと無花果 クレソンソース


アワビにはまったり濃厚な
雲丹のソース

生ハムと無花果は
鉄板の組み合わせですね

ワインがすすむわー

20201011_191527 (Custom)
菜園サラダ

ラディッシュやアンティーブ、
コリンキーなどに
自家製の諸味噌が添えてあります。

こちらはコースの最後まで置かれて
好きな野菜をおかわりできるので
合間にいくつかお願いしました。

自家製の味噌は甘めで
梅鰹?のような風味もあり
箸が止まらない

116601
温前菜は3つから選べます。

連れは 
名水赤鶏のもも肉 粒マスタード

弾力があって
味の濃いお肉だったそう

116600
ワタシが選んだ
自家製タリオーニ ボロネーズソース

手打ちなのかな?
完全なアルデンテで
しっかりもっちり。

ボロネーズソースが
すっごくおいしい(=゚ω゚)

これまたワインどろぼう

116604
次のお料理は・・・

20201011_193336_001 (Custom)
魚料理 いとよりのポワレ

稲取産のいとよりは
皮がパリパリ、身はふんわり

生姜とライムのきいた
爽やかなソースがめちゃくちゃ美味しい

これ好きだわ~(*´Д`)

パンが欲しくなる・・

116609
肉料理 
くまもとあか牛のサーロインステーキ

最近静かなブーム?のあか牛。

オープン記念で
サーロイン+フィレの
2種類を楽しめるそう
(通常はアップグレードメニュー)

116612
くまもとあか牛は脂肪が少なく
あっさりしていて
驚きの柔らかさ

いつもサーロインは
半分連れに食べてもらうのだけど
これは全く重たくないので
ペロリと完食

自家製ステーキ醤油もおいしい

添えてあるのは
安納芋とチーズ。

20201011_201030 (Custom)
桜海老と高菜漬けの焼きごはん

運ばれてきた瞬間に
桜海老の香りが漂います

しこたま入ってるので
桜海老好きにはたまらないと思う

collage_photocat
香の物は長芋と蕪
静岡青のりスープ


20201011_201008 (Custom)
ほうじ茶が出て、
ほっと一息

116617
しばらくすると
個室の前にワゴンが来て
デザートを盛りつけてくれます。

116620
かぼちゃのジェラート 柿のマリネ
アプリコットソース仕立て


シナモンの良い香り

116622
チュイールを崩して
すべてを混ぜながらいただきます

下のほうに
レーズンやカスタードも隠れてて
たまらん美味しさ(´ω`★) 

collage_photocat
食後は
連れはコーヒー、
ワタシはミルクティー。

20201011_213624 (Custom)
ボンボンショコラ

2重ケースの下に
中に入ってる食材をディスプレイ

食べるのがもったいないわ~
とか言いつつ
しっかりいただきます


いやー
大・満足((・´∀`・))


お肉はもちろん
いとよりのポワレのソースが
忘れ難い美味しさ



席を担当してくれた
女性スタッフさんは
新卒で採用されたそうですが
お料理の説明も気配りも素晴らしかった

コロナ禍でもオープンに向かって
一生懸命研修したんだろうなあと思います

すごく親しみやすい子だったので
食事が終わってからも
40分近く話し込んでしまったわ


今までいろんな宿に行ったけど
美味しくて、楽しくて・・
パーフェクトに近い夜だったなあ



メインダイニング『六つ喜』の方は
なんと河津の玉峰館さんの
前料理長さんが就任されてるようなので
再訪したらあちらにも行かねば(。・ω・)ノ゙



次回の朝食・感想編でラストですー


【箱根・強羅 佳ら久の基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2021年 3月号 [STAY HOTEL 癒やしの宿]
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Discover Japan2021年1月号「温泉と酒。」
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
Discover Japan 2021年2月号「最先端のホテルへ」
タグクラウド