うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

【長野の宿】夕食

酒井屋旅館 夕食 ③


お楽しみのお夕食は
18:30スタート

P1590838 (Custom)
1階にある個室の食事処に
案内されます

P1590807 (Custom)
お部屋もコタツも
暖められてて、快適


我々は普段はテーブルと椅子派ですが
たまにはこういうのも
親戚のお家に来たみたいで
良いですね(´ω`★) 


ドリンクメニューはなく、
お酒やソフトドリンクは
奥様に希望を伝えると
見繕ってくれます。

P1590808 (Custom)
軽すぎない赤で甘くないもの、
とお願いしたら
用意されたのがこちら

P1590810 (Custom)
アルプスワインのミュゼドゥヴァン
松本平ブラッククイーン

適度な渋味を感じる
どっしりしたフルボディ

料金を聞き忘れてて、
チェックアウトのお会計で
3000円だとわかりました。

気になる方は
注文時に予算も伝えると良いかもね

P1590812 (Custom)
湯葉餡かけ 山葵の花

お品書きはないので
料理名はテキトーです。

P1590821 (Custom)
これがまた・・
たっぷり過ぎるほどの湯葉が入ってて
絶妙の美味しい餡と共にいただくと
得も言われぬおいしさ(=゚ω゚)ノ

ワサビの花も食用なので
良いアクセントになってます


湯葉って大体ぽっちりしか出てこず
どこに入ったかわからん・・
ということが多いけど
酒井屋さんでは心ゆくまで堪能できますね~

P1590813 (Custom)
鯵のマリネ アスパラ

南蛮漬けのような感じですが
酸味のバランスがすばらしく
柔らかく仕上げた鯵もうまうま

添えてあるアスパラも
スジなど一切なく
パクパクいけます


お料理は出来上がり次第
運ばれてくるので
30分ほどで全てのお皿が並びます。

温かいものが冷めちゃうのが
少し気になりますが
お酒を飲みつつ
色んなお料理をつまみたい人には
良いと思う。

P1590815 (Custom)
大根 南瓜 筍の煮物

しっかりと出汁がしみてますが
濃すぎず、上品な味付け

南瓜の飾り切りもウツクシイ

P1590819 (Custom)
海老 茸 三つ葉 
栗のお吸い物


これまた、たっぷり

三つ葉の良い香り(´ω`★) 

肉厚の海老や
意表をついた栗がおいしい

胃袋に
お出汁がしみわたります

P1590822 (Custom)
P1590824 (Custom)
お造りは
鯛 鮪 海老

どれも鮮度が良くて美味しい


海が近かろうが遠かろうが
お刺身の美味しさは結局
仕入れルートと目利き次第だなーと
最近よく思う

P1590820 (Custom)
ホタルイカの酢の物

中にもずくとナマコ?
が入ってます。

連れは酢の物が
あまり得意じゃないのだけど
これは酸味がきつくなかったようで
「おいしいおいしいと食べてた

P1590827 (Custom)
蕗味噌と牡蠣のグラタン

これ、我々のお気に入り

濃厚なホワイトソースと牡蠣に
蕗の薹のかすかな苦味がマッチしてて
おいしかったー(*´∀`)

ワインがすすむわあ

P1590825 (Custom)
途中で奥様にお水とお願いしたら

「松本市水道局のお水で良かったら

だって

いちいち面白い奥様


なんでも少し前に
どうしても中目黒にオープンした
コンセプチュアルなスタバに行ってみたくて
ここ(スターバックスリザーブ、出来た時話題になってましたね)
お休みを取って出かけてきたそう。


「どうでした?

奥様「混んでてびっくり!」
「でも店内が洒落てて素敵だった~
「3階ではお酒も飲めるの


と目をキラキラさせて
話してくれた


たぶん我々の両親と同じか
少し上ぐらいのご年齢かと思うけど
新しい物に興味を持って
どんどん出かけていく行動力がすごいなあ

ワタシが同じぐらいの歳になったら
こんなに好奇心を持っていられるかしら

P1590828 (Custom)
ここまで
お肉の料理がなかったけど
最後に1品だけ

P1590831 (Custom)
玉葱の肉巻き天ぷら

食べやすいように
カットされてます。

うっすら塩が振ってあって
何もつけずとも美味しい

そして、ボリューミー

FotoJet (14)
頃合いをみて
お櫃のご飯と
味噌汁や漬物を用意してくれますが

けっこう、満腹(・∀・;)


連れは普通に1杯食べたけど
ワタシは茶碗半分がやっと


デザートないのが
個人的にはさびしいけど

お料理はどれもおいしくて
満足(*´∀`)



見た目は素朴な
家庭料理なんだけど
味わってみると
紛れもない「プロの味」なんでした



次回の朝食・感想編で
ラストですー


酒井屋旅館
(基本情報・口コミ・予約)
楽天トラベル
じゃらん

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




奥天竜不動温泉 佐和屋 夕食 ③


夕食をいただく食事処は
・個室のテーブル席
・大広間の囲炉裏席

とあって

宿におまかせのプランでしたが

P1590612 (Custom)
我々の希望だった
テーブル席の方に案内されて
良かったです

おそらくこの日は
ゲストが3組だけだったので
全員個室になったのだと思う。

P1590613 (Custom)
最初のセッティング。

21-02-19-17-05-39-640_deco
お品書き。

P1590618 (Custom)
ようぞめ酒

って初めていただくわあ

ガマズミ酒?とも言うらしく
ザクロのような赤い実を漬けた
甘酸っぱい果実酒。

P1590619 (Custom)
小鉢 おこぎ白和え

「おこぎ」は
長野県南部特有の呼び方の山菜だそうで
栄養価が高いのだそう

歯触りがキュッとして
かすかに苦味がありますが
白和えでまろやかに

FotoJet (5)
ドリンクメニュー。

種類豊富ではないけど
ビール、ワイン、焼酎、洋酒まで
一通り用意があります

P1590622 (Custom)
五一ワインの赤をフルボトルで
4000円ちょい

ライトな辛口。

P1590626 (Custom)
お造り
信州サーモン 川河豚


川河豚というのは
ナマズの一種らしく
非常に淡泊で食べやすい

サーモンは程よく脂がのって
安定の美味しさ

P1590621 (Custom)
着席した時から
目の前にあるので気になるお肉
(*´艸`*)

キレイなピンクですね~

P1590628 (Custom)
『千代幻豚』のしゃぶしゃぶ

日本で唯一、岡本養豚さん
でのみ生産しているマボロシの豚

信州自慢のブランド豚だけあって
上品な脂とやわらかい肉質が最高
(*≧ω≦)

うまいーー


鍋の中に入っていたお豆腐が
絹と木綿の中間?のような
不思議な食感だったのも
印象に残りました

しゃぶしゃぶは
柚子胡椒とポン酢で。

P1590631 (Custom)
山女魚の塩焼き

焼き立てが登場

小ぶりですが
骨ごといける絶妙な焼き加減で
身がふわふわ

FotoJet (6)
ピリ辛のクラゲ
椎茸の練り物


どちらもワインのアテに

P1590640 (Custom)
海老彩揚げ 
リンゴ 山独活 蕗の薹
桜塩


P1590638 (Custom)
天ぷらと同時に
何故かお釜に火が入り・・

P1590624 (Custom)
お品書きになかった
『生蕎麦』が運ばれてきます


自家製の
手打ち蕎麦なのだって

P1590644 (Custom)
蕎麦好きのワタシ、歓喜
(=゚ω゚)ノ


釜揚げ蕎麦、うれしい~

天ぷらと一緒にいただく趣向です。

P1590646 (Custom)
ゆで過ぎないうちに
アツアツのをつるっと
(* ´ ▽ ` *)


あ~~
うまい~( ;∀;) 


天ぷらの存在を忘れて
夢中で食べきってしまう

茹でたあとの蕎麦湯が
これまた濃厚でうまい

P1590636 (Custom)
蒸し物
信田巻き菊花あんかけ


信田巻きは
鶏のひき肉を油揚げで巻いたもの。

やさしい出汁餡で
ほっこり

P1590634 (Custom)
ここで、女将が登場

高級そうな和服のお召し物と
ばっちりメイクで
「ただ者でないオーラ」が出まくり
(どちらかというと「女将」というより高級クラブの大ママというイメージでしたが)


館内全てのお花を手掛けるセンスや
敷紙にしたためた達筆から察するに
相当の実力の持ち主と見た(・ω・ )

 ご挨拶も物腰も
洗練されてて
少々気圧されてしまう我々


女将が去ったあとに仲居さんが
「うちの女将はお花を絶対他の人に触らせないんです」
「すごい美意識ですよね~

と仰ってたので
完璧主義なのでしょうねえ。。


築年数のわりに
館内がキレイに保たれてるのも
才気煥発な女将の采配あってこそ、かな

P1590650 (Custom)
ゆかりご飯 
香の物 お吸い物


ご飯は少しやわらかめに
炊いてあります。

お吸い物は
筍真丈・三つ葉・桜麩。

P1590654 (Custom)
抹茶アイスクリーム
イチゴと抹茶蕨餅



地元の食材をたくさん使った会席は
初めて食べる物ばかりで
楽しめたわあ


そして、手打ち蕎麦が
美味しかったな~

もう2~3枚食べたいぐらい

P1590657 (Custom)
食事を終えて
廊下に出ると
またしても豪華な盛花

しげしげと見てしまう・・

P1590661 (Custom)
お部屋に戻ると
お布団が敷かれてます。

敷布団だけだと
起きた時少し背中が痛かったから
マットレスもあると良いな~

P1590662 (Custom)
あ(*´∀`)
テーブルの上に何かある

P1590665 (Custom)

P1590663 (Custom)
お夜食は
五平餅のような
甘いお団子

連れは早々に寝ちゃったので
2本ともワタシがいただきました

これも美味しかった~(´ω`★) 



次回の朝食・感想編でラストですー


奥天竜 不動温泉 佐和屋
(基本情報・口コミ・予約)
楽天トラベル
じゃらん
JTB

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




ハーブの宿 檪(kunugi) 夕食 ③


夕食はレストランで
18:30から一斉にスタートします

P1580502 (Custom)
レストランの入口。

P1580504 (Custom)
ワインセラー。

これは多分ディスプレイ用で
実際に食事の時に出すものは
温度管理された冷蔵ケースに
保管されてるのではないかな

P1580578 (Custom)
この日は
夕食付プランのゲストが
我々を入れて3組ほどだったので
落ち着いた雰囲気でいただけました

P1580606 (Custom)
ペレットストーブ。

館内はどこも暖かく
冬季の暖房費(1名350円ほど)を
支払う価値が十分ありました

21-01-15-13-29-33-371_deco
夕食メニュー

アジアンフレンチの創作料理

すっごくたのしみ

P1580574 (Custom)
帆立貝・スモークサーモンのタルタル仕立て

うまー(=゚ω゚)

ケッパーと
赤い粒胡椒がきいてます

もちろんサーモンや
帆立の食感もしっかり感じられる

FotoJet (1)
ドリンクメニュー。

中ジョッキが650円
グラスワインが850円~

『食前酒/白/赤/食後酒』
のペアリングが
2000円・3000円の2コースあって
なかなかお得に楽しめそう

P1580568 (Custom)
我々は
スパークリングのボトルを相談したら
オーナーがざっと好みを聞いて
奥から数本持ってきてくれました。


ふむー(・ω・ ) 

いつも選びそうなのは
左の2本だけど・・・

P1580577 (Custom)
"瓶内二次発酵"に惹かれて
めずらしくシードルをチョイス
(桔梗が原)

無濾過らしく白濁していて
鼻に抜ける林檎と酵母の香り

度数はワインより低めなので
大変飲みやすいです

たしか、4600円ぐらい。

P1580580 (Custom)
安納芋のクリームスープ

P1580584 (Custom)
かなり濃厚で
もったりしてます

スープというよりは
ムース?のような

おいしい・・・(*≧ω≦)

P1580599 (Custom)
パン又は十六穀米を
ということで
ワタシはパンを

皮はパリッと
中はふわふわのバケット

P1580582 (Custom)
空の小皿に見えますが・・
オリーブオイルが入ってたので
ちょこちょこつけつつ。。

P1580586 (Custom)
連れは十六穀米を

なんとなく
お米が縦長っぽいので
海外米なのかしら?

でもパサついた感じは一切なく
もちもちして美味しかったそう

P1580590 (Custom)
鰤のポワレ
~ココナッツカレーソース~


脂がのったブリに
スパイシーなカレーソースが合います


"アジアンフレンチ"といっても
パクチーのような
強い香草は使われておらず
誰でも食べやすい味つけなのね


P1580592 (Custom)
信州福味鶏もも肉のグリエ
~茸のソース~


P1580596 (Custom)
肉厚の鶏肉は
皮の部分はパリパリに焼かれ、
お肉はジューシー(*≧ω≦)

食べ応えがあるので
ワタシには十分でしたが
連れは「もっと大きい塊でもいい


茸のソースは甘辛く
シードルがすすみます

P1580602 (Custom)
自家製デザート盛り合わせ
カスタードプディング
林檎とキャラメルのチーズケーキ
柚子シャーベット



・・・どれも絶品ですが
濃厚なプディングと
意外にあっさりなチーズケーキが
すばらしかった(=゚ω゚)ノ

有料でもいいから
おかわり制度が欲しいです。。

P1580603 (Custom)

P1580604 (Custom)
食後は
ステキなティーカップで
ローズヒップティーと
コーヒーをいただいて

大・満足((・´∀`・))


どれも美味しかったな~


健啖な方や
一日ゲレンデで楽しんだ後だと
少しボリュームが足りないのでは?
と思うけど
(だから夕食無しの人が多いのか?)

お料理を目当てに
リピートされる方がいるのも
わかります~(・´ω`・)



次回の朝食・感想編でラストです



ハーブの宿 檪(kunugi)
(基本情報・口コミ・予約)
楽天トラベル
じゃらん

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




オーベルジュ 銀のテラス 夕食 ②


夕食は18:30からとのこと

時間になったらレストランに行きます

P1580021 (Custom)

P1580024 (Custom)
オープン席もありますが、、

P1580025 (Custom)
この日は我々1組のみだったからか
個室に案内してくれました


プライベート感があって良いのだけど
店内はBGMがなく無音。。

せっかく良い雰囲気なので
何か音楽があるといいのに。

P1580033 (Custom)
メニューはチェックイン時に
口頭で伺ってますが

運ばれてくる際に
再度細かく説明してくれます

P1580030 (Custom)

P1580031 (Custom)
ドリンクメニュー。

ボトルワインが3~4000円前後、
グラスワインが680円と
頼みやすい料金設定

P1580035 (Custom)
この頃、連れがシラーにはまってたので
ジャンクロードマスのシラーを

完熟シラー種100%で
濃密。。

P1580037 (Custom)

P1580038 (Custom)
最初の一皿は
牡蠣の香草パン粉焼き


緑なのはほうれん草の色。

中に小粒の牡蠣が入ってます。

ガーリックがきいてて
ワインのアテにぴったり

底のほうに
刻んだ胡桃を入れてるので
食感が良いですー(´ω`★) 

P1580042 (Custom)
"ピンクレディー"のグラタン

地元産"ピンクレディー"という品種の
林檎のグラタン

添えてあるのは
鯛やホタルイカのスモークカルパッチョ
アスパラなどのお野菜。

P1580046 (Custom)
上のチーズをめくると
中に帆立がごろごろ

甘酸っぱい林檎と
よく合いますー

P1580044 (Custom)
P1580045 (Custom)
バゲットとバター

バゲットは軽くあたためてあります。

P1580049 (Custom)
蕗の薹のスープ

これ!ワタシの一番のヒット
(*≧ω≦)


ひとくち目は
ほのかに蕗の薹が香る感じでしたが
食べすすむうちに
あの野生の苦味が広がって
なんとも複雑なあじわい・・

すごくクリーミーなのに
しっかり蕗の薹を感じさせるスープ、
すばらしかった((・´∀`・))

パンでぬぐって
1滴残さずいただきました

P1580051 (Custom)
鰆のポワレ

下にラタトゥイユ。

皮はパリパリ、身はふんわりの
ナイスな焼き加減

おいしい(´ω`★) 

P1580053 (Custom)
バゲットおかわり。

P1580057 (Custom)
吟醸豚のロースト
ハニーマスタードソース


酒粕を混ぜた飼料で育てた
吟醸豚ちゃんは
脂の融点が低く
やわらかい肉質

まったく重たさを感じず
パクパクいただけます


ご主人や奥様が
たびたび配膳ペースを聞いてくれるので
お酒を飲む我々も急かされず
ゆっくり食べられたわあ

P1580059 (Custom)
林檎のプリン
ガトーショコラ


牛乳たっぷりの林檎プリンは
控えめな甘さ

そしてバニラアイス、苺に
濃厚なガトーショコラは
鉄板の組み合わせ

collage_photocat
食後に
連れはコーヒー
ワタシは紅茶を
小菓子のマカロンと共に


おいしかったなー(*´∀`)


地元の食材がたくさん使われてて
どれも一工夫あります。

シェフの長年の経験が生かされて
地に足のついたお料理
という印象でした

P1580066 (Custom)
レストランから見える
松本市街の夜景

実際はもっと綺麗なので
訪問される方はぜひ
窓際の席をリクエストしてみてください~


次回の朝食・感想編でラストですー


オーベルジュ 銀のテラス
(基本情報・口コミ・予約)
じゃらん
グーグルレビュー・マップ

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




オーベルジュ ビストロ・フィガロ 夕食 ③


夕食は18:00頃から
レストランでいただきます

P1470154 (Custom)
P1470157 (Custom)
P1470159 (Custom)
レストランの一角に
ライブキッチンあり。

後でご主人が
ステーキを焼きます

レストランのBGMはクラシック

他の席の会話が
耳に入りますが
我々を入れて3組なので
それほど気にならず。

P1470161 (Custom)
中央壁側の席へ

collage_photocat
ドリンクメニューはワイン中心で
フルボトルで2000円台~と
リーズナブル

リストのほか
希望すれば年代物の高級ワインも
提供できるようです。

ワタシ達は
4000円ぐらいのスパークリングを

collage_photocat
パンは温かい状態のうちに
バターを塗っておきました。

いたって普通のバケットですが
どのお料理にも合うわ

P1470176 (Custom)
自家製スモークサーモンと田舎風パテ

玉ねぎはしっかり水にさらしてあるのか
一切辛味なし。

スモークサーモンとケッパーも
おいしいです

田舎風パテのほうが
コンビーフのような感じで
サイコロに切ったコンソメゼリーと共に

P1470181 (Custom)
天使の海老のアメリケーヌソース
バターライス添え

P1470182 (Custom)
おいしそう(=゚ω゚)

これが我々の中で一番ヒット

立派な海老ちゃんも美味しいですが
ソースが絶品

バケットをおかわりして
最後の1滴まで
あまさずいただきました

P1470183 (Custom)
お茶碗半分ぐらいの
バターライスもあるので
なかなかボリューミー

メインの前に
満腹になりそうです(;^ω^)

P1470184 (Custom)
ドレッシングがかかったサラダ

チェックイン時は
暗い表情だった奥様も
夕食の間は笑顔や気配りがあって
ホッとしました

(翌朝はまた翳りのあるかんじに
戻ってたけど

P1470186 (Custom)
ライブキッチンでは
ご主人がステーキに着手してました。

「これから焼きますよ~」
とかのお知らせはなく
淡々と焼き始めてたので
あわてて見に行った

せっかくライブキッチンがあるので
もうちょっとパフォーマンス的なことを
すればいいのに。。

P1470188 (Custom)
先に温野菜と
ベイクドポテトが
運ばれてきます。
(ふたりぶん)

P1470189 (Custom)
そして焼き上がった
ヒレステーキ

P1470193 (Custom)
盛りつけて、出来上がり

おいしそうに見えますでしょ?


でもね、、

予想よりウェルダンというか
しっかり焼かれちゃってて
硬いかんじ(;^ω^)

連れ「うーん、、顎が疲れる
「ステーキは昨日のハイジさんに軍配かな」



・・・そうね


P1470194 (Custom)
連れもワタシも
バケットをお代わりしてたので
ベイクドポテトがずっしりくるわ

フィガロさん、
皿数はすくないですが
一皿のボリュームが多め。

健啖な方でも満腹になると思います。

P1470195 (Custom)
ご主人がデザートワゴンで
各席をまわってくれます

何も言わなければ
すべて盛り合わせてくれるみたい

ケーキはアップルパイのみですが
自慢の一品のよう

こうして目の前で盛りつけてくれると
特別感があって良いですね(´ω`★) 

P1470198 (Custom)
アップルパイ
マンゴーシャーベット
パンナコッタ 葡萄

サクサクのアップルパイ
美味しかった


ご主人に
海老のアメリケーヌソースが
絶品だったと伝えたら
穏やかに微笑まれてました

ご夫婦ともに
控えめなタイプなようです。

P1470201 (Custom)
食後のコーヒー・紅茶


『オーベルジュ』と思ってくると
ちょっと印象が違うとおもいます。

でもペンションのお料理としては
良い方なのだと思う

ボリュームたっぷりの
家庭的なフレンチがいただけました


お部屋は夜になっても
多湿でじっとり。。

快適とは言い難い夜でしたが
2人とも何とか眠りにつきました



次回の朝食・感想編でラストですー


【オーベルジュ ビストロ・フィガロの基本情報・予約】



──────────────────────






ステキ温泉ブログがたくさん♪



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


──────────────────────
記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2021年 3月号 [STAY HOTEL 癒やしの宿]
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Discover Japan2021年1月号「温泉と酒。」
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
Discover Japan 2021年2月号「最先端のホテルへ」
タグクラウド