うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

伊豆・箱根を中心に『ステキ』と思える旅館やホテルを訪問した記録です。宿選びのヒントになれば幸いです。 ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止  当サイトはプロモーションを含みます。                                                                                      

オーベルジュの夕食

オーベルジュ 波太オルビス 夕食 ②


夕食は18:00か18:30の二択。

ワタシ達は遅い方でお願いしました

FotoJet (40)
我々ともう1組は2名利用で
端の席は女性のおひとりさま。

アットホームな宿だし
ひとりオーベルジュを楽しむのも
良いですね~(・´ω`・)

FotoJet (39)
対面でなく角×角に座るので
会話しやすいです

レストランはサンダル・短パンNGですが
カジュアルな服で全然OKな雰囲気。

さあ食べるぞ~
((・´∀`・))


FotoJet (42)
力作の手書きメニュー

躍動感あるお品書き、
見てるだけでわくわくするわあ(*´∀`)


ホテルニューオータニなどで修行された
息子さんフレンチ
 ×
和食を極めたお父様のお寿司


こういうコラボメコースは初めて

FotoJet (44)
和食とフレンチをいただくので
お箸とカトラリー両方用意されてます。

FotoJet (45)
まずはアミューズ
黒ラッパ茸のブルーテ
木の子のソテーと共に


もったりしたペーストが
めっちゃ濃厚で
茸そのままを食べてるよう・・

黒ラッパ茸は
松茸と同じくらい貴重なのだそう。

バゲットほしくなるなあ

FotoJet (41)
ドリンクメニュー

ワインに重点を置いてるようで
我々にはうれしいかぎり

フルボトル3000円台~と
気軽に注文できます

FotoJet (46)
ピエモンテ・コルテーゼ 3500円
爽やかな柑橘が感じられる
フレッシュでクリアな白

和洋折衷料理にぴったりでした



FotoJet (47)
洋前菜
彩野菜のテリーヌ
~赤酢のジュレとビーツソース~


うわ・・
キレイー(*≧ω≦)


P1760946 (Custom)
オクラ・人参・さつま芋・南瓜など
旬の野菜がぎっしり詰まったテリーヌ

赤酢ジュレと
ビーツのソースで
繊細なあじわいに

P1760949 (Custom)
スープ
根菜のポタージュ オルビス風


南瓜や人参の甘みかな?
ざらつきが一切なく
超クリーミーで量もたっぷり

あああ、パンが欲しくなるけど
お寿司が控えてるのよねー

P1760951 (Custom)
「次はこれだよー

はっΣ(・ω・ノ)ノ!

お父様登場!

船盛に出す獲れたて伊勢海老ちゃんを
見せてくれます

まだ動いてるー

FotoJet (43)
ほどなくしてやってきた
大将厳選の船盛り「うひひ丸」
(🚩にゲストの名前を入れてくれます)

FotoJet (48)
アジ イワシ カンパチ

鮮度抜群(*≧ω≦)

漁港の店の味だわー
美味しいお刺身、久しぶり


FotoJet (49)
そしてさっきの伊勢海老ちゃん

これがもう・・
ぷりっぷりであまくて
感涙のおいしさ( ;∀;) 


こういうの食べてしまうと
他でいただけなくなりそう

FotoJet (50)
肉料理は
ふたたび息子さんシェフのフレンチ。

シェフが惚れ込んだ
鴨川高梨牧場A5黒毛かずさ牛のロースト
赤ワインソース


FotoJet (51)
脂肪の少ないかずさ牛は
シンタマという足の付け根部分を使い
霜降りでもあっさりいただけます

赤ワインソースの他に
京都の黒七味や
硫黄の香りの岩塩で変化をつけながら

添えてあるじゃが芋のグラタンは
ホワイトソースと層になってて
これまた激ウマ


船盛のあとにこのお肉、、
しあわせすぎない?



P1760964 (Custom)
お肉を満喫すると
お醤油と小皿が用意されて、、


B0g7GmobpVY5v6O1707033077_1707033097
いよいよメインイベント!
大将のターンです


目の前でライブ握り!
(*≧ω≦)
ぜいたく~



大将は15才でこの道に入り
寿司店や民宿などで研鑽を積み
究極のお寿司を極めたお方

テキパキした手際もすごいけど
おしゃべりの方も得意なようで
威勢のいいマシンガントークが止まらない!
( ̄m ̄〃)


たまに昭和ギャグも飛ばすけど
抱腹絶倒😂😂

笑いすぎて食べられないかと思った💦


FotoJet (52)
大将入魂のおたのしみ握り

地魚2品

FotoJet (53)
マグロ 鰯 玉子焼き

どれも美味しいけど
鰯に感動


その日の魚の状態によって
下処理を変えるそうで
今日は少し酢で〆てあるのだって。

熟練のワザだわね(・ω・)


FotoJet (54)
デザートは2つから選べたので
それぞれいただいてシェアすることに。

連れはタルトタタン

岩手産のふじりんごを
甘さ控えめに煮込んであります

FotoJet (68)
ワタシはガトーショコラ

なんと小麦粉不使用!
超濃厚で上質なショコラは
なめらか、口の中で溶ける・・


FotoJet (69)
食後のコーヒーと紅茶


コラボコース、すごかった


和洋が入り乱れると
舌が混乱するかと思いきや
フレンチ・お寿司どちらも好きなら
まったく違和感ないと思います

どちらのお料理も
クオリティ高いんだもの(´ω`★) 



個人的には絶品お寿司のあとに
手の込んだデザートをいただけるのが
至福でした



お料理はゲストの要望によって
カスタマイズ可能。

以前3連泊した人は

①泊目 和食コース
②泊目 フレンチコース
③泊目 お寿司懐石


にしたのだって

そういうのも良いですねえ(=゚ω゚)


FotoJet (70)
満腹でしばらくベッドに撃沈


夜はシャワージェルを使った
泡風呂を堪能しつつ
ぐっすり休みました


次回の朝食・感想編でラストですー


【オーベルジュ 波太オルビスの基本情報・予約】

━━━━━━━━━━━━
*Instagram*
Instagram_Glyph_Gradient




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗



オーベルジュ ル・タン 夕食 ③


さてメインイベント
ディナーのお時間です((・´∀`・))

P1740961 (Custom)
オーベルジュでの服装って
いつも迷うのだけど・・
多少ドレスアップした方が
気分があがって良いですね

もちろん
お腹まわりは楽なやつで
(ワタシは大抵ワンピース)

FotoJet (79)
広いレストランには
ピアノソロのBGM

おひとりさまのワタシに配慮して
静かな席に案内してくれました

FotoJet (78)
クッションがお疲れ気味で
座面がぺちゃっとしてるけど
凝った装飾の椅子。

白鳥の首が
くにょーんとなってる

FotoJet (69)
ディナーメニュー

わくわく(*'ω'*)

FotoJet (68)
最初のセッティング。

ナプキンを取ると
サービスプレートが
素早く下げられます。


特にテーブル担当はなく
3人のスタッフさんが適宜
運んでくれるんですが

一番年長のスタッフさんが独特で
料理を置いたり下げたりする時に

「はいはい、ごめんなさいね~」
「ちょっと失礼しますね~」
「こちら、もうよろしいですね~」

(声大きめ&早口&返事は求めてない)

と、やや威圧感のある対応


他の方は皆さん丁寧で
説明なども細やかにしてくれました

FotoJet (70)
今回は連れがいないので
ワインリストは見てません。

辛口のジンジャーエールを
いただきました(600円)

ドリンクは
消費税+サービス料10%が加算されます。

詳しくは鴨ミールさんがブログ
書いてくれてますが
アルコールはややお高めな印象。

FotoJet (71)
本日のアミューズ

FotoJet (72)
鰆のポワレ 茄子のペースト
自家菜園の野菜


鰆も美味しいですが
ペースト状にした茄子が面白い

ほんのりカレー風味で
添えてある薄いパンとよく合います

FotoJet (74)
ライムギパン
古代米のパン


手でもてないぐらい
アツアツ

古代米パンは香草が強めなので
好みがわかれるかもですが
ワタシは好きでした

FotoJet (75)
富士山サーモンの自家製燻製
そば粉のブリニー添え


FotoJet (77)
ミルフィーユ仕立ての
そば粉ガレットに
サーモンの燻製やカマスが
しなだれかかってます

ル・タンさんの看板メニューね
(*´∀`)

それぞれ食べても美味しいですが
ガレットとお魚に
レモンクリームソースをのせて
三味一体にすると
美味しさ倍増(*≧ω≦)

これ好きだわ~


FotoJet (76)
野菜のゼリー寄せも
ウツクシイ

P1740930 (Custom)
土屋さんの畑で採れた
大根のポタージュ


白い泡と二層になってます。

P1740932 (Custom)
中にはじゃが芋のフラン。

ムースのような
なめらかな舌触り

濃厚かと思いきや
あっさりしたスープでした

FotoJet (73)
ここで少し時間があいたので
周囲の装飾を鑑賞

ガラスのペンダントライトが
かわいすぎる

アンティークかしら?

FotoJet (80)
川奈港で揚がった
鱗付アマダイのポワレ


FotoJet (81)
わかりますでしょうか?

繊細な鱗が
綺麗に並んでます

口に入れると
サクサク小気味良い食感

FotoJet (82)
フレッシュトマトや
のらぼう菜のソースで
変化をつけつつ・・

ペロリと完食

添えてある野菜のソテーも
美味しかったです

FotoJet (83)
伊東市内で採れた
梅のグラニテ


見た目が地味ですが
(もう少し見栄えのするグラスとかなかったのかしら)
甘酸っぱくておいしい

FotoJet (84)
伊豆で捕れた鹿のポワレ
ポワヴラードソース


FotoJet (85)
しっかりした弾力の鹿ちゃん

下にハヤトウリと
林檎のキャラメリゼ。

鹿肉と林檎が合うとのことで
一緒に食べてみたけど
苺ジャムまで乗ってるので
激甘・・

そういうお料理なのかな?

赤ワインのソースや
お野菜はとてもおいしい

FotoJet (87)
ボリューム少な目と感じて
終盤になってからパンをおかわり。
(魚料理の時には食べ終わってたからおかわり聞いてほしかったな

FotoJet (86)
チーズの盛合せ

これはうれしい(*´∀`)

ブルー、カマンベール、
オリジナルスモーク
どれも美味

連れがいれば
ワインと合わせる所だけど
今日はパンと一緒に
モリモリいただきました

FotoJet (88)
ミルクプリン

見た目シンプルだけど
カンパリ?か何かの
苦味と甘味がある
複雑なお味

FotoJet (89)
パティシエ特製デザート

あら綺麗
(*'ω'*)

FotoJet (90)
グラスには
液体状のソルベ。

バニラヨーグルトアイス。
(これが激うま!

やまもものゼリー。

FotoJet (91)
3種のチョコレートケーキ。

6時間かけて焼いた
チーズケーキ。

どちらも濃厚ながら
甘さ控えめで大人のお味

FotoJet (92)
プチフール

ココナッツ入りメレンゲや
マドレーヌ、クッキー

そして苦味を残した
グレープフルーツゼリー

P1740958 (Custom)
食後はミルクティーをお願いして
ごちそうさまでした
(´ω`★) 


2時間ぐらいかかったけど
写真撮ったり
メモったりしてたので
退屈せずお料理を堪能



シェフこだわりの
野菜の美味しさが際立つフレンチでした

サーモンとそば粉ガレットの
ミルフィーユが一番印象に残ったなー
(´ω`★) 

ボリュームは多くないので
小食の人でも大丈夫そう



次回の朝食・感想編でラストですー


【オーベルジュ ル・タンの基本情報・予約】

━━━━━━━━━━━━




〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
Instagram_Glyph_Gradient

オーベルジュ・ドゥ ラ・メイジュ 朝食・感想 ③

夕食②
お部屋①

──────────────────────

朝食は8:00から
昨夜と同じ席でいただきました

P1640083 (Custom)
最初のセッティング。

P1640084 (Custom)
人参ミックスジュースと牛乳

スッキリとして
飲みやすい人参ジュース

P1640087 (Custom)
ホイップバターと
自家製ルバーブジャム


わーい(*´∀`*)
一番食べてみたかったジャムです
おいしそう


P1640091 (Custom)
メインのプレート

P1640092 (Custom)
南瓜のシチュー

具沢山でとてもおいしい

P1640093 (Custom)
みずみずしい高原野菜に
自家製フレンチドレッシング


夕食の時も感じたけど
シェフこだわりの野菜が本当においしい

P1640094 (Custom)
ソーセージとマスタード

P1640098 (Custom)
レーズンパンとトースト

パンは焼きたてのアツアツを
持ってきてくれて
おかわりできます

P1640099 (Custom)
すんごい厚切り


カリカリ、もっちりなトーストに
ルバーブジャムをたっぷりのせて・・

うまーい(*´艸`*)
(ジャムは帰りに購入)


レーズンパンとトーストを
1切れずつおかわりして
連れとシェアしていただきました。

P1640088 (Custom)
まったりコクのあるヨーグルト

これも自家製だったのかな?

美味しかったですー

FotoJet (2)
食後に
連れはコーヒー
ワタシは紅茶

牛乳のおかわりをもらって
ミルクティーに


夕朝食ともに
ボリュームは多くないと思います。

特に朝が軽いので
プラスでオムレツなどあっても良いかもね


でも期待を裏切らない
美味しいオーベルジュでした
(´ω`★) 



・チェックイン15:00/アウト10:00
・2日間限定*特別ディナーコース(現金特価)
ツインルームA(車山側)
15120円×2名=30240円
・「車山高原」バス停まで送迎あり
・小学生未満の利用は不可
・現地でのクレジットカード決済不可

今回は天候に恵まれず
ナイスな眺望がのぞめなかったのが残念


しかし、経年のわりに
館内や客室の手入れが良く
スタッフさんの接客も好印象


夕食でいただいた
自家製ハムの王冠は
忘れ難いお料理になりました
(*´∀`)

P1640103 (Custom)
帰る頃になって
スキーロッカーがあるのを発見。

冬はスキーのお客さんも
いらっしゃるのでしょうねえ


車山高原は温泉地ではなさそうだけど
近隣に「白樺温泉 すずらんの湯」
があるので温泉を求める方は
そちらに行きつつ
美食を楽しまれても良いかと

P1640104 (Custom)
名残惜しくというか
10時アウトなので慌ただしくというか
支度をして帰路へ


次回は帰りに立ち寄った
2軒のパン屋さんのことを書きますー


【オーベルジュ・ドゥ ラ・メイジュの基本情報・予約】


■帰りに立ち寄った場所


──────────────────────



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)





オーベルジュ・ドゥ ラ・メイジュ 夕食 ②


夕食は18:30から一斉にスタート

FotoJet (3)

FotoJet (2)
レストランは
右奥が全面鏡張りなので
奥行があるように見せる上手い造り

まあ、8室にしては十分な空間だし
大人だけなので騒々しさは皆無。


椅子はキャスター付きで
引きずる音がせず
程良きボリュームでクラシックが流れてます


ドレスコードは特に何も言われず
短パン・サンダルを避けるぐらいで
大丈夫だと思います

FotoJet (4)
ディナーメニュー。

P1640030 (Custom)
アペリティフは
ブランケット・ド・リムー
(辛口のスパークリングワイン)

ソフトドリンクに変更可だそうで
ワタシは自家製のジンジャーエールを

22-01-18-17-31-58-648_deco
お互いの写真をほぼ撮らない我々ですが
珍しく連れが撮影した一枚。

自家製ジンジャーエールが
好みに合ったようで
満面の笑みだったらしい

すりおろし生姜が感じられて
確かにおいしかったのよねー
( ・´ω`・ )

P1640035 (Custom)
カマスとイサキのフリット

複雑な模様のお皿は
中央がやや盛り上がった形状。

P1640037 (Custom)
アツアツのフリットは
外はカリカリ、中はふわふわ

淡泊な白身魚なので
好みでお塩を少し。


とてもおいしい(*´∀`)

FotoJet (5)
続いて
シェーカーで供される
トウモロコシの冷製スープ

原村産の甘いとうもろこしで作る
このスープは口コミによると
「出会えたらラッキー
なのだそう


加糖なしとは思えない
驚きの甘さ

何杯でもいけそう

P1640039 (Custom)
カトラリー。

こんな細いナイフ
見たことないかも

ギコギコ切るようなお料理は
出ない模様。

FotoJet (2)
ボトルワインは
4000円~年代物まで非常に充実

ソムリエさん(奥様?)に相談して
選んでもらうのも良いかも

グラスでいただける物も多く
ソフトドリンクのぶどうジュースや
ハーブティー各種揃ってます。

P1640041 (Custom)
我々はミディアムなシラーを

たしか5~6000円だったと思います。

適正な温度でグラスも上質

美味しいです~(´ω`★) 

FotoJet (2)
パンは適宜、焼き立てを
運んでくれます。

どちらもおいしかったけど
バケットの方が秀逸

おかわりもらえば良かったあなと
後で後悔

FotoJet (6)
(=゚ω゚)ノ

高原の風で熟成させた自家製ハム

周囲には色鮮やかな
高原野菜


各席から感嘆の声
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

FotoJet (7)
王冠のごとくそびえる
生ハムタワー

ウツクシイですねえ。。
(´ω`★) 

崩してしまうのがもったいないわ


燻製料理を得意とする
シェフ自慢の生ハムは
絶妙な塩味で
まわりの野菜と一緒にいただくと
一層お味が引き立ちます

FotoJet (9)
天竜鮎のコンフィ
ブール・ブランソース


立派な鮎ですが
ナイフを入れた瞬間に
ホロホロとくずれていく柔らかさ
(連れは頭までまるごとペロリ)

リゾットはタイムの香り

ソースはかすかに雲丹風味でコクがあり
大変おいしい(´ω`★) 

FotoJet (10)

FotoJet (11)
フランス産鴨のロティと
左に国産鴨



国産の鴨は諏訪の鷹匠さんが
獲ってるそうで
最初はなかなか売ってくれず
時間をかけて交渉したのですって

今回は入手できたそうで
食べ比べができたんですが

ぜんぜん違う(゚ω゚;)


フランス産は慣れ親しんだ鴨ですが
国産のほうは
かなりしっかりした噛みごたえ

軟弱舌のワタシはフランス産が好みでしたが
ジビエファンは国産が好きかもなあ

マデラソースも大人の味で
美味しくいただけました

FotoJet (12)
ラズベリーのムース

上に苺がたくさん乗ってます。

甘さ控えめでさっぱりと

P1640076 (Custom)
食後はコーヒー、紅茶、ハーブティーから選択。

我々は
コーヒーとハーブティーをいただきました


コースが終わると
オーナーシェフがホールに登場してご挨拶。


(*゚Д゚*)
激渋ダンディー



グレイヘアを後ろで束ねて
耳にはピアス。

コック服を着てなければ
湘南あたりでサーフィンしてそうな感じ。

今より少し若い頃のマイク真木??


思わず凝視してしまう我々(・ω・ ) 

連れ「絵にかいたようにカッコイイね~
ワタシ「3拍子揃った人、いるんだねえ・・


P1630965 (Custom)
夕食後は一旦お部屋に戻り
21:00からオープンする
バーに行ってみることに

P1630966 (Custom)
レストラン脇に
隠されたように階段があります。

P1640079 (Custom)
そこまで広いバーではなく
4~5人定員という空間。

先客がすでに飲んでいて
我々が入って満席に。

FotoJet (13)
もっとも、洋酒をあまり飲まないので
飲みやすそうな物をおまかせしたら

ワイルドターキー
アメリカンハニーという
甘いバーボンリキュールを割ってくれました。


美味しい(*´∀`*)
(けど強いので飲み過ぎ注意)


こちらのバーは
シェフお一人で対応してくれて
色んなお話を聞けます

この土地を選んだ理由や
農家さんと契約するまでの苦労話など
(最初は門前払いだったそう)
めちゃくちゃストイックなお人柄が伝わってきました
(プロの料理人は大抵ストイックでしょうけど)


さり気なく、
この辺りでおすすめのパン屋さんや
シェフも認める近隣のオーベルジュさんなど教えてもらい
いい感じに酔っぱらって退散


お料理をいただいた後で
シェフご自身とこんなにお話できる事は
あまりないことなので
楽しい経験でした( ・´ω`・ )



次回の朝食・感想編でラストですー


【オーベルジュ・ドゥ ラ・メイジュの基本情報・予約】

──────────────────────



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)





THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田 夕食 ④


夕食は
17:30~19:30スタートの中で選択

我々は18:30でお願いしました

P1780868 (Custom)
時間になったら
1Fのメインダイニングへ

こちらはお子様の利用不可なので
(12歳以下の方は5Fレストランを利用)
落ち着いた、大人の雰囲気


ほとんどがご夫婦や
ご友人同士の2人組。

ゴージャスなお召し物の
女性のおひとりさまも
いらっしゃいました。

素敵。。(=゚ω゚)

P1780867 (Custom)
ダイニングの中央にある
水盤のオブジェ。

高級感あふれたダイニングですが

まったく緊張感のないワタシ


なぜだろう?(;^ω^)

今までだったらドキドキして
軽い興奮状態になってたと思いますが
あまりに久しぶりのオーベルジュで
(というか旅行自体が久々過ぎて)
どこまでも平常心。。

お部屋が快適すぎて
リラックスの極みだったから?かな?



おかげでスタッフさんの立ち居振る舞いや
他のゲストの様子などを
つぶさに観察できました


ダイニングはほぼ満席。

スタッフさんの人数も充分で
卒ない対応ですが接客に関しては
個人的に不足を感じた部分もあったので
のちほど書きますね。

P1780798 (Custom)
窓際はすでに埋まっていたので
我々は水盤の近くのテーブルへ

FotoJet (17)
まずは
見開きになったメニューを拝見。

料理名はなく
淡々と素材だけを記すのが
最近の流行りなのかしらね

想像をかきたてられますが、
ブロガー的にはメモる事が増えて大変

FotoJet (18)
ドリンクメニュー。

ビールやカクテル

FotoJet (20)
ひらまつと言えば、の
アランミリアの贅沢ジュース

熱海のひらまつでは
ウェルカムドリンクに提供してるようですが
軽井沢では違うようで
少し残念・・

でも他のソフトドリンクも
拘りの物を取り揃えて
充実したドリンクメニューでした

FotoJet (19)
もちろんワインリストも
あると思いますが

連れはもう
ワインと日本酒混合の
5種ペアリングに決めたようなので
見せてもらいませんでした。

P1780809 (Custom)
ワタシは
酔わずに食事に集中したかったので
アランミリアの
「葡萄畑のピーチネクター」を

すっごく濃厚

完熟の桃を飲んでいるようですが
甘すぎない絶妙のバランス

世界の星付きホテルが
こぞって採用するだけあるなあ

P1780800 (Custom)
連れはペアリング①の
キリッとした白ワイン

P1780812 (Custom)
シェフの一品。

メニューにはありませんが

アメーラトマトと
スパークリングワインのムース
上にキャビア


ほほー( ´∀`)
のっけから繊細なあじわい

スパークリングワインのムース、
初めてですー

P1780813 (Custom)
うさぎ/人参/土佐酢

なんてウツクシイ・・(=゚ω゚)

FotoJet (21)
人参ペーストの蝶。

白身魚のムースを
兎肉で巻いて
土佐ジュレを乗せてあります

山椒塩で変化をつけつつ・・

これまた複雑で
お口の中が七変化

P1780818 (Custom)
ペアリング②は
樽の香りが強め、
2010年の白ワイン。

P1780819 (Custom)
鮎/クレソン/プラリネ

わあ~
鮎が川を上ってるような一皿

魅せますねえ(*´∀`)

P1780822 (Custom)
天竜川の稚鮎。

緑はクレソンのソース。

添えてある野菜の下に
レバーペーストと胡麻ムース。


とにかく多方面から
いろんな味覚が攻めてくる感じ

一皿のポーションが小ないので
「へえ、こんなお味!」
と思ってもう一度味わおうとしても
もう無くなってるのが
一期一会というか。。(;^ω^)


否応なしに
「味覚を研ぎ澄まさねばっ(。・ω・)ノ゙」
と思わせてくれますねえ


FotoJet (22)
すぐには持てないぐらい
アツアツのパンと
下仁田「神津牧場」のバター。

見事な球体


とっても美味しそうなパンなんですが
ここで1つ問題が(・ω・ ) 


実はこの時ワタシは
歯の治療中でして、、

数日前に
「あまり固いものはNGで」
と伝えておいたのです。


チェックイン時にも
テーブル担当のスタッフさんにも
「承っておりますので、ご安心してお召し上がりください」
と言われていたので
全く不安を感じてなかったのだけど


このパン、
見た目よりも皮が厚く
なかなかハード

そして実は
さっきの香ばしい稚鮎も
頭がけっこう固めで
ヒヤヒヤしながら食べたのよね


連れがスタッフさんを呼んで
次のパンはもう少し
ソフトな物に変えてもらえる?
と聞いたら

テーブル担当の人は
目をぱちくりさせて
「かしこまりました・・
と言って去っていきました(・ω・ ) 


ワタシ「固い物、のレベルが伝わらなかったのかな?
(一応電話で◯◯ぐらいなら平気だけど△△は無理そう、と説明したのだけど)

連れ「いや~、このパン結構皮が固いと思うよ」
「今のところ料理の内容も変えてないみたいだし」
「気をつけて食べた方がいいかも」



ふむー(;^ω^)

P1780827 (Custom)
ペアリング③は日本酒で
「佐久の花」という地酒。

御代田は軽井沢というより
佐久に近い場所にあるので
定番セレクトにしたのかも

ワタシは味見してませんが
美味しかったそうですー。

P1780828 (Custom)
牛ほほ肉/ジロール茸/朴の葉

最初は包まれた状態なのを
自分で開いていただきます。


「アクセントにクルトンをどうぞ」
と、パラパラ乗せてくれたのだけど
クルトンも結構固い物では?

よけながら食べましたが、
何となくもやっとした気持ちに


牛ほほ肉自体はとても柔らかく、
意外な梅風味がきいて「和」な印象

ジロール茸(アンズタケ)の
甘酸っぱい香りとマッチしてました

P1780832 (Custom)
ペアリング④は
2006年物の白で
古酒のようなどっしりした味わい

寝かせた白ワインって
あまり飲む機会がないので
おもしろかった

P1780835 (Custom)

P1780837 (Custom)
ハタ/椎茸/リースリング

ふっくら肉厚のハタに
リースリングワインと和出汁のソース

出汁なのに、ひどく濃厚で
すごくインパクトあり。
ワタシの中ではこれが一番のヒット
(*'ω'*)


見た目地味ですが
おいしかったですー


添えてある根曲がり竹は
おそらく食感を楽しむために
固めに仕上げてあったので
連れに譲渡(;^ω^)

P1780836 (Custom)
2つめに出してくれた
全粒粉のパンは
問題なくいただけました

アツアツ、香ばしくて
とろけたバターとよく合う
(*≧ω≦)

連れが
「俺もそっちがいいな~と言って
おかわりは全粒粉パンをもらってました。

P1780840 (Custom)
ペアリング⑤

最後は芳醇な香りの赤

ペアリング、
全体的に主張の強いセレクトでしたが
どれもお料理にぴったり
(そしてどれもお高そうだった)

日本酒が挟まれるのも
楽しかったようで
連れはご満悦

P1780838 (Custom)
小型肉切り包丁??(゚ω゚;)
かと思ってしまう
しっかりしたナイフが登場。

よーく見ると
作者の名前入り

P1780842 (Custom)
鴨/グリーンアスパラガス/山ぶどう

備長炭でじっくり炙った鴨

先程のナイフを入れると
バターのようにスッと切れます


き、気持ちいいかも・・
(*´Д`)
カトラリーって大事なのね~


濃密な鴨肉に
ワインのソース、
山ぶどうのペーストを足しつつ
うまうまといただきました

P1780846 (Custom)
ここで魅惑の
フロマージュワゴンがご到着

追加料金になりますが、、
チーズ好きにはスルーできない
(*゚∀゚)


「お好みはございますか?」

と聞かれて

「山羊以外はOKです~

と答えると

端の2つをさっと手で隠して

「ではこちら以外からお選びください」

とニッコリ

P1780847 (Custom)
迷いつつも、3種類。

ドライフルーツやナッツなどと
一緒に盛付てくれます。

わーいわーい
どれも美味しい
(*≧ω≦)


P1780850 (Custom)
ナッツとフルーツの入った
パンも置いてくれて
大満足

P1780853 (Custom)
よもぎ/フロマージュブラン

お口直しのグラニテ。

よもぎと、フレッシュチーズ・・

こんな組み合わせもあるんだなー

しかも美味しい(*゚Д゚*)

P1780855 (Custom)
大豆/ホワイトビール/リュバーブ

グランデセール。

細長いルバーブゼリー&チョコムースには
温かいソースが

右上に大豆のアイスと
アラレチップス。

ホワイトビールのエスプーマで
変化をつけながら・・


文句のつけようがない
極上のデザート
(´ω`★) 


P1780857 (Custom)
巨大な林檎が登場

上のふたを取ると、、

P1780859 (Custom)
プティフール

かわいいー(*≧ω≦)

スイーツ好きは
心が躍りますね

FotoJet (2)
グラスに入ったトリュフショコラ。

半円の巨峰みたいなのは
ボンボンショコラ。

オレンジフリュイに
ベリーチーズタルト。

どれも絶品(*´艸`*)

FotoJet (3)
連れはコーヒー、
ワタシはひらまつハーブブレンドティー
(なにげにお気に入り)


例によって
誰もいなくなり、ラスト組の我々。

3時間ほどかけて
堪能しました~


お料理はとにかく美しく
繊細で複雑なあじわい


意外性のある組み合わせや
和の風味を効果的に使うシェフは
びっくりするぐらいお若い方でした
(最後にテーブルに挨拶に来てくれます)


まあ、我々は庶民舌なせいか
ひらまつさんのお料理はどちらかというと
玄人受けしそうだなあという印象

複雑で凝っているが故、
シェフの意図を汲み取れなかったお料理も
あるのではないかと思います
(スイマセン・・)


そして、、
固い物NGの要望ですが
表面上は応えてくれたかに見えましたが

料理内容に差し替えがほぼなく、
パンもこちらが言わなければ
変更してくれなかった事が
少々残念に感じられました

あと、小菓子をいただくタイミングで
おしぼりを下げてしまうのも
どうかな?と思います。
(手でつまむものだし・・)


まあ、我々も
あの「ひらまつ」なので
さぞかし接客対応も素晴らしいのだろうと
勝手に思ってしまったのよね


全体的には皆さん丁寧だし
本当に「卒がない」サービスでした。

今回はレストランが
ほぼ満席ということもあって
細かい配慮が
行き届かなかったのかもしれませんね

21-08-13-19-39-25-875_deco
ドリンクと追加チーズのお代。

激安宿にも行く我々は
「どこかに1泊できそうだね」と。
( ̄▽ ̄)

んまあ、美食と優雅な時間を
楽しめたので
良いのではないかな~
(´ω`★) 


朝食付きや
素泊まりの方、
お夜食が欲しい方用に
ルームサービスメニューを載せときますー
↓↓

P1780871 (Custom)

P1780872 (Custom)

P1780873 (Custom)
信州生そばに惹かれてた連れ、
お部屋に戻ったら即気絶

P1780877 (Custom)
あとは1人でまったり
お風呂ざんまい~

(*´∀`)

P1780879 (Custom)
テラスでぼさーっとしたり
書き物したりして
夜は更けるのでした。。


次回の朝食・感想編でラストですー


【THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田の基本情報・予約】

──────────────────────



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗


*Instagram*
FotoJet (8)




記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
カテゴリ別アーカイブ
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

最新コメント