うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。.

グレード問わず(主に伊豆・箱根)行きたいお宿に行ってみました。 旅館の雰囲気が大好きです♪ ※ブログ内記事や画像の転載・転用禁止です。                                                                                      

※温泉旅館宿泊記の見やすい目次は
 [★★宿泊レポ一覧★★] からどうぞ♪

ダイジェスト・速報

源泉掛け流しの温泉と地元野菜を楽しめる6室の宿✨「おやど 小梅や」さんに行ってきました♪


2020年12月の訪問です


栃木は那須・塩原の宿
「おやど 小梅や」さん
に行ってきました


全6室のうち
3室に源泉掛け流しの内風呂を備えてます


ずっと行きたい宿リストに
入っていたんですが
ようやく機会が巡ってきたわあ

四季折々の食材を使った
野菜の創作料理もたのしみ


ダイジェストでどうぞ~
(。´∀`)ノ



*到着*

P1780057 (Custom)
エントランス。

P1780058 (Custom)
ロビー。

木の温かみを感じる内装

P1780056 (Custom)

P1780052 (Custom)
飾られた盛り花や
照明もステキ

スタッフさんの対応も
丁寧かつ親しみやすい雰囲気


大勢の宿ブロガーさんが訪問されてる
リピート率の高い宿なので
不安はありませんでしたが
予想以上に気に入りそうな予感
(´ω`★) 


*お部屋*

P1780073 (Custom)
お部屋は温泉内風呂付きの
101「好文木(こうぶんぼく)」

半円の上がり框(かまち)がかわいい

P1780086 (Custom)
内風呂付きの3部屋のうち
ベッドがあるのがここだけ。

最初は空室がありませんでしたが
たまたま空きを見つけて
仕事の予定を調整して予約


洋室を好む方は
お早目に計画されると良いかもです
(ちなみに内風呂なしの3室はすべてベッドタイプ)

P1780091 (Custom)

P1780092 (Custom)
左に内風呂へ続くドア。

P1780096 (Custom)
リビング。

連れはここでPC作業、
ワタシはテレビの隣のソファーに居ました。

外は雪がちらついてたけど
室内はとても暖かく・・
快適だったわあ

P1780123 (Custom)
お部屋の内風呂

もっと暗く狭いイメージでしたが・・

P1780125 (Custom)
上部の窓から光が入るので
思ったより閉塞感はなく
(普通に2名で入れるサイズ)
掛け流しの温泉がうれしくて
何度も何度もはいりました
(*≧ω≦)



*大浴場*

FotoJet (17)
男女別の大浴場は
お部屋の3倍ぐらい?かな

こちらも露天ではありませんが
天窓などあるので
暗さは感じません

FotoJet (3)
男女の入替はありませんが
19:30~22:45の間は
貸切で利用できます

黒板に自分の部屋の札を置いて予約。


それ以外の時間は男女別ですが
チェックイン~アウトまで
ほぼいつでも利用できるのがナイス

これなら内風呂なしのお部屋でも
たっぷり温泉を楽しめますね


我々が泊まった「好文木」から
激近だったので
大浴場にも通ったわあ


*食事*

P1780063 (Custom)
食事は朝夕ともに
蔵を改装した
「蔵ラウンジ」でいただきます

柔らかな照明が
落ち着く。。

P1780151 (Custom)
うつくしい盛付の
バーニャカウダから始まり・・

P1780162 (Custom)

P1780173 (Custom)

P1780174 (Custom)

P1780181 (Custom)

P1780184 (Custom)

P1780188 (Custom)

P1780190 (Custom)

P1780196 (Custom)
めくるめく、創作料理の数々


お肉や川魚も
もちろん美味しかったですが

やはりお野菜の美味しさと
冬場とは思えない豊富な食材にびっくり
(*゚Д゚*)

品数が多いのに
お腹が重たくならない献立でした

P1780207 (Custom)
朝食もかわいらしい御膳仕立てで
器もステキな物ばかり


夕食はとちぎ和牛などを使った
グレードアッププランもあるようなので
次回は。。


小梅やさん、
もちろん再訪したい宿リスト入りです
(。・ω・)ノ゙

小規模宿が好きで
泉質や食事に拘りのある方、
おすすめだと思いますー



いずれ本レポでしっかり書きます




【おやど 小梅やの基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗





東京の奥地でイタリアンを満喫✨「奥多摩の風 はとのす荘」さんに行ってきました♪



2020年12月の訪問です。


鴨ミールさんのブログ
で気になってた

「奥多摩の風 はとのす荘」さん

に行ってきました


奥多摩と言えば
うちからは一般道で1時間かからず
近場も近場

温泉の大浴場もありますが
今回は「お箸で楽しむ絶品イタリアン
がお目当て(=゚ω゚)

何気にリピート率が高く
人気なようなので楽しみです~


ダイジェストでどうぞっ(。´∀`)ノ

P1770971 (Custom)
15:00からチェックインできますが
がっつり仕事してから来たので
16:30過ぎにとうちゃく

55年前に創業した国民宿舎「鳩の巣荘」を
1年半かけて建て替え
2015年に「はとのす荘」として新装オープン

以前の姿を知りませんが・・
カジュアル旅館にしては
エントランスに高級感が

P1770964 (Custom)

P1770963 (Custom)
フロントロビー。

右奥がレストランの入口。

客室は2~4Fにあり
エレベーターで移動します

P1770794 (Custom)

P1770792 (Custom)

P1770799 (Custom)

P1770809 (Custom)

P1770807 (Custom)
我々が泊まったのは
3Fの洋室ツイン(38㎡)

明るくてシンプルな内装。
めっちゃキレイで
思ったよりひろびろ


広い洗面とバスルーム、
独立したトイレがあります。

P1770814 (Custom)
テラスに出ると
目の前には奥多摩の大自然

連れは風呂上りに
ここで涼むのが気に入ったようです

P1770816 (Custom)
眼下には渓谷が広がり
鳥の声が聞こえる

奥多摩は好きな蕎麦屋に来るぐらいしか
用事がありませんでしたが
こんなナイスな宿があったのねえ

P1770852 (Custom)
大浴場は
男女それぞれ内湯と露天風呂あり。

利用時間は短めですが
内湯・露天に異なる2つの温泉が給湯されてます

P1770941 (Custom)

P1770950 (Custom)
内湯は4~5人サイズ。

P1770944 (Custom)
露天風呂は小さめで
他人とだと2人でいっぱいかな

どちらの浴槽も
温度表示があって
これがまた、時間によってバラつきあり

40℃台の時はちょうど良かったですが
熱い時は42℃超えることも

P1770945 (Custom)
それほど面白みのある大浴場じゃないけど
ほとんど独泉だったので
山の冷気を感じながら
気持ち良く湯浴み(´ω`★) 

P1770892 (Custom)
さて、期待のお夕食(*≧ω≦)


お料理はいくつかプランがありましたが
初めてだったので
スタンダードなコースにしました

P1770905 (Custom)
アミューズは
トリッパのトマト煮込みグラタン風

序盤から
ワインが欲しくなる一品

P1770902 (Custom)
当然、フルボトルを投入

P1770908 (Custom)

P1770914 (Custom)

P1770919 (Custom)

P1770922 (Custom)

P1770931 (Custom)
控えめに言って
さいこう(=゚ω゚)


盛り盛りのアンティパストも
小海老のクリームソースも
すっごく美味しい

そしてメインの鴨ロースには
フォアグラまで添えてある
(*´艸`)

パンもデザートも
素晴らしかった


早割プランで予約したとはいえ
これで1人13000円ぐらいは
かなりハイコスパ。
(GoTo使ったのでもっと安くなり、申し訳ないぐらい)


東京・埼玉あたりにお住まいの方、
遠出せずとも良い宿がありますよ~

P1770935 (Custom)
食後の紅茶に
牛乳をたっぷりめで、とお願いしたら
快く用意してくれた

スタッフさんはどの方も
品があって感じが良かったです


家から近いし
イタリアンが気に入って
連れもワタシも再訪する気マンマン
((・´∀`・))



いずれしっかり本レポ書きますー


奥多摩の風 はとのす荘
(基本情報・口コミ・予約)
楽天トラベル
じゃらん

──────────────────────




Instagram



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗





富士をのぞむナチュラルリゾート『ふふ河口湖』さんに行ってきました✨


去年の12月にGoToで訪問した時の
ダイジェストです~(。´∀`)ノ


「ふふ 河口湖」さん


同系列の熱海ふふさん
せかいえさん翠松園さんなどでおなじみ
カトープレジャーグループのお宿


伊豆や箱根以外の
系列宿に訪問するのは
初めてだったので
ワクワクです(*≧ω≦)

P1770726 (Custom)

P1770725 (Custom)

P1770718 (Custom)

P1770721 (Custom)
まず驚いたのが
ロビーからラウンジ、
バーにかけての雰囲気が
伊豆や箱根とぜんぜん違う
(*゚Д゚*)

明るくて植物がいっぱいで
ナチュラルテイストなカフェのよう


ちなみにラウンジも客室も
レストランも
すべて同じ方向を向いてて・・

P1770667 (Custom)
晴れた日には
富士山がくっきり
(これは1Fの客室から)

野山に囲まれたロケーションは
静かで空気が澄んでて
自然を感じられます

IMG_20210307_174010_326
お部屋は最もリーズナブルな
『木漏れ日スタイリッシュスイート』
にしたんですが

これがまた、
我々の好みにドンピシャ(*≧ω≦)


こういう壁のない
ワンルームタイプって
使い勝手が良いのよね~

IMG_20210307_174010_353
洗面スペース。

IMG_20210307_174010_357

P1770468 (Custom)
お部屋の半露天風呂

少し引っ込んだ造りになってますが
普通に屋外なので露天感あります
(屋根がかかってるので悪天候も無問題)


お風呂もナイスでしたが
我々が一番気に入ったのが、、

IMG_20210307_174010_349
インナーテラス

ここのデイベッドが
最高に居心地が良くて
ほとんど入り浸り


思えば熱海ふふさんや
翠松園さんのお部屋は
こんな風に自然光が入る場所が
少なかったかも

IMG_20210307_174010_359
夜になったら
スタッフさんにお願いして
バイオエタノール暖炉を
つけてもらいました

暖炉好きの連れも
テンションアップ




インスタにあげた室内の動画。
音は出ません。

いつもブレブレでスミマセン


P1770573 (Custom)
食事をいただくレストランは
個室ではありませんが
3段ぐらいのステージのように
席に段差がつけられてて
朝は富士山を眺めながら
朝食をいただけます


P1770581 (Custom)

P1770594 (Custom)

P1770602 (Custom)

P1770606 (Custom)

P1770608 (Custom)

P1770616 (Custom)

P1770623 (Custom)
夕食は
地産地消の懐石料理

奇をてらう感じではなく
一品一品基本に忠実に作られた
美味しい和食でした


朝食もおいしかったし
ボリュームも十分あって
また食べに行きたいレベル


大浴場はそれほど広くなく
もっぱらコーヒー牛乳を目当てに
行ってましたが・・

敷地内のお庭を散策できたり
夜に巨大な焚き火で
キャンプファイヤ―的な事ができたり
他の系列宿にはない楽しさがありました


とにかく、
お部屋が可愛かったなー



河口湖なら高速で1時間ちょいだし
また行きたいです((・´∀`・))


いずれしっかりと
本レポ書きますー。



【ふふ河口湖の基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram



〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗





絶景テラスと美食フレンチの温泉リゾート『ルグラン軽井沢ホテル&リゾート』に行ってきました♪


さて長野2泊旅ダイジェスト


キュリオ・コレクションさんを後にして
向かったのはまたまた軽井沢

でも場所が少し違うので
車で20分ほど走ったでしょうか


2泊目のお宿は

「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」さん


DSC_2699
前泊が街中だったのに対して
こちらは標高1000m

P1770245 (Custom)
ホテル全体が
広い敷地(7万坪!)の中にあり
テーマパークのよう


絶景のテラスや
敷地内にある「八風温泉」は
歩いても行けますが
カートで送迎も可。


レストランはホテル館内にあり
宿泊者専用温泉もあるので
動きたくない人はおこもり滞在もできます

P1770178 (Custom)
ヨーロピアンなラウンジ

全体的に「お城」っぽい雰囲気です

15:00前に着いたけど
快く迎えてくれて
お部屋に案内してくれた

P1770208 (Custom)
最もスタンダードな
デラックスダブルを予約したけど
48㎡あり、ゆったり

シモンズの
キングサイズベッドは200㎝です。

P1770209 (Custom)

P1770215 (Custom)

P1770180 (Custom)
バスルーム。

使わなかったけど
めっさ広い

P1770185 (Custom)
洗面もダブルシンクで
これが標準なの?とびっくり


お部屋の内装はクラシカルですが
テレビは55インチ、
Wi-Fiばっちり繋がり
何の不便もなし

P1770290 (Custom)
宿泊者専用の大浴場

我々のお部屋からは
徒歩2分ぐらいだったので
何度も通いました

P1770289 (Custom)
広い内湯と、、

P1770285 (Custom)
露天風呂

そしてドライサウナもあり。


夜は満天の星空がのぞめて
気持ち良かったです~

P1770265 (Custom)
それと、冬季は入れませんが
眺めの良いプールもあり。

浅間山が正面に見えて
贅沢な景観

(しかし客室が並ぶ方角でもあるので
ちと恥ずかしいかも?
セレブは気にしないのでしょうか

P1770327 (Custom)
ホテルから歩いて5分ぐらいの所に
日帰り施設「八風温泉」があり
宿泊者は無料で利用できます
(タオルも貸してくれるので手ぶらOK)

DSC_2669
こちらは更に広々で
野趣あふれるロケーション

照明を落とした内湯も
またステキな雰囲気なので
温泉好きの人は通う価値あり


ワタシは行きは送迎してもらいましたが
湯上がりの帰りはポカポカしてたので
歩いてホテルまで戻りました

時間があれば
夜も行きたかったな~

P1770319 (Custom)
ホテルより更に上にある
「絶景テラス」で
ティータイムにココアのサービスあり。

こちらは急坂を上るので
送迎推奨です。

P1770325 (Custom)
ぐるりと四方の山並みを見渡せる
開放的なテラス

大変爽快な気持ちになりますが
寒風にさらされるので
しっかり防寒対策してどうぞ~

春先や初秋に
また来てみたいなー

collage_photocat
夕食はフレンチのフルコース

2018年のルグラン開業と共に就任された
ミシュラン星付きシェフの腕前は
素晴らしかったです(*゚Д゚*)

基本を外さず、
しかし小さな驚きを潜ませた
「これこれ、こういうのが食べたかったのよ~」
という我々好みな内容(*≧ω≦)

collage_photocat
メインの肉料理は
連れとワタシで違う物をお願いしましたが
甲乙付け難い美味しさで・・

デセール、ミニャルディーズまで
一切のぬかりはなく
堪能しきりました(*≧ω≦)


ちなみにワインのペアリングも
ソムリエさんによる
熱のこもった説明付きで
楽しい&美味しかった


もちろん人によって
好みはありましょうが、
我々にはとっては
良い印象しか残らないディナーでした


チェックアウトは12:00と
遅めになってますが
あまりに施設が広いので
(八風温泉にはナイスなカフェなども併設されてる)
できれば連泊されたほうが
ゆっくりと楽しめるんじゃないかな~
(´ω`★) 


いずれ本レポ書きますが
早々に再訪リスト入りしたお宿なんでした



【ルグラン軽井沢ホテル&リゾートの基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




『旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン』に行ってきました✨


少し前のGoToダイジェストです


今回は長野に2泊で
1泊目は

「旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン」さん

に行ってきました。


合併した銀行のごとく
長い名前だ(;^ω^)



経緯を調べてみると
こちらのホテルは築39年の老舗ホテル
「旧軽井沢ホテル」を東急不動産が取得。
そののちヒルトングループとフランチャイズ契約を結び
日本初進出となるヒルトンブランド
「キュリオ・コレクション」のホテルとして
2018年にリブランドオープン



今の時代にはとても建てられない
豪華な造りの館内を
2年ほどかけてじっくりブランディング
基本的に間取りは変えず
インテリアをモダンにして
イメージを一新させたそう



高級リゾートホテル激戦区の軽井沢の中で
評価を得ているホテルなので
一度泊まってみたかったんでした


P1770159 (Custom)
とうちゃく

予約時に備考欄に
車種とナンバーを書く所があったんですが
乗りいれた瞬間にわかったらしく
すぐに充電設備のある場所へ案内され
さすがの対応

P1770157 (Custom)
ロビー。

フロントでチェックイン手続きをしますが
すごく入念だった

連れもワタシも
健康状態に関するチェックシートを記入し
身分証を見せて、検温。

感染対策にかなり気をつかってます。


まあ、行政からは
これが標準指導だと思うので
守らない施設は
そのうち罰則対象になるかもしれませんね。

P1770019 (Custom)
お部屋は
スーペリアツインを予約してましたが
空きがあったようで
デラックスツインにアップグレードしてくれました

P1770029 (Custom)

P1770027 (Custom)
しっかりリビングがあり
仕事用のデスクもあって
十分すぎるわ。。

桔梗色とベージュ、白が基調の
品のあるインテリア

とても快適でした
(´ω`★) 

P1770045 (Custom)

collage_photocat
目を見張ったのは
スナックやドリンクのサービス


冷蔵庫のよなよなエールや地ビール、
ジュースなどがフリー

そして、ショップで販売されてる
バナナチップや燻製ナッツなどもフリー

冷蔵庫の小箱には
ウェルカムスイーツの
南瓜モンブランまで!
(美味しかった)


こういった外資系ホテルで
ここまでサービスが多いのは
珍しいのでは

69093

69088
温泉ではありませんが
館内に大浴場あり。
(内湯のみ・サウナあり)

密を避けるために
スマホで混雑具合を
確認できるようになってて便利でした

P1770118 (Custom)
今回のプランは
1泊朝食付き。

17:00~20:00の間に
ラウンジでフリードリンクや軽食が
いただけるんですが
一休のダイヤモンド特典で無料で利用できます。
(通常1名/3000円)

なので、今回はこちらで
ワインなど飲みつつ
アラカルト料理を注文して
夕食がわりにしようかなあという計画

P1770102 (Custom)
フリードリンクと
フィンガーフードメニュー。

P1770110 (Custom)
フードは最初に
ふたり分を盛りつけて
運んできてくれます。

スモークチキンやケークサレ、
マカロンやドライフルーツなど。

どれもミニサイズですが
美味しいです

collage_photocat
レストランに隣接したラウンジは
スタッフさんの人数も多く
マメに飲物を聞いてくれたので
グラスがあいたまま、という事は
ほとんどなかったです

P1770106 (Custom)
有料のアラカルトメニュー。

思ったより品数少ない(;^ω^)

P1770125 (Custom)
スープやサラダ、
温野菜とハムの盛り合わせなど
注文してみましたが

どれも想像を覆す
奇をてらったビジュアルで・・

我々の好みからすると
「何か違うんだよね感」が
漂うのでした
(美味しくないわけではないんですよ。。)


フリードリンクのワインや
ジュースの質は良かっただけに
ちょっと惜しい

普通に2食付にすれば
良かったかもなあ


このあたりは
ダイジェストではうまく書けないので
本レポでしっかりお伝えします。

P1770128 (Custom)
朝食は1人ずつ
和洋をえらべます

和食が数量限定で
人気だそうなので
食べたい場合は
早めに予約しておくと良いですよー

P1770129 (Custom)
ミックスジュースや牛乳など
飲物はカウンターにあり
セルフでいただきます。

P1770134 (Custom)
連れの選んだ和食。

お重に入っていて
運ばれてきた時はテンションアップ

しかし内容に
それほど驚きはないです

温泉卵があるのに白ご飯はなく
お稲荷さんと味噌握りというのは
どういうことなのか・・(・ω・ ) 

P1770143 (Custom)
ワタシが選んだ洋食。

スタッフさんが
パンをサーブしてくれるんですが
クロワッサンを目の前で落としかけ、
ギリギリキャッチして
そのまま皿に乗せるという荒業

取り替えないんだね。。

まーいいけど(-_-)


コロナ前の朝食は
華やかなビュッフェだったと思います。

それが色々変更を余儀なくされて
てんやわんやなのだと思うけど
期待したほどの感激は
なかったかもなあ。


お部屋の居心地はすばらしく
ラウンジのフリードリンクも楽しめたし
GoTo使って2人で3万以内だったので
コスパ的には満足(´ω`★) 


高級感ある空間で
のんびり静かに過ごされたい方は
良いんじゃないかしら


いずれ本レポ書きますー


【旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトンの基本情報・予約】

──────────────────────




Instagram


〖☆宿泊レポ一覧&今後の公開予定〗




記事検索
月別アーカイブ
予約サイト
スポンサーリンク
カテゴリ別アーカイブ
Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2021年 3月号 [STAY HOTEL 癒やしの宿]
ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

楽天
最新コメント
トリップアドバイザーさんにオススメブログとして認定していただきました♪
Discover Japan2021年1月号「温泉と酒。」
Pen+(ペン・プラス) 【完全保存版】 奇跡のホテル&温泉。 (メディアハウスムック) ペンプラス
Discover Japan 2021年2月号「最先端のホテルへ」
タグクラウド